目次

  1. 髪が抜けるのは男性だけじゃない!女性が注意するべき薄毛の原因は?
  2. あなたは大丈夫?こんな人は要注意!
  3. 女性の髪の毛が抜ける主な原因①女性男性型脱毛症
  4. 女性の髪の毛が抜ける主な原因②若年性脱毛症
  5. 女性の髪の毛が抜ける主な原因③妊娠・出産によるもの
  6. 髪の毛で悩む女性にオススメ!自分でできるヘアケア
  7. 抜け毛の原因をしっかり把握して、正しいヘアケアを
  8. 抜け毛が気になる女性必見?育毛剤の活用で抜け毛対策を

髪が抜ける悩みを抱えているのは、男性ばかりではなく女性も同じです。

最近では、女性も髪が抜ける悩みを抱えている人が多く、薄毛に悩んでいます。

昔は、女性が髪が抜けると言って悩んでいた印象はありませんが、最近はどうしてこのような女性が増えてしまったのでしょうか。

抜け毛が気になる方は、女性の髪が抜ける理由を知って抜け毛を予防しましょう。

抜け毛は男性だけの悩みではありません
抜け毛は男性だけの悩みではありません

抜け毛に悩んでいるのは今や男性だけではありません。女性は何に注意しなければいけないのでしょうか。

女性の方は男性に比べると極端にハゲたりすることがないので、自分は大丈夫だと思いがちですが、最近では女性も「よく髪が抜ける・・・」と薄毛に悩む時代になりました。

実際、「昔とは髪質が違うような気がする・・・」という方も多いのではないでしょうか。

下記の3つの項目にあてはまる方は注意したほうが良いですよ。

あなたは薄毛や抜け毛、大丈夫?

あなたは薄毛や抜け毛、大丈夫?

薄毛や抜け毛が気になっていて、よく髪の毛が抜ける人はどんな症状が出てきているのでしょうか。

髪のボリュームが減った

髪の毛のことで悩んでいる方で「最近、髪のボリュームが減ってきたかも・・・」と感じている方も多いのですが、実際どんな時に感じるのでしょうか。

アンケートで「どんなときに髪のボリュームが減ったと感じますか」という質問をしたところ、もっとも多かった答えが「髪を結んだ時」だったようです。

髪を束ねた時に、以前より髪が減ったと感じている方は注意が必要ですよ。

髪の毛が全体的に細くなった

抜け毛で悩んでいる方は、髪の毛が全体的に細くなってきていることも心配なようです。

髪の毛が細くなってくると髪にハリやコシがなくなってくるので、髪の分け目が目立ってきたり、つむじから地肌が見えたりしてきます

女性は、髪の毛を分けていることが多いと思いますので、毎日同じところから分けるのではなく、分け目を変えてみるいいですよ。

分け目を変えると、ボリュームがでるだけでなく、イメージチェンジにもなりますのでおすすめです。

髪が抜けやすい

薄毛の1番の悩みは、髪が抜けやすくなったということではないでしょうか。

髪が抜けると感じる主な理由としては、「シャンプー後の抜け毛が増えた」「髪を乾かしているときブラシにたくさんついている」という方が多いようです。

髪が抜ける本数は、1日50~100本程度なら問題ないようですが、毎回シャンプーの度に髪が抜けるとやっぱり心配になってしまいますよね。

髪の毛が以前に比べて抜けると感じている方は要注意ですよ。

1つ目の髪が抜ける原因は、女性男性型脱毛症です。

AGA(男性型脱毛症)はご存知の方も多いと思いますが、今回はまだあまり知られていない、女性男性型脱毛症(FAGA=FemaleAGA)について詳しくご説明したいと思います。

女性のAGA?

女性のAGA?

女性の髪が抜ける原因である女性男性型脱毛症とはどんな脱毛症なのでしょうか。

女性のAGA?女性男性型脱毛症とは

実は、驚くことにAGAは男性だけでなく女性も発症します。

女性の薄毛は、男性のように頭頂部や前頭部など局所的に薄くなることはなく、髪の毛が細くなっていき全体的に薄くなるのが特徴です。

そのため、男性型脱毛症はAGAと呼ばれていますが、特徴が異なる女性の薄毛は、女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれ区別されています。

女性男性型脱毛症の原因は?

