目次

  1. M字ハゲの原因・対策をすべて解説します!
  2. 【写真つき】まずはM字ハゲの特徴から
  3. 【自己判定】自分の髪の状態を知ろう!
  4. M字ハゲの原因とは?M字型になる理由も解説
  5. こんな人は要注意!○○の人はM字がさらに酷くなる!?
  6. M字ハゲの予防・対策・改善方法
  7. M字ハゲの対策①育毛剤の使用
  8. M字ハゲの対策②発毛剤の使用
  9. M字ハゲの対策③増毛
  10. M字ハゲの対策④植毛治療
  11. M字ハゲの対策⑤生活習慣の改善
  12. ヘアラボ推薦M字ハゲ対策の【まとめ】
ヘアラボ運営スタッフ(24歳)
ヘアラボ運営スタッフ(24歳)

今回の記事は、M字ハゲに関する情報をすべてまとめたため、はっきり言って長めです!

時間がないという方は、上の目次から気になる項目に飛びましょう。

鏡を見てふと気づいたM字ハゲ。

いつの間にこんな進行していたの!?
と驚いた方は少なくないでしょう。

普段は髪に隠れやすい生え際・おでこだけに、"知らず知らずにハゲていた"パターンが多い箇所です。

そんな目を背けたい現実。
しかし勇気を絞り、なんとか改善したい一心でこの記事に訪れたのではないでしょうか?

ヘアラボは毎日数万人に対し、薄毛に関わる情報を提供するサイトです。

この記事では、ヘアラボが蓄積したすべての知見を持ってM字ハゲの原因と対策を徹底解説していきます!

きっとM字ハゲに悩むみなさんのお力になれるはず。
ぜひ参考にしてください。

M字ハゲはAGAの典型的な症状と言われています。
(このAGAについては次の見出しで詳しく解説しますね)

M字ハゲとは、生え際の端が剃り込みのように後退し、Mのように見えるためその名がつけられました。

クリニックでは、頭頂部から生え際までが2cm以上なら正常2cm以内ならAGA(M字ハゲ)と判断することが多いそうです。
上のイラストを参考にしてみてください。

もっと分かりやすいように、次にM字ハゲを段階ごとに分けた実写真を並べます。
自分の状態と照らし合わせてみましょう。

初期段階のM字ハゲ

まだM字の剃り込み幅が狭い状態。

この状態なら心配する必要はほとんどありません。

ただし、「家族に薄毛の方がいる」「最近抜け毛が増えてきた」といった方は、将来進行していく可能性が高いと言われています。

早いに越したことはないので、この内から予防・対策を始めるといいでしょう。

後退しだしているM字ハゲ

こちらは正にM字ハゲと呼ぶにふさわしい状態です。

生え際のラインを見ると、M字の剃り込み幅が広くなっていますよね。

今は産毛が生えてるところも、次第に抜けていき、よりM字ハゲが進んでいくことが予想できます。

このような状態だと、頭皮マッサージや有酸素運動といった対策では改善は難しく、効果が認められている本格的な対策をおすすめします。

かなり進行しているM字ハゲ

さきほどの写真よりさらに進行したM字ハゲとなります。

産毛が全く生えていないところがかなり広いですよね。
そして、おでこのほうもかなり広くなっています。

ここまでくると、髪型で隠すのは困難に…。

さらに進行するのをただ待つか、それが嫌ならばすぐに対策をとることをおすすめします。

※進行具合の段階分けは、クリニックなどでAGA診断において用いられるハミルトン・ノーウッド分類を参考に、ヘアラボ独自の見解を交えながら解説をしています。


ここまでM字ハゲの特徴をご紹介しました。

しかし、自分の髪の状態がどの程度進行しているものなのかを判断するのはやはり難しいですよね。

そこで髪の状態を詳しく確認できるサービスをご紹介します!

M字ハゲの対策を確認する前に、まずは自分の髪の状態を知っておくことはとても大切です。

  • 何が原因で髪が薄くなったのか。
  • そもそもこれはハゲと呼べるのか。

髪の状態や薄毛の原因によって、対策方法は異なるのです。

専門のクリニックに行けば詳しく解説してくれますが、わざわざ足を運ばなくても今すぐ自己判定ができるサービスがあります!

