目次

  1. 女性なのに髪が薄くなった!?薄毛は男性だけのものではないの!?
  2. AGAは女性にも起こるって本当?
  3. なぜ女性にもAGAが起こるの?
  4. こんな女性はAGAになってしまうかも!
  5. 女性のAGA対策はこちら
  6. 女性のAGAに関する情報は動画でみるといいかも!?
  7. 女性でもAGAになり得ます!十分注意しましょう!

なんだか髪のボリュームが減った気がする…。 分け目が広がった気がする…。

ショックですね。 でも実は、薄毛は男性特有の症状だと思いがちですが、女性でも薄毛の症状で悩んでいる方は沢山いらっしゃるのです。

ここでは、女性の脱毛症の一つ「女性のAGA」に着目して、一体どんなものなのかを見ていきましょう。

女性なのに髪が!
女性なのに髪が!

女性なのに、髪が薄くなってしまった! 実は、薄毛は男性に限った話ではないのです。

AGAは「男性型脱毛症」と言いますが、稀に女性が発症することもあり、FAGA「女性男性型脱毛症」と呼ばれています。 薄毛に悩む女性は沢山いらっしゃいますが、その半数ほどがFAGAだとまで言われているんです。

FAGAの場合、前髪の生え際や頭頂部が薄くなったり、ツルツルになってしまう事はまれです。 全体的に間引きされていくような感じで、徐々にボリュームダウンしていくんですね。

でも、がっかりしないでください。 FAGAも時間の経過と共に症状が進んでいきますが、治療をすれば改善も期待できる症状なんですよ。 ここでは、女性がAGAになる原因や対策を見ていきましょう。

女性でもAGAに…
女性でもAGAに…

トップや分け目のボリュームが減った気がする…それはFAGAのサインかも!?

「男性型脱毛症」という呼称なのに、何故女性にも起きるのでしょうか。

AGAは、男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素によってDHTに変化してしまうことで発症します。 この原因となる男性ホルモンは、男性だけでなく女性にも存在しています。 通常は女性ホルモンの働きにより、男性ホルモンが抑制されています。 しかし、ホルモンバランスが乱れると、女性ホルモンの働きが男性ホルモンの働きに負けてしまい、女性でもAGAと同じような症状を発症してしまうんですね。

ここでは詳しい原因を探っていきましょう。

⑴加齢

男性ホルモンは脱毛に影響を与えますが、女性ホルモンに含まれるエストロゲンは、髪を育てたり、髪の生え変わりのサイクルを長くする働きがあります

女性ホルモンの分泌が活発なうちは、血液中の男性ホルモンの濃度が低いため、髪への影響はほとんどありません。 薄毛や抜け毛が起きても、緩やかでほとんど気にならない程度で収まっています。

しかし、加齢により女性ホルモンは徐々に減少してしまいます。 今まで女性ホルモンに抑制されていた男性ホルモンの影響を受けやすくなってしまうんですね。

そうすると、女性でもAGAを発症しやすくなってしまうのです。

⑵生活習慣の乱れ

FAGAは、若い女性にも見られます。 お菓子だけで食事を済ませたり、無理なダイエットによって、必要な栄養が摂れていない事も原因の一つです。 また、睡眠不足でホルモンの分泌が不安定になったり、運動不足で自律神経が崩れたりする事も、結果的にホルモンバランスの乱れへと繋がります。

健康的な生活を心がけることが、髪にも優しい生活になるのですね。

生活習慣に気を付けましょう
生活習慣に気を付けましょう

必要な栄養、睡眠、運動、足りていますか? 元気な髪は健康な体が基本です。

⑶ストレス

ストレスを感じると、副交感神経が働き、体が興奮状態になり、自律神経が乱れます。 それを止めるために体内で様々なホルモンが分泌されてしまい、ホルモンバランスを乱してしまうんですね。

こうなると、薄毛だけではなく、免疫力が低下したり、生理不順等を招く恐れもあります。 恐ろしいですね。

女性がAGAになってしまう原因はお分かりいただけたかと思います。

ただ、誰にでもAGAの症状が出てしまうわけではありません。 どういった方に症状が出やすいのか、詳しく見ていきましょう。

⑴40歳以上の人

女性ホルモンが減少すると、男性ホルモンの影響を受けやすい事はすでにご説明してきました。

女性は誰しも、40歳を過ぎたあたりから女性ホルモンの分泌量が減ってきます。 ただ、人によって、女性ホルモンの減るスピードが緩やかな人もいれば、比較的若いうちから女性ホルモンがどんどん減っていく人もいますので、年齢を重ねたからといって必ずしもAGAの症状が出るとは限りません

