目次

  1. 自分はいつハゲてしまうんだろう…
  2. 【結論】ハゲやすさは年齢とともに上がる
  3. これってAGA?具体的な症状を解説
  4. AGA以外のハゲとは?
  5. 【必読】ハゲ対策方法まとめ
  6. 気づき出した今がベスト!年齢に関わらず早めに対策を!
自分もいつかハゲちゃうの?
自分もいつかハゲちゃうの?

ハゲ

それは、多くの男性にとっては大きな心配ごとの一つなのではないでしょうか。

「自分もいつかハゲてしまうのでは」

年齢が上がるごとに、抜け毛が気になってはいませんか?

年齢が若くてもハゲてしまっている人を見ると…余計に心配になりますよね。

本記事では、ハゲと年齢との関係をご紹介。さらには、おすすめのハゲ対策についても解説していきます。

加齢とともに薄毛になる可能性が上がります
加齢とともに薄毛になる可能性が上がります

結論から述べると、ハゲやすさは年齢とともに上がります

男性のハゲといえば、その多くがAGA

AGAは、思春期を過ぎた男性であれば誰でもなる可能性があります

「男性型脱毛症診療ガイドライン」策定委員会によると、日本人男性のAGAの年齢別発症頻度は以下の通りです。(参考1)

  • 20代:約10%
  • 30代:約20%
  • 40代:約30%
  • 50代以降:40数%

上記からもわかるように、年齢を重ねるごとにAGAの割合は上昇します。

つまり、一般的に年齢ともにAGAのリスクも上がると考えてよいでしょう。

とはいえ、AGAになる人の10%は20代で発症しているわけです。

年齢が若いからといって安心できるわけではありませんね。

これってAGA?
これってAGA?

AGA(男性型脱毛症)とは、思春期を過ぎた男性に現れる薄毛の症状。

DHTという男性ホルモンが主な原因で、髪の成長サイクルが乱され、髪が十分に成長できないまま抜けるようになります。

AGAは、生え際から頭頂部にかけての髪の毛が薄くなるのが特徴で、M字ハゲつむじハゲは、典型的なAGAの症状といえますね。

以下のように感じてきたら、あなたもAGAの可能性があります。

  • 前頭部や頭頂部の髪が細くなってきた
  • 抜け毛が増えてきた
  • 抜け毛が以前より細い気がする
  • おでこが広がっている気がする
  • 頭頂部が薄くなってきた気がする

ただし、あくまで診断するのは医師、確定はできませんので気になる方は医師に相談してみましょう。

AGAじゃない脱毛症も
AGAじゃない脱毛症も

ハゲが気になるけど、どうも先ほどのAGAの特徴には当てはまらない…という方は、AGA以外の脱毛症の可能性もあります。

AGA以外の脱毛症には主に以下のようなものがあります。

  • 円形脱毛症
    :ある部分の毛がまとめて抜け落ちる

  • 牽引性脱毛症
    :長期間にわたり毛が引っ張られたりすることによって起きる

  • 粃糠性脱毛症
    :フケが大量に発生して毛穴を塞いでしまうことで生じる

  • 脂漏性脱毛症
    :フケ・脂による炎症が悪化することで起きる

その他、自分で髪の毛を抜いてしまう抜毛症や、薬の副作用による脱毛症も。

以上の脱毛症は、年齢を問わず発生する可能性があります。

若ハゲの原因はAGAだけではないのですね。

思い当たる方は、AGAと決めてかかるのではなく、医師の診断をあおぎ、適切な治療を受けましょう。

具体的にどうすれば良いの?
具体的にどうすれば良いの?

実際にハゲが気になったらどうすればいいの?

ここでは以下の3つのAGA対策についてご紹介します。

  • 育毛剤
  • 発毛剤
  • 生活習慣の改善

育毛剤の使用

育毛剤は、発毛促進・育毛・抜け毛予防効果の認められた医薬部外品

発毛効果は認められていませんが、今生えている髪の毛をしっかりと成長させる頭皮環境を整えることで脱毛を防ぐなどの効果が期待できます。

「抜け毛が気になるけど病院に行くほどでは…」
「年齢的にそろそろ何か薄毛対策を始めたい」

という方におすすめの方法です。

今回ご紹介するチャップアップは育毛成分が44種類以上も配合された育毛剤。

主に、以下の効果が期待できる商品です。

  • 育毛
  • 発毛促進
  • 抜け毛・脱毛予防
  • フケ・かゆみの抑制

20代から60代まで、使用年齢も幅広く設定されています。

また、返金保証のほか、メール・電話サポートも充実しているので、購入した後のことも踏まえておすすめできます。

発毛剤の使用

発毛剤は、新たに髪の毛をはやす、発毛効果が認められている医薬品。

生え際がはっきりと後退している、つむじも生え際も明らかに髪の毛が少ない、など、薄毛が明らかに進行していて、積極的に髪の毛をはやしたい方におすすめの方法です。

医薬品であるため副作用のリスクがあり、使用には十分注意が必要です。

今回ご紹介するリアップシリーズの発毛剤は、ミノキシジルを主成分とした商品。

AGAにおける発毛育毛脱毛進行予防の効果が認められています。

第一類医薬品であるため、ドラッグストアや一部のネットショップで購入できるのも特徴。

ただし、副作用のリスクもあるため使用上の注意をしっかりと確認しましょう。

使用年齢は20歳以上。

AGAのみに有効ですので、脱毛の原因がはっきりしない人は使用を控えましょう。

生活習慣の改善

生活習慣の改善だけでは、薄毛を対策するのは難しいです。

ですが、心身の健康は、髪の毛のためにも非常に重要

上記の薄毛対策と合わせて行うのもよいでしょう。

具体的には以下のような対策がありえます。

  • ストレス解消
  • 睡眠をたっぷりとる
  • 栄養バランスに気を遣う
  • 禁煙
  • お酒を控える
  • 運動する

難しく考えず、まずは今の生活に取り入れやすく、現実的に続けられそうなことを行いましょう。

早めの対策で明るい未来が待っています
早めの対策で明るい未来が待っています

ハゲと年齢の関係、そしてハゲ対策について解説してきました。

「まだ若いから大丈夫」、「若いのに薄毛対策なんて恥ずかしい…」などといっている場合ではありません。

年齢問わず、気になった今が対策のチャンスです。

ハゲると実際の年齢よりも老けて見えてしまいます。

そうなってしまう前に、今できる対策をしていきましょう。

適切な対策によって、年齢が上がっても自分に自信が持てる楽しい日々が待っていますよ。