目次

  1. M字はげでもかっこいい髪型・ヘアスタイルにできる…?
  2. M字はげをカバーしつつかっこいい髪型・ヘアスタイルに!【ポイント】
  3. M字はげをかっこよく見せられる髪型・ヘアスタイル7選
  4. M字はげでもかっこいい髪型1:ショートレイヤー×アップバング
  5. M字はげでもかっこいい髪型2:ウルフカット×斜め分けバング
  6. M字はげでもかっこいい髪型3:スポーツ刈り×ツーブロック×アップバング
  7. M字はげでもかっこいい髪型4:ショートカット×ツーブロック×アップバング
  8. M字はげでもかっこいい髪型5:ベリーショート×ソフトモヒカン
  9. M字はげでもかっこいい髪型6:グラデーション坊主
  10. M字はげでもかっこいい髪型7:スキンヘッド
  11. 【注意】M字はげに向いていない髪型の特徴
  12. 薄毛のカットが得意な美容室を探しましょう!
  13. 好きなヘアスタイルにするなら増毛サロンがおすすめ!
  14. <参考>髪型でかっこよく見せながら、薄毛対策もしっかり!
  15. M字はげでもかっこいい髪型で、イケてる毎日を!
M字はげが気になる…
M字はげが気になる…

M字はげでもかっこよくなれる髪型があるんです!

M字はげは、自分でも確認しやすくどうしても気になるもの。

「なんとかして髪型でM字はげをごまかしたい…」 「M字はげのせいで、かっこいい髪型ができない…」

と、毎朝鏡の前で悩んでいる方もいらっしゃいますよね。

でも、ちゃんとポイントをおさえて選べば、M字はげをカバーできる、かっこいい髪型ができるのです!

ではそのポイントと、かっこよく見える髪型にはどのようなものがあるのでしょうか?

今回は、M字はげをカバーする髪型のポイントやかっこよく見せられる髪型について調べてみました。

あなたのM字はげをかっこよくできる髪型も見つかるはずなので、最後までチェックしてみてください!

ハゲラボ運営スタッフ(24歳)
ハゲラボ運営スタッフ(24歳)

M字ハゲってうまく隠さないと目立っちゃいますよね…。

僕の場合、歩いてるだけで周りの視線が気になってしまい、結構つらいです。 定期的にトイレなどに入って髪型を確認してしまいます。

この記事で自分にあったM字ハゲの髪型を見つけましょう!

M字はげをかっこよく見せる髪型のポイント
M字はげをかっこよく見せる髪型のポイント

これらのポイントをおさえておけば、M字はげでもかっこいいアレンジができますよ!

まずは、M字はげでもかっこよくなれる髪型・ヘアスタイルを選ぶうえで、おさえておくべきポイントをご紹介します。

このポイントは、美容室でカットしてもらうときはもちろん、自分でスタイリングするときにも役立つものばかり。

おさえておくべきポイントは、こちらの3つ。

  • M字部分より目につきやすい短い箇所を作る
  • 襟足から毛を出して、アクセントをつける
  • 視線移動を考えて、左右非対称にする

では早速、それぞれのポイントを詳しくチェックしていきましょう!

M字の部分より目につきやすい短い箇所を作る

毛が短い箇所を作るとM字が目立ちにくくなる!?
毛が短い箇所を作るとM字が目立ちにくくなる!?

M字部分よりも目立つような髪の毛が短い部分を作ると、アクセントもつくし、おしゃれでかっこいい髪型にできる◎

まずは、おさえておきたいのは、M字はげの部分より目立つような、髪の毛が短い箇所を作るという点。

M字はげだと、どうしても地肌が見えているM字の部分が目につきやすいですよね。
けれど、サイドや後頭部など、M字の部分以外にも地肌が見えるように短くカットされた箇所があれば、M字の部分はさほど目立たなくなります。

また、サイドや後頭部など、一部を短くすることでアクセントがつきますよね。
アクセントがつくことで、そちらに目がいくようになり、M字の部分を目立たなくするという効果もあるのです。

具体的なアレンジだと、ツーブロックや刈り上げなどがおすすめ。

襟足から毛を出す

襟足を残すとM字はげが目立たない!?
襟足を残すとM字はげが目立たない!?

