目次

  1. 頭頂部(つむじ)が薄くなってきた…?何とか改善させたい!
  2. 頭頂部(つむじ)が薄毛になる原因は?
  3. 実は…頭頂部(つむじ)はハゲやすい部位
  4. 今回紹介する頭頂部(つむじ)の薄毛・ハゲ対策方法
  5. 頭頂部(つむじ)の薄毛改善①育毛剤の使用
  6. 頭頂部(つむじ)の薄毛改善②発毛剤
  7. 頭頂部(つむじ)の薄毛改善③植毛
  8. 頭頂部(つむじ)の薄毛改善③普段の生活を見直す
  9. 頭頂部の改善のためにしっかり対策を!

「髪型が上手くきまらない…」

「ボリュームが減った気がする…」

このような経緯で、ふと頭頂部(つむじ)が薄くなっていることに気づいた方は多いのでは?

まさか自分が薄毛になるとは…信じがたい事実に目をつぶりたくなる気持ちも分かります。

しかし、放っておいては余計にハゲていく一方です。

薄毛は時間とともに進行していくもの。
これ以上悪化させず改善していくためにも、今からしっかりと対策を行っていきましょう。

この記事では、頭頂部(つむじ)が薄くなってしまった原因、そして頭頂部(つむじ)ハゲの対策方法をご紹介していきます。

頭頂部(つむじ)が薄くなる原因としてよく考えられているのは、AGA(男性型脱毛症)という症状です。

みなさん一度は耳にしたことがある単語ではないでしょうか?

このAGA、実は日本人の3人に1人が発症するとも言われているほど、メジャーな薄毛の症状です。

さて、AGAの原因は一言で言うと、『ヘアサイクルの乱れ』によって引き起こされます。

ヘアサイクルとは、髪が生え、成長し、抜ける、この一連のサイクルのこと。

これが乱れることで、髪が細くなったり、成長しきる前に抜けてしまい…頭頂部が薄毛の状態になってしまうのです。

ヘアサイクルの乱れ(AGA)が起こりやすいのは、遺伝生活習慣頭皮環境の悪化などが考えられています。

後半から説明する対策を元に、原因を改善していきましょう。

女性の場合は、AGAの女性版FAGAや、牽引性脱毛症なども考えられます。

女性向けの頭頂部の薄毛についてまとめた記事がありますので、そちらを確認してみてください!

さて、頭頂部の薄毛対策の話に移る前に一つ。

実は、頭頂部(つむじ)は薄毛になりやすい箇所であると知っていましたか?

頭頂部(つむじ)が薄くなってくるのは、AGAの大きな特徴なのです。

ちなみに、同時に生え際も薄くなっていく特徴もあります。

クリニックなどのAGA診察では、まず頭頂部(つむじ)・生え際の状態を確認し、AGAかどうか判断するそうですよ。

男性型脱毛症の診断は問診により家族歴,脱毛の経過などを聴き,視診により額の生え際が後退し前頭部 と頭頂部の毛髪が細く短くなっていることを確認する.

出典: 男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)

このことから分かるのは、現在頭頂部(つむじ)だけ薄毛の人は、AGAの初期段階である可能性が高いということ。

時間の経過とともに、さらに薄毛部分が広くなってしまう場合が大いにあるのです。

ですから、「まだ頭頂部(つむじ)だけしかハゲてないから大丈夫…」とならず、今からしっかりと対策を開始することをおすすめします。

ハゲているという現実に目をそらさず、一歩ずつ改善に努めましょう。

頭頂部の薄毛におすすめの対策を、以下の通り3つに分類しました。

  • ”本格的”な薄毛対策を始めたい方
     →①育毛剤の使用

  • デメリットも考慮した上で対策できる方
     →②発毛剤の使用・植毛

  • まずはできることを確実にしたい方
     →③普段の生活を見直す

以上の3つを順にご紹介していきます。

自分に合った対策方法を見つけ、頭頂部(つむじ)の薄毛改善を期待しましょう!

いきなり育毛剤と言われて驚いた方も多いのでは?

よく聞く「頭皮マッサージ」だったり「食事の改善」などが勧められると思っていた方もいたかもしれませんね。

確かにこれらは薄毛にならないために大事なことですが、正直、改善する見込みはわずかな対策です。

一方で、育毛剤というのは効果がしっかり認められているアイテム。

確かに、いきなり育毛剤を購入するのはためらうかと思います。

しかし、効果が認められているという点などで、頭頂部(つむじ)などの薄毛改善におすすめです。
ぜひじっくり検討してみてください。

育毛剤の特徴

さきほど述べたように、育毛剤は効果が認められた対策方法です。

具体的には、

  • 育毛
     (今ある毛をしっかり育てる)

  • 発毛促進
     (新しい毛が生えるのを助ける)

  • 抜け毛・脱毛の予防

  • フケ・かゆみの抑制

  • 頭皮環境の改善

このような効果が認められています。

育毛剤は医薬部外品なので、効果が認めらた成分が一定量ないと販売することができません

また、体への影響がごくわずかであることも法律で決められており、副作用が心配な方にとって安心な製品を目指して作られています。

使い方は、頭頂部に毎日塗布するだけと簡単で、誰でも気軽に始められます。

まとめると、育毛剤は効果がしっかりと認められながら、体への影響も緩やかな薄毛対策です!

