目次

  1. シャンプーが原因で薄毛になるって本当!?
  2. 【結論】シャンプーの種類が薄毛に繋がる可能性はある!
  3. 薄毛の原因になり得るシャンプーの特徴とは
  4. 薄毛対策はシャンプー選びから!おすすめの選び方
  5. 【ヘアラボおすすめ】アミノ酸系×ノンシリコンのシャンプー
  6. シャンプーを選び直して、薄毛の原因を減らそう!

薄毛対策の一つとして、シャンプーにこだわっている人も多いはず。

しかし、そのシャンプーも選び方を間違えると、薄毛の原因になると言われます。

髪の毛や頭皮を清潔にするためのシャンプーが、薄毛の原因になるなんて驚きますよね。

そこでこの記事ではシャンプーで薄毛になってしまう理由を説明し、併せて薄毛対策におすすめのシャンプーも紹介します。

ぜひ、今後のシャンプー選びに活かしてくださいね。

シャンプーの本来の役割は髪の毛や頭皮の汚れを落とし、清潔にすること。

しかし、シャンプーの選び方を間違えると頭皮環境が悪化し、ひどい場合薄毛に繋がる可能性があります。

とはいえ、シャンプー自体に薄毛を誘発する成分が入っていたり、シャンプー自体が悪いわけではありません。

シャンプーはそれぞれ人によって合う合わないがあり、そのために肌荒れを起こしたり、頭皮環境が悪くなるのです。

この頭皮環境の悪化を、軽視してはいけません。

そのまま放っておくと、皮膚炎を起こすことも。

さらに皮膚炎が極度に悪化してしまうと、抜け毛を招き薄毛に繋がる場合もあります。

そんなことにならないためにも、どのようなシャンプーが抜け毛・薄毛に繋がる可能性があるのかを詳しく見て行きましょう。

薄毛の原因になり得るシャンプーの特徴は、大きく分けて2つ考えられます。

  • ①洗浄力が合っていない
  • ②成分が合っていない

それぞれ、なぜ薄毛の原因になり得るのか、詳しくご説明します。

①洗浄力が合っていないシャンプー

シャンプーを使うと髪の毛や頭皮が清潔になりますが、それは洗浄成分が含まれているからです。

この洗浄成分は大きく分けて3種類あり、その種類によって洗浄力が異なります。

種類 洗浄力
高級アルコール系 非常に強い
石鹸系 強い
アミノ酸系 比較的弱い

実は、どんな洗浄力をもったシャンプーを選ぶべきかは、体質や頭皮が汚れやすい環境にいるかなどによって異なります。

たとえば、元々皮脂(注1)量が多い人や、毎日ヘルメットをかぶる仕事をしていて頭皮が蒸れやすい人は、ある程度強い洗浄力が必要。

こういった人が洗浄力の弱いシャンプーを使用すると、汚れが残る可能性がありますす。

また、皮脂量が多いわけではない人・頭皮が乾燥しやすい人が洗浄力が強いシャンプーを使用すると、頭皮が余計に乾燥してしまいます。

汚れが残ったり、頭皮が乾燥してしまうと、頭皮環境はますます悪化し、抜け毛・薄毛に繋がる可能性が。

つまり、体質や汚れやすい環境の有無に応じてシャンプーを選ぶことで、シャンプーが原因で薄毛になるのを避けることができるのです。

注1:皮脂とは、頭皮から分泌されるあぶらのこと。頭皮のバリア機能をになっており、頭皮の水分量を守り、外的刺激を防ぐ働きがあります。そのため、皮脂が不足すると頭皮の乾燥、乾燥から頭皮を守ろうとする皮脂の過剰分泌が起こります。

成分が合っていないシャンプー

シャンプーを構成する成分は、洗浄成分だけではありません。

その他にも、保湿目的の成分や頭皮環境を健やかに保つための成分など、多くの成分が含まれています。

中には天然成分が含まれているものも。

これらの成分が肌に合わない場合も、頭皮環境の悪化を招くことが考えられます。

一般的に「アレルギー」「かぶれ」などと呼ばれますが、これは"接触性皮膚炎"という皮膚炎の一つ。

症状としては、頭皮の赤みやかゆみ・フケが出ることも。

この接触性皮膚炎も、ひどくなると抜け毛が起こることがあり、薄毛の原因になると考えられます。

特定の成分にアレルギーがある人は、その成分が入っているシャンプーを避けるなどの必要があります。

シャンプーの選び方が薄毛の原因になる可能性があることはわかりましたが、薄毛対策をするにはどのようなシャンプーを選ぶべきなのでしょうか?

