目次

  1. 期待のAGA治療薬、ザガーロはどうなの?
  2. ザガーロってM字の薄毛に効果はあるの?
  3. はじめに…ザガーロの基礎知識
  4. そもそも、M字(生え際)の薄毛はどうして起きる?
  5. ザガーロがM字(生え際)の薄毛に効果があるとされる理由とは?
  6. M字の薄毛対策薬の薬プロペシアとザガーロはどう違うの?
  7. ザガーロのM字の薄毛に対する効果をチェックしてみましょう
  8. ザガーロでM字(生え際)の薄毛が改善したという声
  9. ザガーロでM字(生え際)の薄毛は改善しなかったという声
  10. ザガーロはM字の薄毛に一定の効果はあるようですが…
  11. ただ、ザガーロには副作用や後遺症があることもお忘れなく…
  12. 副作用や後遺症が心配なら…他の方法をおすすめします
  13. 発毛剤・育毛剤はトータルで判断して選びましょう!

ついに発売された新しいAGA治療薬「ザガーロ」。

製造過程の不備で発売が延期されるなど、紆余曲折があってようやく発売されただけに、薄毛男性からは大きな期待が寄せられているようです。

そんなザガーロは治療薬が効きにくいと言われるM字(生え際)には効果があるのか?

薄毛男性の熱い期待を一身に集めてついに発売された「ザガーロ」。

フィナステリドで効果が無かった人、効果はあったけれどだんだん効かなくなってきた人など、新成分のデュタステリドに賭ける人は多いのではないでしょうか?

デュタステリドは期待できる!との情報もあり、このザガーロの発売が待たれていました。

そんな薄毛男性垂涎の的であるザガーロは本当にM字(生え際)の薄毛に効果があるのかを検証します。

まずはザガーロの基礎知識をおさらいしましょう。

薄毛・ハゲ治療のエキスパートならすでにご存じでしょうが、「ザガーロ?何それ?」という人のためにどんな薬なのかをご紹介します。

製造元

ザガーロは、イギリスにある製薬会社グラクソ・スミスクライン社から2016年6月に発売されたAGA治療薬です。

日本では今回、初めてAGA治療薬として承認されましたが、2009年に内容が同じアボルブ(アボダート)が前立腺肥大症の薬として承認されています。

2015年9月にAGA治療薬として承認され、11月に発売予定でしたが工場の製造過程に不備があったため延期されていました。

そういう意味ではザガーロ、満を持しての登場でしょうか?

特徴

ザガーロは、効果効能としては「男性における男性脱毛症」と記載されています。

形状としては細長いカプセルタイプで、サイズは6.6mm×19.3mmとやや大きめでちょっと飲みにくいかも知れませんね。

有効成分はデュタステリドで、種類としては「5a-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害薬」になります。

同じ抗アンドロゲン薬として、プロペシアと何かと比較されるようです。

主成分デュタステリドについて

ザガーロの主成分はデュタステリドです。

AGAの原因と言われるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成に関わる5aリダクターゼを阻害する作用があります。

5aリダクターゼはⅠ型とⅡ型があり、デュタステリドはⅠ型Ⅱ型どちらにも効果があります。

入手方法

ザガーロは医薬品ですので、高い育毛効果が期待される分、ゼロではないリスクの可能性もあります。

ですので、お近くの皮膚科もしくは発毛専門クリニックでご相談の上、お求めください。 ※ヘアラボのポリシーにより個人輸入は推奨いたしません。 ヘアラボのポリシーはこちら 

俗に「M字ハゲ」などと言われる前頭部・生え際の髪が薄くなる原因とはいったいなんでしょうか?