おすすめの育毛剤は「チャップアップ」

ありとあらゆる育毛剤が100種類以上存在します。

そんな中で良い商品を選ぶのは至難の技
そこで、ヘアラボ一押しの人気育毛剤をご紹介します。

なんと、月間数百万人が訪れる薄毛情報サイト「ヘアラボ」において人気NO.1一番売れている育毛剤です。

薄毛に悩む多くの方から選ばれているアイテムをぜひご確認ください。

チャップアップは、有効成分を3種配合し、育毛・抜け毛予防などの効果が認められている育毛剤です。

また天然由来成分数十種類以上が凝縮配合され、頭皮環境改善が期待できます。

万が一使用してみて合わなかった人のために、返金保証の制度があります。
(定期便1本目のみ)

この返金保証は受付期間が永久であり、非常に珍しく注目されています。

成分など中身だけでなく、こういったサポートも充実しているため、ヘアラボで一番人気の薄毛対策アイテムとなっているのでしょう。

頭頂部(つむじ)の薄毛を、効果が認められた育毛剤で改善したい…。
そんな方は、多くの薄毛ユーザーから支持されるチャップアップをまずは試してみてはいかがでしょうか?

  育毛剤ランキング1位
  『チャップアップ』
  特徴:ヘアラボ不動の1位
 ➡︎詳細ページ   ➡︎公式サイト
  育毛剤ランキング2位
  『プランテル』
  特徴:M字ユーザーから高い支持率
 ➡︎詳細ページ   ➡︎公式サイト
  育毛剤ランキング2位
  『イクオス』
  特徴:リニューアルで独自成分の配合量UP
 ➡︎詳細ページ   ➡︎公式サイト

次にご紹介するのは発毛剤植毛です。

どちらも利用者が多い対策ですが、育毛剤と違って気をつけなければならない点が存在します。

そのため、ヘアラボとしては、まずは育毛剤もし育毛剤でも駄目だった場合に発毛剤や植毛といった対策をご提案しています。

特徴と同時に注意点もしっかりご覧になって検討してみてください。

新しい毛を生やす発毛剤

発毛剤とは、発毛効果が認められたものを指します。

育毛剤はあくまで発毛"促進"、発毛を手助けする効果が認められていましたね。
そのため、新しい髪を生やすことが一番の目的の人にとっては、"育毛剤は物足りない改善方法"となってしまうことも。

