目次

  1. 「ハゲかっこいいプロジェクト」
  2. 「ハゲかっこいいプロジェクト」とは?
  3. 「ハゲかっこいいプロジェクト」の具体的な活動は?
  4. 「ハゲかっこいいプロジェクト」ハゲでも楽しく生きていこう!

みなさんは、近頃にわかに話題になっている「ハゲかっこいいプロジェクト」をご存知でしょうか?

すごくインパクトのあるプロジェクト名ですが、いったいどんなことを誰がやっているのか、ハゲかっこいいとは何か、疑問は尽きませんよね。

そこで今回は、そんな「ハゲかっこいいプロジェクト」とは何か、そして具体的な活動についてもご紹介していきます。

2017年の暮れ、女性漫画家である小豆だるまさんを中心に、髪を失くした女性と社会との接点を作り出すプロジェクト団体「ASP」、AGAメンバーによるバンド「BOSE STYLE」とともに旗揚げされたのが、この「ハゲかっこいいプロジェクト」

このプロジェクトの立ち上げには、小豆さんのこんな思いがあります。

ハゲは悪いことじゃない、ハゲはカッコ悪いことでもない、だからみんなで自由になって楽しいことをやってみようよ

出典: ハゲだって堂々歩きたい!絶望から立ち上がった女性漫画家の軌跡 | 消費インサイド | ダイヤモンド・オンライン

ハゲで悩む多くの人の心を打つ考えではないでしょうか?

実は小豆さん自身も、重度の円形脱毛症に悩まされており、現在はほぼスキンヘッド。

ハゲの悩みを理解しているからこそ、プロジェクトの立ち上げへとたどり着いたのですね。

また、ハゲでも楽しもう!というだけでなく、「病気の周知とハゲの社会的地位向上」という命題も。

今の世の中では、望まずしてなったハゲが不利に働くこともないとは言い切れません。

そういった問題にも一石を投じるプロジェクトとして、同じく髪の悩みを取り扱う我々ヘアラボも応援していきたいところです。

小豆だるまさん公式ホームページ
ASP公式ホームページ
BOSE STYLE公式ホームページ

それでは、「ハゲかっこいいプロジェクト」は具体的に何をしているのでしょうか?

まず、旗揚げの一員でもある、AGAメンバーによる音楽バンド「BOZE STYLE」をご紹介しますね。

「BOSE STYLE」は、ハゲの社会的地位向上を掲げ、ロックコンサートなどの活動を行っています。

ハゲの悩みに絡めたユニークな曲が多いのですが、音楽として聴いても楽しめるものばかりなので、一度聴いてみてください。

また、BOSE STYELとは別に興味深い企画も。

それは、ハゲ100人でフラッシュモブ(注1)というもの。

その名の通り、ハゲが集まってフラッシュモブをするということなのですが、なかなか斬新なアイデアですよね。

もともと「ハゲかっこいいプロジェクト」は、「たくさんのハゲでフラッシュモブをしてみたい」という小豆さんの願望が発足のきっかけだったようです。

指導者がついて振り付けも考えるらしく、意外と本格的な様子。

2018年1月15日現在、公開されている情報によると、以下の日程で練習を兼ねたPV撮影を行うようです。

  • 場所
    :代々木公園 明治神宮側入口広場集合
  • 日時
    :2018年1月27日(土)13:00~
  • 参加資格
    :スキンヘッドの人
    (髪のある人はスキンヘッドのカツラ持参)

一般の方の当日参加もOKとのこと。

ハゲかっこいいプロジェクトに興味がある方はぜひ参加してみてはいかがでしょう?

詳しくは、ハゲかっこいいプロジェクトFacebookをご覧になってください。

注1:インターネットなどで集まった不特定多数の人々が示し合わせ、歩行者を装って通りすがり、公共の場で前触れなくパフォーマンス(ダンスや演奏など)を行って、周囲の関心を引いたのち解散する行為

「ハゲかっこいいプロジェクト」は、その名の通りハゲでもかっこよくいられる、それを証明するためのプロジェクトなのですね。

ハゲで悩む方々には、ハゲの社会的地位の低さ、ハゲのせいで楽しめなかったことなど、さまざまな不平不満があるかもしれません。

ですが、不満を抱いているだけでは何も変わらないのではないでしょうか?

前向きに捉えて行動に移していく、その考え方を持っていれば髪の毛の量なんて関係なく、「かっこいい」生き方ができるかもしれませんよ。