目次

  1. 実際に増毛する、その前に…
  2. そもそも増毛とは
  3. 増毛の種類
  4. 徹底検証!①:増毛のリスク・欠点
  5. 徹底検証!②:増毛でリスク・欠点を感じた人の声
  6. 後悔しないために!増毛のメリットだけでなく、リスクもきちんとおさえましょう

薄毛の治療も考えたけど、増毛するのが一番早くて確実だと思ったあなた。 確かにその通りです。 副作用の心配をする必要もありませんよね。

でも、増毛には増毛のリスクや欠点があるのです!

知らなかったでは、まさに後の祭りになってしまいます。 そうならないために、しっかりと増毛のリスクや欠点を押さえておきましょう。

しまった、考えていなかった...ということが無いように
しまった、考えていなかった...ということが無いように

実際に、増毛を始めたのにもかかわらず、やめてしまう人が何人もいます。 それはどうしてでしょうか? おそらく増毛を始める前に、リスクや欠点の認識不足があったのではないでしょうか。

増毛とは、自分の髪の毛に、人工の毛を数本結び付けるものです。 自分の毛が少なければ、ネットのようなもので人工の毛を結びつけます。 特に手術のようなことも不要で、すぐにでも始められるのが利点ですね。

数回に分けて、徐々に増やしていけば、周囲の人にも気付かれることなく、自然に髪の毛が増えたように見られます。

手軽に増やせます
手軽に増やせます

増やしたい部分の自分の髪の毛に、人工の髪の毛を結び付けるので、すぐに、希望の量だけ髪の毛を増やすことができます。

一口に増毛といっても、具体的な髪の毛の増やし方には大きく分けて3つの方式があります。 - 編み込み式 - 結毛式 - 接着式 それぞれの違いは、主な用途による違いになるのです。 以下に詳しく説明しますね。

編み込み式

頭全体に、土台となる糸を編み込んでいきます。 そこに、人工の髪の毛を編み込んで、増毛していきます。 頭頂部の薄毛部分を、増毛するのに最適な方法です。

人工の髪の毛を編み込むのが、自分の髪の毛ではなく、土台にまとめて編み込むので、自分の髪の毛や頭皮の負担が少ない増毛法です。

結毛式

自分の髪の毛1本ごとに、人工の毛を数本づつ結び付けていく増毛法です。 増毛する場所や量など、自由度が大きく、自然な形で増毛できます。

少ない本数であれば、簡単短時間で増毛でき、頭皮や体への負担がほとんどありません。 一方で、人工の毛を結び付けた自分の髪の毛には、負担がかかる増毛法です。

接着式

あらかじめシートに人工の毛を付けておき、そのシートを頭皮に接着する増毛法です。 人工の毛やネットを、自分の髪の毛に結ぶわけではないので、毛がほとんど無い部分にも増毛することができます。

増毛方式によって、施術する先を選んだほうが良いですね
増毛方式によって、施術する先を選んだほうが良いですね

増毛方式によって、得意とする会社が分かれます。 例えば、編み込み法であれば、スヴェンソンのサロンが良いでしょう。 結毛式であれば、アートネイチャーやアデランスのサロンが良いですよ。

さて、簡単にできて、頭皮への負担の少ない増毛に、リスクや欠点はあるのでしょうか? 今度は増毛のリスク、欠点について、5点まとめてみました。 以下で詳しく説明しますね。

自毛が残っていないと施術できない

接着法以外の増毛は、人工の毛やネットを、自分の毛に結ぶ方法です。 したがって、自分の毛の量がある程度必要になりますね。 AGAなどで、抜け毛が進んでしまって、自分の毛の量が少なくなっている人には、施術できないのです。

アルコールに弱い

増毛で使用される人工の毛は、シャンプーの成分や、ドライヤーの熱などには耐性を持っています。

しかし、アルコールにはとても弱いのです。 変色したり、ゆがんだり、縮んだりしてしまいます。 ヘアスプレーなどヘアケア製品にはアルコールが含有されていますので、注意が必要ですよ。