AGA(男性型脱毛症)の主な原因は、男性ホルモンの変性と毛母細胞への侵入ですので、あまり女性には関係がないのではと思いがちですが、実は関係あるようです。

男性ホルモンは、男性だけでなく女性の体内にも存在しているため女性も薄毛になるのです。

男性が薄毛で悩んでいるように、女性も男性ホルモンであるテストステロンやジヒドロテストステロンの合成が髪に影響を及ぼすメカニズムは変わりません。

どんな女性がなりやすい?

女性が薄毛になってしまう原因は男性ホルモンが影響しているのですが、女性ホルモンがたくさん分泌されているはずの女性が薄毛に悩むのはなぜなのでしょうか。

女性の髪が抜ける薄毛の主な原因は、加齢ストレスによるものだといわれています。

  • 年齢が40代以降の方
  • 日頃からストレスが溜まっている方

このような方は女性ホルモンの減少やホルモンバランスが悪くなっている可能性がありますので注意が必要ですよ。

髪の毛が抜ける原因の2つ目は「若年性脱毛症」です。

この若年性脱毛症になってしまう人は、若い男性だけでなく女性も増えています

あまり聞きなれない若年性脱毛症とは、いったいどんな症状のことをいうのでしょうか。

詳しく見てみましょう。

最近は若い人もよく髪が抜けるので薄毛で悩んでいる?

最近は若い人もよく髪が抜けるので薄毛で悩んでいる?

最近は薄毛で悩んでいる年齢層が低くなってきており、早い方では10代から薄毛に悩まされています。

若い人も要注意!若年性脱毛症とは?

今や若い人でも薄毛になる「若年性脱毛症」ですが、早い人では10代や20代から髪の毛が抜けると訴える方がいます。

通常、10代や20代のように若い方は脱毛症が起こる年齢ではないのですが、最近では若年層の脱毛症が増えているため、特定の疾患ではありませんが、「若年性脱毛症」と呼んでいるようです。

若い人でも髪の毛がよく抜ける方は注意したほうがよさそうです。

若年性脱毛症の原因は?

若年性脱毛症の原因はさまざまありますが、主な原因の1つは、ストレスによるものです。

若年性の脱毛症に関わらず、ストレスは脱毛症の原因の1つになりますので、ストレスは溜め込まず発散しましょう。

他にも、髪が抜ける原因は遺伝による男性ホルモンともいわれており、一般的には30代から始まる抜け毛が稀に10代から始まってしまうこともあるようです。

どんな女性がなりやすい?

若年性脱毛症は男女問わずなる可能性がありますが、女性がなりやすい傾向にある原因もあります。

それは、髪の毛に使用しているシャンプーやヘアカラー、パーマなどのダメージによる脱毛です。

今やヘアカラーやパーマは若い頃からするのが当たり前の時代ですよね。

その分、頭皮や髪への負担も早まりますので、抜け毛が始まる時期も早まってしまう可能性があります。

頭皮や髪の毛にも休息が必要ですよ。

妊娠・出産は、女性にとって一つの大きなイベントでもありますよね。

出産まではいろいろな不安もつきものですが、産後のトラブルの一つに抜け毛があります

どうして産後は女性の髪の毛は抜けるのでしょうか。

妊娠・出産が抜け毛の原因

妊娠・出産が抜け毛の原因

女性の髪の毛が抜ける原因の一つに妊娠・出産があります。産後は抜け毛に悩む方も少なくありません。

妊娠・出産が原因で抜け毛が増える

女性にとって一大イベントである妊娠・出産は、期待と不安でいっぱいの時期でもありますよね。

この時期は幸せな気持ちで過ごしてはいるものの、初めてのこととなると悩みも多くなるものです。

女性の身体は、妊娠から出産まで目まぐるしく変化しており、出産前と出産後では体調の変化もあります

その1つが抜け毛になります。

ホルモンバランスが崩れるとどうなるの?