M字があるおでこ部分から目を外らせるので、襟足の毛を出すのも有効!

また、襟足から髪の毛を出すというのも、おさえておきたいポイント。

こちらの目的は、先ほどのポイントでもご紹介した、アクセントをつけるということ。

襟足にアクセントを持っていくことで、視線が下に行きますよね。
それによって、M字の部分を意識させないようにできるのです。

襟足を出す際は、前から見たときに襟足の毛が見えるようにしましょう。
いくら襟足の毛を出していても、後ろに出てしまっていては、前から見たときにM字の部分が目につきやすくなってしまいますからね。

視線移動を考えて前髪を左右非対称にする

アシメにするとM字はげが隠せる!?
アシメにするとM字はげが隠せる!?

アシメ(左右非対称)の前髪にすることで、視線移動を促し、さらにM字部分を隠すことも可能に!

最後のポイントは、前髪を左右非対称にすること。

無理に両方のM字部分を隠すのではなく、あえて片方に前髪を流すことで、前髪の流れに沿って視線が移動するため、露出している地肌が目につきにくくなります。

また、おでこ全体ではなく、片方だけの露出のため、M字になっているという印象も与えません。

美容室でのカットの際にアシメにしてもらうのも良いですし、自分でセットする際に前髪を流すという方法でも良いので、実践しやすいですよね。

ハゲラボ運営スタッフ(24歳)
ハゲラボ運営スタッフ(24歳)

僕は、おでこを出すのがまだ怖いので、上手く隠そうと頑張っています。

ただ、それがなかなか難しい。

なので、美容師さんなどにセットの仕方などを積極的に聞くようにしています。

ここからは、上記でお伝えしたM字はげをかっこよく見せられる髪型のポイントをおさえつつ、詳しい髪型・ヘアスタイルをご紹介。

今回、ヘアラボで紹介する7つの髪型・ヘアスタイルはこちら。

  • ショートレイヤー×アップバング
  • ウルフカット×斜め分けバング
  • スポーツ刈り×ツーブロック×アップバング
  • ショートカット×ツーブロック×アップバング
  • ベリーショート×ソフトモヒカン
  • グラデーション坊主
  • スキンヘッド

それぞれの髪型の特徴や、おすすめのポイント、さらにどのようなM字はげの方に向いているのかまで、詳しくご紹介していきます。

ぜひ、自分に似合う髪型・ヘアスタイルを見つけてくださいね!

M字はげでもかっこいい髪型1:ショートレイヤー×アップバング
M字はげでもかっこいい髪型1:ショートレイヤー×アップバング

前髪をあげても、M字は目立ちません!

ショートレイヤーは、レイヤー(段)を入れてカットする方法。

段が入るため、ボリュームにメリハリが出るので、M字だけでなく全体の薄毛が気になる人にも人気の髪型です。

さらに、髪全体に動きをつけやすい髪型なので、おしゃれも楽しめますよ。


また、アップバングにすることでM字自体を目立たせず、かっこよく仕上げることができます。
アップバングとは、前髪をあげたスタイルのこと。

M字はげだと、前髪をあげることに抵抗がある方も多いかもしれませんが、前髪も真ん中だけをあげることでM字を強調することなく、自然な仕上がりになりますよ。

こんな人におすすめ

ショートレイヤー×アップバングがおすすめなのは、

  • M字がそこまで進行しておらず、周りの毛も健在の方
  • M字がそこまで進行しておらず、周りの毛が少し薄くなっている方
  • 30代前半など、若い方

レイヤーカットの場合、ある程度のボリュームが必要です。
とはいえ、M字はげが気になり始めたという程度の方でも、全体的なボリュームがあるのでおすすめ。

また全体的な薄毛が気になる方でも、パーマでさらにボリュームを出すことができるので、挑戦できる髪型といえますよ。

カット・スタイリングのポイント

シュートレイヤー×アップバングのカット・スタイリングの際のポイントもいくつかあります。

カットの際には、サイドを少し短めにする・襟足を残すといった、先にご紹介したポイントを実践してみると良いですよ。


また、前髪のスタイリングの際は、生え際を見せ、M字部分を隠すのがポイント。
前髪もすべてをオールバックのようにあげるのではなく、横のM字の部分の髪は上げずに残すようにしましょう。

