目次

  1. 最新治療法?ヘアフィラー療法ってなに?
  2. 再生医療『ヘアフィラー療法』の概要
  3. ヘアフィラー療法に効果はあるの?
  4. ヘアフィラー療法の副作用の心配は?
  5. ヘアフィラー療法の価格について
  6. 薄毛治療としてのヘアラボの評価

写真はスキンクリニック公式サイトより引用

ハゲの特効薬ができればノーベル賞ものといわれるこの時世に、2017年から、新たな薄毛治療が導入されました。

Dr.CYJヘアフィラー(通称:ヘアフィラー療法)」という注射による毛髪再生医療です。

ヘアフィラー療法は、AGA(エージーエー・男性型脱毛症)や、円形脱毛症、女性の薄毛に多いびまん性脱毛症などの改善に有効と言われる薄毛治療。

今回ヘアラボは、「ヘアフィラー」について以下の4点を調査しました。

  • ヘアフィラーの治療方法
  • ヘアフィラーの効果
  • ヘアフィラーの副作用
  • ヘアフィラーの価格

まずは、どんな治療方法なのかを見ていきましょう。

スキンクリニック公式サイトより引用

ヘアフィラー療法は、上の図のように、全院共通の注射薬「Dr.CYJ ヘアーフィラー」1〜2mlを、薄毛の部分に注射する方法。これを2~4週間に1回、計4回行うようです(注)。

注射薬には、アミノ酸が結合して生成される「7種類のペプチド」が含まれ、次のような成果が臨床実験で報告されています。

  • 毛髪の成長を促す増毛シグナルを刺激し、髪の生成に関わる毛母細胞の増殖を促す
  • 脱毛を引き起こす還元酵素(5αリダクターゼ)を抑制する
  • 毛包・毛乳頭といった髪の生成に関わる細胞の死滅を抑制する

この「ヘアフィラー療法」は、2017年から導入され始め、現在では、北海道から九州まで、全国各地のクリニックで採用されています。

では、クリニックでの導入が増えているということは、効果があるという裏返しでしょうか?次の章で見てみましょう。

※男性型脱毛症は完治しない症状のため、一度、発毛の効果が現れたあとも、継続して治療を行うケースが多くなります。

続いては、ヘアフィラー療法の効果について見ていきましょう。

ヘアフィラーを導入しているクリニックの公式サイトには以下のようなコメントが見られ、施術後の症例写真も紹介しています。

効果は2回くらいで分かることが多く、4回終了した2ヶ月後には髪の太さも量も20%アップしたという臨床データがあります。

出典: 佐井発毛・育毛クリニック

私は2010年まで発毛治療には手を出しませんでした。理由は誠実に医者として、オススメできる治療法が無かったからです。今はヘアフィラー療法等に、漢方治療を加える事により発毛が可能になりました。

出典: あらなみクリニック

ヘアフィラー療法においては、頭皮注射のみの治療もありますが、漢方や発毛薬の服用など、他の治療法と併用して行う場合が多いようです。

AGAは完治しない症状

クリニックが効果をうたうヘアフィラー療法ですが、男性型脱毛症は、一度、薄毛が改善されても、治療をやめると再び薄毛・脱毛が始まります。

男性型脱毛症の原因には、体内に常在する男性ホルモンが影響しており、その作用を根本的に断つ方法は見つかっていません。
発毛剤などによる治療においても継続する必要があります。

逗子メディスタイルクリニックによると、個人差にもよりますが、3か月~4か月に一度の間隔でヘアフィラーによる治療を継続するよう推奨しています。

治療終了をした後の薄毛の進行の程度には、個人差があります。 もともとAGAの傾向が強い方は、3か月~6か月の経過により 再度、抜け毛が増加してくる場合があります。

出典: 逗子メディスタイルクリニック

効果の次は、気になる副作用について述べていきます。

薄毛治療に使われる発毛薬には、軽度ではあるものの、生殖器への影響や、めまい、頭痛などが報告されてきました。

現状、ヘアフィラーによる副作用は報告されていないようで(ヘアラボ調べ)、導入している各クリニックもヘアフィラー療法の安全性の高さを言及しています。

価格が高いのが難点ですが、ミノキシジル内服薬の様な強い副作用が無いから安心です。

出典: あらなみクリニック

また、副作用とは異なりますが、ヘアフィラー療法は、薬剤を頭皮に注入する前、局部麻酔を打ちます。

麻酔薬にアレルギーがある方はご注意ください。

次に、ヘアフィラー療法の費用について説明します。

施術の価格は各クリニックにより異なるため、今回は3院ピックアップします。

◎佐井発毛・育毛クリニック

  • 1回50,000円+ホームケアセット(注)16,000円

◎新宿ラクル美容外科クリニック

  • 1回50,000円
  • 4回192,000円

◎あらなみクリニック(ヘアフィラー療法+電気的ツボ刺激+漢方発毛サプリ)

  • 1回1本 60,000円
  • 1回2本 100,000円
  • 1本4回コース 200,000円
  • 2本4回コース 350,000円

施術の目安は4回で完了になりますが、個人差があります。

また、先述したように、治療をやめると再び薄毛が始まる可能性があるので、継続して行う方が多いことも把握しておきましょう。

注:「ペロ・バーム」と呼ばれるシャンプー・コンディショナー・ローションでのホームケアを併用するクリニックもあります(ヘアフィラー療法とは料金別)。

最後に、ヘアフィラー療法の概要をまとめると

  • 施術時間:1回60分前後
  • 施術費用:1回50,000~60,000円
  • 施術当日:シャワーや入浴が可能
  • 施術頻度:2~4週間に1回。発毛効果が現れてからは症状に応じて3~4か月に1度

そして、ヘアフィラー療法は、次のような方に需要がありそうです。

  • プロペシアなどの発毛薬による治療に抵抗のある人
  • 植毛といった外科手術に抵抗のある人
  • 増毛やウィッグではなく、自分の髪の毛を生やしたい人

ここで薄毛治療としての評価ですが、現在、男性型脱毛症の治療ガイドラインを発表している『日本皮膚科学会』では、ヘアフィラー療法に言及している箇所はありませんでした

ですが、実施期間が短い先進医療に関して、次のような見解を述べています。

限られた施設における倫理委員会の承認を必要とする先進医療の段階にあり、安全性なども含め、その有効性は決して十分に検証されているとはいえない.

以上から成長因子導入・細胞移植療法は今後が期待される治療法ではあるものの、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」などの法規に則って施術する必要のあるものも多く、現時点では広く一般に実施できるとは言い難いため、行わない方がよいことにする。

日本皮膚科学会ガイドライン: 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

治療法の具体名は挙げていないものの、ヘアフィラー療法も導入され始めた期間が短く、安全性や有効性において、上記の内容が当てはまる部分があります。

現時点で副作用の報告はないものの、安全性や有効性に十分、思慮したうえで、ヘアフィラー療法を検討することをおすすめします。