ここからは、薄毛対策におすすめのシャンプーの特徴を3点、紹介します。

  • アミノ酸系洗浄成分
  • ノンシリコン
  • 継続できる価格

アミノ酸系洗浄成分

健康な頭皮を保つためには、基本的に頭皮への刺激を抑えやさしく使えるシャンプーがおすすめ。

つまり、先ほどの表比較的洗浄力が弱いと紹介したアミノ酸系洗浄成分のシャンプーがおすすめです。

アミノ酸系洗浄成分は、肌と同じ弱酸性。

だから、比較的頭皮への負担が少ないのです。

また、アミノ酸系洗浄成分は頭皮の不要な皮脂を落としつつも必要な皮脂は残してくれます

つまり、乾燥や皮脂不足にもなりにくいということ。

したがって、あまりにも皮脂の分泌量が多い、頭皮環境が悪化しやすい、という方でなければ、アミノ酸系洗浄成分のシャンプーを選びましょう。

アミノ酸系のシャンプーは、成分一覧の最初の方に「グルタミン酸・ラウリルリン酸・イセチオン酸・メチルタウリン」などの表記があるのが目印。

ドラッグストアなどでシャンプーを見比べて見てくださいね。

ノンシリコン

髪同士の摩擦を抑えたり、髪表面をコーティングしてなめらかにする働きがあるシリコン。

シリコン自体が薄毛を招く、毛穴を詰まらせるといったことはありません。

しかし、薄毛対策として育毛剤などを使用する場合、シリコンで頭皮がコーティングされてしまうと、育毛剤の浸透を妨げてしまうことがあります。

美容液や育毛剤など、頭皮に直接塗布するものを使用する人は、ノンシリコンのシャンプーがおすすめです。

継続できる価格

薄毛対策でシャンプーを使用する場合、成分だけでなく価格にも注目しましょう。

1本だけ薄毛対策に良いシャンプーを使ったからといって、すぐに頭皮によい影響がでるというものではありません。

継続して使用し、良い頭皮環境を維持していくことが重要になります。

シャンプーは1本1ヶ月〜2ヶ月程度で消費しますよね。

なので、1ヶ月〜2ヶ月に1度ほど購入しても、負担にならない価格のものを選びましょう。

こちらでは、ヘアラボで人気の「アミノ酸系&ノンシリコン」のシャンプーをご紹介します。

もちろん、価格も比較的手頃で、1、2ヶ月に1度購入してもさほど負担にならないもの。

男女別に人気の商品をご紹介するので、ぜひ検討してみてください。

■男性向け:チャップアップシャンプー
■女性向け:マイナチュレシャンプー

男性向け:チャップアップシャンプー

  • 成分
    ・アミノ酸系
    ・ノンシリコン
    ・弱酸性
    ・無添加(注2)
  • 価格(注3)
    ・単品購入:4,180円+送料660円
    ・育毛剤セット定期便:8,800円

チャップアップシャンプーは、アミノ酸系&ノンシリコンであることはもちろん、無添加で頭皮への負担を抑えているのが特徴。

10種類のオーガニック成分も配合しており、成分にこだわったシャンプーです。

購入は単品や2本セット、3本セットの購入が可能。

その他、同シリーズの育毛剤とセットで購入すると、送料がかからずよりお得に購入できます。

気になる方は、ぜひ一度公式サイトをチェックしてみてくださいね。

注2:サルフェート、シリコン、パラベン、鉱物油、石油系界面活性剤、合成着色料が無添加
注3:2018年1月4日時点、税込価格です。

女性向け:マイナチュレシャンプー

  • 成分
    ・アミノ酸系
    ・ノンシリコン
    ・弱酸性
    ・無添加(注4)
  • 価格(注5)
    ・通常購入:3,180円+送料650円
    ・定期購入:2,704円

マイナチュレシャンプーもまた、アミノ酸系&ノンシリコン。

洗浄成分以外にも、頭皮環境をサポートする成分をたっぷり配合しています。

さらに、女性が気になる泡立ちや香り、仕上がりのボリュームや指どおりにまでこだわっており、女性の頭皮を考え抜いて作られたシャンプーといえます。

購入方法は、まずお試しで使いたいという人でも気軽に利用できる単品購入から、毎回お得に購入できる定期コースも。

手頃な価格のアミノ酸系シャンプーを探している女性は、ぜひ一度試してみてください!

注4:シリコン、着色料、パラベン、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、タール色素、合成ポリマー、合成着色料、サルフェートが無添加
注5:2018年1月4日時点、税別価格です。

髪の毛や頭皮を清潔にするシャンプー。

しかし、選び方を間違えると抜け毛・薄毛の原因になりかねません。

シャンプーが薄毛の原因になり得る理由としては、洗浄力や成分が合わず頭皮環境が悪化した場合、ひどいと抜け毛に繋がるため。

反対に、しっかりとシャンプーを選べば、頭皮環境を整え薄毛対策のサポートになります。

今回ご紹介したシャンプー選びのポイントや、ヘアラボで人気のシャンプーを参考に、ぜひ一度使用しているシャンプーを見直してみてください。

また、シャンプーは種類だけでなく、使用方法も注意したいことの一つ。

下記の記事を参考に、髪の洗い方についても一度、確認してみてくださいね。