前髪が長い場合は、真ん中から持ち上げ、M字部分を隠すような形でサイドに下ろすのもおすすめです。

M字はげでもかっこいい髪型:2ウルフカット×斜め分けバング
M字はげでもかっこいい髪型:2ウルフカット×斜め分けバング

前髪を斜めに分ければ、M字はげも隠せる!

続いては、先にご紹介した髪型のポイント3つすべてを実践できる、ウルフカット×斜め分けバング。

ウルフカットはトップ部分をオオカミのように立たせ、襟足や耳周りの髪を長く伸ばすヘアスタイル。
ポイントでご紹介した襟足を残すことができるのです。


また、前髪を斜め分けにして下ろすことで、視線移動を促すことができますよ。
前髪を下ろすので、M字の部分も隠れますよね。

こんな人におすすめ

ウルフカット×斜め分けバングがおすすめなのは、こちらの方々。

  • M字がそこまで進行しておらず、周りの毛も健在の方
  • M字がそこまで進行しておらず、周りの毛が少し薄くなっている方
  • 30代前半など、若い方

こちらも、ショートレイヤー同様、ある程度のボリュームがないとうまく決まりません
そのためM字はげがそこまで進行していない方、全体的にある程度のボリュームがある方におすすめ。

また、こちらもパーマでボリュームを出すことが可能なので、少し全体的な薄毛が気になる程度であれば、おすすめですよ。

カット・スタイリングのポイント

ウルフはカットの際に、サイドを短くしてもらうこともできます。
サイドを短くすれば、自然とM字部分の地肌も目立ちにくくなりますからね。

さらにカットの際に、前髪を左右非対称にしてもらうのも良いかもしれません。


スタイリングの際は、前髪を8:2程度に分け、しっかり流すのがポイント。
そうすることで、流れが出てより視線移動を促すことができ、さらにM字の部分がすべて露出してしまうことも避けられます

M字はげでもかっこいい髪型3:スポーツ刈り×ツーブロック×アップバング
M字はげでもかっこいい髪型3:スポーツ刈り×ツーブロック×アップバング

スポーツ刈りでも、アレンジ次第でかっこよく見せることができますよ。

M字はげの方には、スポーツ刈りもおすすめ。
スポーツ刈りというと、子供の印象が強く、ダサいのでは…?と心配になりますが、意外にも多くのアレンジができるのですよ。

今回は、そんなスポーツ刈りにツーブロックを合わせたヘアスタイルをご紹介。

ツーブロックにすることで、サイドが短くなり、M字の部分の地肌も目立ちません
また、前髪の中心部分をあげることで、M字の印象を薄くすることもできるのですよ。

こんな人におすすめ

スポーツ刈りは、これまでご紹介してきた髪型・ヘアスタイルに比べ、全体的に短くなるので、おすすめできる方の幅も変わります。

それがこちら。

  • M字がそこまで進行しておらず、周りの毛も健在の方
  • M字がそこまで進行しておらず、周りの毛が少し薄くなっている方
  • M字が進行しているが、周りの毛は健在の方
  • M字が進行しており、周りの毛も薄くなっている方
  • 20代などの若い方から、50代60代の方まで

全体的に刈り上げて短くするので、M字以外の部分の薄毛が気になる方にもおすすめ。
さらに、前髪を必要以上に長く残さないようにすれば、M字はげがある程度進行している方でも、自然にキメられます

