目次

  1. ワックスをきちんと落とさないと頭皮トラブルの原因に
  2. どうしてシャンプーしているのにワックスが落ちにくいの?
  3. ワックスをしっかり落とすシャンプー方法
  4. シャンプー前にリンス・トリートメントを使う方法も!
  5. 実はワックス落とし専用のシャンプーがある!
  6. 「落としやすい」ワックスはこちら
  7. ワックスはきちんと洗い流しましょう

かっこいいスタイリングをキープするための「ヘアワックス」

しかし、シャンプーをしてもワックスが残って困ることはありませんか?

「髪にへばりついて、ヌルヌルする」
「ベタベタして気持ち悪い」と悩まれる方は少なくありません。

しかも、放っておけば頭皮のトラブルのきっかけに…。

そこで今回、「ヘアワックスを落とすシャンプー方法」を紹介します。

すごく簡単なので、ぜひ今日から実践してみてください!

ワックスをきちんと落とすために、まずは「なぜシャンプーしているのに洗い残しが出るのか?」を知っておきましょう。

その理由は、ワックスには強い洗浄力でないと落ちにくいほどの油分が含まれているからです。

そのため通常のシャンプーで洗髪すると、ワックスの洗い残しが出やすいのです。


この点を考慮すると、「ワックスが落ちないのは仕方がない」と考えてしまいますね。

ですが、そもそもあなたの洗髪方法は適切でしょうか?

実は、落ちにくいワックスといえども、正しい方法で洗髪すれば綺麗に洗い落とすことができます。

そこで、まずはヘアラボがおすすめする洗髪方法をご紹介していきます。

以下の手順で実践すれば、大抵のワックスは落とせるはずですよ。

それでは順を追って確認していきましょう。

(1)まずはブラシをかける

最初にブラッシングをしましょう。

髪を洗う前にブラシをかけることで、ワックスや髪の表面についた汚れを落としやすくなるんです。

ただし、力を入れすぎず、程よい刺激が感じられるくらいにしてくださいね。

頭皮はとても繊細なので、ブラッシングの際にあまり力を入れすぎると、頭皮の毛細血管が傷ついてしまうことがありますよ。

(2)ぬるま湯で1〜2分、素洗いをする

ブラッシングに続き、これもやっていない方が多いかと思います。
いきなりシャンプーはつけず、ぬるま湯だけの素洗いをしてください。

この素洗いだけで、ワックスなどの汚れをある程度落とすことができます。

だいたい2~3分くらい十分な時間をとって、ぬるま湯だけで洗いましょう。

(3)手のひらでシャンプーを泡立てる

続いて、手でシャンプーを泡立てていきます。

先に液を泡立てることによって、頭皮の毛穴にシャンプーの泡が入り込みやすくなるんですよ。

逆にシャンプーを液体のまま頭皮につけると、液が頭皮の毛穴に詰まってしまい、洗い流しきれないことがありますので注意です。

(4)爪をたてず、頭皮をやさしく指の腹でマッサージをするように洗う

シャンプーを泡立て終わったら、頭につけていきます。

このとき、指の腹で地肌をマッサージするのがポイント。

意識していない方が多いと思いますが、シャンプーは頭皮を洗浄するものです。

ワックスまみれの頭を、根元から洗っていきましょう。

(5)すすぎ残しのないよう、髪の毛の根元や頭皮からしっかりと流す

最後に、ワックスのすすぎ残しがないよう、2〜3分かけてしっかりとお湯で流してください。

ここでも頭皮をやさしくマッサージしながら洗い流しましょう。

毛穴にワックスやシャンプーが残らないよう、外に押し出すことができます。

先ほど紹介したシャンプー方法でも、ワックスが落ちなかった方もいるかもしれません。

そんな方は、シャンプーの前にリンス・トリートメントをする方法を実践してみてください。

リンス・トリートメントは、いわば

油と油が溶けやすい性質を利用し、ワックスの油分を落とすという方法です。

やり方は以下の通り。

  • (1)シャンプーの前に、ぬるま湯でしっかり髪を濡らす

  • (2)リンス・トリートメントをもみこむように髪や頭皮になじませる

  • (3)しっかりすすいで落とす

  • (4)先ほど紹介したシャンプー方法で洗髪する

シャンプーだけではワックスが落ちにくいという方は、ぜひお試しください!

なんと、ワックス落とし専用のシャンプーがあります。
ほぼ毎日ワックスをつける方は、いっそのことこちらの商品を購入してみてはいかがでしょうか?

写真の商品は、『ギャツビー パーフェクトクリアシャンプー』というものです。

2度洗いは不要で、サラサラな髪に仕上げられるそう。

ただし、洗浄力が強いため、肌に合わない方もいるかもしれません。

Amazon 『ギャツビー パーフェクトクリアシャンプー』

今回、落ちにくいワックスの「落とし方」を紹介しました。

ここで、逆に「落ちやすい」ワックスの方を探すのはいかがでしょうか。

こちらのワックスは、有名なスカルプDシリーズのアイテム。

薄毛に悩む方のためのワックスで、頭皮や髪をケアする成分が採用されています。

そんなこちらのワックスは、9割が天然植物由来の成分です。

これによって、温水で落ちやすいワックスとなっています。

ワックスの洗い残しは薄毛につながるので、大事なポイントなのです。

もちろん薄毛がまだ気になっていない方にもおすすめですので、チェックしてみてはいかがでしょう。

「ワックスを落とすシャンプー方法」を紹介してきましたが、いかがでしたか?

今回はシャンプーの洗髪にフォーカスしましたが、ワックスの使用量を減らす、ワックスの種類を変えることも一手。

ワックスが髪の毛や頭皮に残ると、毛穴詰まりによって炎症や抜け毛などのトラブルにつながるおそれがあります。

ぜひ紹介した方法を実践して、ワックスの洗い残しがないよう頭皮ケアを行ってくださいね。