目次

  1. ミノキシジルタブレットの効果・副作用の詳細が知りたい
  2. 【効果】ミノキシジルタブレットはなぜ薄毛に効果的なの?
  3. 【副作用】ミノキシジルタブレットは副作用への注意が必要
  4. <重要>ミノキシジルタブレットには副作用以外にも注意点が…
  5. ミノキシジルタブレット服用のリスクをしっかり理解しよう

AGAに効果的として知られる発毛成分、ミノキシジル

そんなミノキシジルを含有する発毛薬の中でも、内服薬のミノキシジルタブレットについては多くの方がご存知なのではないでしょうか。

薄毛に悩む方の中には、服用を検討している方も少なくないでしょう。

しかし、内服薬のミノキシジルタブレットは日本では未承認の薬です。

さらに、ミノキシジルの成分そのものには、いくつもの副作用があるといわれています。

できれば効果や副作用については、服用を検討しているうちに知っておきたいですよね。

そこで今回は、ミノキシジルタブレットの効果と副作用について徹底解説いたします。

ミノキシジルタブレットによるAGA対策を考えている方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

ミノキシジルタブレットには、発毛効果が期待されています。

これは、有効成分ミノキシジルの作用によるもの。

ミノキシジルは髪の毛の成長や生成に関係する毛母細胞(もうぼさいぼう)に直接働きかけ、細胞を活性化させます。

毛母細胞というのは、髪の毛の成長を担う重要な細胞。

毛乳頭(もうにゅうとう)という髪の成長を司る部位からの司令によって、毛母細胞は細胞分裂を繰り返して増殖し、髪の毛を作りだしているのです。

これが、いわゆる「髪の毛が伸びている」状態。

つまり、ミノキシジルによって毛母細胞が活性化すると、活発に髪の毛が作られる状態になるといえるのです。

また、髪の毛は血液と一緒に運ばれる栄養素によって、成長しています。

ミノキシジルには頭皮の血行促進効果もあるため、頭皮全体に栄養が行き渡りやすくなり、健康な髪を育てる土壌を作ってくれます。

これらの作用によって、ミノキシジルは発毛を促す効果が期待されているのです。

ミノキシジルタブレットには、発毛効果が期待できる一方で副作用のリスクもあります。

内服タイプのミノキシジルタブレットで考えられる副作用がこちら。

  • 血圧低下
  • めまい、動悸、息切れ
  • 多毛症
  • 吐き気、嘔吐
  • むくみ
  • かゆみ
  • 性欲減退

ミノキシジルはもともと、血圧の降下剤に使用されていた成分です。

血圧の薬として使用している人に、多毛症という体毛が濃くなる副作用が見られたため、薄毛の薬として研究が進んで作られたのがミノキシジルタブレットなんですね。

そのため、血圧の低下やそれに伴うめまいなどの症状、多毛症などの副作用が考えられるのです。

もし、ミノキシジルタブレットの服用で上記で紹介したような症状や、体に異変が出た場合は、すぐに使用を中止し、医師に相談してください。

ミノキシジルタブレットには、副作用以外にもいくつかの注意点があります。

服用時や購入時に注意すべき点について、一つずつチェックしていきましょう。

服用禁止、服用前に医師への相談が必要な場合がある

ミノキシジルタブレットは、誰でも服用できるわけではありません

服用してはいけない人や、服用前に医師への相談が必要な場合があります。

  • 心臓や腎臓に障害がある人
  • 甲状腺機能障害がある人
  • 降圧剤を使用している人

これらに当てはまる方は、ミノキシジルタブレットの服用ができない場合があります。

人によっては、ミノキシジルの作用によって重篤な副作用を引き起こす可能性もあるので、必ず医師に相談してからミノキシジルタブレットの服用をはじめましょう。

服用量に注意が必要

ミノキシジルタブレットは、服用量にも注意が必要です。

通常は、1日5mgまでを目安に処方されます。

しかし効果が出ない場合、1日10mgまでミノキシジルの量を引き上げて処方されることも。

ただし、より効果を期待して5mgのミノキシジルタブレットを2錠飲んでしまうなど、自己判断で服用量を増やすことはおすすめできません。

服用量が増えるということは、副作用のリスクも高まるということ。

服用量を増やすかどうかの判断は、必ず医師に委ねましょう。

購入方法に注意が必要

ミノキシジルタブレットは、クリニックで処方してもえる他、個人輸入で購入できます。

クリニックに通うよりも費用を抑えられるからと、個人輸入の代行業者を利用して購入する方も少なくありません。

しかし、個人輸入の商品には偽造品が含まれていることも。

また、自己判断で医薬品を購入、服用した際に重篤な副作用が出ても救済制度(注1)の対象にならないケースも考えられます。

こうした理由から、ヘアラボでは個人輸入による医薬品の購入はおすすめしていません。

意図しない副作用のリスクや健康被害を避けるためにも、ミノキシジルタブレットを使用する場合は、必ず医師に相談しましょう。

個人輸入について、詳しくはヘアラボポリシーをご覧ください。

注1:医薬品副作用救済制度のこと。副作用による疾病の治療に要した費用を実費保証する制度です。

詳しくは、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構のHPを参考にしてみてください。

今回は、ミノキシジルタブレットの効果と副作用について解説してきました。

ミノキシジルタブレットは、AGAに対する発毛効果が期待できる一方で、副作用のリスクがあり、人によっては服用ができない場合もあります。

さらに服用量や購入方法にも注意が必要です。

ミノキシジルタブレットを服用を検討している方は、必ず医師にご相談のもと、処方してもらうようにしてましょう。

本記事が皆様のお役に立てば幸いです。