目次

  1. ザガーロとミノキシジルって併用していいの?
  2. 【結論】ザガーロとミノキシジルは併用できます!
  3. ザガーロとミノキシジルを併用する際の注意点
  4. 正しい知識を持って、治療薬を使おう!

薄毛治療薬のミノキシジルザガーロといえば、薄毛でお悩みの方にとっては希望の星。

「薬で悩みを解消できるのなら、ぜひ使ってみたい」という方も多いのではないでしょうか?

そこで、気になるのが「この2つを一緒に飲むと効果は変わる?」というところ。

とはいえ、医薬品を併用するのは身体への影響が大きそうで不安ですよね。

ということで、この記事ではザガーロとミノキシジルは併用できるのかについて、詳しくご説明していきます。

そもそも、ザガーロやミノキシジルの基本的な情報を詳しく知りたい、という方は以下の記事を参考にしてください。

結論から述べると、互いに併用禁忌薬には指定されていないため、ザガーロとミノキシジルは併用することができます。

また、2つの治療薬はそれぞれ違った方法で薄毛にアプローチするので、薄毛の対策としても有効なのです。

それでは、ザガーロとミノキシジルの効果をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

ザガーロの効果

ザガーロはAGA(注1)と呼ばれる男性型脱毛症の治療薬として認可されている医薬品です。

主成分のデュタステリドは、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの産生を防ぐ働きがあり、これによって薄毛の進行を抑えます。

発毛効果も認められていますが、どちらかというと抜け毛を抑えて薄毛の進行を止める働きが特徴です。

注1:思春期を過ぎた男性に現れる薄毛の症状。前頭部や頭頂部から薄毛が進行するのが特徴。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは血行の促進や、毛乳頭細胞(髪の成長をつかさどる部分)を刺激することによって、発毛効果が期待できる成分です。

頭皮に塗る外用のものと、錠剤を飲む内服のものがあり、国内では外用薬のみ認可されています。

こちらは薄毛の進行を抑えるというより、新たな髪を生やすことで薄毛を治療していくという特徴があります。

つまりこれら2つを併用すると、ザガーロで薄毛の進行を抑え、ミノキシジルで新たに髪を生やす効果が期待できるというイメージです。

ただし、それぞれの作用が同時に働くだけなので、「お互いの効果が高まるわけではない」という点は理解しておいてください。

ザガーロとミノキシジルの併用によって、薄毛治療に高い効果が期待できることが分かりました。

ですが、薬での治療を始める前に理解しておいていただきたいことが“2つ”あります。

  • 副作用のリスク

  • 個人輸入の危険性

それぞれ詳しく説明していきますので、しっかりとチェックしてみてください。

副作用のリスク

併用する際に注意すべきポイントとして代表的なのは、副作用のリスク

ザガーロもミノキシジルも医薬品であるため、どちらも当然“副作用が現れる可能性”があります。

そして、そんな医薬品を併用するということは、その副作用のリスクも高まるということ。

もちろん、全員に副作用が現れるわけではありませんが、確実にそのリスクは潜んでいます。

併用すれば高い効果が期待できるのは事実ですが、このようなリスクもしっかりと理解した上で判断しましょう

個人輸入の危険性

ザガーロやミノキシジルは、原則として薬剤師や医師の許可がなければ購入できません。

ですが、個人輸入を用いればネットを介して安価に購入することもできます。

その手軽さから安易に利用されることも多いのですが、個人輸入は偽造品の流通が問題視されています。

偽造品には効果が期待できないばかりか、思いがけない副作用のリスクの可能性も…。

そのため、ヘアラボのポリシーにより、個人輸入は推奨しません。

ザガーロやミノキシジルをお求めの方は、必ず医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

この記事でご紹介した内容を簡単にまとめると、以下の通り。

  • ザガーロとミノキシジルは併用可能

  • ただし副作用などの注意点もあり

どちらも薄毛治療の効果を認められた医薬品ではありますが、作用の仕方については個人差がありますし、それに伴うリスクもあります。

誤った認識で副作用などに悩まされないためにも、正しい知識を持ってAGAをケアしていきましょう!