目次

  1. 産後の抜け毛のピークはいつ?どんなケアをしたらいい?
  2. まずは産後の抜け毛の原因を知ろう!
  3. 【結論】産後の抜け毛のピークは人それぞれ違う
  4. 産後の抜け毛を軽減する〈対策・ケア方法〉
  5. ピークを迎える前に産後の抜け毛をケアしましょう!
かなり抜けてきた気がする…
かなり抜けてきた気がする…

産後の女性を悩ませる抜け毛

これは「産後脱毛」「分娩後脱毛症」といって、産後の約7割の女性が経験するといわれています。

本稿を執筆しているのは、実は産後の抜け毛に悩まされた経験者でもあります。

手ぐしを1度通すだけで、ごっそりからまる抜け毛にゾッとした記憶が。

そのときは、ケア方法も分からずため息がでるばかりでした…。

では、この産後脱毛は、どのくらいの時期から始まって、いつピークをむかえるのでしょうか?

また、どんなケアをしたら良いのか気になりますよね。

そこで今回は、産後脱毛の原因からピークのタイミング、ケアの方法までご紹介していきます。

なにが原因なのかしら?
なにが原因なのかしら?

産後の多くの女性が経験する抜け毛、一体何が原因になのでしょうか。

産後脱毛の原因として次の2つが考えられます。

  • ホルモンバランスの変化
  • 睡眠・栄養不足、慣れない育児によるストレス

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ホルモンバランスの変化

まずは、産後脱毛の主な原因と言われるホルモンバランスの変化について。

妊娠中は、出産準備のために、一時的に女性ホルモンの分泌量が増えます。

すると、毛周期(注1)が乱れるため、髪の毛が成長する期間が延長され、髪が抜ける期間に移行しにくくなります。

しかし、出産後は一気にホルモンの分泌量が元に戻るため、成長期で止まっていた髪の毛が急速に“休止期”に移り、本来すでに抜けているはずだった髪の毛が一気に抜けてしまうというわけです。

注1:毛周期とは髪の毛が生えては抜けるを繰り返すサイクルのこと

睡眠・栄養不足、慣れない育児によるストレス

産後は家事や育児に追われ、休息をとるどころか、食事や睡眠時間も満足にとれないことが多いのではないでしょうか?

そして、悩みや困りごとはつきもの。

このように、産後の女性は*ストレスを受けやすく、発散する暇がないので溜まってしまいます。

ストレスが蓄積すると、自律神経が乱れて、全身の血の巡りが悪くなります。

血流が悪くなると、髪の成長に必要な栄養が頭皮まで行き渡らず、髪は十分に成長できなくなってしまいます。

これが抜け毛や薄毛の原因となるため、ストレスをためないようケアする工夫が必要です。

個人差があるのね
個人差があるのね

産後の抜け毛の主な原因は、ホルモンバランスの変化育児などのストレスだとわかりました。

このように、産後の抜け毛の原因が不安定な要素ということもあり、産後の抜け毛のピークは人それぞれなのです。

一般的に産後の抜け毛は、産後約2〜5か月から始まり、ピークを過ぎ、女性ホルモンのバランスが安定してくる産後6か月~1年ほどで自然と抜け毛は治っていきます。

抜け毛が治るまでの期間に幅があるのは、ホルモンのバランスが整うのに個人差があるため

産後の抜け毛の始まる頃からピークを迎えるタイミング個人差があります。

また、産後であっても抜け毛が増えない人もいます。

抜け毛のピークに達する頃は、ゾッとする量の抜け毛があるかもしれません。

しかし、ホルモンバランスが徐々に戻ってくのに合わせて、産後の抜け毛のピークも落ち着いていくでしょう。

髪だけじゃなく体のケアも大切なのね
髪だけじゃなく体のケアも大切なのね

産後の抜け毛はしょうがない…とは思いつつも、シャンプーのたびに抜けていく毛を見るのは、ちょっとつらいですよね。

抜け毛というと、どうしても頭皮や髪の毛をケアしたら良いと思ってしまいますが、髪や頭皮をケアすると同時に体が健康であることが大切です。

産後の抜け毛は、先ほどご紹介したようにホルモンバランスの変化が原因のため、完全に防ぐことは難しいでしょう。

しかし、体も頭皮もきちんとケアをしてあげることで、産後の抜け毛を最低限に抑えることができますよ。

それでは、産後の抜け毛対策・ケア方法について見ていきましょう。

バランスの取れた食事

栄養バランスのよい食事を心がけたい
栄養バランスのよい食事を心がけたい

産後は育児に追われ、なかなか自分の食事の管理まで手が回らない…ということがあるのではないでしょうか?