カット・スタイリングのポイント

カットの際のポイントとしては、しっかりツーブロックにすること。
思い切って、バリカンでしっかり刈ってもらいましょう。

また、M字が進行している方の場合、前髪をあまり長く残さないようにするのもポイントです。
あまり長いと、不自然になりますし、前髪の間から見えるM字が目立ってしまいますからね。


スタリングの際は、前髪をすべてあげるのではなく、中心部分をあげるようにしましょう。
イメージとしてはソフトモヒカンに近いような形がおすすめですよ。

そうすることで、トップに目がいき、M字部分が目立ちにくくなりますからね。

M字はげでもかっこいい髪型4:ショートカット×ツーブロック×アップバング
M字はげでもかっこいい髪型4:ショートカット×ツーブロック×アップバング

ツーブロックにしてサイドをスッキリさせることでM字はげが目立たなくなりますよ!

4つ目は、ショートカットスタイルをご紹介。
ツーブロックとアップバングを合わせることで、M字はげをでもかっこいい髪型に仕上げることができます。

ショートカットだと、清潔感も出ますし、ツーブロックでメリハリをつければM字はげも目立ちません
襟足を長くすることはできませんが、アップバングの作り方を工夫すれば、うまくM字部分を隠せますよ。

こんな人におすすめ

ベーシックなショートカットであれば、人を選ばず似合いますよね。

M字はげの方の場合も、

  • M字がそこまで進行しておらず、周りの毛も健在の方
  • M字がそこまで進行しておらず、周りの毛が少し薄くなっている方
  • M字が進行しているが、周りの毛は健在の方
  • M字が進行しており、周りの毛も薄くなっている方
  • 20代などの若い方から、50代60代の方まで

と、多くの方におすすめできる髪型です。

カット・スタイリングのポイント

カットの際はスポーツ刈り同様、ためらわずしっかりツーブロックにしましょう。
中途半端な長さにしてしまうと、M字から目を外らす効果も薄れてしまいますからね。


また、スタイリングの際に前髪の中心をあげ、M字部分の毛を少しおでこにかぶせるよう下ろすのがおすすめ。

前髪をすべてあげてしまうと、M字がはっきりと見えてしまうので注意しましょう。

ベリーショート×ソフトモヒカン
ベリーショート×ソフトモヒカン

この髪型なら清潔感もあり、短いのでM字はげが強調されることもありません!

ベリーショートは、ショートカットよりもさらに短い髪型。

それにソフトモヒカンを合わせるヘアスタイルもM字はげの方にはおすすめです。

トップにボリュームを残し、サイドや後ろをかなり短くすることで、M字の部分の地肌も目立たなくなります

また、全体的に短いため、M字はげでも自然な仕上がりになりますよ。

こんな人におすすめ

ベリーショートは、全体的にかなり短くなり、さらにトップにボリュームを出し、アクセントを持っていきます。
そのため、M字はげを始めとした多くの薄毛の方におすすめできます。

  • M字がそこまで進行しておらず、周りの毛も健在の方
  • M字がそこまで進行しておらず、周りの毛が少し薄くなっている方
  • M字が進行しているが、周りの毛は健在の方
  • M字が進行しており、周りの毛も薄くなっている方
  • 20代などの若い方から、50代60代の方まで

と、幅広い薄毛のタイプ・年齢の方におすすめ

短くするので、M字はげの他にも頭頂部や全体的な薄毛が気になる方でも似合いますし、かっこよく仕上げることができますよ。

カット・スタイリングのポイント

カットの際には、ソフトモヒカンにできるように、トップにボリュームを残すのを忘れないでくださいね。
美容師さんにお願いする際も、スタイリングしたあとの髪型のイメージをしっかり伝えましょう。


また、スタイリングの際にはスタイリング剤のつけすぎに要注意。
特にM字部分の周りにスタイリング剤をつけすぎてしまうと、髪の毛を濡らした時のように地肌が透けて見えてしまいますからね。

ドライヤーでしっかり髪を立ち上げたあと、ワックスで軽く固定するようにしましょう。

M字はげでもかっこいい髪型6:グラデーション坊主
M字はげでもかっこいい髪型6:グラデーション坊主

髪の長さで濃淡をつけることで、一般的な坊主と大きく印象が変わります!

