目次

  1. AGA治療薬によって体毛が濃くなるって本当?
  2. 【結論】AGA治療薬によって体毛が濃くなることはある
  3. 体毛が濃くなるメカニズムとは?
  4. AGA治療薬によって体毛が濃くなるのを対策したい場合は?
  5. 副作用を理解して治療していこう
AGA治療薬と体毛
AGA治療薬と体毛

関係しているのでしょうか?

AGA(男性型脱毛症)治療のため、プロペシアやミノキシジルといった治療薬の服用を検討している人、少なくないですよね。

治療薬の服用で気になるのが、副作用ではないでしょうか?

さまざまな副作用のリスクがあり、その1つに「多毛」というものもあります。

これは字のごとく、体毛が濃くなること。

特に健康被害はありませんが、急に体毛が増えるのは困りますし、程度によっては嫌と感じる人も少なくないですよね。

そこで今回は、プロペシア・ミノキシジルと多毛の関係についてご説明していきます。

AGA治療薬の副作用?
AGA治療薬の副作用?

体毛が濃くなることもあるようです

結論として、AGA治療薬によって体毛が濃くなることはあります。

さらに詳しくいうと、AGA治療による多毛のほとんどは、ミノキシジルの副作用だといえます。

プロペシアも、ほとんど影響しませんが、一切関係ないとは言い切れません。

それでは、ミノキシジルとプロペシアが体毛とどう関係しているのか、どうしてミノキシジルが大きく影響するのか、詳しく見ていきましょう。

治療薬で多毛?
治療薬で多毛?

なぜ体毛が濃くなるのでしょう?

それでは、AGA治療薬によって多毛が起こるメカニズムについてご説明します。
まずはミノキシジルから見ていきましょう。

ミノキシジル

ミノキシジルがAGA治療の際の多毛において最大の原因といわれるのは、ミノキシジルに「多毛」の副作用があるからです。

ミノキシジルは血流を良くすることで、毛乳頭(毛の成長をつかさどっている)に栄養を与え、発毛していくという効果が認められています。

ミノキシジルを内服した場合、その成分は血流に乗って全身を駆け巡ります。

その結果、頭皮だけでなく全身の毛乳頭に発毛効果が作用し、全身の体毛が濃くなるんですね。

多毛になる部位は腕であったり、肩であったり、背中であったり、そもそも多毛にならない人もいたりと、個人差があります。

この多毛は、ミノキシジルがしっかりと作用している証拠なので、そこまで悲観することでもないのかもしれませんね。


※ミノキシジルタブレットは国内では未承認医薬品です。

安全面などの保障がされていないため、ヘアラボでは服用はおすすめしていません。

検討中の方はリスクを考えた上で判断するようにしましょう。

プロペシア

プロペシア
プロペシア

プロペシアの成分であるフィナステリドには、「多毛」の副作用はないとされています。

このフィナステリドは、AGAの主な原因となる男性ホルモンの一種、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を妨ぐことで、AGAの対策をする内服薬です。

ですが、このDHTには、薄毛の原因になると同時に頭部以外の体毛を濃くする働きが見られます。

そのため、DHTの生成を抑止するフィナステリドを服用すると、「多毛」の原因となりうるDHTが減少して体毛も濃くなりづらいはずです。

しかし、実際にプロペシアによって体毛が濃くなったという声は出てるため、こちらも個人差があるようです。

「プロペシアを服用したら体毛が濃くなった」という内容の口コミを見てみると、 プロペシアだけでなく、ミノキシジルを併用しているケースばかりです。

プロペシアはミノキシジルと併用されることが多いので、プロペシアによって体毛が濃くなるという噂は、併用しているミノキシジルの副作用による影響が大きいと想定されます。

とはいえ、体質など人によって違う部分も多いので、プロペシアによる多毛の可能性もゼロとは言い切れません。

それでは、多毛のメカニズムが分かったところで、対策をご紹介しますね!

「AGAを治療したいけど、体毛が濃くなるのはちょっと…」という人もいると思います。
そこで、AGA治療薬による多毛の対策が3つあるのでご紹介いたします。

  • 内服薬でなく塗布するものに変える
  • 脱毛してしまう
  • 休薬

1つずつ見ていきましょう。

(1)塗布するものに変える

塗布するミノキシジル
塗布するミノキシジル

多毛対策として有効です

まず有効な対策は、塗布するものに変える方法です。

先述した通り、ミノキシジルによる多毛の原因は、内服した成分が血流に乗って全身の毛乳頭に作用することです。

なので、塗布するタイプに変更することで、解決できますね。

ただし、消化器官を通して吸収されるタブレットタイプに比べると、塗布するタイプは効果が弱いようです。

高い効果を期待してタブレットタイプにするか、多毛を対策して塗布するタイプにするか、自分の目的にあったミノキシジルを選びましょう。

どうしても「多毛」の副作用が嫌な方は、まず塗布するものに変えることが有効です。

(2)脱毛

2つ目は脱毛。

多毛がきになる部分を脱毛してしまえば、多毛の悩み自体は根本的に解決できますね。

AGAの治療に専念できるので、おすすめの対策です。

ですが、こちらは治療薬とプラスでお金がかかりますし、定期的に脱毛する必要があるので多少手間にはなりますね。

(3)休薬

3つ目は休薬です。

休薬というのは読んで字のごとく、薬を使うのをやめるということ。

治療薬の副作用によって体毛が濃くなっているので、休薬すればもとの状態に戻すことができます。

ですが、当然AGA治療もそこで中止ということになり、AGAへの作用も断たれてしまいます。

AGAの治療とはいえ、やっぱり副作用は怖い、という人向けの手段です。

正しい知識が大切!
正しい知識が大切!

いかがでしたか?

AGA治療薬によって体毛が濃くなるのか、そのメカニズムについてご説明してきました。

すべての治療薬に多毛の作用があるわけではないのですが、中にはそういう副作用もあるようですね。

正しい知識や対策を用意して、AGAを治療していきましょう!