ヘアラボが提供する『ヘアラボカルテ』は、たった90秒であなたの薄毛レベルを判定します。

医師が監修している質問に答えるだけで、以下のことを判定することができるのです。

  • あなたが本当に薄毛なのか、それとも心配する必要はないのか。
  • もし薄毛なら何が原因なのか。
  • 薄毛の深刻度は軽いのか、重いのか。
  • 今できる適切な対策は何か。これ以上薄毛が進行しないためにはどうすればいいか。

▼判定はこちらをクリック!

たった90秒でできるので、ぜひ使ってみてください!

自身の髪の状態を確認できたところで、一般的に言われているM字ハゲになる原因や、悪化しやすい人の特徴などを確認していきましょう。

それでは、なぜM字ハゲになるのかを解説しましょう。

先ほどちらっと触れたように、M字ハゲは典型的なAGA(男性型脱毛症)という症状のハゲ方と言われています。

AGAとは、ヘアサイクルの乱れによって引き起こされる脱毛症のことです。

このヘアサイクルの乱れの原因に大きく関わる、DHTという男性ホルモンが生え際の剃り込み部分に多くあります。

ですから、M字からハゲていく方が多いのです。

ヘアサイクルの乱れおよびDHTが増えるきっかけとしては、生活習慣や遺伝、血行不良など様々なことが考えられます。
適切な対策・改善方法を把握し、実践していきましょう。

とはいっても「まだ大丈夫」とそこまで心配していない方もいるかもしれませんね。

M字ハゲが進行するペースは人それぞれ。

そして、以下のような人はさらにM字ハゲが酷くなると推測できます。

  • 母方の祖父がAGAの人
    (母方の遺伝子を受継ぎやすいため)

  • 生活習慣が悪い
    (寝不足や栄養失調などは髪の成長を妨げるため)

  • 頭皮環境が悪い
    (髪の土台である頭皮環境は大事なため)

これらに当てはまる方は、もしかしたら早いペースでM字ハゲが進行し、もっと薄毛になると考えられます。

ヘアラボ運営スタッフ(24歳)

さて、ここからはようやく対策のご説明に入ります!

さて、ここまで前半はM字ハゲの特徴や原因の解説でしたが、ここからは対策の解説となります。

以下を元に、自分に合った対策を選んでみてください!
(青文字部分を押すと所定の項目に飛びます)

当てはまるところだけ読むのもいいですが、将来を考えて深刻になった場合の対策方法まですべて知っておくのがおすすめですよ。

M字ハゲの進行が目立つようになってきた
まだ初期段階のM字ハゲだけど、将来のためにちゃんと予防したい

こういった理由から、本格的なM字ハゲの予防・対策を始めたい方におすすめしたいのは『育毛剤』です。

医薬部外品である育毛剤は、有効成分を配合し、以下のような効果が正式に認められています。

  • 育毛
    (毛を丈夫に育てる)

  • 発毛促進
    (新しく毛が生えるのを助ける)

  • 抜け毛・脱毛の予防

  • フケ・かゆみの抑制

M字ハゲというのは、AGAによって生え際の毛が抜けていく症状でしたよね。

そんなM字ハゲの対策として、毛を丈夫に育てたり、抜け毛を予防する効果を持つ育毛剤がおすすめなのです。
(※M字ハゲに限った話というわけではありませんし、M字に特化して効くアイテムはありません)

そして、医薬部外品の育毛剤は、体への影響がほどんどないことも大きなポイントです。

のちに紹介する発毛剤には副作用が起こる可能性があるので、初心者の方は手が出しづらいかと思います。

まとめますと、薄毛への効果が認められていて、体への悪影響は少ない育毛剤が、本格的なM字ハゲ対策としてまず推奨しております。

ヘアラボおすすめ育毛剤はこちら

ヘアラボに訪れる読者の中でも、特にM字ハゲに悩む方々から支持を受けているのが育毛剤『プランテル』。

センブリエキス・セファランチン・グリチルリチン酸2Kといった3種の有効成分を配合し、育毛や抜け毛防止効果が認められています。

もちろん、医薬部外品ですので体への影響は緩和です。

定期コースの1本目には保証書がつき、合わなかった場合は全額返金がされます。

そんなプランテルが特に選ばれる理由を2つご紹介。

プランテルが選ばれる理由(1)M字ハゲに使いやすい

プランテルがM字ハゲの方から高い指示を受けているのは、M字ハゲに使いやすい構造をしているからのようです。

ヘアラボスタッフが実際に使ってみて分かったこととして、

  • スプレー式でM字部分を狙いやすい

  • ミスト状だから液だれしにくい

という2つが、M字ハゲに使いやすいポイントとして分かりました。

特に液だれしにくいというのは嬉しいポイントかと思います。
他の育毛剤だと液体がそのまま顔に垂れていくのですが、プランテルなら液だれが起きませんでした。

プランテルが選ばれる理由(2)コスパがいい

プランテルの価格と容量は以下の通り。

  • 価格:6,980円(定期購入)