グラデーション坊主は、おしゃれ坊主の一つ。
坊主というと、野球少年のイメージを持つ方も多いかもしれませんが、今ではさまざまな坊主スタイルがあるのです。

グラデーション坊主は、サイドや襟足などを短くし、トップにいくに連れて長さを出す、濃淡をつけた坊主スタイル

短く刈り上げ、地肌が見えるようになるのでM字部分が強調されたり、目立つ心配もありません

こんな人におすすめ

坊主は、ショートカットやベリーショートよりも、さらに短い髪型。
そのため、

  • M字がそこまで進行しておらず、周りの毛も健在の方
  • M字がそこまで進行しておらず、周りの毛が少し薄くなっている方
  • M字が進行しているが、周りの毛は健在の方
  • M字が進行しており、周りの毛も薄くなっている方
  • 20代などの若い方から、50代60代の方まで

など、薄毛で悩む多くの方におすすめできます。
M字はげの進行度合いも問いません

また、M字はげ以外の薄毛で悩んでいる方にもおすすめできるので、M字以外の部分も薄くなってきたという方にもおすすめ。

カット・スタイリングのポイント

おしゃれ坊主にする際に気をつけたいのは、普通の坊主にならないようにすること。
自分で綺麗に濃淡をつけるのは難しいので、グラデーション坊主にしたいときは、美容室でカットしてもらうようにしましょうね。


また、スタイリングの際はスタイリング剤を使いすぎないように注意
短いので、かなり少量で足りますし、あまりつけすぎてしまうと、地肌が透けて見えてしまいますからね。

M字はげでもかっこいい髪型7:スキンヘッド
M字はげでもかっこいい髪型7:スキンヘッド

M字はげが進行したらスキンヘッドにするのもアリ◎

最後にご紹介するのは、スキンヘッド。

すべての髪の毛を剃るため、生え際を気にする必要は一切ありません

また、スキンヘッドにしてしまえば、たとえM字はげが進行していたとしても、それを気に病むこともありませんよね。

こんな人におすすめ

スキンヘッドは、

  • M字がかなり進行しているが、周りの毛は健在の方
  • M字がかなり進行しており、周りの毛も薄くなっている方
  • 20代などの若い方から、50代60代の方まで

におすすめ。

かなりM字が進行していたとしても、それを気にさせない髪型ですからね。


もちろん、M字はげや全体的な薄毛がさほど進行していない人でもできますが、他にカバーできる髪型・ヘアスタイルがあるのであれば、そちらにチャレンジしてみましょう。

さほどM字が進行していないのであれば、進行をおさえることも可能ですよ。

カット・スタイリングのポイント

スキンヘッドは髪の毛をすべて剃ってしまうので、カットの際のポイントは特にありません。
その代わり、毎日もしくは2日に1回ほど自分で剃る必要があります

また、スタイリングは必要ありませんが、メガネやサングラス、ヒゲと合わせることでおしゃれに演出することもできますよ。

M字はげの方にNGの髪型も!?
M字はげの方にNGの髪型も!?

間違った髪型をしてしまうと、M字はげが目立ったり、進行する原因になることも…

ここまで、一気にM字はげでもかっこいい髪型をご紹介してきました。

最初にお伝えしたポイントをおさえていれば、さらに色々なアレンジもできるので、ぜひ挑戦していただきたいところ。

ただ、M字はげを強調してしまう髪型や、M字はげには向いていない髪型もあるので、最後にNGな髪型の特徴もチェックしておきましょう。

まず、M字はげに向いていない髪型の特徴としてあげられるのがこちら。

  • 重め・厚めの前髪
  • 髪を結ぶ髪型

それぞれ、なぜM字はげに向いていないのか、下記で詳しくお話しますね。

重め・厚めの前髪

M字はげを隠したい気持ちが強いと、どうしても前髪を厚めに残してまいがち。
前髪の量を多くすれば、M字はげも隠れるのでは…?という気持ちはよくわかりますが、実は逆効果なのです。

