目次

  1. 乾燥がひどい…そんな頭皮におすすめのシャンプーが知りたい!
  2. 《乾燥を撃退!》頭皮に適したシャンプーを選ぶ
  3. 頭皮の乾燥におすすめのシャンプー《5選》
  4. シャンプーは選び方だけでなく“やり方”も大事
  5. 自分に合ったシャンプーで乾燥知らずの健やか頭皮に!
頭皮のカサカサが気になるっ!
頭皮のカサカサが気になるっ!

頭皮の乾燥に悩んでいるというあなた。
かゆみフケが気になったり、髪の毛までパサパサしていたりしませんか?

実は、そんな乾燥しがちな頭皮におすすめのシャンプーがあるのです。

本記事では、頭皮の乾燥が起きるメカニズムを説明し、頭皮の乾燥対策になるシャンプーの選び方、さらにはおすすめのシャンプーをご紹介していきます。

正しいシャンプー方法もご説明しますので、一緒に乾燥知らずの頭皮をめざしましょう!

※頭皮に適したシャンプーの選び方を飛ばして、「おすすめのシャンプー」を先に見たいという方は、こちらからスキップ!

どんなシャンプーを選べばよいの?
どんなシャンプーを選べばよいの?

おすすめのシャンプーをご紹介する前に、まずは、頭皮が乾燥してしまう原因と、それが引き起こすトラブルについて見ていきましょう!

その上で、頭皮を乾燥から守るためにどんなシャンプーを選べば良いのか、選び方のポイントをお伝えしていきます。

頭皮が乾燥してしまう理由

頭皮が乾燥してしまう原因は、ズバリ、皮脂量が足りていないこと。

皮脂は、うるおいを保ったり、外部からの刺激を防ぐバリア的な機能を担っています

皮脂量が少なくなりすぎた頭皮は、いわば“水分を保つための蓋”がなくなってしまった状態。

水分が逃げやすくなり、頭皮が乾燥してしまうのです。

頭皮の乾燥が招くこと

頭皮が乾燥してしまうと、具体的にどのようなことが起こるのでしょうか。

実は、肌の表面に当たる角質層には、水分を保有することで外からの刺激をカバーする役割があります。

頭皮が乾燥し、水分が減ってしまうと、この角質層がバリア機能を果たせなくなってしまいます

つまり、皮脂の減少によって乾燥した頭皮は、皮脂だけでなく水分によるバリア機能も失ってしまうのです。

バリア機能を失った頭皮は、ちょっとした刺激にも敏感になり、炎症が起きやすくなります。

そして、それがかゆみフケなどのトラブルにつながるのです。

そんなトラブルを避けるためにも、頭皮の乾燥は一刻も早く何とかしたいもの。

頭皮を乾燥から守るためには、皮脂量を適度に保てるシャンプーを選ぶと良いでしょう!

頭皮を乾燥から守るシャンプーとは?

皮脂量を適度に保てるシャンプーというのは、具体的にはどんなシャンプーなのでしょうか。

おすすめなのは、アミノ酸系の弱酸性シャンプーです。

アミノ酸系の弱酸性シャンプーとは、穏やかな洗浄力が特徴のアミノ酸を洗浄成分として配合したシャンプーのこと。

以下のような特性を持っています。

  • 余計な皮脂だけを洗い落とし、必要な皮脂を守る

  • 肌のpH値を「弱酸性」に保つので、頭皮の刺激になりにくい

このように、アミノ酸系弱酸性シャンプーは、皮脂の欠乏から乾燥を招き、刺激やダメージに弱くなった頭皮にはぴったりのシャンプーなのです!

しかし、アミノ酸系の弱酸性シャンプーは商品名にも、成分にも「アミノ酸」という言葉は出てこないので要注意。

購入の際の目安は、含まれている洗浄成分の名前です。

①頭に「ココイル」がついている

  • ココイルグルタミン酸TEA
  • ココイルグルタミン酸
  • ココイルメチルアラニンNa

②後ろに「ベタイン」がついている

  • ラウラミドプロピルベタイン
  • ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン

慣れない言葉で難しいかもしれませんが、これらの二つの言葉を目安に、アミノ酸系の弱酸性シャンプーを探してみてくださいね!

では、ここまでお伝えしてきた特徴を持つおすすめシャンプーを一つずつ紹介していきます。

あなたは、ネット派?ドラッグストア派?
あなたは、ネット派?ドラッグストア派?

ここでは、頭皮の乾燥におすすめのアミノ酸系の弱酸性シャンプーを紹介いたします。

「できれば買い物に時間をかけたくない」「今日から試したい」など、人によってお買い物の仕方も変わると思います。

そこで、ネットで手軽に購入できる商品を3点、ドラッグストアなど店頭でお買い求めできる商品を2点紹介していきます。

商品のラインナップはこちらです。

《ネットで購入できる》

  • ①マイナチュレシャンプー
  • ②チャップアップシャンプー
  • ③ウーマシャンプープレミアム

《ドラッグストアなどで購入できる》

  • ④ミノン 薬用ヘアシャンプー
  • ⑤いち髪 濃密W保湿ケア シャンプー

それではそれぞれの商品について詳しくご説明します。

ネットで購入できるおすすめシャンプー

①マイナチュレシャンプー

シルク由来のアミノ酸洗浄成分で、髪や頭皮を優しく洗い上げてくれます。

「頭皮に余計なものは一切いれない」という信念のもと開発された商品で、アミノ酸や天然植物由来の各成分が、なんと29種類も配合されています!

