目次

  1. 薄毛が治らないのは、ストレス過多のせいかも!?
  2. どれだけ薄毛対策してもストレス過多なら無駄...!?
  3. なぜストレスが薄毛の原因になるの?
  4. こんな人は要注意!
  5. ストレスで薄毛にならないための対策方法
  6. 薄毛が気になる方は…
  7. ストレスでの薄毛には気をつけましょう!
  8. 薄毛の関連記事はこちら

ちょっと髪の毛が薄くなってきた...薄毛対策しなくちゃまずい! と泣きながらも、毎日努力していることと思います。

でも、その効果は・・・、何も変わっていない! なんて、状況じゃないでしょうか?

もしかしたら、あなたの薄毛の原因が、「ストレス過多」というのも考えられます。

ストレスが溜まりすぎて、髪が薄くなってしまった! このように考える若い男性・女性に多いようですね。

ストレス過多による薄毛
ストレス過多による薄毛

若い男女に多い

薄毛に悩んでいる人は、シャンプーを替えてみたり、パーマやカラーを控えたり。 育毛剤を使ったり、と、色んな手段で対策をしていると思います。

でも、何ヶ月も何年もやっているのに、効かないんですけど! とちょっと焦り気味だったりしませんか?

実は、薄毛の原因がストレスの溜めすぎの場合、対策をしても効果が出にくくなっているのかもしれません。 効果がない!と思った人は、まずは自分がストレスを抱えていないかチェックしてみましょう。

遺伝もあると思うがストレスもかなり関係あると思う 仕事でイライラしてた時抜け毛が多くてシャンプーあとの抜け毛がけっこうあり、 少し薄くなったなと思ったが、 無職になってから改善した

出典: 2ちゃんねる
ストレスで薄毛
ストレスで薄毛

ストレスが原因の薄毛は、対策をしても治りにくいかも?

そもそも、なぜストレスで薄毛になってしまうんでしょうか? ここでは、まずそのメカニズムについて紹介します。

①血行不良で髪に栄養が行かない

ストレスが溜まり続けると、体の中の血管が収縮しがちになってしまうと言われています。 その結果、何が起こるかと言うと、血液が流れにくくなってしまうんです。 狭くなった所を通らなければいけないので、当然ですよね。

私達が食べ物で吸収した栄養というのは、血液に乗って体中に運ばれていきます。 血液の流れが悪いと、今度は栄養が全身に行き渡らなくなります。

髪に必要な栄養が、頭に届かないと、髪の成長は阻害されてしまいます。 それで、髪はやせ細って抜け落ちてしまい、薄毛の原因になり得るということですね。

②不眠症

ストレスの溜まっている人は、寝る時間もゆっくりできない場合も多いですよね。

ただ実は、この睡眠というのが、薄毛対策に重要なんです。 細胞は夜、寝ている時間に一番よく成長します。 髪も一緒で、睡眠中に、髪は伸びよう、生えようと細胞分裂をします。

でも、眠れなかったら? 細胞分裂ができません。結果、髪は成長せず、抜け毛・薄毛に繋がりかねないのです。

ストレスは私たちの強敵なんですね! 体にこんなに影響を及ぼすなんて、怖いです。

人によって、ストレスの程度は様々ですが、「こんな人はストレスが溜まりやすい!」という特徴があります。 当てはまる人は注意して下さいね。

①忙しい人

仕事や家事でずーっと働きっぱなしの人は、要注意です。 休息をきちんと取っていますか?

忙しい時も交感神経が活発に働いています。 働きっぱなしは疲れますよね。 休めないと、体も心も疲れ、ストレスが溜まります。

交感神経を休めるために、適度に休憩時間を設けたり、体を横にして休むことも必要です。

忙しい人
忙しい人

忙しい人はストレスが溜まりやすい

②ストレスを発散する習慣がない人

ストレスを感じないのは無理なこと。 大切なのは定期的に発散させることです!

さきほどの通り忙しくて休息の時間がとれない人も危険ですが、時間ができてもうまくストレスを発散できない人も注意です。

ストレスが体や髪に与える影響が、だんだんわかってきましたね。

では、実際にストレスで薄毛にならないようにするには、どうしたらいいのでしょうか? 対策を3つ紹介します。 できることから始めてみましょう。

⑴ストレスの原因をなくそう!

これができれば、ストレスによる薄毛の対策はできたも同然です。

一度立ち止まって、ご自分のストレスの原因を探してみて下さい。

人間関係だったら、その人から離れてみること。 仕事が山積みだったら、頼めるなら周りの人に助けを求めること。 あまりに体調不良なら、休暇をもらったり、部署異動をお願いするのも手です。

ストレスの原因をなくすことができれば、体調は徐々に戻ってくるはずです。 交感神経も元に戻り、血行不良が改善するでしょう。 そうすれば、髪の毛にも必要な栄養も行き渡るので、薄毛にならなくて済みます。

ストレスの原因
ストレスの原因

ストレスの原因をなくすことで、薄毛を防げる

⑵運動をしよう!

(1)はなかなか実践するのが難しい!という方は、ストレスを発散することを考えてみましょう。 その1つが「運動」です。

体を動かすことで、「セロトニン」という物質が体内に発生します。 このセロトニン、別名「幸せホルモン」と言うんです。 心身を安定させ、心を穏やかにしてくれるんです。

ストレス過多の人は、心に余裕がないことが多いですよね。 ですので、セロトニンができてくれれば、ストレスを減らすことができます。

⑶趣味の時間を増やしたり、旅行に行こう!

ストレスを完全になくすのは難しい、という人は、「ストレスの原因を忘れる時間をつくる」ことが重要になります。 気分転換をして、一瞬でもそのストレスを忘れてみませんか?

趣味があるのなら、週に数時間だけでもそれに没頭する時間を作ってみて下さい。 ストレスの原因を忘れて、心が穏やかになります。 交感神経を休めることができますよ。

日常を忘れる、という点で、旅行もオススメです。 いつもと違う、「非日常」にいることで、気分もリフレッシュできますよ。

「ストレスが原因かも…」 「ストレスかどうかわからない…」 という場合にはどうしましょう。

クリニックに相談してみるのも選択肢の一つです。AGAスキンクリニックでは、発毛治療も行っています。無料カウンセリングを行っているので、まずは相談してみるのがいいかもしれません。

まとめると、ストレスは、自律神経の乱れにより、

  • 血行不良
  • 消化機能低下
  • 不眠症

を引き起こし、これにより薄毛が促進される可能性があることがわかりました。 加えて、AGAの方は男性ホルモンの増加による症状の進行もありましたね。

ご自身のストレスをなくしたり、発散したりしてから薄毛対策をしないと、その効果は半減してしまうかもしれません。 まずは、ご自分のストレスの原因を探ってみましょう。

その上で自分に適した薄毛対策を実行しましょう。