目次

  1. 産後の抜け毛、できれば自然な方法で対策したいなあ…
  2. 漢方医学の抜け毛・薄毛についての考え方
  3. 産後の抜け毛に効果的な漢方薬
  4. 産後の抜け毛におすすめの漢方薬、副作用はないの?
  5. 漢方薬とあわせて使いたい育毛剤はこちら
  6. 体質や体調も考えて、自分に合った産後の抜け毛対策を!

気になる産後の抜け毛。 どうしても人目が気になってしまうし、何とか対策したいと思っている新米ママも多いのではないでしょうか。

でも産後は体がデリケートな状態になっていますよね。 そんな時に強い薬は使いたくないし、できれば自然な方法で対策をしたい

今回はそんな人のために、産後の抜け毛に効果のある漢方薬のご紹介をしていきます。 ぜひ毎日のケアの参考にしてみてください。

産後の抜け毛、自然な方法で対策したい!
産後の抜け毛、自然な方法で対策したい!

効果のある漢方薬のご紹介です。

西洋医学と違って、漢方医学の治療は「元の正しい体に戻すこと」を基本に考えます。

抜け毛や薄毛というのは正常な状態の髪の毛ではなくなってしまうことですよね。 その原因が何であるかを探って、抜け毛や薄毛を引き起こしている原因にアプローチすることで症状を改善していくのが漢方の役目。

この考え方は産後の抜け毛についても変わらないんですよ。

体を元の状態に戻すのが漢方の役目
体を元の状態に戻すのが漢方の役目

産後特有の抜け毛の原因にアプローチします。

では、ここからは産後の抜け毛に効果的な漢方薬をご紹介していきます。

産後のどういったところにアプローチするのか、そして実際に使ってみた人の体験談も一緒にご紹介しますので、それも参考にして下さい。

当帰芍薬散

当帰芍薬散。 いきなり難しい漢字が出てきちゃいましたね。 これは「とうきしゃくやくさん」と読みます。

当帰芍薬散は血の巡りを整えて体を温める効果があり、婦人科の疾患によく効くと言われているんですよ。 血行を良くすることは抜け毛を少なくすることにも繋がりますし、婦人科疾患にも効くということで産後の体のアンバランスを解消できるというわけです。

当帰芍薬散は血の巡りを良くしながら婦人科系疾患にもアプローチする漢方。 ですから産後の抜け毛の悩みが解消したという人も多いみたいです。

血行が良くなれば冷え対策にもなりますし、女性にとっては嬉しい漢方薬ですね。

四物湯

産後の抜け毛対策に役立つ漢方、二つめは四物湯(しもつとう)です。 名前の由来は当帰・芍薬・川芎・地黄、4つの生薬で構成されていること。 最初のふたつは先ほどの当帰芍薬散を連想させますよね。

つまり四物湯も女性の疾患に効果があるとされる漢方。 産後の疲労によく効くとして処方されることの多い漢方薬です。

四物湯が血行を良くする効果があるという体験談が数多く見られますね。 貧血の改善ができたという人もいます。

髪の毛は血液から栄養をもらって成長しますので、産後に貧血になると抜け毛が増えてしまいます。 そこを補ってくれるのは嬉しい効果ですね。

十全大補湯

産後の抜け毛に効果のある漢方薬、最後は十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)。

十全大補湯は前にご紹介した四物湯に含まれている4つの成分が全て入っている上に、更に6つの生薬も配合。 全部で10種類の生薬が組み合わさった漢方です。

ですから婦人科疾患に効果があり血行を良くするのはもちろん、追加の効果として食欲不振や倦怠感にも効果があるとされているんですよ。

十全大補湯は婦人科疾患に効果のある生薬を10種類もあつめた漢方薬なので、産後に処方するお医者さんも多いようです。

免疫力を上げる効果もあるので、それも産後抜け毛にアプローチしてくれる要素なのかもしれないですね。

産後に漢方薬を処方するお医者さんも多い
産後に漢方薬を処方するお医者さんも多い

ゆるやかに効く漢方は産後には特にオススメできるんですよ。

ここまで、産後の抜け毛に効果のある漢方薬をご紹介していきました。

一般的に漢方薬は、西洋医学のお薬よりは副作用が少ないと言われています。 それでも多少の副作用はありますので、それぞれにどういった症状が考えられるかをひとつずつご紹介しますね。

当帰芍薬散の副作用

当帰芍薬散の副作用は、胃の不快感や食欲不振。 もう少し重くなると吐き気や下痢になってあらわれてしまう人もいるようです。

ただ、飲み続けているうちにだんだん慣れてくるという人も多いようで、いつのまにか副作用のことは忘れてしまっていたという人もいるんですよ。

他には発疹やかゆみといった症状が出る人も…。 もし副作用のことが気になるという人は早めにお医者さんに相談しておいて下さいね。

四物湯の副作用

四物湯にも当帰芍薬散と同じ成分が含まれていますので、胃の不快感や食欲不振といった同様の副作用が考えられます。

ただ、症状としてはどれも軽いもので、重大な副作用になる可能性はほとんどないと言われています。

それでも稀に重い症状になって表れてしまう人もいると思いますので、おかしいと思ったらお医者さんに相談しましょう。 これは守って下さいね。

十全大補湯の副作用

十全大補湯も共通する副作用としては軽い吐き気など胃腸に関するものが考えられます。

ただ十全大補湯の場合、だるさや血圧上昇、むくみ、手足のしびれなどちょっと重い症状が副作用になって表れる可能性があります。

十全大補湯を服用してこうした症状が出た時はすぐにかかりつけのお医者さんに相談に行って下さい。

漢方で副作用が出たらお医者さんに相談!
漢方で副作用が出たらお医者さんに相談!

重い症状は稀ですが、気になる時は迷わずお医者さんに相談しましょう。

漢方薬があわない、もしくは漢方薬以外にも薄毛対策に取り組みたい方にあわせておすすめしたいのが、育毛剤です。 育毛剤は頭皮環境を健やかに保つことで、育毛促進の効果が期待できます。

産後に使いたいおすすめの育毛剤の特徴として一番に挙げたいのは、女性用ということ。 男性用の育毛剤は女性の体に良くない成分が入っていることもありますので、注意してくださいね。

また、天然成分で副作用の心配がないこと。 そして使い心地の良いものを選ぶのも長く続けられるポイントです。

産後の抜け毛対策には漢方薬も使えることがわかりましたね。

でも体質や体調は人それぞれ。 自分に合った対策を見つけるのが一番ですよ。

色々な方法を活用して、毎日のケアを楽しみましょう。 そして笑顔の素敵なママになって下さいね!