目次

  1. 芸能人もやっている?!増毛ってどうなの?
  2. 増毛ってばれないの?
  3. 増毛がバレるのはこんな時!
  4. 増毛がばれないための3つの対策法
  5. 増毛法別に、ばれにくい度合いを検証!
  6. 増毛がばれないように、最低限の注意を払いましょう

読んで字のごとく、毛髪を増やして薄毛を改善する方法・増毛

最近では芸能人も増毛をカミングアウトし、サロンのCMに出演されている方もいますよね。 でもできれば周りにバレることなく自然に増やしたい・・・

今回は増毛がばれないための注意点をまとめました。 バレない自然な増毛を目指して、一緒にみていきましょう!

今すぐに毛が欲しい!
今すぐに毛が欲しい!

施術した時からボリュームアップ

増毛をするうえで気になるのは「周囲にばれるかどうか」ですよね。 できれば人にあまり知られずに薄毛ハゲを改善したいもの。 せっかく増毛しても、周囲にバレバレではあまり意味がありませんよね。

きちんとサロンで、自然なヘアスタイルをキープできるようにボリュームなどを考えてセットをしてもらえば、増毛がばれることはほとんどないと言っていいと思います。

信頼のおけるサロンでしっかり相談をしてセットしてもらうようにしましょうね。

自然に仕上がってる?!
自然に仕上がってる?!

ばれるリスクはあまり高くないようですね。

増毛がばれるリスクはあまりないとはいえ、こんな時はばれてしまう可能性があります。

それはメンテナンスと増やす量。

詳しく説明しますのでみていきましょう。

メンテナンスをさぼる

増毛は自毛に編み込んだり結びつける治療法が主流です。

自毛は個人差はあれど自然と伸びますよね。

そのため、増毛は数ヵ月に1度定期的にメンテナンスが必要となってきます。

費用もかかりますし、サロンに出向かなければなりません。 それを面倒に思い、さぼってしまうと伸びた毛の途中から毛が生えているような状態になり、不自然なヘアスタイルになってしまい、増毛がばれやすくなる可能性がありますね。

生え際が見えてしまうヘアスタイル

増毛の方法の1つに、人工毛があらかじめ植えられたたシートを直接頭皮に接着するものがあります。

古くからある増毛法ですので知名度や実績が豊富です。

接着テープを使うので簡単にははがれませんが、完全ではありません。

少しはがれてしまった時、前髪をおろしているようなヘアスタイルではばれません。 ですがオールバックなど生え際が見えるヘアスタイルですと、不自然に見え、ばれやすくなる可能性があります。

生え際って意外と目線が行きます
生え際って意外と目線が行きます

ばれやすい箇所かもしれませんね・・・

一度に大量の増毛を行う

ハゲている人がある日いきなりフサフサになってきたらびっくりしませんか?

早く薄毛を治療したい気持ちはわかりますが、一気に増やしてしまっては周りにばれやすくなるのも仕方ないかも知れません。

増毛することをカミングアウトしている人なら問題ないかもしれませんが、出来ればばれないよう、自然に髪を増やしたいと考えている人は気をつけた方が良いでしょう。

増毛していることをばれるのは嫌!と思うのはみなさん同じですよね。

ここでは、ばれないための対策法を3つ紹介します。

元々、増毛はばれるリスクはあまりありませんから、しっかりと対策をとればばれにくくなります。

それでは早速みていきましょう。

回数を分けて増毛する

最終的に何本増やしたいか、まず考えてみましょう。 ばれないよう複数回に分けて増毛すると自然に髪の量が増えていきます。

数カ月に分けて何本とあらかじめ決めておけば、だんだん毛髪量が増えていったようにみせることができます。

また、気になる部分には本数を増やすなど、徐々に違和感なく増やすことができます。

きちんとメンテナンスを行う

ばれる原因の1つである、メンテナンスのさぼり。

自毛が伸びた時にそのままにしておくと、毛髪の途中から毛が生えているように見えてしまいます。 それってとても不自然だということは誰でも感じることですよね。

費用や手間はかかるかもしれませんが、増毛をばれないよう、自然に見せるためにとても大切なことです。

メンテナンスにはきちんと通いましょうね!