発毛剤には、発毛効果があるミノキシジルが配合されており、頭頂部から新しい毛を生やすのが期待できます。

市販で販売されている発毛剤といえばリアップが代表的ですね。

また、AGAクリニックなどでは錠剤タイプの発毛剤が購入できます。

クリニックなら、今の自分の薄毛状態などをしっかり知ることができるのでおすすめです。

購入する前に…発毛剤の注意点

もちろん新しい毛を生やすのは、頭頂部(つむじ)の薄毛を改善したい人なら誰でも望みますよね。

しかし、発毛剤には十分認識すべき注意点があります。

それは副作用のリスクです。

  • 熱感
  • 頭痛
  • めまい
  • 皮膚炎
  • 精力減退

人によって状態はさまざまですが、主に、このような副作用のリスクが報告されています。

これらの症状が出てしまった場合、症状に合った専門の病院を受診してください。

自分の頭頂部(つむじ)の薄毛に、本当に発毛剤が必要なのか?
効果だけでなくリスクも考慮してしっかり検討しましょうね。

植毛とは頭皮に毛を植える医療行為。

自分自身の毛を移植する「自毛植毛」と、人工の毛を植える「人工毛植毛」の2つがあります。

今ある毛の量に関わらずに毛を増やせる方法です。

ですので、頭頂部(つむじ)の薄毛がかなり進行してしまった人の利用が多い改善策となっています。

植毛の注意点

植毛のデメリットとは大きく2つ。

1つは金銭面です。

植毛方法、植毛する範囲によって変わりますが、多くの方は100〜200万ほどの費用がかかっているそう。

頭頂部(つむじ)の薄毛改善のために金銭的余裕がある方以外は、かなり厳しい価格設定となりますね。

2つ目は定着率
植毛した毛がしっかり定着するかどうかが問題です。

特に、人工的な毛を植える人工毛植毛は、体が拒否反応を起こしてしまうリスクがあります。

自毛植毛は自分の毛を使用するので馴染みやすいのですが、それでも可能性は0ではありません。

以上が、頭頂部(つむじ)の薄毛改善策として一般的な発毛剤・植毛の紹介となりました。

比較的手に入れやすく、人体への影響が緩和な育毛剤と比べ、どちらも注意点があります。

繰り返しとなりますが、ヘアラボではまずは育毛剤、そして発毛剤・植毛といった順番で対策を検討することがおすすめです。

育毛剤、発毛剤、植毛とご紹介してきました。

最後に紹介するのは、普段の生活から行える対策方法です。

以下にご紹介するものは、行えば頭頂部(つむじ)の薄毛が劇的に改善されるわけではありません。

ただ、薄毛の改善の土台として必要なことです。

たとえ育毛剤などで対策をしていても、普段の生活が髪に悪いようでしたらほとんど意味がなくなります。

ここで紹介する方法を実践し、頭頂部の薄毛改善の土台作りをしていきましょう。

頭頂部の改善1)食事の見直し

髪の成長は当然、食事などから摂取した栄養によって行われます。

その栄養が偏っていたり、不足していたらどうなるか、簡単に想像できますよね?

体がやせ細るように、髪も細く短くなってしまいます。

特に髪の成長には「たんぱく質」「ビタミンB群/A/C/E」「亜鉛」が大きく関わっていると言われています。

頭頂部の改善2)良質な睡眠をとる

ハゲにならないのは睡眠が大事!みなさんもこのような話を聞いたことがあるのではないでしょうか?

事実、髪の毛の新陳代謝は睡眠中に進んでいくと言われています。

そのため、もし睡眠が足りないとなると、髪に十分な栄養が行き渡らないことに。

目安として、6時間以上は寝ることをおすすめします。

また、22時〜2時は髪にとってのゴールデンタイムといわれており、この間に多く睡眠時間をとる意識を持つといいでしょう。

頭頂部の改善3)血行不良の改善

髪に栄養を運ぶのは血液です。

その血液が血行不良になったら、髪は栄養不足を引き起こし、抜け毛の原因に

頭の血行を改善する方法としては以下のようなものが挙げられます。

  • 頭皮マッサージ

  • 有酸素運動

  • 禁煙

頭皮マッサージ、有酸素運動などは、血行改善としておなじみですね。

もう一つが禁煙と聞いて喫煙者の方はドキッとしたのではないでしょうか?

実は、タバコに含まれるニコチンは血管を収縮してしまうリスクがあります。

もし本気で頭頂部(つむじ)の薄毛を改善したいなら、この際に禁煙を考えてみてください。

頭頂部の改善4)正しい方法で洗髪する

髪の土台となる頭皮をケアすることはても大事です。

頭皮が清潔でないと、頭皮トラブルが起こり抜け毛に繋がることがあります。

また、育毛剤や発毛剤などは、頭皮環境が悪いと浸透しづらくなります。

頭皮を清潔にするため、正しい方法で洗髪しましょう。

<正しい洗髪の方法・ポイント>

  • 自分に合ったシャンプーを選ぶ

  • シャンプーは「頭皮を洗浄する」ことを意識する

  • 強くこすりすぎない

  • すすぎはしっかり(2〜3分かける)

  • タオル→ドライヤーで入念に乾かす

頭頂部(つむじ)の薄毛を改善したいなら、この機会に洗髪方法を見直してみてください。

以上が、普段の生活から出来る対策です。

さすがに育毛剤や発毛剤のような改善は期待できませんが、土台としてはとても大事なことです。

さて、ここまで頭頂部(つむじ)の薄毛の原因、その対策をご紹介しました。

頭頂部(つむじ)の薄毛はAGAの典型的症状で、放っておくとさらに進行していく可能性があります。

今のうちから対策をとることで、改善を期待していきましょう。

まとめとして、この記事で紹介した対策をもう一度振り返ります。

  • 育毛剤 
  • 発毛剤植毛
  • 生活の見直し

ご自身が始めやすい対策を検討して、改善に努めてくださいね。

ヘアラボとしては、効果が認められていて始めやすい育毛剤を使用しながら、生活習慣を正していくことがおすすめです。

この記事が頭頂部(つむじ)の薄毛対策を始めるきっかけになりましたら幸いです!
ご覧いただきありがとうございました。

最後に、ヘアラボ一番人気の育毛剤をもう一度ご紹介しておきます!

もう一つのおすすめ育毛剤として紹介するのが、スカルプD『スカルプジェット』。

スカルプDアンファーといえば、宮迫さんやビートたけしさんのCMでおなじみですね。

そんなスカルプDから販売される、赤いボディーが目立つこちらは、楽天市場で総合ランキング1位(2015年11月25日実績)をとるほど人気の商品。
リニューアルを繰り返し、今や8代目とのこと。

育毛効果が認められた有効成分を始め、新規原料開発チームが精査した厳選成分や、独自の豆乳成分などが配合されています。

こだわりは中身だけにとどまりません。
特許を取得した特殊ノズルは、液だれしにくく、頭皮の角質層まで成分を浸透させます。

気になる方は公式サイトをチェックしましょう!

関連記事のご紹介

参考文献 1 麻生泰, 薄毛治療の新常識, 白誠書房, 2016