目次

  1. 髪が薄くなってきた…これってFAGA!?
  2. FAGA(女性男性型脱毛症)って?
  3. FAGAの原因は複雑?発症のメカニズムとは
  4. 【症状別】FAGAによる薄毛の対策法
  5. 症状が進んでいる場合はクリニックにご相談を

髪のボリューム感がなくなってきた」「頭皮が透けて見える気がする…

このような髪の悩みをお持ちの女性は、FAGA(女性男性型脱毛症)の可能性があります。

女性の薄毛で調べていると、ちょこちょこ目にする「FAGA」ですが、その特徴や原因はいまいちわからない、という方も多いのでは?

そこで今回は、女性の薄毛の一種であるFAGAの特徴や原因、対策について徹底解説していきます。

薄毛に悩む女性は、ぜひ今回紹介する対策を実践してみてくださいね。

すぐに対策が知りたい方はこちら>>女性の薄毛「FAGA」の対策

FAGAとは、男性の薄毛として知られるAGA(Androgenetic Alopecia、男性型だつもうしょう)の女性版。

「女性男性型脱毛症」とも呼ばれています。

男性のAGAは額の生え際や頭頂部から薄毛になる特徴がありますが、FAGAの場合は頭皮全体が少しずつ薄毛になっていきます。

そのため、広範囲に広がるという意味を持つ「びまん性脱毛症」と呼ばれることも。

主に中高齢の女性に見られる脱毛症ではありますが、若い女性でも発症することがあります

女性の薄毛を代表する「FAGA」の原因は一つではなく、とても複雑です。

そこでまずはFAGAによる薄毛のメカニズムを見ていきましょう。

男性のAGAは男性ホルモンの影響でヘアサイクルが乱れることで起こります。

この男性ホルモンは女性にも存在するため女性のFAGAがあるわけですが、基本的に女性ホルモンが活発であれば発症することはありません

しかし、何らかの要因によって女性ホルモンが減ると、ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが優位になります。

すると、男性のAGA同様にヘアサイクルが乱れて抜け毛の増加や薄毛を招きます。

これがFAGAです。

つまり、女性ホルモンの減少につながる要因すべてがFAGAの原因となりうるのです。

FAGAの原因は1つではない

FAGAの原因となるホルモンバランスを乱す要因の例を列記します。

  • 加齢
  • 産後
  • 貧血
  • 代謝異常
  • 過度のストレス
  • 極端なダイエット・偏った食生活 など

30歳前半をピークにその後、加齢にともなって女性ホルモンの分泌は徐々に低下していきます。

また、妊娠中は出産準備のために一時的に女性ホルモンの分泌量が増え、出産後、急に分泌量が元に戻るためホルモンバランスが崩れます。

上記のようにホルモンバランスが崩れる要因がたくさんあるため、FAGAによる薄毛を対策するには多岐にわたり注意をしなくてはならないのです。

続いて、FAGAの対策方法を紹介しましょう。

FAGAによる薄毛の対策は進行度によって異なります。

  • 軽症:育毛剤
  • 重症:発毛剤医療行為(毛髪再生治療・植毛)

この3つに分けて、それぞれ詳しく見ていきましょう。

育毛剤

育毛剤は、育毛発毛促進抜け毛の防止などを目的として開発された医薬部外品。

育毛や発毛促進効果が国から認められている一方で、人体に対する作用が緩やかで刺激が少ないのが特徴です。

頭皮にやさしく使えて、抜け毛を防止する効果が期待できるのが育毛剤。

「薄毛かも…」と不安に思っている方は予防として育毛剤を使用してみてはいかがでしょうか。

ヘアラボでも人気の女性向け育毛剤を紹介しておくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


\ヘアラボで人気の女性向け育毛剤はこちら /

発毛剤

発毛剤は、発毛効果が国に認められている有効成分(ミノキシジルなど)を配合したもの。

医薬品なので、医師や薬剤師に処方してもらう必要があります。

また、発毛剤は発毛の効果が期待できる分、副作用のリスクが伴います。

副作用は商品によって異なりますが、頭皮のかぶれや頭痛、手足のむくみなどがあります。

ちなみに、男性用と女性用では有効成分の配合量が異なり、女性用の場合は安全を考慮して少なくなっています。

逆に言えば、女性は男性用の発毛剤を使用しないよう注意する必要があります。

発毛剤の購入は副作用をしっかりと考慮して検討しましょう。


\市販で手に入る女性用発毛剤はこちら /

医療行為(毛髪再生治療・植毛)

FAGAによる薄毛の進行が進んでいる重度の方、育毛剤や発毛剤で効果が得られなかった方には、医療行為という手があります。

今回は医療行為となる毛髪再生治療植毛について紹介していきましょう。

毛髪再生治療

医療行為の1つ目は、頭皮に直接栄養を与え、髪を生産する毛母細胞を活性化する毛髪再生治療

毛髪再生治療は、薄毛に効果が期待できる成分を注射器などを使ってダイレクトに毛根直下に注入することができます。

一口に毛髪再生治療と言っても、グロスファクター療法HARG®療法、育毛メソセラピーなどいくつか種類があり、アプローチの方法が異なります。

植毛

2つ目は、薄くなった部分に人工毛や自毛を移植する、植毛

薄毛治療の最終手段とされている存在です。

2つの方法のうち、人工毛植毛は化学繊維で作られた異物を体に入れることになるため、炎症による腫れなどを引き起こすこともあり推奨できません。

一方、自毛植毛は、後頭部など自分の髪のある部分から、脱毛部分に毛根を移植する*治療法です。

植毛後にしっかりと定着しさえすれば、以降のメンテナンスも必要なく、半永久的に自分の髪の毛として生えてくれます

医療行為については薄毛の進行具合や頭皮の状態を医師に診てもらい、コストなどを考慮して適切な処置を行いましょう。

費用や使用する薬剤はクリニックによって異なりますので、気になった方は一度クリニックに相談してみてくださいね。

はじめにお伝えしたように、FAGAにはさまざまな原因があり特定は難しいと言えます。

そのため、FAGAによる女性の薄毛を対策したい方は、まず生活習慣を見直して、バランスの良い食事ストレスを溜めないように心がけてくださいね。

その上で、薄毛の進行度に合わせて紹介した対策を行いましょう!

FAGAによる薄毛がかなり進行してしまっている女性は頭髪専門クリニックの受診をおすすめします。


\ 女性向け頭髪専門クリニックに相談してみる /