目次

  1. もしかして、好きなものを好きなだけ食べていませんか?
  2. AGA対策に、まずは食べ物から意識してみましょう
  3. AGAにおすすめな食べ物の特徴は?
  4. AGAにいい食べ物10選!
  5. こんな食べ物はAGAにはあまりよくないです。
  6. 本気でAGAを改善させたい人は、食べ物を変えるだけではダメかも…
  7. AGAでお悩みの人は、食べ物から改善の第一歩を踏み出しましょう
  8. AGAの関連記事はこちら

AGAでお悩みのみなさん、普段の食事はどんなことに気を遣っていますか?

太らないようにしないと… 高血圧なんだよね…

それももちろん大事ですが、髪の毛にいいものを食べよう!と意識して食事をされていますか?

実は私たちが普段食べているものの中には、AGAにいいとされている食べ物がたくさんあるんですよ!

そして、気を付けなければならない食べ物も…。

そこで今回は、AGAにいい食べ物についてご紹介します!

AGAにいい食事とは?
AGAにいい食事とは?

バランスのいい食事は体だけでなく髪にもいいんですよ

AGAの進行が気になってくると、いい育毛剤がないか、調べる方は多いと思います。

既に育毛剤を使われている方でも、なかなか効果が出ずに他の育毛剤を探している…なんて方いらっしゃいませんか?

でも、ちょっと待って下さい!

育毛剤を変える前に、まずは食べ物から見直してみませんか?

食事の内容は、少なからず頭皮の環境に影響を与えていると言われています。

例えば、髪に栄養がいかず、抜け毛が増えたりハリがなくなったり…。

もちろん食べ物を見直すだけではAGAの予防・対策にはなりませんが、 健康的な食事できちんと栄養を取って頭皮環境を整えることが、実はAGAの対策になるかもしれませんよ!

食べ物がAGA対策の第一歩
食べ物がAGA対策の第一歩

体の内側から髪を守ろう!

食事を見直すことがAGA予防になる…といっても、何を食べるとどうAGAに効果があるのか、気になりますよね。

髪の毛の発毛を助けたり、髪の毛に潤いを与えたり、頭皮の環境を整えたり… 食べ物によって様々な効果が期待できるそうです。

AGAに効果のある食べ物とはいったいどんな食べ物なのか、その特徴をみてみましょう!

⑴タンパク質がたっぷりの食べ物

まず、髪の毛のほとんどはケラチンというタンパク質からできています。

そのタンパク質は、さらに20種類のアミノ酸で出来ていますが、その内の9種類は必須アミノ酸といわれ、食べ物からでしか摂取することができません。

そのため、元気な髪の毛を作るには、まず良質なタンパク質を含んでいる食べ物をきちんと摂取しなければならないんです!

タンパク質といっても、大豆などの植物性タンパク質と、お肉などの動物性タンパク質がありますが、AGA対策にはそれぞれをバランスよく摂取することが大切になってきます。

⑵ビタミンがたっぷりの食べ物

タンパク質をきちんと摂取しても、頭皮の環境が整っていないと、髪が育ちづらくなってしまいます。

健康な頭皮には、皮脂血管の状態が重要になると言われています。 血流が悪いと栄養が行き渡らないですし、皮脂で毛穴がつまってしまうと髪が生えることは期待できませんからね。

そこでおすすめなのが、ビタミンが豊富な食べ物です! 例えば、ビタミンB6は、皮脂の過剰分泌を防いでくれますしビタミンE血管を広げてくれます。

ビタミンは、種類によってAGAへの効果もさまざまなので、いろいろなビタミンを積極的に取り入れるようにしましょう。

⑶ミネラルがたっぷりの食べ物

ミネラルは、体内で栄養素を吸収させるために必要な栄養素です。 また、髪にうるおいを与えるものだとも言われています。

ミネラルといっても種類はいろいろありますが、育毛には特に、亜鉛ヨウ素鉄分などが必要だといわれています。

育毛に必要なタンパク質やビタミンを摂取しても、ミネラルが不足している状態だと体に吸収出来ず、AGAに繋がってしまう可能性があるんです。

特に男性は亜鉛が不足しているといわれているので、意識して摂取することが必要ですね。

AGAにいい食べ物の特徴は?
AGAにいい食べ物の特徴は?

特徴をつかんで食材選びに役立てましょう

AGAにいい食べ物の特徴がわかったところで、具体的にAGAにいい食べ物をみていきましょう!

