目次

  1. はじめに
  2. まだ30代なのに髪の毛が薄くなってきた…原因は?
  3. 【結論】30代女性の薄毛の原因は6つ
  4. 30代女性の薄毛【原因とメカニズム】
  5. 30代女性の薄毛を解消【今日からできる薄毛対策】
  6. 女性の薄毛対策には育毛剤を使うのもおすすめ
  7. 女性特有の薄毛の原因を知って、正しく対策しましょう!
ハゲラボ運営スタッフ(50歳)
ハゲラボ運営スタッフ(50歳)

女性であれば誰しも若くありたいですよね。
髪の毛は年齢が一番出やすい部分だともいわれています。

更年期に薄毛に悩む女性は多くいますが中には30代で薄毛になってしまう方も多数いるそうです。
若くして薄毛になってしまうのはかなりショック。
どうすれば改善できるのか。一緒に勉強しましょう。

最近髪の毛が薄くなってきた…
最近髪の毛が薄くなってきた…

その薄毛の原因を知って、正しく対策すれば薄毛の進行を抑えられるかもしれません!

「分け目の髪が薄くなってきたような…」
「髪の毛のボリュームが減っているかも…」

など、30代で薄毛に悩む女性は少なくありません。
30代は、出産や子育て、キャリアアップなど、女性にとってさまざまなライフイベントがある時期。

実は、これらのライフイベントが薄毛の原因となっていることが多いのです。

では、実際に30代の女性が薄毛になってしまう原因としては、どんなものがあるのでしょうか?

そこで今回は、30代の女性の薄毛を招いている原因を徹底調査

原因を知って、正しい薄毛対策をするためにも、ぜひ最後までご覧くださいね。

薄毛を招く原因は、1つでありません。

特に30代の女性が薄毛になる原因としては、以下の6つが考えられます。

  • 1)ホルモンバランスの乱れ
  • 2)髪の栄養不足
  • 3)頭皮環境の乱れ
  • 4)長期的な頭皮への負荷
  • 5)頻繁なカラーやパーマ
  • 6)遺伝

では、それぞれの原因はどのようにして生まれ、薄毛を招いているのでしょうか?

ここからは、これらの原因と薄毛の関係や、薄毛の原因を生み出す要素についてご説明していきますね。

それでは、上でご紹介した薄毛の原因が、どのように女性の薄毛を招いているのか、またどのような行動によって引き起こされるのか、詳しく見ていきましょう。

1)ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンが減る、もしくは男性ホルモンが増えるなどのホルモンバランスの乱れは、薄毛の原因の一つ。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、髪の成長を担っているので、これが減ることで髪の毛が十分に成長できず、薄毛になっていくのです。