毛髪補修成分も含まれているので、さっぱりと洗い上げた後は、ハリ・コシのある髪に仕上げてくれます。

天然シトラスの香りもさわやかで、男女問わず気持ちよく使える商品です。

②チャップアップシャンプー

植物系成分が22種類、オーガニック成分が10種類も配合された、頭皮にやさしいシャンプーです。

頭皮頭髪環境をよくすることにこだわって開発されました。

新たに生えてくる髪を太く強くし、髪の毛のボリューム感アップが期待できます!

頭皮の乾燥はもちろん、抜け毛、ボリュームダウン、細くなった、分け目が気になるなどの悩みを抱える方におすすめの商品です。

③ウーマシャンプープレミアム

頭皮に活力を与える成分「アミノ酸BCAA」により、頭皮にハリを与えてくれます。

25種類もの植物由来成分により、優しくすっきりと洗い上げます。

フケ・かゆみを防ぐ成分、ハリ・コシを与える成分、傷んだ毛髪を補修する成分なども配合。

馬油やガゴメ昆布エキスが頭皮環境を整え、潤いを与えて保湿力を高めてくれます

乾燥してしまった頭皮にはぴったりではないでしょうか。

ドラッグストアなどで購入できるおすすめシャンプー

④ミノン 薬用へアシャンプー

植物性アミノ酸系洗浄成分配合のミノン薬用ヘアシャンプー。

アレルギーの原因物質を極力カットしてあるので、敏感肌の方でも安心ですね。

敏感な頭皮を守りながらもきちんと汚れを落とし、毛髪や頭皮の汗臭も防いでくれます。

フケやかゆみを防ぎ、毛髪や頭皮をすこやかに保ちます

小さなお子様でも使えるので、ご家族で使ってみても良いかもしれませんね。

⑤いち髪 濃密W保湿ケア シャンプー

純・和草プレミアムエキスを配合し、今あるダメージの補修だけではなく、これからのダメージを予防してくれるシャンプーです。

髪と地肌の両方に潤いを与えてくれるため、頭皮や毛髪トラブルの原因にもなりえる乾燥を予防

髪の潤いを守りながら、やさしく洗いあげることができます。

何より、アミノ酸系シャンプーの中ではかなりプチプラなのも嬉しいポイントです。

シャンプーはやり方も大事!
シャンプーはやり方も大事!

頭皮の乾燥対策におすすめのシャンプーご紹介してきましたが、気になる商品はありましたか?

実は、シャンプーは自分に合うものを選ぶだけでなく、洗い方も大切。

せっかく良いシャンプーを使っても、その使い方次第では、頭皮を傷つけたり乾燥の原因になることもあるのです。

そこで、正しいシャンプーのポイントをお伝えします!

  • ブラッシングでほこりを落とし、髪のもつれをとる
  • お湯だけで頭皮の汚れを洗い流す
  • ③手のひらでシャンプーを泡立ててから髪の全体に広げる

  • ④地肌を傷つけないように頭皮を優しく洗う

  • ⑤シャンプーが残らないようにしっかりとすすぐ

シャンプーは直接髪につけないよう、しっかりと泡立ててからつけましょう。

洗顔の際にもお肌への刺激を減らすためにしっかりと泡立てますよね?
頭皮もお肌の一部ですから、同じことなのです。

また、爪を立てないのはもちろんですが、強い力で頭皮をごしごし洗うのも避けましょう。

あくまで優しくが基本。
そのためにも、ブラッシングやお湯での予洗いが大切なのです。

また、頭皮にシャンプー剤が残らないよう、しっかりとすすぎましょう。

泡が見えなくなっても、すすぎ残している場合もあるので要注意です。

乾燥知らずの頭皮を目指しましょう
乾燥知らずの頭皮を目指しましょう

頭皮に必要な皮脂まで落としてしまうと、乾燥だけでなく、頭皮トラブルを招いてしまう可能性があります。

ぜひこの機会に、ご自身にあったシャンプーを探してみてくださいね!

ただし、シャンプーを替えてもかゆみなどがなくならないどころか、炎症っぽくなってきた…という方は、乾燥以外の皮膚疾患が発生しているかもしれません。
そんな時は、一度近くの皮膚科を受信することをおすすめします。

また、何もしていないのにフケが出る、シャンプーを替えても乾燥しがち、という方は、お湯だけで洗髪する「湯シャン」が良いかもしれません。

以下に湯シャンについての記事がありますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

正しいシャンプー選びと方法で、頭皮の乾燥とさよならして、健康な頭皮をめざしましょう。

参考文献
[1] 髙橋栄里 , 髪がみるみる蘇る習慣 , (宝島社、2016)