・AGAによるもの ・遺伝によるもの ・生活習慣によるもの

の3つに分けてご紹介しますね。

AGAによるもの

抜け毛や薄毛の原因として一番可能性が高そうなのがAGA(男性型脱毛症)です。

男性ホルモンのテストステロンと還元酵素の5aリダクターゼとが結びついてより強力なDHT・ジヒドロテストステロンが生成されます。

このDHTが毛乳頭細胞に存在するアンドロゲンレセプターと結合して、ヘアサイクルの成長期を短くしてしまうことで抜け毛になってしまうようです。

遺伝によるもの

生え際の髪が薄くなる原因、他には遺伝が考えられます。

薄毛やハゲは遺伝するとよく言われますが、生え際・M字の薄毛は特にその傾向が強いようです。

ハゲの遺伝子」も存在するそうです。

このハゲの遺伝子は母方から遺伝すると言われていますね。 つまり、母方の祖父や伯父・叔父がハゲているかどうか(またはハゲていたか)を調べるといいかも?

生活習慣によるもの

AGAと遺伝以外にもM字部分が薄くなる原因があります。

それは、生活習慣です。

例えば食生活、栄養バランスが偏った食事を続けていると血行が悪くなったり、頭皮の皮脂が過剰に分泌するなどの抜け毛の原因になります。

さらに睡眠不足や不規則な生活、大きなストレスや長期間にわたるストレスなど、他にも喫煙や過度の飲酒も育毛にはマイナスです。

頭皮環境が悪化して抜け毛になってしまうかも知れませんね。

前頭部・生え際はアンドロゲンレセプターが多く、DHTの影響を強く受けやすい部分ですので抗アンドロゲン薬であるプロペシアやザガーロが効果的です。

プロペシアがⅡ型の5aリダクターゼにしか効かないのに対して、ザガーロがⅡ型の5aリダクターゼだけでなくⅠ型の5aリダクターゼにも効果があるためより効果に期待できるようです。

M字の薄毛にいいと言われる「プロペシア」と「ザガーロ」。

同じ抗アンドロゲン薬としてよく引き合いに出されます。

5aリダクターゼを阻害するという作用は同じなのですが、一番大きな違いは先程も触れたとおり、効果を発揮する5aリダクターゼの種類です。

プロペシアはⅡ型のみなのに対し、ザガーロはⅠ型・Ⅱ型どちらにも効きます。

ただ、その分副作用のリスクも高いと言われているのが気になります。

それではザガーロのM字(生え際)の薄毛に対する効果を口コミからチェックしましょう。

ただ、ザガーロは発売されて日が浅いのでまだまだ口コミが少ないので、成分が同じアボルブやアボダート、さらにジェネリック薬のデュタスやデュプロストの口コミも交えてご紹介しますね。

それではザガーロなどデュタステリド治療薬でM字(生え際)の薄毛が改善されたという口コミをご覧ください。

・ハリ・コシが出たという口コミ ・抜け毛が減ったという口コミ ・皮脂の分泌が減ったという口コミ

の3つに分けてご紹介します。

ハリ・コシが出たという口コミ

  • 前頭部や生え際にもコシが生まれた。
  • 全体的にハリやコシがなくなり、髪が細くなり前頂部とM字が薄くなっていました。 服用し始めてから、M字から細い産毛が生え始め、全体的に細かった毛も、太くしっかりした毛に変わりました。

細かった髪が太くしっかりした毛に変わったという人と、前頭部・生え際の髪にコシが出てきたという口コミです。

よくAGA関連のサイトで、産毛は生えるけれどそれ以上でもそれ以下でもないという口コミも見られますよね?

生えた産毛がちゃんとした髪に育つかどうかが効果のボーダーラインのような気がします。

抜け毛が減ったという口コミ

口コミを見たところ、抜け毛が減るという効果は、使い始めてまだ日が浅い人でも実感できている人が多いような気がします。

まずは抜け毛を減らせば、発毛は後からついてくる!…かも知れません。

髪が生えるという効果は少なくとも半年くらいはかかるのではないでしょうか?

