目次

  1. 高校生でもできる薄毛治療が知りたい!
  2. 高校生でも薄毛になる原因とは?
  3. 高校生でもできる薄毛治療とは
  4. 今日からできる薄毛対策の方法〈7選〉
  5. 薄毛治療の前に、高校生のうちから薄毛対策を!
高校生でもできる薄毛治療って?
高校生でもできる薄毛治療って?

そもそもなんで薄毛になるの?

「まだ高校生なのに、薄毛かも」
「高校生でもできる薄毛治療ってあるのかな…」

高校生ながら薄毛で悩む人は、男子・女子どちらも少なくありません。

しかし、まだ若い10代の高校生で薄毛だなんて、相談しにくいし、どんな対策をしたらいいのかもわかりませんよね。

そこでこの記事では、高校生でもできる薄毛治療を具体的に紹介いたします。

高校生の薄毛の原因や簡単にできる対策方法もお知らせするので、参考にしてみてくださいね。

高校生の薄毛の原因とは
高校生の薄毛の原因とは

高校生でもできる薄毛治療の方法をご紹介する前に、まずは薄毛になる原因を確認しましょう。

高校生に限らず、薄毛の原因は人によってさまざまですが、この記事では高校生の方に多い原因を中心に取り上げます。

  • (1)皮膚炎・脱毛症
  • (2)生活習慣の乱れ
  • (3)ストレス
  • (4)誤ったヘアケア

さっそく順番に見ていきましょう。

(1)皮膚炎・脱毛症

高校生に起こる薄毛の原因として、まず考えられるのが皮膚炎や脱毛症です。

皮脂の過剰分泌が起因して起こる「脂漏(しろう)性皮膚炎」や頭皮の乾燥による「乾燥性湿疹」などの皮膚炎は、症状がひどくなると抜け毛が増え、薄毛やハゲにつながることがあります。

また、男性に起こる「AGA(男性型脱毛症)」や、この女性版となる「FAGA(女性男性型脱毛症)」をはじめとする脱毛症が原因の可能性も。

AGAは、10~30代前半の場合「若年性脱毛症」とも呼ばれ、男性ホルモンが主な原因となる進行性の脱毛症。

前頭部がM字にハゲたり、頭頂部がO字にハゲてくるのが特徴です。

AGAの女性版と言われるFAGAは、頭の毛全体が薄くなる「びまん性脱毛症」の一種です。

AGAとは原因が異なり、過度なダイエットやストレスなどが起因するホルモンバランスの乱れ貧血など、複雑です。

これらの脱毛症の他に、まとめ髪を頻繁にすることで起こる「牽引(けんいん)性脱毛症」やストレスが原因とされている「円形脱毛症」なども、高校生の薄毛の原因として考えられます。

(2)生活習慣の乱れ

高校生で薄毛が気になる場合、生活習慣の乱れが関係している可能性があります。

具体的には、偏った食生活睡眠不足が原因です。

高校生だと、便利で手軽なインスタント食品やお菓子、脂っぽい食事を摂ることも多いでしょう。

しかし、そのような偏った食生活を続けていると、栄養が不足してしまい、髪に必要な栄養が頭皮まで行き渡らなくなってしまうことがあります。

また、髪の成長を促す成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されるため、十分な睡眠がとれていない人も要注意

スマホやPCなどを使って夜更かししているのも、睡眠時間が減るばかりか、すぐに眠れないといった問題に直面する原因になります。

(3)ストレス

また、過度なストレスが高校生の薄毛に関係することもあります。

高校生の場合、受験勉強や人間関係などでストレスを感じることは多いでしょう。

このストレスが蓄積すると自律神経が乱れ、血行不良を招くことがあります。

すると、全身の血流が悪くなり、頭皮まで十分な栄養が行き渡らなくなるため、髪が成長しきれず、抜け毛や薄毛を招くのです。

(4)誤ったヘアケア

スタイリング・パーマ・カラーリングなどの誤ったヘアケアが高校生の薄毛につながっている可能性もあります。

高校生になると、ワックスなどのスタイリング剤を使用したり、パーマやカラーリングを行うなど、髪型に気をつかう人も多いはず。

しかし、スタイリング剤が頭皮に付着することによる毛穴詰まりや、パーマ・カラーリングの強い薬剤が頭皮に着くことで、頭皮のかゆみやフケなど頭皮トラブルを引き起こすことがあります。