実は普段よく食べている食べ物がAGAに効果があることが分かったり、逆に不足していたことに気づいたりできるかもしれませんね。

⑴大豆

植物性のタンパク質を摂取することができる大豆。 先ほどもお伝えしたように、髪の主な成分はタンパク質なので、大豆を食べると、元気な髪を作るのに必要不可欠な栄養素を摂ることができると言われています。

また、大豆にはイソフラボンが含まれています。 イソフラボンには、AGAの原因となっている男性ホルモンを作りだす酵素を抑制する効果があるそうです。

大豆が髪にとって重要な食べ物の一つであることがわかりますね!

豆腐や納豆・味噌・豆乳など、いろいろな形で気軽に口に運ぶことができる食べ物なので、ぜひ意識して摂取するようにしてみてください。

いろいろな形で摂取しよう!

いろいろな形で摂取しよう!

大豆は、いろいろな食品に加工されているので、毎日摂取しやすいですね。

和食が特におすすめです。

⑵ナッツ類

一口にナッツ類と言っても、種類が違うと成分が異なります。

  • アーモンド タンパク質で髪の毛の成長を促す役割があります。 また、亜鉛を多く含んでいます。 不足すると、脱毛や薄毛の原因になると言われています。

  • ピーナッツ 毛母細胞(髪の毛を成長させる細胞)を活性化させる力があるそうです。 毛母細胞は、細胞分裂を繰り返すことで髪の毛を生やしています。 なので、毛母細胞が活性化すると発毛に期待ができるんですね!  

どちらも一日一回程度、手のひらに乗る程度食べるのが体にいいそうです。 おやつ感覚で摂取しやすいのもうれしいですね!

⑶鶏肉

鶏肉は、動物性タンパク質を多く含む食材です。

特に鶏むね肉は、ビタミンミネラルも豊富で、その中でも髪にいいとされているビタミンB6が多く含まれています。

ビタミンB6は細胞の成長を促すため、頭皮や髪の状態をよくしてくれる働きがあるんですよ。

また牛肉や豚肉と比べると脂肪が少なく、ヘルシーな食材なので、ぜひ積極的に摂取したいですね!

⑷ワカメ

ワカメが髪にいいって聞いたことがあるぞ!という方もいらっしゃるのではないでしょうか? ワカメだけでなく、海藻類全般が髪にいいと言われています。

それは、ミネラルが豊富だから。

ミネラルには髪を瑞々しくする力がありますが、それだけではありません。 髪の毛を作るときに働く酵素の働きを助ける力があるんです。

そのため、ワカメだけを食べていても発毛する!というわけではありません。

お味噌汁にワカメをたっぷり入れるなど、タンパク質と合わせて上手に食べるのがより効果的です。

ミネラルたっぷりワカメ!
ミネラルたっぷりワカメ!

ミネラルがたくさん含まれている海で獲れる海藻は髪にいい食材です。

⑸緑黄色野菜

緑黄色野菜は、青菜・人参・ピーマンなど、どこまで切っても同じ濃い色をしている野菜のことをいいます。

緑黄色野菜には、ビタミンAが豊富に含まれています。 ビタミンAは老廃物の排出を助けるので毛穴を清潔に保ったり、頭皮の乾燥を防ぐこともできる栄養素です。

そのほか高血圧予防の効果があるとも言われているので、健康のためにも意識して食べることが大事ですね。

健康のためにも!

健康のためにも!

髪にはもちろん、体全体の健康のためにも緑黄色野菜を摂取するようにしましょう。

⑹レバー

レバー動物性タンパク質でもあり、鉄分ビタミン類が多く含まれています。

特に多く含まれているのが、鉄分です。 鉄分はミネラルですので、ワカメ同様髪に瑞々しさを与える栄養素です。

その含有量は、他のどの食材よりも多いそう。 なんだか髪に効きそうですよね!

そのほかにもビタミンAビタミンB2など、とにかく栄養満点なレバー。

今すぐレバー料理を調べてみましょう!

栄養満点のレバー
栄養満点のレバー

食べ方は様々あるので挑戦してみてください。

⑺フルーツ

フルーツには、ビタミンCが豊富に含まれています。

中でも、イチゴパイナップルなどは、より多くビタミンCが含まれていると言われています。

体が食べ物をエネルギーに変える際、活性酸素という体を酸化させるものが発生します。 活性酸素はアミノ酸によって抑えることができますが、アミノ酸は髪の形成にも大切なもの。 AGAに悩む方にとっては、できるだけアミノ酸を消費したくないですよね。

そこで、必要になるのがビタミンCによる抗酸化作用という働きです。 抗酸化作用で活性酸素を抑えることで、アミノ酸を髪の形成に使うことができるようになるそうです。

フルーツは調理しなくても気軽に食べやすいものなので、ぜひ手にとってみてくださいね。

⑻乳製品

カルシウムたっぷり乳製品

まずは一日一回、ヨーグルトから始めてみましょう!