女性は妊娠・出産するとホルモンバランスの乱れが原因で髪の毛が抜けることがあります。

女性ホルモンにはエストロゲンという【卵胞ホルモン】と、プロゲステロンと呼ばれる【黄体ホルモン】の2種類があります。

妊娠中はこの2種類のホルモンの分泌量が増えます。

通常、2種類のホルモンは交互に働いているのですが、妊娠するとどちらも増加し、無事出産すると急激に減少してしまいます。

急激な女性ホルモンの減少は髪が抜ける原因にもつながりますので、大量に抜けてしまう方もいるようです。

出産後の抜け毛を改善するには?

出産すると抜け毛が増え始めるので心配される方も多いのですが、妊娠・出産で髪の毛が抜けるのは一時的なものになります。

ホルモンのバランスが元に戻ると自然と髪の毛が抜ける量は減っていきますので、あまり気にしないことが大事ですよ。

また、産後は赤ちゃんのことで頭がいっぱいで大変ですが、なるべく規則正しい生活を送れるように心がけ自律神経のバランスを整えることも意識して生活してみるのもよいでしょう。

髪が抜けるという悩みは、放っておいても治りませんので予防対策が必要です。

自分で抜け毛を増やさないためにできることはないのでしょうか。

ここでは、自分でできるヘアケア方法をご紹介したいと思います。

簡単にすぐ始められることばかりですので、大事な髪の毛のために今からはじめましょう。

抜け毛で悩む前に始めましょう

抜け毛で悩む前に始めましょう

髪の毛が抜けると悩んでいる方は、自分でできるヘアケアを今からはじめましょう。

生活習慣・食生活の見直し

1つ目の自分でできることは、生活習慣・食生活の見直しです。

髪の成長促進に欠かせない栄養素としてビタミン、ミネラル、亜鉛などがあります。 緑黄色野菜、果物、レバーなどを積極的に食べるといいですよ。

また、青魚や海藻類、ゴマは抜け毛予防になりますので、積極的に食べましょう。

他にも脂っこい食事は控えたり、適度な運動も心がけて生活しましょう。

充分な睡眠時間をとる

2つ目の自分でできることは、充分な睡眠時間をとることです。

睡眠不足が続くと抜け毛が増えるといわれており、充分な睡眠時間と良質な睡眠をとることは健康のためにも抜け毛のためにも必要なことです。

睡眠不足になると、成長ホルモンが分泌されなくなるため、身体の疲れがとれず、筋肉や髪の毛も成長しなくなってしまうのです。

過度なダイエットはしない

3つ目の自分でできることは、過度なダイエットは控えることです。

身体のためには何かと良くないといわれていることの一つに過度なダイエットがありますが、実は抜け毛にも良くありません。

過度なダイエットをして体重が減っても、栄養不足や体力がなくなることで、体調が悪くなったり抜け毛が増えてしまっては意味がありませんよね。

ダイエットは、適度な運動を取り入れるなどして身体に負担をかけないように注意しましょう。

頭皮が傷んでいる場合はヘアカラーなどを中止する

4つ目の自分でできることは、頭皮が傷んでいる場合はヘアカラーなどは中止することです。

頭皮や髪の毛は自分が思っているよりとってもデリケートです。

髪の毛が抜けることで悩みたくないなら、ヘアカラーなど頭皮に刺激が加わることはなるべく控えるようにしましょう。

カラーリングなどで頭皮がヒリヒリする方は、頭皮に負担がかかっています。 頭皮が傷んでいる場合は、刺激が強すぎますので中止しましょう。

いかがでしたでしょうか。 みなさんは、髪の毛が抜ける原因はいくつあてはまりましたか。

髪の毛が抜ける原因はさまざまですので、まずはご自身の抜け毛の原因を知ることが大事ですよ。

原因が分かったら、正しいヘアケアをし大事な髪の毛を健やかに保ちましょう。