目次

  1. まだ10代・20代なのになぜ薄毛になるの?
  2. まずは自己判定で薄毛レベルをチェック!
  3. 10代・20代の女性が薄毛になる原因とは
  4. 若い女性のための薄毛対策
  5. 若い女性の薄毛対策には育毛剤もおすすめ!
  6. 若い女性の薄毛を〈髪型でカバーする方法〉
  7. 薄毛対策は10代・20代の若いうちに!

「薄毛が進行してる気がする…まだ10代・20代で、しかも女性なのに」

「女性の薄毛って、どうすれば改善できるの?」

まだ10代・20代の若い女性なのに、抜け毛や薄毛が目立つと不安になりますよね。

実際に、10代・20代の若い女性でも薄毛になってしまう場合があります。

ただ、そうなるには原因がありますし、きちんと対策をとればその進行を抑えることができます。

この記事では、10代・20代の若い女性に見られる薄毛の原因と対策、また薄毛が目立たない髪型もご紹介するので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

若い女性の薄毛の原因や対策を確認する前に、まず大切なのは自身の髪(薄毛)の状態をしっかり把握すること。

実は、薄毛の状態によってとるべき対策は異なります

ヘアラボには、自分の髪の状態を確認して原因や対策を教えてくれるサービスがあるんです!まずはサービスを使って自身の薄毛の状態を確認しましょう。

後ほど10代・20代の若い女性の薄毛対策をご紹介しますが、その前にまずは自分の髪の状態をしっかり把握して、適切な対策をとりたいですよね。

  • 私って本当に薄毛なの?
  • 薄毛の原因ってなに?

通常、専門のクリニックに行けば詳しく診断してくれますが、ヘアラボが提供する『ヘアラボカルテ』は、たった90秒でこれらを判定してくれるサービスです!

  • あなたは本当に薄毛なのか、それとも心配する必要はないのか。
  • 若い女性の薄毛は何が原因なのか。
  • 若いうちからできる適切な対策は何か。これ以上薄毛が進行しないためにはどうすればいいか。

医師が監修している質問に答えるだけで、これらを判定することができます。

▼判定はこちらをクリック!

たった90秒でできるので、ぜひ使ってみてください!

自身の髪の状態を確認できたら、10代・20代の若い女性が薄毛になる原因から確認していきましょう。

いますぐ対策方法を知りたい!という10代・20代の若い女性はこちら >> 対策方法

10代・20代の若い女性の薄毛の原因は、びまん性脱毛症それ以外の脱毛症があります。

それぞれの原因について、詳しく見ていきましょう。

びまん性脱毛症

10代・20代の若い女性が薄毛になってしまう原因として、まず挙げられるのが、びまん性脱毛症です。

びまん(瀰漫)とは、"広範囲に広がっていく"という意味。

つまり、全体的に髪の毛が薄くなっていくのが、びまん性脱毛症の症状なのです。

いわゆるFAGA(女性男性型脱毛症)も、このびまん性脱毛症の一種。(注1)

髪のボリュームが全体的に減ってぺたんとしている10代・20代の若い女性は、これに当てはまるでしょう。

10代・20代の若い女性がびまん性脱毛症になってしまう原因はこちら。

<びまん性脱毛症の原因(代表的な一部)>

  • 生活習慣の乱れ
  • 過度のストレス
  • 産後の体調不良
  • ホルモンバランスの変化
  • 貧血 など..

このようにさまざまな原因が考えられるので、ひとつに特定することは難しいと言えます。

上記の原因に心当たりがない…という10代・20代の若い女性には、その他の脱毛症の可能性が考えられるでしょう。


びまん性脱毛症の対策方法はこちら >> すぐに対策を見る

注1:FAGA(≒びまん性脱毛症)は、男性ホルモンの影響でホルモンバランスが乱れることによって生じる、女性の脱毛症。

それ以外の脱毛症

10代・20代の若い女性が薄毛になってしまう原因として、びまん性脱毛症以外には以下の脱毛症が考えられます。

  • 牽引(けんいん)性脱毛症
  • 円形脱毛症
  • 脂漏(しろう)性脱毛症
  • 粃糠(ひこう)性脱毛症

[牽引性脱毛症]

