目次

  1. 眼精疲労で薄毛になるって本当?
  2. 【結論】眼精疲労は薄毛の原因ではありません
  3. 眼精疲労の原因とは?
  4. 眼精疲労・薄毛の原因となる〈"身体の異常"の対処法5選〉
  5. 体の不調は髪にも影響する、と覚えておこう

目の疲れや頭痛といった症状で多くの現代人を悩ませる、「眼精疲労」

そんな眼精疲労が薄毛や抜け毛の原因になる、なんて噂を聞いたことはありませんか?

眼精疲労だけでも困るのに、薄毛にも関係しているとしたら…とても悲しい話ですね。

はたして真相はどうなのか、この記事で両者の関係性を解き明かすとともに、眼精疲労と薄毛に共通する対策についてもご紹介します。

結論から述べると、眼精疲労が直接、薄毛の原因になることはありません

薄毛の原因の多くは、髪の成長サイクルが乱れることにあります。

しかし、眼精疲労が髪の成長サイクルを乱す、ということはないので、眼精疲労は薄毛の原因ではないと考えられるのですね。

ただし、実は眼精疲労の人は薄毛に気をつけた方がいい、ということは言えます。

この点を詳しく解明していくため、まずは「なぜ眼精疲労が起きるのか」からご説明していきましょう。

眼精疲労の原因は多岐にわたりますが、代表的なものは以下の通りです。

  • 目の異常
    :ドライアイ・コンタクトやメガネが合っていない

  • 環境による影響
    :パソコンの光・空調の直風・タバコの煙

  • 身体の異常
    :ストレス・生活習慣の乱れ

このうち、「身体の異常」によって眼精疲労が起きている場合は、薄毛にも関係する可能性があります。

なぜなら、ストレスや生活習慣の乱れは、以下のような状態を引き起こすこともあるためです。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 頭皮の血行不良

これらは、髪の成長サイクルを乱し薄毛を引き起こす原因にもなります。

ストレスや生活習慣の乱れを自覚している人は、眼精疲労と薄毛に悩まされることがないよう、対策をしたほうがいいでしょう。

また、特に女性はホルモンバランスの乱れが体調に現れやすいので、気をつけるようにしましょう。

ここからは、眼精疲労と薄毛の原因になる"身体の異常"への対処法を5つ、紹介します。

上から順に見ていきましょう。

適度に運動する

適度な運動は全身の血行促進につながると同時に、ストレスの解消にもなります。

とはいえ、いきなりハードなスポーツをしたり、毎日ジョギングをするのはハードルが高いですよね。

そこでおすすめしたいのが、日常の中で意識して体を動かすようにすること。

大切なのは運動量ではなく、継続することです。

まずは一駅分歩く、エスカレーターではなく階段を使うなど、自分にできそうなことから取り組んでみてはいかがでしょうか。

質の高い睡眠を取る

睡眠の質が低いと、以下のような悪影響を受ける可能性があります。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • ストレスの蓄積
  • 成長ホルモン分泌量の減少

どれも眼精疲労や薄毛につながるものばかりです。

質の高い眠りを手に入れるための対策としては、寝る直前のスマホ・PCの操作を控える、アロマなどでリラックスする、などがおすすめ。

また、成長ホルモンは髪の成長のために不可欠なので、特に分泌量が多くなると言われている22~2時はしっかりと睡眠をとりたいですね。

頭皮マッサージを行う

血行を促進するために、頭皮マッサージをするのもおすすめです。

簡単な頭皮マッサージの方法は以下の通り。

  • ①側頭部から頭頂部にかけて頭皮を動かすようにマッサージ
  • ②前頭部・こめかみへ
  • ③指五本を使って、頭皮全体を刺激

爪を立てずに優しくマッサージするのがコツです。

詳しいマッサージ方法は以下の記事をご覧になってください。

しっかりと湯船につかる

風呂はシャワーで済ませる、という方も少なくないかもしれません。

ですが、湯船につかることによって、我々は3つの恩恵を受けることができます。

  • 温熱作用
    :血行促進

  • 水圧作用
    :血行促進

  • 浮力作用
    :リラックス効果によるストレス緩和

これらは心身ともにメリットがあるので、習慣として湯船につかるようにすることをおすすめします。

血行促進を助ける栄養を摂る

血行促進を助ける成分が入った食べ物にも気を配ってみましょう。

血行促進をサポートする栄養素としては、以下のものが代表的です。

  • ビタミンE
  • ジンゲロール

ビタミンEは身体の酸化を防ぎ、血行を促進する働きがあると言われており、落花生・カボチャ・ピーマン・モロヘイヤなどに豊富に含まれています。

ジンゲロールは、あまり聞きなれないかもしれません。

こちらはショウガに多く含まれる栄養で、血行促進作用や冷え症改善作用があると言われています。

眼精疲労と薄毛は、どちらもストレスや生活習慣の乱れによって引き起こされる可能性があります。

その対策として5つの方法をご紹介しましたが、自分でもできそうだな、と思った対策はあったでしょうか。

おすすめは、できることからやってみること。

日々の習慣を少しずつ改善し、眼精疲労や薄毛・抜け毛を対策していきましょう。

参考文献
[1] 第一三共ヘルスケア , https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/37_ganseihirou/ , 最終検索日 2018年4月5日
参考文献
[2] 資生堂 , http://www.shiseidogroup.jp/ingredients/beauty-ingredients/vitamin_e.html , 最終検索日 2018年4月5日
参考文献
[3] 日本食品分析センター , http://www.jfrl.or.jp/item/functionality/6-.html , 最終検索日 2018年4月5日