さらに、授乳や産後のダイエットなどにより、女性の体は栄養が不足しがち。

食事から摂取した栄養は、心臓など体の中でも命に関わる重要なところから優先的に使われます。

そのため、体が栄養不足になると、髪の毛や頭皮へ送られる栄養はわずかとなり、髪は十分に成長できずに、抜け毛や薄毛になりかねません。

そうならないように、髪に必要な栄養素であるたんぱく質・ミネラル・ビタミンなどを中心にバランスのよい食事*を心がけましょう。

髪に良い栄養素や食べ物についての関連記事はこちら>>「髪の成長にいい栄養素とは」

十分な睡眠時間

しっかり睡眠はとりたい
しっかり睡眠はとりたい

授乳や夜泣きなどで、まとまった睡眠を確保するのはかなり大変なもの。

しかし、睡眠不足はホルモンバランスを乱す原因になるので、自身の健康のことも考えると出来るだけ睡眠時間はとりたいですよね。

また、髪の成長にも関係する成長ホルモンがもっとも多く分泌するとされている、夜10時~2時の間に深い睡眠をとる*ことがポイント。

夜10時前にはお子さんと一緒に眠りにつくのが理想的ですね。 

ストレスをためない

ストレスを発散するには?
ストレスを発散するには?

育児に追われて、知らぬ間にストレスが溜まっていることも多いでしょう。

ストレスが蓄積すると、自律神経が乱れ、体の血の巡りが悪くなるため、髪の成長に必要な栄養が頭皮まで行き渡らなくなってしまいます。

そうなる前に、家事育児の隙間時間を上手に使って、運動や趣味を楽しむなど、こまめにストレスを発散させていきましょう。

産後ということで、骨盤スクワットなどの適度な運動がケア方法としてもおすすめですよ。

ストレス解消になるとともに、出産で開いた骨盤を引き締める効果が期待できます。

頭皮に刺激をあたえない

頭皮のケアも忘れずに
頭皮のケアも忘れずに

抜け毛のピークとは関係なく、産後の頭皮はとても敏感な状態です。

そのため、カラー・パーマ、洗浄力の強いシャンプーの使用は注意が必要です。

カラーやパーマの薬液は、産後の敏感な肌には刺激が強く、かゆみやフケなどの頭皮トラブルにつながりかねません。

また、敏感な頭皮に優しく使える、弱酸性タイプのシャンプーを使用しましょう。

\ ヘアラボおすすめのシャンプーはこちら /

育毛剤で頭皮環境を整える

育毛剤は手軽にケアができて便利
育毛剤は手軽にケアができて便利

慣れない育児で、なかなか自分のために時間を作ることは難しいものですよね。

そんなときは、市販の育毛剤を上手につかって頭皮環境を整えてあげるのも良いケア方法です。

育毛剤は、育毛発毛促進抜け毛の防止などを目的として開発された医薬部外品。

育毛や発毛促進効果が国から認められている一方で、人体に対する作用が緩やかで刺激が少ないのが特徴です。

ヘアラボでも人気の女性向け育毛剤「ベルタ育毛剤」は、妊娠中や産後の敏感な頭皮にもご使用いただけます。

\ ベルタ育毛剤についてもっと詳しく知りたい方はこちら /

出産後、多くの女性が経験すると言われている産後脱毛

産後の抜け毛のピークは人それぞれ

産後の抜け毛がない人だっています。

予測できない抜け毛のピークを迎える前に、生活習慣を改め頭皮ケアを行うことで、産後の抜け毛を最小限に抑えましょう!

事前にしっかりケアしておくことで、薄毛にならずに済むかもしれませんよ。