乳製品は、カルシウム・タンパク質・ビタミンが多く含まれています。

特にカルシウムは、髪に必要なミネラルですので、きちんと摂取することで健康的な髪の毛を作るのを助けてくれます。

ただし、高脂肪のものや食べ過ぎは逆効果になる可能性もあるそうです。

ですので、乳製品の中でもカルシウムが豊富で、低脂肪のものを選んで食べられるといいですね。

⑼鮭

に育毛効果があるなんて…ご存知でしたか?

鮭はアスタキサンチンという成分を含んでいます。 アスタキサンチンとは赤色の天然色素のことですが、とても強い抗酸化力を持っているそうです。

しかし、鮭の魅力はそれだけにとどまらず、IGF-1という物質を増やすことができるのです! IGF-1は、頭髪の成長を促し、抜け毛や薄毛の予防になると言われているそう。

実は、AGA改善が期待できる食べ物なんですね!

⑽唐辛子

唐辛子には、カプサイシン・ビタミンC・ビタミンEなどといった、髪にいい栄養素が豊富に含まれています。

中でもカプサイシンには血行を促進する役割があり、血行をよくすることで髪に栄養を送りやすくすることが期待されています。

さらにイソフラボンと同時に摂取すると、その働きが促進されると言われているんです。

辛いものが苦手な方でも、納豆に少し一味唐辛子を入れてみると、食べやすくなる上に相乗効果も得られて、おススメですよ!

血行促進は頭皮にもいい影響!

血行促進は頭皮にもいい影響!

大豆と一緒に摂取すると相乗効果が期待できます

AGAにいい食べ物の特徴・実際に食材をみてきました。 では、逆にAGAに良くない食べ物はどんなものがあるのでしょうか?

どんなものでも摂取しすぎるのはよくないと言われていますが、 AGAを悪化させてしまいかねない、あまりよくない食べ物を具体的にみてみましょう。

①糖分が多い食べ物

糖分が多い食べ物は、体だけでなく髪にも悪い食べ物です。

糖分自体は必要な栄養ではありますが、普通に生活していても摂りすぎてしまう方もいらっしゃると思います。

糖分を多く摂取しすぎると、髪の成長に必要な【ビタミンB】、【亜鉛】が糖分を消化するために使いきられてしまいます。 その結果、頭皮の環境を悪くしたり、髪を作ることができなくなったりということに繋がってしまうと言われています。

<糖分が多い食べ物例> - ケチャップ - ちくわやさつま揚げ、魚肉ソーセージ - 炭酸飲料等ジュース

ついつい飲みすぎてしまうアルコール

アルコールも、適量を超えてしまうとAGAに繋がる可能性があると言われています。

アルコールを摂取すると、アルコールを分解するためにアミノ酸が使われてしまいます。 髪に使われるアミノ酸が減ることで、AGAに繋がってしまうということなんですね。

ただし、適量のアルコールであれば、リラックス効果頭皮の血行促進など、育毛効果もあるそうなので安心してください!

飲みすぎは注意!

飲みすぎは注意!

体の為にも、適量に抑えた飲酒を

③高カロリーな食べ物

高カロリーな食事は、血管を詰まらせるようになってしまいます。 すると、頭皮の血流が悪くなり、栄養が行き渡らなくなってしまう可能性も。

高カロリーな食べ物を食べているのに、実は髪には栄養がいっていなかった! …なんてことにならぬよう、健康の為にもカロリーを意識してみましょう。

<高カロリーな食べ物例> オムライス・カルボナーラ・冷やし中華 など

AGAにいい食べ物や特徴などをご紹介してきました。 食事は、頭皮の環境を整えたり、髪の成長をサポートしたりするためにも大切です。

しかしはじめにお話しした通り、食べ物を見直すことで完璧にAGAを予防することはできません。

ここで、おススメしたいのが育毛剤です。

体や頭皮が健康な状態であるからこそ、育毛剤の効果がより現れたり、抜け毛を減らすことができたりするんです。

「AGAが気になってきたから育毛剤を買おうかなぁ…」 「今使っている育毛剤、効果がないから変えてみようかなぁ…」 そんな時は、一度食事内容を見直してみてください。

もちろん、食事を見直すだけではAGA対策にはなりません。

しかし、髪にいい食べ物を摂取した上で育毛剤を使用すると、より育毛効果が期待できるかもしれませんよ。

健康な髪は、健康的な食事からですね!