日光に弱い

増毛に使われる人工の毛は、日光を通しません。 つまり、日光の下では、自分の髪の毛と、人工の毛とがハッキリわかってしまいます。 増毛した髪の毛を自然に見せるためには、日光の当たり方に気を付けなければなりません

日光には当たらないようにしましょう
日光には当たらないようにしましょう

日光の下では、増毛した毛が不自然に見えてしまうリスクがあります。 もともと日光は、頭皮やお肌にも有害ですので、なるべく日光には当たらないようにしましょう。 外に出る際は、帽子などかぶるようにすれば良いですね。

メンテナンス費用がかかる

増毛は自分の髪の毛に人工の髪の毛を結び付けるものでしたね。 そうなりますと、自分の毛は伸びますので、どうしてもメンテナンスしないと不自然な髪の毛になってしまいます

増毛の費用はそれほど高額ではなくとも、定期的に必要になるメンテナンス費用が、思った以上に負担となることがありますよ。

あらかじめ、毎月いくらのメンテナンス費用が必要になるのか、納得した上で増毛するようにして下さいね。

抜け毛の原因になる危険性も

増毛は自分の髪の毛に人工の髪の毛を結び付けるので、自分の毛には結び付けた人工の髪の毛の重さすべてがかかってきますね。 分かり易く例えれば、自分の髪の毛1本に、人工の髪の毛を5本つけて、計6本にしたとします。 すると、自分の髪の毛には、今までの6倍の重さがかかってきます。 これでは抜け毛が増える危険性があるというのも納得ですね。

増毛したのに抜け毛とは...
増毛したのに抜け毛とは...

自分の毛に結び付けた人工の髪の毛の重さの負担に耐えかねて抜けてしまえば、実際は1本抜けただけなのに、外見上は何本も抜けたのと同じになってしまいます! つまり増毛は、抜け毛に関しては2重のリスクがあるのです。

実際に増毛のリスクや欠点には、どんなものがあるのでしょうか? それでは、口コミをベースに、確認してみましょう。 以下の3つのグループに分けておきました。 - 自毛が残っていないと施術できないこと - メンテナンス費用がかかること - 増毛した毛が抜けること

自毛が残っていないと施術できないことに関する口コミ

見た目の違和感はほぼ無いですが、自毛の根本に人工毛を結びつけるようなもので自毛が伸びるに従ってズレて来るため月に一回程度メンテナンスが必要ですし自毛が抜けてしまえば一緒に抜け落ちます。 結びつけが緩んでマープ毛だけ抜け落ちることもあります。 減った分は次回メンテナンスで結びつけますがもちろん別料金です。 また薄毛がある程度進行してくるとそもそも結びつける毛が無いためあまり増やせません。

peropero3rdさん:増毛ってどうなんでしょう?

増毛というのは自毛に人工毛を巻き付けて増えたように見せるものですよ。 簡単な言葉に置き換えると水増しといいますか。

増毛はハゲてるところにはできません。 上記の通り、自毛に結び付けるものなので、毛のないところにはつけられないです。

dfh444fdfgfさん: Yahoo!知恵袋

そもそも抜け毛が進んでしまっていては、人工の髪の毛を結び付けることができる本数に限りがあるため、増毛が難しいという話ですね。 増毛の観点からすると、手遅れになってしまっていることになります。