また、男性ホルモンが増えると、髪の毛の成長を止める物質が誘導され、髪の毛は十分に成長できないまま抜け落ちることも。

では、どのようなことがホルモンバランスの乱れに繋がるのでしょうか?
さっそく、チェックしていきましょう。

  • 出産
  • 加齢
  • 睡眠不足
  • ダイエット・偏食
  • 不規則な生活
  • ストレス

思い当たるものがある場合は、ホルモンバランスの乱れが薄毛の原因になっている可能性がありますよ。


出産を終えると、妊娠中に比べて女性ホルモンが急激に減少するので、一気に髪の毛の成長が止まり薄毛になるとされています。
これが、一般的にいわれる産後の抜け毛

ここ数年は、第一子出産時の平均年齢が30歳を上回っているので、30代の抜け毛の原因として多くなってきていると考えられます。

また、加齢による女性ホルモンの減少は早い人だと35歳頃から始まることも。
30代の女性にとっても、決して他人事ではないということですね。

また、キャリアアップなどでストレスが増えているのであれば、ストレスが薄毛を招いている可能性もありますよ。

2)髪の栄養不足

髪の毛が成長する上で必要な栄養素が足りていない、また栄養が行き届きにくい環境というのも、薄毛の原因の一つ。

髪の毛も体と同じように、栄養が足りないと痩せて細くなるのです。

栄養不足による薄毛を招くのは、

  • 無理なダイエット
  • タンパク質の不足
  • 亜鉛の不足
  • ビタミンの不足
  • 頭皮の血行不良

食事制限によるダイエットを始めた、偏食になりがちという方や、普段から頭皮以外でも冷えが気になるという方は、髪の毛の栄養が足りていない可能性がありますよ。

30代の女性の方はお仕事や子育てで忙しいと、食事への気遣いや自分の体への気遣いができない方も多いので、そうしたことも薄毛の原因になっているかもしれません。

3)頭皮環境の乱れ

頭皮環境の乱れも、薄毛の原因になります。

過剰な皮脂の分泌や、大量のフケなど、極端に頭皮環境が悪化すると、皮脂やフケが毛穴をふさぎ、炎症を起こすため抜け毛が増えるのです。

頭皮環境が乱れる原因としては、

  • 食の欧米化
  • 頭皮に合わないシャンプーやリンス
  • 洗髪後のすすぎ不足
  • 男性ホルモンの異常分泌
  • アレルギー体質
  • ビタミンの不足

が考えられます。

髪の毛が抜けるほど頭皮環境が乱れると、頭皮全体が脂っぽくなるフケがかさぶたのように頭皮を覆うなどの症状がみられます。
頭皮にこういった症状がある場合は、頭皮環境の乱れが薄毛の原因になっている可能性がありますよ。

4)長期的な頭皮への負荷

また、長期的な頭皮への負担も、薄毛の原因。

長期的に負担がかかることで頭皮の血行が悪化し、毛髪の成長に必要な栄養が届かないことで髪の毛が抜けてしまうのです。

これは、髪の毛を結ぶことが多い女性によく見られる症状。

  • 長期間のポニーテール
  • 長期間のエクステ
  • 長期間の帽子着用

など、直接的な頭皮への負担で起こります。

子育てや家事で、髪の毛をきつく結ぶことが増えている方や、ずっとエクステを使っている方は、髪型による頭皮への負担が薄毛の原因かもしれませんね。

5)カラーやパーマ

また、カラーやパーマも、薄毛の原因になる可能性があります。

カラーやパーマは、基本的にすぐに抜け毛や薄毛につながることはありません

ただ、カラーやパーマの薬剤は頭皮に刺激を与えるため、頭皮が炎症を起こし抜け毛や薄毛につながる場合があります。

  • 頻繁なカラーやパーマ
  • 頭皮への薬剤の付着
  • 薬剤のすすぎ残し

によって、薄毛になることがあるので、よくカラーやパーマをしている方は、これらが薄毛の原因になっているかもしれません。

6)遺伝

女性の場合、男性よりも遺伝による影響は少ないとされていますが、やはり可能性としては否定できません。

遺伝によって、男性型脱毛症を発症させる物質を持っているかどうかが左右されるからです。

女性の場合は父親が薄毛だと、遺伝によって薄毛になる可能性があるといわれているので、父親が薄毛の場合には、遺伝によって薄毛になっているかもしれません。

ハゲラボ運営スタッフ(50歳)
ハゲラボ運営スタッフ(50歳)

30代の女性の薄毛は複雑でいろんなことに原因があるようですね。
しかし、男性の薄毛よりも女性の薄毛の方が治る可能性が高いと言われているので落ち込む前に対策を始めるのが得策です!
では、どのように対策していけばいいのでしょうか?
次は対策方法についてみていきましょう。

ここまで、30代女性の薄毛を招く可能性がある原因をみてきましたが、それぞれの原因に対して、どのような対策ができるのでしょうか?