⑵生活が乱れている人

ホルモンバランスを整えてくれる睡眠を十分にとらなかったり、過度なダイエットをして必要な栄養をとっていないと、ホルモンのバランスが取れず、薄毛に繋がってしまいます。 ダイエット時は食べたいものを我慢する事がストレスになり、バランスを崩してしまうこともあります。

女性であれば誰でも美しくありたいものですが、健康でないと美しさを追求することすらできないという事を忘れずにいたいですね。

生活習慣の乱れがAGAに
生活習慣の乱れがAGAに

以前は40代以降に多かった症状ですが、最近は20代のFAGAも増えているそうです。

⑶ストレスを溜めやすい人

すでにご説明しましたが、ストレスはホルモンバランスを乱す可能性があります。

ストレスは「仕事」「人間関係」などの心理的な要因だけではなく、疲労や身体が感じる様々な不快感や無理、環境的要因など、様々な「身体的ストレス」もあるんですよ。

ストレスはある程度は自然に発散できるものですが、一定量を超えるとそうはいかなくなります。 現代において、全くストレスのない生活というものは難しいかもしれませんが、自分なりのストレスの解消法を見つけたいですね。

女性にとって髪はとても大切で、薄くなることで自信を失ってしまう方もいらっしゃるほどです。 女性のホルモンバランスが乱れてしまう原因は多岐に渡り、男性のように抗アンドロゲン薬の使用ができませんので、対策はとても難しいものです。

ここでは幾つか対策法をご紹介します。 原因を明らかにして、各々に合わせた治療を行うことが大切ですので、参考にしてくださいね。

⑴生活習慣の改善

まず、栄養バランスの整った食事を摂り、適度な睡眠と運動でストレスを発散して自律神経を整えることを心がけましょう。 生活習慣を改善し、ホルモンバランスを調整することが大切です。

特にストレスは自律神経を乱した結果頭皮の血行を阻害して、髪の根元に栄養が行き渡らず、脱毛を促進してしまう原因となる場合もあります。 嗜好品の過剰摂取や睡眠不足の生活リズムの乱れは、ストレスが原因となっている場合もあるんですよ。

また、自分の好きなものばかり食べていて栄養が偏っていると、頭皮に必要な栄養が届かずにAGAを進行させてしまったり、健康そのものを損なってしまう可能性もあります。 髪に必要な栄養を補給することに特化したサプリメントをとるという方法もありますが、サプリメントはあくまでも補助的なものとし、バランスの良い食生活から栄養を摂るように心がけてくださいね。

上手にストレス発散したり、バランスの摂れた食生活を心がけたり、心身の健康を意識することで頭皮や髪の健康も期待できますよ。

生活習慣を整えましょう
生活習慣を整えましょう

栄養バランスのとれた食事や快適な睡眠。 体の健康を目指すことが、頭皮の健康や元気な髪の毛につながっていきます。

⑵育毛剤・発毛剤

髪の成長に必要なビタミンやアミノ酸などの有効成分を補給して、体の中から発毛や育毛の効果を期待する方法です。 気になる副作用は、女性専用のものについては副作用を報告されるような例はほとんどありません。 これなら、安心して服用できますね!

血行を促進して毛母細胞に栄養を供給しやすい環境を整え、発毛効果が期待できる成分が入っているものもありますよ。

ただし、女性の場合は男性とは違って使用できない治療薬もあります。 身体に合っていない治療薬だった場合は、逆に薄毛が進行してしまう可能性もありますので、専門医に相談した上で服用を考えてくださいね。

⑶育毛メソセラピー・HARG療法

男性のAGA治療でも行われる育毛メソセラピーですが、注射等で頭皮下の組織へ、直接成長因子を届ける治療法です。 複数回行う必要はありますが、治療時間も短く、効果をが出るまでの期間も短いのが特徴です。 他の治療方法であまり効果のなかった方も、育毛効果が期待できることが多いと言われています。

女性のAGAについてご説明してきましたが、動画で見ると、文字だけを追うよりも情報が頭に入りやすいかもしれませんね。 学校の先生のように、原因やケアの仕方まで分かりやすく説明していますので、参考にしてみてくださいね。

FAGA(女性男性型脱毛症

いかがでしたか? AGAは男性特有のものではなく、女性でもなる場合がある、という事をご理解いただけたかと思います。

髪は女性の命ともいえるものです。 薄毛に気づいたらショックを受けてしまいますが、大丈夫。 薄毛やハゲに気づいた今から、体に優しい生活=髪にも良い生活を心がければ、改善は期待できますよ。

焦らず少しずつ、ツヤツヤ、フサフサの髪を取り戻しましょう!