重めの前髪でおでこ全体を覆っていると、汗や風などで前髪が割れたときに、おでこやM字部分の地肌がはっきりと目立ってしまいます

そうなると、M字はげ・薄毛といった印象を与えることも…。

M字はげを隠すとしても、おでこ全体を重ための前髪でおおうのではなく、M字部分が隠れるように斜め分けにしましょうね。

髪を結ぶ髪型

普段、前髪でM字部分を隠すために、前髪を長くしている方もいらっしゃいますよね。

でも長い前髪が邪魔で、自宅で過ごす時は結んでいる場合は要注意
きつく髪を結んでいる時間が長くなると、牽引性脱毛症という抜け毛の原因になるのです。

M字はげの進行を助けてしまうとも言える髪型なので、髪を結ぶのはやめましょう。

INTI

「薄毛で髪型を楽しむことができない…」と諦めてしまう前におすすめしたいのが、髪に悩みを抱えるお客様と向き合ってきた、ヘアサロン『INTI(インティ)』です!

ヘアデザインで人生を変える」をコンセプトにかかげ、薄毛の悩みに合わせた髪型を提案してくれます。

さらに全席個室となってるので、薄毛や抜け毛、育毛に関する悩みを相談しやすい美容室ですね。

AGA、植毛クリニックの紹介やクリニック選びの相談もできるので、カットだけでなく、薄毛対策を考えている人にもおすすめです。

えっ!と驚くようなbefore→afterが見れるヘアカタログもINTIの公式サイトに掲載されているので、ぜひ一度みてみてください!

スヴェンソン

「美容室には行きたいけど、やっぱり周りの目が気になる」という人もいると思います。
そんな人におすすめしたいのが薄毛のカットができるヘアサロン「スヴェンソン」です。

リラックスしてサービスを受けられるよう、完全個室になっているので、周りの目を気にせず髪の毛の相談ができますね!

スヴェンソンでは薄毛について熟知したスタイリストさんが、デザインカットスタイリングスカルプケアまで行ってくれます。

あなたもぜひ、スヴェンソンで自分に似合う薄毛の髪型を見つけてみてください。

「やっぱりショートカットは似合わない気がする」「自由自在に好きなヘアスタイルにしたい」という方には増毛サロンもおすすめです。

自分の髪に人工毛を着け足す増毛なら、ある程度、自分の好きな髪型にアレンジできます。

しかも、家族や美容師ですら、増毛したと気づかないほど自然な仕上がりなんです。

実際に、ヘアラボ編集部が増毛体験をした記事がありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

増毛効果がどのくらい持続するのか、増毛体験者のその後に迫った記事も、あわせてどうぞ!

そもそも「増毛」についてよく分からないという方は、下記の【増毛ってどんなもの?】の記事も参考にしてみてください。

薄毛・抜け毛の対策も忘れずに!
薄毛・抜け毛の対策も忘れずに!

髪型でかっこよくキメながら、ちゃんと薄毛・抜け毛の対策もしましょう。

M字はげでもかっこよくなれる髪型は、たくさんあります。

でも、髪型を変えてかっこよく見せていても、M字はげを改善したり、進行を止めることはできません。

そこでおすすめなのは育毛剤

育毛剤は、毛を丈夫に育て、発毛を促進、抜け毛を予防する効果が認められています。

発毛剤と違い、体への作用が緩和なため、薄毛対策の入り口として始める方が多いですよ。

M字はげでも、かっこよくなれる!
M字はげでも、かっこよくなれる!

自分にぴったりの髪型を見つけて、イケてる毎日を送ってくださいね。

M字はげでもかっこよくなれる髪型をご紹介してきましたが、気に入った髪型はありましたか?

M字はげかも…という思いがあると、どうしても人の目が気になりますよね。
でも、おしゃれなヘアスタイル・かっこいいヘアスタイルにしていれば、好印象を与えられることも多いのです。

美容師さんと相談しながら、自分にぴったりの髪型を見つけてみてくださいね!