今回は、30代女性の薄毛に有効と考えられる対策を6つ、ご紹介していきますね。

食事の見直し

食事は、ホルモンバランスの調整や、髪の毛への栄養皮脂の分泌など多くの薄毛の原因に関わっています。

そこでおさえておきたい食事のポイントが、こちら。

  • 栄養バランス
  • イソフラボンの摂取
  • タンパク質の摂取
  • 亜鉛の摂取
  • ビタミンの摂取
  • 脂質を抑える

栄養バランスが崩れれば、ホルモンバランスも崩れてしまうので、バランスの取れた食事を心がけましょう。

また、イソフラボン女性ホルモンに似た働きをするとされているので、女性ホルモンの減少で薄毛になっている方におすすめ。

さらに、タンパク質をはじめとした髪の毛を作っている栄養素を取ることで、健康的な髪の発育を助けられますし、脂質を抑えることで、皮脂の過剰分泌を防ぐことができます。

生活習慣の見直し

ホルモンバランスを整えるためには、生活習慣の見直しも重要です。

睡眠時間や生活リズム、ストレスなど、普段の生活習慣も薄毛の原因。

そのため、

  • 十分な睡眠をとる
  • 生活リズムを整える
  • ストレスを発散する

など、生活自体を見直すことも、薄毛対策につながるのです。

あまり睡眠時間が取れていなかったり、生活のリズムが乱れているようであれば、規則正しい生活を心がけてくださいね。


また、ストレスもホルモンバランスを乱すので、ストレスの溜まらない生活や、ストレス発散も心がけましょう。

いくらお仕事や子育てが忙しくても、週に1日は自分の好きなことをする等、リフレッシュする時間を作ることは大事ですよ!

頭皮の血行改善

髪の毛をしっかり成長させるためには、栄養をとるだけでなく、血行改善も必要です。

いくら、髪の毛に必要な栄養を取っていても、その栄養が髪の毛に行き届かなければ意味がありません

そこで、

  • 頭皮マッサージ
  • 冷えの解消

をし、頭皮の血行をよくしましょう。

頭皮マッサージすれば、凝り固まった頭皮がほぐれ、血行が良くなります。

また、体の冷えは、体全体だけでなく頭皮の血行も悪くしてしまいます

しっかりとお風呂に浸かるなど、体を温めて血行を改善しましょうね。

シャンプーやリンスの見直し

シャンプーやリンスの見直しは、頭皮環境の改善に有効です。

頭皮が乾燥しやすい人が、洗浄力の強いシャンプーを使うと、さらに乾燥が進んでしまいます。
反対に、皮脂が多めの人が保湿力の高いシャンプーやリンスを使っても、皮脂の量は減りません。

  • 現在の頭皮環境
  • 自分の体質

を見極め、シャンプーやリンスを選びましょう。

どんなシャンプーを使うべきかわからない場合は、美容室で相談してみるといいですよ。

頭皮への負担を減らす

頭皮への負担を減らすことも、薄毛の対策に繋がります。

  • 髪型を変える
  • カラーやパーマの頻度を減らす
  • 美容室で染めてもらう

など、ちょっとした工夫で頭皮への負担は軽減できます。

髪の毛をずっと結んでいるという場合は、髪型を変える他にも、できるだけ髪の毛を結んでいる時間を短くする、ゆるく結ぶなどの方法もおすすめ。

また、カラーをしたい時は、自宅で染めるのではなく、美容室で染めてもらうことで、薬剤のすすぎ残しを防ぐこともできますよ。

皮膚科・クリニックを受診する

アレルギー体質によって頭皮環境が悪化している場合や、遺伝によって薄毛が進行している場合は、皮膚科やクリニックを受診するのもおすすめです。

アレルギーが原因で薄毛になっているのであれば、アレルギーの治療として保険診療を受けることもできます。

また、今では女性の薄毛治療を行なっているクリニックもあるので、一度相談してみるのもいいでしょう。

専門家の診療を受けることで、自分では気づかなかった薄毛の原因を知ることもできるかもしれませんよ。

30代女性の薄毛への対策は、原因によってさまざま。

自分の薄毛の原因に合った対策と共に、育毛剤を使用するのもおすすめですよ。

今回はヘアラボで人気の女性育毛剤として、ベルタ育毛剤をご紹介。

発毛促進・脱毛予防・フケ・かゆみ、さらには女性特有の産後の抜け毛への効果も認められています。

ベルタ社員によるサポート窓口もあるので、初めて育毛剤を使う方でも、安心して始められそうですね。

正しい薄毛対策をするためには、まず自分の薄毛の原因を知ることが大切。

今回ご紹介した中に、思い当たる原因はありましたか?
もし、心当たりがあるのであれば、今日からでも正しい対策をしていきましょう。

早めの対策をすることで、今後の薄毛の進行を防ぐこともできるかもしれませんよ。