すると、頭皮環境が悪化して、健やかな髪が育ちにくい状態になってしまうため、抜け毛や薄毛につながってしまうのです。

高校生に薄毛治療はおすすめしない
高校生に薄毛治療はおすすめしない

それでは、この記事のテーマである「高校生でもできる薄毛治療」について見ていきましょう。

そもそも薄毛治療には大きく分けて3種類あります。

  • 発毛薬を使用した治療
  • 毛髪再生治療
  • 植毛

しかし、発毛薬は成人が使うことを目的として作られており、高校生が使った場合の安全性・有効性が保障されていないので使用できません

毛髪再生治療(グロスファクター療法・HARG®療法など)や植毛による薄毛治療は、クリニックによって施術が可能ですが、どちらも価格は安くありません。

また、植毛はそもそも薄毛やハゲ対策の最終手段として用いる薄毛治療法なので、高校生には早いかもしれません。

さらに、上記のいずれの方法を選ぶとしても、未成年の薄毛治療を行うクリニックの多くは保護者の同伴または同意書が必要です。

こうしてみると、高校生でも薄毛治療を行うこと自体は可能ですが、安全性や価格などの面からハードルが高いと言えるでしょう。

それでも薄毛治療が気になる方は、まずは保護者に相談した上で、皮膚科や頭髪専門クリニックを受診してくださいね。

高校生の薄毛治療はあまりおすすめできません。

しかし、薄毛をこのまま放っておくのは避けたいですよね。

そこで、薄毛治療をせずとも行える、高校生におすすめの薄毛対策法を紹介します!

薄毛対策として重要なのは、生活習慣を改善することと、頭皮環境を整えること。

特に知っておきたい薄毛対策法が、次の7項目です。

  • ①バランスの良い食事
  • ②良質な睡眠
  • ③ストレスをためない
  • ④頭皮に負担をかけない
  • ⑤頭皮に合ったシャンプーを使用する
  • ⑥シャンプー方法を見直す
  • ⑦育毛剤を使用する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①バランスの良い食事

食事に気をつかおう!
食事に気をつかおう!

高校生の薄毛対策としてまず優先すべきなのは、髪の成長に必要な栄養素をバランスの良い食事から摂取することです。

髪の毛の主成分は、たんぱく質

さらに、摂取した“たんぱく質”を髪の毛にするために、ビタミンと亜鉛などのミネラルが必要です。

これらを、ほかの栄養素も合わせて食事から摂ることは、高校生の髪だけでなく心身を健康に保つためにも重要です。

お菓子ばかり食べる、嫌いな物は食べないといった極端な食生活は、意識的にやめるようにしましょう。

また、過度な食事制限ダイエットは髪の成長に影響するのはもちろん、ホルモンバランスの乱れなど心や身体にも悪影響があります。

髪のことを考えるなら、無理なダイエットは控えましょう。

髪に必要な栄養について詳しくはこちら >> 関連記事:髪の毛の成長にいい栄養素って?

②良質な睡眠

質の良い眠りを心がけよう!
質の良い眠りを心がけよう!

髪の成長に関係する成長ホルモンは、睡眠中に多く分泌されているので、高校生の薄毛を対策するためにも、良質な睡眠を心がけましょう。

寝る前にスマホやテレビをみていると、ブルーライトの影響で睡眠の質が低下するとされています。

そのため、良質な睡眠のために、寝る前は読書をするなど、ブルーライトの影響を受けないように過ごしましょう。

また、寝る前の食事やカフェイン入りの飲料を摂取するのは避けるのがおすすめですよ。

③ストレスをためない

適度な運動でストレス発散!
適度な運動でストレス発散!

勉強や人間関係など、いくら高校生とはいえ、ストレスを感じないのは難しいですよね。

そのため、ストレスを溜めないように、意識的にストレスを解消してあげましょう。

友人と遊んで発散するのが、一番手軽で効果の高い対策になるはずです。

また、ランニングや水泳などの有酸素運動はストレスを発散させるだけでなく、全身の血行促進につながるのでおすすめです。

④頭皮に負担をかけない

頭皮に負担はかけないこと!
頭皮に負担はかけないこと!