ただ、接着式の増毛は可能なのですが、接着剤で頭皮に固定することへの抵抗感が強くて選択する人はごく少ないようですよ。

メンテナンス費用がかかることに関する口コミ

僕は手間暇考えて増毛からきっぱりと卒業しました。毎月の費用、年単位で考えたらかなりの額になりますからね。 生涯増毛を続けれられたとしていくらかかるか計算してみるとやめようって気になれますよ。 毎月メンテナンスに時間を取られてしまうのももったいないですからね。 でも増毛をやめて薄毛に戻りたくない不安もわかります。 増毛ではメンテナンスを含めて3年で100万以上はかけてきたと思います

affidavit_utterlyさん:3年ほど増毛 Yahoo!知恵袋

1000本¥1万らしいですが、人工毛を自分の毛に結び付ける訳ですから、毛が伸びれば結んでいる部分も上がって来ます。 そのままでは不自然なので、定期的にメンテナンスする必要があるはずですが、それも含めて¥1万とは考えられないですよね… 結んでいる元の毛が抜ければ、人工毛も外れる訳ですから、一時的に増えてもすぐまた元に戻りますよ。

toyosimejiさん:アデランスの増毛 - Yahoo!知恵袋

増毛の場合はどうしても、毎月のメンテナンス費用が発生します。 仮に最初は納得して増毛を始めたとしても、次第に経済的な負担に耐えられなくなる人も大勢います。 まして、増毛前にメンテナンス費用を少なめに見積もっていたとしたら、尚更です。

増毛を始める前に、必ずメンテナンス費用を含めたトータルいくらかかるのかについて、しっかり理解しておきましょう

不安があれば、増毛本数を減らすとか、別の方法を考えることをおすすめしますよ。

増毛した毛が抜けることに関する口コミ

増毛をやる所によっては、金額が違います。 1本 50円とか100円とか、様々です。 また増毛は美容室でも、やっているところもあります。 こちらだとかなり安いです。 ただ増毛と言うのは、自分の髪の毛で、自分の髪の毛を、結び着けるので、長くやっていれば、結び着けた髪事態が、弱くなり、抜けてしまいます。

exportoriginalさん:増毛って高いの? - Yahoo!知恵袋

人口毛をくくり付ければまだ残っている頭髪に負担がかかりいずれ禿が進むのは当たり前に思えます。 AGAの問題なら専門医で治療を受けたらどうですか?

nonhoiiさん:長いあいだ増毛を続けてきました - Yahoo!知恵袋

増毛のリスクの中で、最も注意が必要なのは抜け毛です。 せっかく結び付けて増毛した毛が抜けてしまっては、また1からやりなおしです。 時間費用無駄になりますし、気持ち的にも落ち込みますよね。

AGAで抜け毛が進行している人であれば、特に危険です。 AGA治療なくして増毛では、いたちごっこになってしまいますよ。

増毛のリスクや欠点って、思ったよりあるわね。
増毛のリスクや欠点って、思ったよりあるわね。

確かに抜け毛が進んでいるのに、自分の髪の毛に人工の髪の毛を付けても、抜けてしまいそうね。 それじゃ、お金の無駄になっちゃうわね。

メリットだらけだと思っていた増毛法。 確認してみると、思った以上にリスクや欠点がありました。 増毛を始めてからでは手遅れです! 増毛する前に、リスクや欠点を理解して、心配や気がかりなことは無料カウンセリングなどを利用して、納得いくまで確認しましょうね。

増毛のリスクが怖い人には育毛剤がいいかも…

増毛のリスクや欠点で妥協できそうもない人には、育毛剤で育毛促進をおすすめします。 増毛でみてきたリスクや欠点は、育毛剤にはありません

ただ、きちんとその違いを認識してご利用ください。

大きな違いは、増毛はすぐに結果が出ますが、育毛剤は数か月は使う必要があり、またその効果も個人差があること。 ただ育毛剤の方が一度に支払う金額は少ないので、その分経済的にはずいぶんと楽になりますよ。

おすすめの育毛剤の特徴を以下にまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

  • 刺激が少ないこと
  • 自然由来成分で安心・安全なこと
  • 信頼できる会社の製品であること (全額返金保証制度があるかなど)

ハゲラボの中にも、安心できる育毛剤の紹介記事がありますので、ぜひご覧ください。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。