目次

  1. AGA治療薬ザガーロ(デュタステリド)で初期脱毛は起こるの?
  2. 【結論】ザガーロ(デュタステリド)で初期脱毛は起こる可能性がある!
  3. ザガーロ(デュタステリド)の効果と初期脱毛の関係
  4. ザガーロ(デュタステリド)で初期脱毛が起こる期間
  5. ザガーロ(デュタステリド)で初期脱毛が起きた時の対処法
  6. 【重要】ザガーロはクリニックや皮膚科で処方してもらいましょう!
  7. 正しい知識を持って、AGA治療を受けましょう

デュタステリドを有効成分とするAGA治療薬ザガーロが、2016年6月から発売開始となりました。
デュタステリドとは、壮年性脱毛症の要因を阻害する効果が認められた成分。

その効果に期待が集まる一方で、「ザガーロで初期脱毛が起きた」という気になる噂も出ています。

そこで今回は、AGA治療薬ザガーロ(デュタステリド)の服用で、本当に初期脱毛が起こるのかどうかを調査します。

また初期脱毛の期間やその対処法もご紹介するので、ザガーロの服用をお考えの方はぜひ最後までお読みくださいね!

本当に?!
本当に?!

ザガーロで初期脱毛が起こる可能性はあります!

結論からお伝えすると、デュタステリドを含むザガーロなどの医薬品で初期脱毛が起こる可能性はあります

これはザガーロの有効成分デュタステリドが、AGAの原因の一つとされている男性ホルモンの生成を阻害する働きがあるとされているため。

この働きによって、具体的にどのようなメカニズムで初期脱毛が起こるのか…。

それを理解するにはまず、ザガーロに有効成分デュタステリドの効果や薄毛へのアプローチの仕方について理解する必要があります。

次の項目で、ザガーロ(デュタステリド)の効果と初期脱毛との関係を、詳しく見ていきましょう。

まずザガーロの効果について確認してから、初期脱毛との関係を見ていきましょう。

ザガーロの効果とは?

ザガーロに認められている効果は、AGAによる薄毛の進行を遅らせる効果や、発毛効果です。

AGAは、強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が髪の正常な成長サイクルを乱すことで髪が十分に成長できないまま抜け、薄毛になるというもの。

原因となるDHTは、男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼという酵素と結びつくことで生成されます。

この5αリダクターゼとテストステロンの結びつきを阻害し、DHTの生成を抑えるのがザガーロの有効成分デュタステリド。

つまり、DHTというAGAの原因が作られにくくなることで、抜け毛や薄毛の進行を抑えたり、遅らせるといった効果があるのです。

また、髪の成長サイクルを乱していた原因を減らすことで、髪の成長サイクルの正常化に働きかける発毛効果も期待できます。

初期脱毛との関係は?

では、なぜザガーロで初期脱毛が起こるのか。

これはザガーロの有効成分デュタステリドが、髪の成長サイクルの正常化に働きかけることによるものです。

通常、髪が成長を続ける期間は、2年〜6年ほどといわれています。

ただ、DHTによって成長サイクルが乱れた髪が成長できる期間は数ヶ月〜1年ほど。

ここでデュタステリドを含むザガーロを飲むと、髪の成長サイクルが正常に向かいはじめ、発毛が促されます。

新しい髪の毛が生えて来るとき、古い髪は毛穴から押し出されて抜けていきます

こうして、一気に髪の毛が抜けるのが初期脱毛

つまり初期脱毛は、髪の成長サイクルが正常に戻ろうとしているサインということもできるのです。

この抜け毛はどれくらい続く?
この抜け毛はどれくらい続く?

初期脱毛の場合、一定期間で収束します

ザガーロ(デュタステリド)で初期脱毛が起こるのは、有効成分の作用によるものであることがわかりました。

では、実際に初期脱毛が起こる期間はどれくらいなのでしょうか?


