目次

  1. 朝シャンでハゲや薄毛になる!?この噂の真相とは
  2. 朝シャンでハゲるわけではないが、頭皮環境が悪化する可能性がある
  3. 朝シャンだけでなく、こんなことにも要注意!
  4. 朝シャンでハゲや薄毛を予防する〈対策方法〉
  5. 薄毛を対策!頭皮環境の改善には育毛剤の使用がおすすめ
  6. 朝シャンは頭皮環境の悪化に注意しましょう!
朝シャンでハゲるって本当?
朝シャンでハゲるって本当?

噂の真相を確かめたい

突然ですが、朝シャンでハゲや薄毛になるという噂があるのをご存知でしょうか?

目を覚ますため、寝汗の臭いが気になるなど、朝シャンを習慣にしている方はこの噂の真相が気になりますよね。

結論から述べると、朝シャンが直接ハゲや薄毛の原因になることはありません
つまり、この噂には科学的根拠がないのです。

では、一体なぜこのような噂が出回るのでしょうか。

今回は朝シャンでハゲや薄毛になると噂されるようになった理由について考察し、頭皮や髪にやさしい朝シャンの方法をご紹介していきます。

そういうことだったのか!
そういうことだったのか!

朝シャンで頭皮環境が悪くなることがあります

朝シャンでハゲや薄毛になると噂されるのは、朝シャンにより頭皮環境が悪化する可能性があることが関係していると考えられます。

頭皮環境を整えることは、健康な髪の生成や成長に必要な土壌を整えるためにとても重要です。

頭皮が乾燥していたり脂っぽかったり、頭皮環境が悪化していると、炎症やトラブルを招きかねません。
すると、髪の毛が十分に成長できず細く弱くなり、抜け毛が増えるため、ハゲや薄毛の原因になると考えられます。

朝シャンで頭皮環境を悪化させると考えられる原因がこちら。

  • 必要な皮脂まで洗い流してしまう

  • ② 時間に余裕がなく、すすぎ不足になる

  • ③ 乾かす時間がなく、頭皮が蒸れる

これらがどうハゲや薄毛につながることがあるのか、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

① 必要な皮脂まで洗い流してしまう

朝シャンをすることで、必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性があります。(注1)

これがハゲや薄毛につながると考えられ、“朝シャンでハゲや薄毛になる”と噂されているのかもしれません。

夜、シャンプーで洗髪したのに、さらに朝シャン(シャンプー洗髪)をしていては、必要な皮脂まで洗い流されてしまいます。

すると、頭皮のバリア機能が弱まり、頭皮の乾燥によるフケやかゆみや、皮脂の過剰分泌によってベタつくなど頭皮トラブルを招きかねません。

これらの頭皮トラブルによって頭皮環境が悪化することで、健康な髪の成長が妨げられるため、“朝シャンでハゲや薄毛になる”と噂になったと考えられます。

注1:必要な皮脂とは、乾燥や外的ダメージから守るなどのバリア機能を果たす“頭皮のあぶら”です。

② 時間に余裕がなく、すすぎ不足

朝シャンでは時間に余裕がなく、すすぎ不足になってしまう可能性があります。

朝のお出かけ前は時間がないことから、サッとシャワーを浴びるという方も多いのではないでしょうか?

すると、すすぎ不足になりやすく、シャンプーの成分が頭皮に残ってしまい毛穴詰まりを招きかねません。

毛穴が詰まると、かゆみやフケなどの頭皮トラブルを引き起こす可能性があります。

頭皮トラブルなどの頭皮環境の悪化は、抜け毛が増えてハゲや薄毛の原因となることがあるので、“朝シャンでハゲや薄毛になる”と噂が広まったのではないかと考えられます。

③ 乾かす時間がなく、頭皮が蒸れる

朝は時間に余裕のないことから朝シャン後、乾かす時間が十分にとれず、自然乾燥やドライヤーを使用しても半乾き状態になっていませんか?

半乾きや濡れた状態で放置してしまうと、頭皮が蒸れて、細菌が繁殖しやすくなります。

その結果、臭いや頭皮トラブルを招き、頭皮環境が悪化してしまうことが考えられます。

このように頭皮が蒸れることで頭皮環境が悪くなり、ハゲや薄毛につながる可能性があるので、注意が必要なのです。

こんなことも悪習慣?
こんなことも悪習慣?

頭皮環境の悪化を引き起こす要因をチェック

先ほどお伝えしたように、朝にシャンプーをすること自体は直接ハゲの原因にはなりません。

しかし、そもそもシャンプーをするときには気をつけたいことがあります。
それは、次のような誤ったシャンプー習慣を持っていないかということ。

  • 頭皮タイプに合わないシャンプーを使用している

  • 間違った方法で洗髪している

  • 、お風呂に入らない

  • 1日に何度もシャンプーをしている

  • 濡れた髪を自然乾燥させている

これらの習慣を朝の風呂やシャワーで続けていると、頭皮環境の悪化を招き、ハゲの原因になってしまう可能性があります。

そのため、朝シャンに限らずこのようなシャンプー習慣に心当たりのある方は、次に紹介する対策を実践してみてください。

朝シャンで頭皮環境を悪化させないポイントとは?
朝シャンで頭皮環境を悪化させないポイントとは?