皮脂の分泌が減ったという口コミ

  • デュタスよりだいぶ高いですが、それでもプロペを皮膚科で処方してもらってた時(1錠250円)の半額くらいで済むので、助かってます。主成分が同じでも、添加物の違いからの薬物動態を考えたら、予算が許せば先発品の方が良いと思います。恐れていた副作用も、私には特になかったです。

  • 飲み始めて現在1ヶ月程になりますが、かなり効果を実感しています。抜け毛は半減しましたし、皮脂も減って脂漏性皮膚炎も治りました。副作用は、初期脱毛はありませんでしたが、性欲はかなりなくなりました。

今回、口コミを収集していて一番目に付いたのがこの「皮脂の分泌が減った」という口コミでした。

早い内に髪が生えてきた、髪が増えたという効果にたどり着く人はそこまで多くはないのかなと思いますが、この皮脂の分泌が減ったという効果は多くの人が実感しているようですね。

続いては、ザガーロなどデュタステリド薬ではM字(生え際)の薄毛は改善しなかったという口コミをご紹介します。

・特に効果が感じられないという口コミ ・初期脱毛がひどいという口コミ ・効果が出るまでに時間がかかるという口コミ

の3つをご覧ください。

特に効果が感じられないという口コミ

  • プロペシアから乗り換えたが、効果の実感がない

  • 飲み始めて1カ月になりますが、今のところ変化がなく抜け毛も多い

改善しなかった人の大部分は何の効果も感じられなかったとコメントされています。

何の効果もないのが現状維持ならまだしも、抜け毛が進行中でしかも加速度がついて…なら最悪ですね。

デュタステリドの効果も全ての人に現れるわけではないので、効果が感じられなければ他の治療法も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

初期脱毛がひどいという口コミ

  • リアップ23日目、ザガーロ21日目だけど1週間ちょっと前から抜け毛が激しくなって、全体的に急激にスカってる。 初期脱毛なんだろうけど見た目の変化が激しすぎてかなりキツイ。

  • 生え際からどんどん毛が減っていく。それどころか全体的になくなっていく。

髪がどんどん抜けていく…

おそらく初期脱毛だと思われますが、分かってはいてもたくさん抜けると不安になってしまいますよね?

この初期脱毛のあとに髪が生える・増えるというゴールが待っているのならいいのですが、そうでないなら…ツライですね。

効果が出るまでに時間がかかるという口コミ

  • ちょっと話ずれるけど この薬は定常状態に達するまでに3~6ヶ月もかかるから 本当は6ヶ月過ぎてからが本領発揮で6ヶ月+6ヶ月くらい計1年見て効果を判定すべき薬剤だと思う。

  • 初めて半年経つが、前頭部の悪化が止まらない。まぁとりあえず1年は最低でも様子見る。

フィナステリドもそうですが、ザガーロの有効成分「デュタステリド」もかなりの長期間使用しなければ効果を実感出来ない場合が多いようです。

少なくとも半年は様子を見た方がいいとコメントされる方がけっこういらっしゃいました。

効果があったという口コミと、効果は無かったとする口コミ両方をご紹介しました。

プロペシアと比べてもより効果が期待できるので、M字(生え際)の薄毛にはある程度効果が期待できるのではないかと思われます。

ただ、ザガーロには効果と背中合わせの副作用のリスクもあります。

ザガーロの有効成分「デュタステリド」は薄毛に対する効果が高い反面、デュタステリドの副作用は出現頻度も高いと言われております。

副作用のリスクはやはり見過ごせませんよね。

※発毛剤の副作用に関しては諸説あり、ヘアラボでは「具体的な症状に関する保証はできないが、副作用が起こりうる可能性は十分にある」というスタンスを取っています。利用の判断を行う場合は、まず専門のお医者様に相談しましょう。

医薬品のザガーロだからこそ、期待できる効果は高くなりますが、ゼロにはならない副作用への心配が残ってしまいます。

どうしても副作用への不安が捨てきれないという方は、医薬部外品の育毛剤を試してみることをお勧めします。 無添加で副作用の心配がなく育毛対策ができるんですよ。

ただ、発毛剤が毛を生やす作用があるのに対し、育毛剤は今ある毛を育てる作用であるという違いを認識していただくところが大切なポイントです。

是非一度チェックしてみてください。

AGA治療薬の新星、ザガーロがM字(生え際)に効果的なのか?を検証しました。

治療薬や育毛剤は口コミなども参考にして、効果と副作用などトータルな実力をしっかり見極めて選択しましょう!

せっかく使うなら効果があって、しかも安心して使えるものがいいですよね。