ポニーテールやお団子ヘアなどの髪が引っ張られるまとめ髪をすることで生じる脱毛症で、10代・20代の若い女性にも多く見られます。

髪の毛と頭皮が長時間引っ張られることで、頭皮の血行が悪くなり、髪に必要な栄養が行き渡らなくなることで、生え際や分け目から薄毛になってしまいます。

[円形脱毛症]

円形に一気に髪の毛が抜けてしまう脱毛症。

原因ははっきりとは解明されていませんが、ストレスなどが引き金となって発症する、自己免疫疾患だという説が現在では有力です。(注2)

[脂漏性脱毛症]

皮脂(あぶら)の過剰分泌で毛穴に詰まり、頭皮が炎症することで薄毛につながってしまう脱毛症。

[粃糠性脱毛症]

かさぶたのようなフケが毛穴を塞ぎ、頭皮が炎症を起こして毛が抜けていく脱毛症。

脂漏性脱毛症と粃糠性脱毛症は、頭皮の状態にあわないシャンプーの使用・スタイリング剤のつけすぎなどの結果、頭皮環境が悪化することが引き金となります。

こうして見ると、ひと口に10代・20代の若い女性の薄毛と言っても、その原因は実にさまざま。

ですが、それぞれの原因に応じた対策方法があるので、後ほどしっかりお伝えしていきますね。

さらに詳しく知りたい10代・20代の若い女性はこちら >> 「女性の髪の毛を増やす対策方法!【6つの症状別】あなたの薄毛・抜け毛の原因はどれ?」

注2 : 自己免疫疾患とは、ふだんは体を異物から守る免疫システムが、何らかの原因で、逆に自己の組織や細胞を攻撃してしまうこと。

10代・20代の若い女性が薄毛になる原因を見てきました。

ご自身に当てはまる原因は見つかりましたか?

ここからは、10代・20代の若い女性のための薄毛対策方法を以下の4つに分けてお伝えしていきますね。

  • ①生活習慣の改善
  • ②ヘアスタイルを変える
  • ③ヘアケア方法の改善
  • ④クリニックを受診する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①生活習慣の改善

若い10代・20代女性の薄毛対策として、まずは生活習慣の改善をご紹介します。

具体的に挙げると、こちら。

  • バランスのいい食生活を送る
  • ストレスを解消する
  • 良質な睡眠をとる
  • タバコやアルコールは控える

[バランスのいい食生活を送る]

偏った食事では栄養不足になり、髪の成長・生成に必要な栄養が頭皮まで行き渡らなくなってしまいます。

そのため、髪の毛の生成に関わるタンパク質ビタミンミネラルを中心にバランスよく摂取してくださいね。

髪にいい食べ物について詳しく知りたい女性こちら>>関連記事「髪に必要な栄養素とは」

[ストレスを解消する]

過度なストレスは、自律神経の乱れから血管の収縮を引き起こして血行を悪くさせます。

血行が悪くなると、血液によって髪に送られる栄養が不足してしまうので、ストレスは溜めず、こまめに解消するように心がけましょう!

[良質な睡眠をとる]

薄毛に悩む10代・20代の女性は、目安として1日6時間以上の睡眠をとることを心がけましょう。

髪の毛の成長を促す成長ホルモンがもっとも分泌するのが睡眠中と言われているので、質の良い睡眠を意識してくださいね。

[タバコやアルコールは控える]

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させるので血行不良を招きます。

また、アルコールが体内で分解される過程で、髪の生成に関わる成分が消費されるため、飲みすぎると髪の毛の生成に影響がでてくることも。

そうならないよう、さらに健康のためにも、できるだけ禁煙・禁酒が望ましいと言えます。

このように生活習慣を変えることで、健康な髪が生えてくる土壌を作ることができますよ。

若い10代・20代の女性は焦らずコツコツと続けてくださいね。

②ヘアスタイルを変える

ポニーテールやお団子ヘアなど、髪の毛が強く引っ張られる髪型を長く続けていると、その部分の髪が薄くなっていくことが若い10代・20代女性にはあります。

この症状がいわゆる、牽引性脱毛症です。

引っ張られている生え際や分け目が薄くなってきた、という場合にはヘアスタイルを変えてみることをおすすめします。

仕事や部活などで、どうしても髪を縛らなければならない機会が多い10代・20代の若い女性は、ゆるめに縛ってみたり、必要のないときには解いたりとまとめ髪をする時間を減らしてみてください。

