目次

  1. 増毛って本当に大丈夫?
  2. 増毛とは?
  3. 増毛のメリットとは?
  4. 増毛のデメリットとは?
  5. メリット・デメリットから、増毛はこんな人におすすめ!
  6. 増毛に関する注意点はこちら
  7. もし増毛でトラブルが起きてしまったら
  8. 増毛のメリットとデメリットを正しく把握しよう

増毛は、外れにくく低費用で、 効果が出るのが早い所が特徴です。 しかし、やはり増毛にもメリット・デメリットがあります。

そこで、増毛のメリット・デメリットとは何か徹底解説したいと思います。

「増毛ってそもそもどんな治療法なの?」と、疑問を持たれた方もいる事でしょう。

増毛とはズバリ…1本の自毛に複数の人工毛髪を結びつけたり、 数十本単位の人工毛髪を付けた透明な糸を自毛に結んだりして 自分の髪の毛以外を使って人工的に髪を増やす事です。

しかし、増毛には先ほども言いましたメリット・デメリットがあるようです。 ネットを中心とした口コミでは、増毛のメリット・デメリットについて 話題になる事が増えました。 増毛を行う際は、正しい知識を得てから増毛を行いましょう。

増毛とは何かご理解頂けたかと思います。

先ほど増毛には、メリットとデメリットがあるとご紹介致しました。 では、まず増毛のメリットとはどういったものでしょうか? 増毛の主なメリットを3つ、みていきましょう。

①自毛植毛と比べ低費用

増毛の一般的な方法として、編み込み方法がよく使われています。

例えば自毛植毛の場合、料金が安いクリニックでも 最低2,000本を移植したら約600,000円が必要です。 理由は、頭皮に局所麻酔をかけた手術治療になるからです。 一方で増毛は、ピンポイントで編み込んでいくだけなので 最も安い値段で、1,500本の増毛を行うと約75,000円となります。

増毛は、自毛植毛に比べ圧倒的に低費用だと言えます。

②生活に支障をきたさない

増毛は、そのままスポーツやシャンプーが可能です。

増毛の編み込みは少々のことでは、外れたり位置がずれる事がありません。 よって、プールなど濡れながら行う運動に取り組んでも安心できます。 スポーツを行った後は、汗をかいてシャワーを浴びることが多いでしょう。 そんなときも増毛ならば、そのままシャンプーしても取れません。

更に増毛は、スポーツを行う時のみに限らず日常生活にも支障をきたす事も少ないのも 大きなメリットの1つです。

増毛しても普通の生活がおくれます。
増毛しても普通の生活がおくれます。

増毛は、スポーツをしてもずれたり、外れたりしない。

③手軽に毛髪の増減が可能

最後の増毛のメリットは、手軽に毛髪の量の調整が可能だと言う事です。

増毛は、処置をしたその日に毛量がアップするため、すぐに効果が期待できるのも魅力。 また、結びつける本数を変えれば密度の調整が簡単にできます。 そして増毛の調整を行う事で、自然な生え際に見える事も特徴です。

増毛の量を調整し、ご自身に合ったヘアスタイルを楽しんでみてはいかがでしょう。

増毛のメリットをみて、 「なんだ、増毛って良い事じゃないか」と思った方。

ちょっと、待ってください!!

たいていの事には、メリットだけでなくデメリットがあります。 増毛も同じです。 では、増毛による3つのデメリットを一緒にみていきましょう。

①メンテナンス費用が必要

増毛自体の費用が高額にならなくても、メンテナンスに費用が嵩む事が難点です。

増毛は、自毛に別の髪を絡める事で行う治療法です。 自毛は自然に伸びるため、時間がたつとずれて来る恐れがあります。 そのまま放置してしまうと不自然なヘアスタイルになります。

自然なスタイルをキープする為に、定期的なメンテナンスが必要となります。

増毛の付け替えは、比較的早いペースで必要なので、 メンテナンス費用が、高くついてしまうのです。

②抜け毛の原因になる可能性がある

増毛は自毛や頭皮に負担が大きいため、抜け毛の原因になる可能性があるのも 大きなデメリットの1つです。

増毛は自分の髪に結び付けて行うため、どうしても頭皮に負担がかかってしまいます。 また、髪が伸びてくると結び目がくしなどにひっかかって抜けやすくなってしまうこともあります。

③ある程度自毛がないと出来ない

増毛は、人工毛を自毛に絡める方法で行います。 その為、あまりにも自毛の量が少ない方には向いていません。

増毛を行うためには、ある程度、自毛の毛量が必要です。 そのため、既にAGAなどで薄毛が進行されている方は、 大幅な毛量アップを期待するのは、残念ながら難しいとかも知れません。

増毛を行う前に
増毛を行う前に

自毛の量の確認を。

増毛のメリット・デメリット、お分かりいただけたでしょうか。 想定外なこともあったのでは…??

では実際に増毛がおすすめな人とはどんな方なのでしょうか。 ご自身が、あてはまるかどうかご確認くださいね。

  • スポーツを行う頻度が高い人
  • 薄毛部分が少なく自毛の量が多い人
  • 汗っかきで頻繁にシャワーを浴びる人
  • 薄毛対策をしたい人

あてはまる方は、増毛法が向いていると言えるでしょう。

増毛のメリット・デメリットを踏まえて
増毛のメリット・デメリットを踏まえて

増毛法の効果を実感しましょう。

ご自身が「増毛に向いている!」と思ったら、ぜひ試してみたいですね。

では実際に増毛をした場合に、生活の中で注意しなければならないのはどんなことなのでしょうか。 それは…

  • 定期的なメンテナンスを怠らないように心掛けましょう。
  • 増毛に使用される人工毛は自毛と違い、日光を通しません。より自然に見せるには、日光の当たり方に配慮する必要があります。
  • 人工毛は、ドライヤーの熱やシャンプーなどには強いものの、アルコールを使っているヘアスプレーなどには非常に弱くなっています。スタイリング剤を選ぶ時には気を付けましょう

などです。 他にも細かい注意点やアドバイスがあると思います。 増毛施術を受ける前に、 増毛した後の細かい注意点について確認することを忘れないでくださいね。 注意点に気を配ることで、デメリットをできるだけ軽減して、 増毛によるメリットを最大限に活かしましょう。

もしも、増毛で上記の注意点に気を付けていてもトラブルが起きてしまったら 以下の対処法を行ってみてください。

  • 治療をしてもらったカツラメーカーに問い合わせを行う
  • 増毛部分を、ご自身で外せそうな場合は暫く外しておく
  • クリニックなどの専門病院に受診し医師に相談する

増毛は、定期的にメンテナンスを行う必要があるので 最も身近な対処先だと言えます。 しかし、頭皮などに炎症が起きているならばメーカーでは対処不可能です。 頭皮の炎症や痛みが感じられる場合や他の対処法では上手く行かなかった時は クリニックの医師に相談することを検討してください。

増毛トラブルの最終手段
増毛トラブルの最終手段

クリニックなどの医師に相談しましょう。

増毛のメリット・デメリット、いかがでしたか?

増毛は、薄毛対策としての効果をすぐに得られる上、低費用です。 しかし、メンテナンスが必要であることや抜け毛増加の可能性があると言う デメリットも持ち合わせています。 増毛を受けようと思っている方は、 増毛が自分にとってメリットが大きいのか、デメリットの方が大きいのか、 しっかり下調べをしてから判断してくださいね。 増毛を行う前に専門医に相談するのもいいかもしれませんよ。

今後、増毛を上手く利用する事で薄毛ハゲで悩む人が、1人でも減ります様に…。