  • 容量:150ml(50日分)

価格は他の育毛剤と同じ程度ですが、注目なのは150ml。

他の育毛剤なら1ヶ月分の約100mlが多いので、その1.5倍とは大容量ですよね。

もちろん容量・価格がすべてではないですが、他の育毛剤と迷った時のポイントとして、プランテルを選ぶ方は少なくないのでは?

\もっと知りたい・購入したい方はこちら/
\プランテル詳細記事はこちら/

新登場プランテルEX

こちらは、2018年6月に発売が開始された新たな育毛剤です。

プランテルEXの特長は、なんといっても新たに配合された革新的育毛成分!
次世代ヘアケア成分として注目されている「リデンシル」や、 
製薬会社との共同開発により配合された特許出願成分「ペブプロミンα」などの新成分が配合されています。
また、3つの有効成分も配合されていて、まさに成分にこだわった育毛剤といえます!

サイズが小さくなって心配という声もありますが、成分を凝縮した結果なので、このサイズになっても1本で約1ヶ月は使えます。

最新の育毛剤を試してみたい方は、ぜひチェックしてみてください!

M字ハゲの対策として次に紹介するのは『発毛剤』です。

育毛剤と決定的に違うのは、発毛効果が認められているのと、副作用の可能性があること。

毛を生やしたい方には発毛剤の効果を期待したいところですが、同時に副作用について十分考慮する必要があります。

具体的な副作用としては、頭皮のかゆみ、多毛症、精力減退、動悸といった副作用があります。
心臓や腎臓に障害がある場合は、不整脈や血圧低下など、循環器系に影響が出ることも…。

ですのでヘアラボとしては、まずは育毛剤を試して、それでも駄目なら発毛剤の検討を、といった順番を推奨しております。

発毛剤の購入方法

発毛剤は薬局やネットで買えるものと、AGAなどを取り扱うクリニックで処方されて入手できるものがあります。

薬局やネットで買えるのは、みなさんおなじみの『リアップ』が代表的。

発毛成分ミノキシジル配合で発毛効果が認められています。
同時に副作用の懸念もあるため、購入の際には薬剤師監修の質問に答える必要があります。

クリニックで処方されるものとしては、プロペシアなどが挙げられます。

医師の指導に従って、用法容量を守り摂取しましょうね。

自宅で毎日、自力で対策する育毛剤や発毛剤をここまで紹介してきました。

これらでもM字ハゲが改善しなかった場合、『増毛』や『植毛』という手段を検討してみましょう。

まず増毛のご説明から。

増毛とは、今生えている自分の髪の毛に人工毛や人毛を結びつける方法です。

増毛のサービスを提供するアデランスアートネイチャーで施術を受ければ、たった1日で、あっという間に髪を自然に増やせます。

カツラと違って結びつけたまま普段通りに生活することができるので、利用者は着実に増えているようです。

ただし、施術にある程度のお金がかかり、また毎月のメンテナンスが必要になる場合もあるのがネックではあります。

次にご紹介するのが『植毛』です。

毛が部分に、直接毛を植え付ける手術となります。

植毛の種類は、自分の毛を使う「自毛植毛」、人工の毛を使う「人工毛植毛」の2つ。

今は自毛植毛が主流のようで、それは自分の毛を植えるため、体が拒否反応を起しにくいことが理由だそうです。

まだ髪が薄くなっていない後頭部の毛包を切除し、M字ハゲ部分に植えていくという流れになります。

見た目が自然に多くの毛を増やせることがメリットですが、やはり手術のためかなり高額な費用が必要です。

最後にご紹介するのはどんなM字ハゲの方にもおすすめの『生活習慣の改善』から。

前提として、生活習慣を改善することはあくまで予防であって、これによって髪が増えることはほとんど考えられません。

特に、産毛もなくなるほどM字が進行してきた人は、生活習慣の改善だけでは全く代わり映えがないかもしれません。

しかし、M字ハゲを改善したいならば、生活習慣を改善することは絶対。
なぜなら、生活習慣は頭皮の健康状態に大きく関わり、頭皮環境が悪い上では丈夫な髪は育ちにくいからです。

