目次

  1. 育毛剤って結局どれがいい?
  2. アデノシンとは...?
  3. アデノシンにはどんな育毛効果があるの?
  4. アデノシンはこんな人に効果的!
  5. ただ、アデノシンには副作用がある...!?
  6. こんな人はアデノシンの使用を控えたほうがいいかも
  7. さらに詳しい情報はアデノシンの動画をチェック!
  8. アデノシンの効果と副作用をしっかりと把握しよう

育毛剤といっても、いろいろな種類がありますよね。値段も手頃な物から数万円するものまで様々で、どれが一番良いか迷ってしまいます。育毛成分も色々な種類があって、どの薄毛に有効かよくわからないですね。 では、FGF-7という名前を聞かれたこと、ありますか? これは発毛を指示する毛乳頭細胞に働きかけ、発毛を促進する発毛因子です。 これを沢山作り出すのが『アデノシン』という成分です。育毛効果が有効な成分として、注目を浴びています。 これを含んだ育毛剤が育毛に効果があるというのです。

アデノシンは核酸の一種で、DNAの遺伝情報に用いられたり、エネルギー輸送と関係する成分です。 アデノシンは発毛因子『FGF-7』を沢山作り出します。 髪の毛は毛根にある『毛母細胞』が分裂して産まれます。発毛因子『FGF-7』は毛母細胞の分裂を活発にさせ、髪の毛を沢山生やします。 薄毛部位と、しっかりした毛が生えている部位を比較したところ、薄毛部位には『FGF-7』が半減しているという研究結果が出ていました。 毛髪サイクルのバランスや循環が乱れて薄毛になる要因のひとつです。 また、アデノシンには抗炎症作用や毛根の成長を促し、血行を促進する作用、育毛効果が期待できます。

アデノシンは毛乳頭細胞に直接働きかけ、発毛を促進する発毛因子を生産する画期的な成分であります。 資生堂の調査によると、アデノシン配合の育毛剤で多くの被験者が外観からの育毛効果があると判定されています。 他の育毛剤より、高い効果が実証されているのです。 では、アデノシンは具体的にどのような育毛効果があるのでしょうか。

①発毛促進因子『FGF-7』の生成を促進する。

髪の毛は毛根にある毛母細胞が分裂して産まれます。発毛促進因子『FGF-7』は毛母細胞の分裂を活発にさせます。 『FGF-7』を直接頭皮に投与すれば、発毛効果があるのですが、これを製品化するのが無理だそうです。 『FGF-7』を沢山作り出す成分がないかと調べたところ、わかった成分がアデノシンです。 アデノシンを投与すると、『FGF-7』の生成が促進され、毛母細胞の分裂が促されます。従って、発毛効果があるのです。

②毛根の成長期を延ばす。

毛髪のサイクルは、成長期、休止期、退行期があります。 成長期とは、生えてきた毛が成長する期間で、およそ2〜6年あります。 薄毛とは、髪の成長期が短くなったり、休止期が長くなっておこります。 アデノシンは毛根を退行期へ移すのを防ぎ、成長期を延ばします。 成長期が延びると、髪はその分長く太くなり、しっかりした髪に成長します。

③血行を促進させる。

毛周期
毛周期

アデノシンは髪の成長期を延ばす効果があります。そのため、長く強い髪が育ちます。

アデノシンは毛根に新鮮な酸素を供給します。血行を促進して、発毛を促します。 薄毛だけでなく頭皮環境を整えるので、様々な頭皮トラブルを改善できます。

多くの育毛剤が発売され、育毛成分も様々な種類があります。 アデノシンが発毛に直接働きかけるため、その効果が高いのはわかりました。 では、どんな人がより効果があるのでしょうか? こんな方はアデノシンが効果的に実感できるのないでしょうか。

⑴抜け毛が多くなった人

最近抜け毛が多くなってきたことはないですか。そんな方は毛母細胞が弱ってきていることが考えられます。 毛母細胞が弱ると、髪の成長期の期間を短くしてしまいます。 成長期が短くなってしまうと、細い薄い髪になり、抜け毛が多くなってしまうのです。 アデノシンは毛乳頭細胞に働きかけ発毛を促進する因子、『FGF−7』を沢山作り出す成分なので、毛周期を正常に戻します。細く弱々しかった髪にハリ・コシがでて、抜け毛が改善されるのです。

⑵髪にコシやハリがなくなった人

髪にコシやハリがなくなって、弱々しくなってきている方。この方も毛母細胞が弱ってきている可能性があります。 毛周期が乱れ、髪の成長期が短くなり、太い髪に成長しないのです。 アデノシンを使って、髪が太くなったという効果が現れています。毛周期を正常に戻し、髪を太く健康に成長させる、アデノシンにはその効果があります。また頭皮の血行促進効果もありますので、健康な髪に育ちます。

アデノシンは育毛界の救世主かも!
アデノシンは育毛界の救世主かも!

朝起きて枕についている髪の毛が多くなってきたら、薄毛のシグナルです。そんな人はアデノシンを試してみてはいかがでしょう。

アデノシンは、人間の頭皮に元々ある成分です。そのため、アデノシンを投与しても副作用が現れにくいのが特徴です。 ただ、痒みがでるかもしれないという方もいるようです。

赤みがおこり、かぶれたという報告もあるようです。 どの化粧品にも、稀に起こる可能性があるので、何回か使用して様子を見るのは大事でしょう。

アデノシンは体内に元々存在する物質ですが、その効果があまり出なくなってしまう使い方、効果の出にくい体質の方があるようです。

①コーヒー、カフェインの入った飲料が好きな人

アデノシンの効果は、カフェインを摂取すると抑制されてしまいます。カフェインがアデノシンの効果をブロックしてしまうからです。コーヒーを一日飲んでいる人、カフェインの入った飲み物が好きな人には、アデノシンは効果が現れにくいかもしれません。

急性カフェイン中毒に気をつけて!1時間に何杯コーヒーを飲むとあぶない!?
急性カフェイン中毒に気をつけて!1時間に何杯コーヒーを飲むとあぶない!?

コーヒーが大好きで一日に何杯も飲む人も多いと思います。コーヒーだけでなく、お茶や紅茶にもカフェインは入っています。

②AGA男性型脱毛症の方

AGAとは男性型脱毛症の意味で、遺伝や男性ホルモンの影響が原因と考えられています。ジヒドロテストステロンという強力な脱毛作用のある男性ホルモンがヘアサイクルの成長期を短くする原因と考えられています。ホルモンの抑制が先決で、アデノシンはそれほど効果が出にくいようです。

発毛因子に直接働きかけ、発毛を促進するアデノシン。資生堂からアデノシン配合の育毛剤として発売されている『アデノバイタル』。この商品説明でアデノシンの効果を説明されています。

アデノバイタル

アデノシン配合の育毛剤を開発した資生堂『アデノバイタル』の商品説明からアデノシンの効果をみてみましょう。

アデノシンの発毛効果、その発毛システムを理解すると、発毛因子の生産を高め発毛を促進するというもので、効果が期待できそうですね。 自分に合った育毛剤を見つけたい!という方にはいいかもしれませんね。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。