また、一箇所に負担がかからないように、分け目をこまめに変えるように心がけましょう。

③ヘアケア方法の改善

頭皮環境の悪化から脂漏性脱毛症粃糠性脱毛症を招くことを避けるために、ヘアケア方法を改善しましょう。

まずはシャンプー選びから。

若い10代・20代の女性の薄毛対策として、脂性肌の女性は洗浄力の強いシャンプーを、乾燥肌の女性は保湿力のすぐれたシャンプーを、という具合に、ご自身の頭皮タイプに合ったシャンプーを選びましょう。

また、洗髪方法もこの機会に見直してみましょう。

おすすめの洗髪方法のポイントは、以下の通り。

  • シャンプー前にブラッシングをする
  • ぬるま湯で丁寧に予洗いをする
  • シャンプーはよく泡立ててから頭皮につける
  • 指の腹を使い、頭皮をマッサージするように洗う
  • 頭皮にシャンプーが残らないようにしっかりとすすぐ

さらに、スタイリング剤のつけすぎも、余分な油分が頭皮に付着して頭皮環境の悪化を招くので注意しましょう。

また、紫外線も頭皮にダメージを与えますから、日傘や帽子など紫外線対策を心がけてくださいね。

シャンプーの選び方・洗髪方法についてもっと詳しく知りたい10代・20代の若い女性はこちら >> 「正しいシャンプーの選び方を徹底解説!」

④クリニックを受診する

頭皮トラブルなどの症状がひどい場合や、ここまでお伝えしてきた薄毛対策を実践してもしばらく薄毛が改善されない、という10代・20代の若い女性には、クリニックや皮膚科を受診することをおすすめします。

脱毛症の種類によっては放っておくと進行するものもあるので、専門の医師にきちんと診てもらいましょう。

無料カウンセリングを行っているところも多いので、気になる10代・20代女性は一度問い合わせてみてください。

10代・20代の若い女性の薄毛対策には、育毛剤もおすすめです。

育毛剤は、頭皮環境を整えることによって、今ある髪の毛を丈夫にしたり抜け毛を予防することで、薄毛を対策することを目的とした医薬部外品

数ある育毛剤のなかでも、10代・20代女性のヘアラボユーザーに特に人気が高いベルタ育毛剤を紹介しています。

興味のある10代・20代女性は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

薄毛対策を実践しながら「とにかく今すぐに薄毛をどうにかしたい!」という方に、髪型で薄毛をカバーするポイントをご紹介します。

10代・20代女性の薄毛が目立たない髪型のポイントがこちら。

  • トップにボリュームをだす
  • 髪は短くする
  • パーマをかける

具体的な髪型としては、ショートカット×パーマや、レイヤーボブなどがおすすめ。

髪を短くすれば地肌が見えている部分が目立たなくなり、パーマをかけたりレイヤーを入れたりすることで動きがだしやすくなって髪にボリュームを持たせることができますよ。

薄毛をカバーできる髪型をもっと知りたい若い女性は、下記の関連記事も参考にしてくださいね。

10代・20代の若い女性でも薄毛になってしまう原因、おわかりいただけたでしょうか?

原因が分かれば対策方法が見えてくるため、不安な気持ちも少し落ち着きますよね。

ご自身の薄毛の原因がはっきりした、という10代・20代の若い女性は、さっそく薄毛対策を生活に取り入れてみてくださいね。

10代・20代のまだ若いうちから手を打っておけば、将来薄毛と無縁の生活も夢ではありません!

薄毛は早いうちから対策しましょう。