スタイリング剤を間違って使ったり、頻繁にカラーやパーマを行ってしまうと、頭皮に負担をかけてしまうことがあります。

スタイリング剤の問題は、毛穴を詰まらせ、髪の成長に影響を及ぼしかねないこと。

それを防ぐために、整髪料を頭皮に直接つけないよう気を付けてください。

大量に付け過ぎない長時間の付けっぱなしを避けるなどが、頭皮に整髪料が付着しないコツです。

整髪料を付けたまま寝るなんて、もってのほか。

寝転がったりするだけでも頭皮につくリスクが高まるのに、そのまま長時間放置したら、頭皮環境の悪化を促進してしまうので注意しましょう。

また、カラーやパーマに使用する強い薬剤は頭皮への刺激となるため、できるだけしないのがおすすめです。

どうしてもカラーやパーマをしたい場合は、頻度を少なくしたり、できるだけ頭皮に薬剤をつけないよう、お店の方にお願いをしましょう

⑤頭皮に合ったシャンプーを使用する

シャンプーは頭皮タイプに合うものを!
シャンプーは頭皮タイプに合うものを!

頭皮には、皮脂(頭皮を刺激から守る脂)の分泌量が多い脂性肌や、皮脂が不足してしまう乾燥肌といったタイプがあります。

夕方には髪が脂っぽく感じるような人は脂性肌、頭皮がカサカサしているのなら乾燥肌、というのが一般的な見分け方。

この肌のタイプによって、合うシャンプーも異なります

頭皮タイプに合わないシャンプーを使用すると、頭皮環境の悪化を招き、薄毛や抜け毛増加の原因となりかねません。

シャンプーは自身の頭皮タイプに合うものを選びましょう

脂性肌の方は皮脂が多いため、比較的洗浄力の高いシャンプーで皮脂バランスを整えるのがおすすめ。

乾燥肌の方は小さな刺激にも敏感になので、洗浄力が優しく、皮脂と保湿のバランスを保つことができるアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

シャンプーには、パッケージにどちらの肌向けかが書いてあるものがあるので、店頭で確かめて買いましょう。

詳しいシャンプーの種類や選び方はこちら >> 関連記事:シャンプーの種類とそれぞれの特徴+選び方

⑥シャンプー方法を見直す

ヘアラボおすすめの洗髪方法をご紹介!
ヘアラボおすすめの洗髪方法をご紹介!

間違った方法で洗髪していると、頭皮環境を悪化させてしまう可能性があります。

自分の頭皮に合ったシャンプーを使用していても、洗髪方法が間違っていては抜け毛の対策にはなりません。

そこで、ヘアラボおすすめの洗髪方法を紹介します。

  • ①シャンプー前のブラッシング(頭皮の汚れを浮き出す)
  • ②ぬるま湯で2~3分頭皮を洗う(汚れは十分とれます)
  • ③シャンプーを泡立てて指の腹で洗う(爪をたてず頭皮を洗う)
  • ④よくすすぐ(すすぎ残しがないように)
  • ⑤頭皮までしっかり乾かす(濡れた状態は雑菌が繁殖しやすいので注意)

ポイントは、指の腹を使い、頭皮をマッサージするイメージで頭皮を洗うことです。

毎日のシャンプーは、頭皮に影響を与えやすいので、シャンプー方法を見直して、健康な頭皮に導きましょう。

詳しい洗髪方法はこちら >> 関連記事:正しい髪の洗い方と乾かし方を解説!

⑦育毛剤を使用する

育毛剤とは、育毛発毛促進抜け毛の防止などを目的として開発された医薬部外品のこと。

育毛や発毛促進効果が国から認められている成分が配合されており、薬である発毛剤とは違って作用が緩やかで、刺激が少ないのが特徴です。

刺激が少ない分、高校生でも簡単に行える薄毛対策としておすすめの方法です。

ここまで紹介した“生活習慣の改善”や“頭皮環境を整える”対策方法と併せて使用してみてください。

数ある育毛剤の中から、ヘアラボでも人気の育毛剤「チャップアップ」を紹介していますので、参考にしてみてくださいね。


\ 公式サイトで詳しく見たい方はこちら /

クリニックにもよりますが、保護者の承諾があれば、高校生でもできる薄毛治療は存在します。

しかし、金銭面や安全面から、高校生の薄毛治療はあまりおすすめできません

もちろん皮膚炎や脱毛症が原因の場合、皮膚科やクリニックを受診して薄毛治療について相談すべきですが、そうなる前に今回ご紹介した簡単な対策方法をぜひ試してみてください。

日々の生活から見直して、早いうちから薄毛対策を心がけましょう!


\ どうしても薄毛治療をしたい方、興味のある方はこちら /