育毛剤や発毛剤といった対策を検討している方も、これからご紹介することにも目を通してくださいね。

(1)正しい方法での洗髪

髪の土台である頭皮を清潔にするには、洗髪が大事。

頭皮が清潔でないと、頭皮トラブルが起こり、M字ハゲ部分の抜け毛に繋がります。

洗髪において注目ポイントは2つ。

自分に合ったシャンプーを選ぶことと、丁寧に洗うことです。

髪を洗ったのにフケやかゆみが出る人は、シャンプーが頭皮に合ってない可能性があります。
頭皮が脂っぽい人は洗浄力が強めのもの、乾燥肌の人は潤い成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。

自分に合ったシャンプーを選ぶことができたら、それを用いて、丁寧に髪を洗うよう心がけてください。

指の腹で優しく洗いぬめりが全くないよう十分すすぐようにしてください。

(2)食事の見直し

髪が成長するためには、栄養が必要です。

その栄養はどこから摂取するのか…もちろん、食事ですよね。

栄養素が偏った食事だったり、過剰なダイエットでそもそも食事をほとんど摂っていない…なんてありませんか?

それによって、髪に必要な栄養素が不足しているかもしれません。
髪の栄養には、タンパク質・ビタミン類・ミネラル類が重要と言われています。

ただし、あくまで「これらが不足していたら抜け毛に繋がるので注意を」という話であって、これらの栄養をたくさんとったところで髪が増えるわけではありません。

よく言われる「わかめや納豆で髪が増える」というのは俗説に過ぎないのでご注意を。

(3)質のいい睡眠を

髪の毛の新陳代謝・回復睡眠中に進んでいくと言われています。

仮にもし睡眠が足りないとなると、髪の成長が十分に行われません。

ですので、まずは目安として、6時間以上は寝ることをおすすめします。

また、22時〜2時は髪にとってのゴールデンタイムといわれており、この間に多く睡眠時間をとる意識を持つといいでしょう。

(4)頭皮マッサージ / 有酸素運動

頭皮マッサージ有酸素運動を並べてご紹介するのは、2つの目的が同じだからです。

それは、頭皮の血行を促進すること。

食事によって吸収した栄養を頭皮に運ぶのは、血液です。
その血液の流れが悪いと、必要な栄養が十分に髪に届かないことに。

頭皮マッサージや有酸素運動を取り入れて、頭皮の血行促進を図りましょう。

(5)禁煙 / お酒はほどほどに

たばこに含まれているニコチンは毛細血管を収縮させる性質を持っています。

また、たばこの毒素(活性炭素)を除去するために、体内のビタミンCが大量に消費されます。

これらによって、たばこが髪の成長を妨げる要因になってしまうことは、今までの説明から理解できますよね。

たばこを吸っていてM字ハゲに悩んでいる方は、まずは禁煙に努めましょう。

そして、お酒の飲み過ぎも要注意。

アルコールの分解には、髪の主成分を構成するアミノ酸が使われてしまいます。

ほどほどなら大丈夫ですので、"お酒は適量"を守りましょう。

さて、ここまでかなりの文量でご説明してきました。

丁寧にすべてを読んでいた方はありがとうございます。

ここで、改めて今まで説明したM字ハゲの対策を振り返ります。

  • 対策①生活習慣の改善
    ・あくまで予防策
    ・どんな人も実践を

  • 対策②育毛剤の使用
    ・体への影響が緩和
    ・初めての「本格的な対策」

  • 対策③発毛剤の使用
    ・新しい毛を生やしたい方に
    ・副作用の可能性あり

  • 対策④増毛
    ・自毛に人工毛を巻きつける
    ・価格/メンテナンス頻度の確認を

  • 対策⑤植毛治療
    ・今の毛の量に関係ない方法
    ・高額になることが必須

いかがだったでしょうか。

ヘアラボが推奨するM字ハゲ対策としては、生活習慣の改善を基盤にし、育毛剤や発毛剤、その他の方法を検討していただきたいと考えております。

今までの知見ですと、やはりまずは育毛剤という方が多いようですね。

育毛効果が認められながら、体への悪影響が少なく、多くの方にとって「始めやすい本格的な対策」として親しまれているようです。

M字ハゲの進行が始まり、この機会に本格的な対策を始めたいという方は、さきほど紹介した以下のアイテムをもう一度チェックしてみてくださいね。