ザガーロを処方しているクリニックでは、初期脱毛の期間について下記のような記載があります。

薄毛・AGA治療開始から2週間~1ヶ月頃に個人差はありますが一時的に脱毛する時期があります。効果がではじめるときで、通常1,2ヶ月で脱毛は収まりその後産毛生えてきます。

AGA治療、都筑区、クリニック

服用を開始した後に一時的に脱毛する場合もありますが、初期脱毛と言ってヘアサイクルが正常に戻る過程なので、1~2ヶ月程で脱毛は収まって新しい産毛が生えてきます。

ザガーロ - 薄毛AGA治療(男性女性) 【福岡博多駅前通中央クリニック中央クリニック】

大体治療開始2~1か月で初期脱毛が起き、2カ月程度、特に遅い方で3カ月程度で初期脱毛は止まります。

ザガーロと初期脱毛|コラム|ユナイテッドクリニック池袋駅前院
  • 初期脱毛が始まる時期
    ザガーロの服用開始2週間〜1ヶ月

  • 初期脱毛の期間
    1ヶ月〜3ヶ月ほど

という記載が多いですね。

ただ、髪の成長サイクルそのものにも個人差があり、医薬品の効果にも個人差があります。

こちらの期間は、ある程度の目安として覚えて置くと良いでしょう。

また、脱毛が長く続く場合は、医薬品や初期脱毛が原因ではない抜け毛の可能性もあります。

不安な方は、すぐに薬を処方してもらったクリニックで相談することをおすすめします。

初期脱毛とは言え、薄毛が目立つのはきつい...
初期脱毛とは言え、薄毛が目立つのはきつい...

どうにかならない?

ザガーロ(デュタステリド)で初期脱毛が起きた時、どのような対処法があるのでしょうか?

初期脱毛が起きた場合、脱毛を予防したり早く収めるような対処法はありません
ただし薄くなった部分を隠したり、ごまかして目立たなくさせることはできます。

初期脱毛を目立たなくさせる対処法には、以下の方法が考えられます。

  • 帽子やかつらで隠す

  • 髪型を工夫して目立たなくする

  • 増毛パウダーやスプレーでごまかす

それではひとつずつ確認していきましょう。

帽子やかつらで隠す

初期脱毛が起きた場合、帽子やかつらで隠す対処法があります。

帽子はサッとかぶるだけで隠せるので、ちょっとした外出時などもおすすめです。
ただし蒸れると頭皮環境の悪化や臭いに繋がることがあるので、長時間かぶるのは避けましょう。 帽子で隠すのは、必要なときだけにしてくださいね。

また、かつらはバレやすいというイメージを持っている方もいるかもしれませんが、最近は自然に仕上がるものも多く販売されています。
値段を気にしないのであれば、毛髪の質や色合いなど細かく指定できる、オーダーメイドかつらも。

お財布と相談しながら、自分にあったかつらを作るのも良いかもしれませんね。

髪型を工夫して目立たなくさせる

初期脱毛が起きた場合、髪型を工夫して目立たなくさせる対処法があります。

抜け毛が増えて頭皮が薄くなったと感じると、髪を伸ばして隠そうとする方も多いかもしれません。
しかし髪を伸ばすよりも自然に髪の毛が立ちあがるようにカットした方が、薄毛部分が目立ちにくくなります。

またサイドを短く刈るのも、トップがボリュームアップして見えるのでおすすめ。
このように髪型を工夫するだけで、初期脱毛で薄くなった部分を目立たなくさせることができますよ。

髪型について、もっと詳しく知りたいという方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

増毛パウダーやスプレーでごまかす

初期脱毛が起きた場合の対処法として、頭皮が見えるのが気になるという方は、増毛パウダーや増毛スプレーでごまかす方法もあります。

基本的に天然の素材や成分からできているものが多く、頭皮や髪に優しく使えるのが特徴。

さまざまな種類が販売されていますが、水や汗に強いものを選ぶと天候や時期を気にせず使うことができます。

ザガーロはクリニックで処方してもらおう!
ザガーロはクリニックで処方してもらおう!

個人輸入品には注意が必要です

ザガーロ(デュタステリド)を入手したい場合、クリニックや皮膚科で処方してもらいましょう。

ただ、AGA治療には保険が適用されないため、価格は決して安くはありません。

そのためザガーロではなくてもデュタステリドを含む医薬品を、個人輸入で購入する人も少なくないようです。

しかし個人輸入品には、非正規品が含まれていることがあります。

また服用で副作用が起きた場合、適切な処置が受けにくいというリスクもあります。

こうしたことから、ヘアラボでは個人輸入は推奨していません。
詳しくは、ヘアラボポリシーをご覧ください。

近くのAGA治療を行うクリニックを知りたい方は、クリニック検索で検索してみてくださいね。

正しいAGA治療を
正しいAGA治療を

健康的な髪の毛と頭皮を目指そう!

AGA治療薬ザガーロ(デュタステリド)で、初期脱毛が起こることがあることわ分かりました。

また、ザガーロの初期脱毛は、1~3ヶ月程度とされています。

ただし、あまりに長く脱毛が続く場合や脱毛に不安がある場合は、薬を処方してもらった病院を受診しましょう。