目次

  1. 女性の薄毛治療にはどんなものがあるの?
  2. 女性の薄毛治療法1「頭髪外来」の費用
  3. 女性の薄毛治療法2 「皮膚科」の費用
  4. 女性の薄毛治療法3「女性用育毛剤」の費用
  5. 女性の薄毛治療の費用を調査した結果…
  6. 費用調査を参考に、女性の薄毛治療は自分に合ったものを選びましょう!
  7. ※発毛治療を行うクリニックは?

女性の薄毛治療は以下が主流です。

・頭髪外来での薄毛治療 ・皮膚科での薄毛治療 ・育毛剤使用での薄毛治療

また、これと併合して生活習慣の改善を行うとかなり効率良く治療出来ます。 生活習慣の乱れはそもそもの脱毛の原因になっていたり、育毛効果を薄めてしまう場合がありますので、ご注意下さい。

カウンセリング⇒検査⇒治療という流れが主流です。 専門医によるカウンセリングは永久無料、初回無料、有料と場所により異なります。 モニター・血液検査・遺伝子検査・ミネラル検査と検査器具も病院により様々です。

またプライバシー重視のところが多く、女性専用の頭髪外来があります。 異性と会うのが気まずいと感じる方でも通う際、苦ではありません。

「頭髪外来」のメリットとデメリット

専門医の治療が受けられる・短期間での薄毛治療の効果を実感できるというメリットと共にデメリットも存在します。 それは保険が効かないということです。 高額な薄毛治療費となる場合がありますので、ある程度金銭面に余裕がある方にお勧めです。 また、何が何でもローンを組ませようとする悪徳業者もありますのでお気を付け下さい。 頭髪外来での薄毛治療をお考えの方は、予約をする前にインターネットの口コミを参考にすると良いですよ。

「頭髪外来」の最安値と最高値と平均値!

以下は初診の平均値です。 初回特典などを踏まえてこのようになっています。 近年、無料カウンセリングのところが増えてきていますが、まだまだそうでないところもあります。

  • 最安値 約8,000円
  • 最高値 約25,000円
  • 平均値 約15,000円

最安値はカウセンリング・検査のオプションがないため安くなっているようです。 また、初回から処方薬を出すところ、出さないところで掛かる費用は大きく変わってきます。 因みに男性向けのAGA外来では女性に対して割引が効かない場合もありますので、女性向けの頭髪外来を受診された方が賢明です。

大体が月1回通院となっていますので、何度も通わなければならない育毛サロンよりも費用は大幅に軽減されます。

薄毛治療の処方薬として使われるのは、脱毛を抑制するプロペシアが殆どです。 脱毛症状によってはステロイド剤の投与もあり得ます。 あくまで皮膚に関する症状確認の一環であるので、頭髪外来のように時間を掛けた診察・検査のようなものはあまりありません。

月一回の通院で、一ヵ月分のプロペシアを処方する。 というような定期的に薬を処方する形が殆どのようです。

出されたお薬は……
出されたお薬は……

用法用量をきちんと守りましょう!

「皮膚科」のメリット、デメリット

メリット ・一般販売されていないプロペシアでの治療が受けられる ・処方されるプロペシアは必ずMSD株式会社の正規品である ・一般病院なので、専門のクリニックが身近に無い地方の方でも治療が受けられる ・AGA向けの頭髪外来と違って女性でも浮かない

デメリット ・皮膚科は毛髪専門ではない ・詳しい検査や細かい診察がない ・ステロイド剤を使用した場合、副作用が強くでるケースがある ・保険が効かない

「皮膚科」の最安値と最高値と平均値!

日本は薄毛を病気と認めていないので、国民健康保険が適用されません。

  • 平均値 約10,000円(月一回程度)

一般病院だからか、大体何処も同じみたいです。 少し安く出来るとしたらプロペシアを大量発注できる総合病院でしょうか。

プロペシア(フィナステリド)が1錠約250円。 1ヵ月分を単純計算しますと、7,500円となります。 これに診察代を合わせるとなると、約10,000円。 頭髪外来ほどではありませんが、一般の皮膚科でも費用がかなり掛かります。

しかし、全ての皮膚科が薄毛治療を行っているわけではありません。 薄毛治療での受診を考えているようでしたら、事前に薄毛治療をしているかどうかの確認をしてみることをお勧めします。

入浴(洗髪)後に育毛剤を気になる場所を中心に頭全体にふりかけます。

1日の使用回数はどの商品も基本的に1~2回。

薄毛に悩む女性が増えている近年では無香料なものが増えてきましたが、髪がかなりしっとりと濡れてしま うので、時間のある朝や就寝時間前での使用をお勧めします。

「女性向け育毛剤の使用」について

メリット ・女性に多い分け目はげ予防を始めとする薄毛対策ができる ・通院せずに薄毛対策が出来る ・おしゃれなボトルで、化粧台においても馴染むデザインが多い

デメリット ・薄毛予防をするには、ある程度長期間使い続ける必要がある

費用を削りたいのであれば、やはり長期戦になるかと思います。

どの薄毛対策が良いかは一概に言えません。 大事なのは時間か、費用か。 個人の判断に委ねられます。

金銭面に余裕がある人には頭髪外来での治療がお勧め!

保険が効かない分、費用は多く掛かってしまいますが、やはりクリニックなどの医療機関での薄毛治療は効果が期待できます。

毛髪外来全部ではないですが、無料でカウンセリングを受けられるというのも大きな利点です。

治療中は何かと焦ってしまって精神的負担が大きいもの。

すぐに相談が出来る環境はストレス軽減に繋がります。

一般病院で薄毛治療を受けたい人には皮膚科での治療がお勧め!

悪徳業者への不安が強い方・ローンを組みたくない方なんかは皮膚科での治療がいいかもしれません。 高額な治療費用が掛かりますから、ローンを組んでの治療は正規の頭髪外来でも存在します。

皮膚科での治療でも、頭皮の炎症を改善し、薄毛治療に成功した例は多くあります。 自分に合う薄毛治療法がベストですので、必ず頭髪外来が一番良いというわけではありません。 女性が行きやすいという面では、一般的な皮膚科が一番かもしれません。

こんな人には育毛剤がおすすめ

・負担費用を月額1万円以下程度で薄毛対策を始めたいか方 ・これから薄毛対策をはじめる

こんな方には育毛剤の使用をお勧めします!

あくまでもこの記事は参考に程度に。 ご自分に合った薄毛治療法を選びとってください。

また、薄毛治療の際は専門医としっかりと相談しましょう! 皮膚科での薄毛治療ではステロイド剤使用が多く見られます。 ステロイド剤は副作用の強いお薬ですから、処方前の医師とのコミュニケーションは必須です。 育毛剤の使用を考えていて皮膚が弱いという方は、必ず使用前に掛かり付けの医師に相談しましょう!

女性はいつまでも綺麗でいたいもの。 薄毛に悩む女性皆様の明日が、より輝かしいものになりますことをお祈りしております。

薄毛治療を行っているクリニックがあることをご存知でしょうか?

薄毛やAGAの対策をしたい方で、まずはクリニックなどで医師に相談してから治療を始めたい方もいらっしゃいますよね。

東京ビューティークリニックでは、無料カウンセリングで、疑問や悩みを相談したり、事前にかかる費用をきちんと把握したうえで治療をはじめることができますよ。