定期的にメンテナンス
定期的にメンテナンス

自毛が抜けてしまうと増毛した毛も一緒に抜けてしまいます

自毛を育てる努力も忘れない

増毛するのと並行して育毛対策も行いましょう。

自毛に編み込んだり結びつける増毛法は、そもそも自毛がないと不可能です。

そして、自毛が通常より早い周期で抜けてしまっては増やした人工毛も一緒に抜け落ちてしまいますよね。

生活習慣を整えたり、育毛剤の使用などで脱毛を防ぐことが期待できます。

増毛に頼るだけでなく、自分の毛を育てる対策もしましょうね。

ここでは具体的に増毛法を紹介します。

  • 結毛式
  • 編み込み式
  • 接着式

の3つを紹介します。 おすすめの増毛法ですよ!

結毛式増毛法

大手のヘアサロンで幅広く行われている増毛法が結毛式です。

自毛を活用しながら毛髪を増やしていく方法で、自毛の根元人工毛を結び付けていくので、メスや針などは使用せず、ほぼ手作業で行われます。

サロンによって違いはありますが、1本の自毛に数本を結び付けることが可能です。

そのためボリュームアップが期待できる手法です。

結毛式増毛法のばれにくさ

結毛式は自毛を活用するので、周りの自毛に人工毛が溶け込みやすく自然な仕上がりが期待でき、ばれにくい増毛法といえるでしょう。

ただし、自毛は伸びるのでメンテナンスが必要ですし、自毛1本あたりに結びつける人工毛が多すぎると負担がかかり抜けやすくなったり、人工毛の密度が高くなるとばれやすくなる可能性があります。

編み込み式増毛法

スヴェンソン式とも呼ばれています。

特殊な3本の糸を自毛に編み込み土台作りをして髪を編み込んでいくというもの。

金具や接着剤を使用しないので頭皮への負担も少なく済むので安心感もありますね。

費用はやや高めで、髪が伸びるのに合わせてメンテナンスが必要になってきます。

編み込み式増毛法のばれにくさ

土台を作ってから毛を編み込んでいくので、均一に毛を増やすことができ、仕上がりもナチュラルでムラなくボリュームアップできます。

また、耐久性にも優れています。

メンテナンスに通うまでの間、自毛の様にシャンプーで地肌まで洗えますし、整髪料の使用も可能です。

ただし、メンテナンスをさぼると・・・その自然さは失われます。

※本当に増毛がバレないか? 実際にヘアラボで検証した記事がありますでので、ご覧ください。

いつも通り過ごせる!
いつも通り過ごせる!

濡れても平気なのはうれしいですね!

接着式増毛法

人工毛を植え付けたシートを張り付ける増毛法が接着式増毛法です。

シート式増毛法とも呼ばれ、増毛法としては長い歴史を持つ方法です。

シートは半透明の極薄素材でできており、貼り付けるだけなので短時間で増毛でき、シートの面積を増やせばそれだけ多く一度に増やすことができます。

まとまった時間が取りにくい人にもできる増毛法ですね。

接着式増毛法のばれにくさ

自毛を活用しないため、仕上がりがやや不自然に感じることがあるようです。

貼り付ける人工毛の質にこだわることが、ばれないようにするための秘訣です。

またばれる・ばれない以前に、接着面が頭皮を覆うのでむれやすく、炎症などのトラブルも報告されていますので、肌の弱い人はサロンやクリニックでよく相談しましょう。

薄毛治療法の1つ、増毛

コストが安いというメリットがありますが、注意をしないと周りの人にばれるリスクがあることがわかりましたね。

増毛がばれないためにも注意点を把握し、対策をしましょう。

ぜひ一度、増毛サロンの無料体験やカウンセリングに訪れてみることをおすすめします!