これで朝シャンも怖くない!

朝シャンの際、誤ったシャンプー習慣で、頭皮環境を悪化させないために気をつけたいポイントがこちらの3つ。

  • (1)頭皮タイプに合うシャンプーの選び方
  • (2)ヘアラボおすすめの洗髪方法
  • (3)正しいシャンプー習慣

ひとつずつ確認していきましょう。

(1)頭皮タイプに合うシャンプーの選び方

朝シャンで頭皮環境の悪化によるハゲや薄毛を招かないためには、自分の頭皮タイプに合ったシャンプーを選ぶ必要があります。

乾燥肌の方は元々皮脂の分泌量が少ないので、洗浄力が強すぎず、皮脂を落としすぎないものを選ぶようにしてください。
頭皮に優しく洗い上げることができる弱酸性のアミノ酸系シャンプーがおすすめですよ。

一方、脂性肌の方は洗浄力は強く、余分な皮脂だけを洗い流せるようなものを選ぶようにしましょう。
高級アルコールシャンプーは、しっかりとした洗浄力で脂性の方におすすめですが、必要な皮脂まで洗い流しすぎることもあるので注意してください。

(2)ヘアラボおすすめの洗髪方法

朝シャンで頭皮環境の悪化によるハゲや薄毛を招かないようにするためには、洗髪にも注意が必要です。

こちらでは、ヘアラボおすすめの洗髪方法の手順をご紹介しておきます。

  • 1.ブラッシング
  • 2.予洗い
  • 3.シャンプーを手で泡立てる
  • 4.指の腹で優しく洗う
  • 5.よくすすぐ
  • 6.乾かす

まずは髪を濡らす前にブラッシングをして、頭皮や髪の毛の汚れを落としておきます。
さらにシャンプー前の予洗いを行うことで、髪についた汚れをほとんど落ちます。

次にシャンプーを手のひらでよく泡立ててから、頭全体に広げます。
シャンプー液をそのまま頭皮に付けて泡立てると、毛穴にシャンプーがつまりすすぎ残しの原因になるので要注意。

洗う際は、髪の毛ではなく指の腹で頭皮をマッサージするように洗うのがポイントです。
ゴシゴシ強く洗うと、頭皮を傷つけたり、摩擦で髪を傷めてしまう可能性がありますので注意してくださいね。

最後はすすぎ残しがないようにしっかりと洗い流しましょう

(3)正しいシャンプー習慣

朝シャンに限らず、間違ったシャンプー習慣によってハゲや薄毛を引き起こさないために、次のことに注意しましょう。

  • シャンプーは1日1回

  • シャンプーはに行う

  • シャワーは38℃ほどのぬるま湯

  • すすぎ残しがないようにすすぐ

  • 自然乾燥でなく、ドライヤーで乾かす

  • 朝シャンするなら湯シャン

シャンプーを使用する洗髪をしすぎると、頭皮のバリア機能を果たす必要な皮脂まで洗い流してしまうので、1日1回に止めましょう。

また、その日の汚れはその日のうちに落としておきたいので、シャンプーによる洗髪はに行うのがおすすめです。

シャワー温度は、38℃程度のぬるま湯がおすすめ。
熱すぎると必要な皮脂まで洗い落としてしまい、頭皮が乾燥する原因になります。

シャンプーのすすぎ残しは毛穴を詰まらせ、ハゲや薄毛の原因になりかねないので、2~3分かけてしっかりと洗い流しましょう。

洗髪後、タオルドライしてから頭皮が蒸れないようにドライヤーを使って、頭皮と髪をしっかりと乾かすようにしてください。
濡れたままで放置すると雑菌が繁殖し、臭いやかゆみ、フケの原因となってしまいます。

朝シャンをする場合は、シャンプーを使わずにお湯だけで洗う、湯シャンがおすすめですよ。

積極的に頭皮環境を改善したい!
積極的に頭皮環境を改善したい!

育毛剤の使用がおすすめ

薄毛対策として頭皮環境を改善したいと考える方には、育毛剤の使用がおすすめです。

育毛剤は、頭皮環境を整えたり、育毛・発毛促進・抜け毛予防などを目的に作られた医薬部外品
育毛効果や発毛促進効果が認められている一方で、人体に対する作用が緩和で刺激が少ないのが特徴です。

今回はヘアラボでも人気の育毛剤「チャップアップ」を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

チャップアップは、頭皮環境を整え、今ある髪の毛を丈夫に育てたり、新しい髪が生えてきやすい土台作りをサポートしてくれますよ。

正しいシャンプーを心がけよう
正しいシャンプーを心がけよう

頭皮環境の悪化に注意!

朝シャンでハゲや薄毛になるという噂には化学的根拠がないため、ハゲや薄毛の直接的な原因にはなりません。

ただし、そもそも間違ったシャンプー習慣を持っていたりすると、頭皮環境の悪化を招き、その結果ハゲや薄毛になることがあるので注意が必要。

そのため、今後も朝シャンを続けるという方は、今回ご紹介した対策方法を実践してみてくださいね。

朝シャンをする際は、時間に余裕を持って、正しいシャンプー習慣を心がけましょう。