目次

  1. 頭の形で「理想のかつら・ウィッグ」が決まる!?
  2. まずは頭の形の種類を整理しましょう
  3. 丸型の頭に合うかつら・ウィッグの髪型は?
  4. 面長型の頭に合うかつら・ウィッグの髪型は?
  5. 三角型の頭に合うかつら・ウィッグの髪型は?
  6. ベース型の頭に合うかつら・ウィッグの髪型は?
  7. かつらを購入する上での注目ポイント
  8. 自分に合ったかつらを見つけましょう

ハゲ・薄毛を隠すために便利なアイテム、かつら・ウィッグ。

昨今は、技術が進歩し、違和感なく自然に装着できるかつらが増えてきています。

そんな種類が豊富なかつらを選ぶ上で、「どのかつら・ウィッグが自分に合うのか?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そんな時に大事なのが、頭の形に合った髪型のかつら・ウィッグを選ぶという考え方。

そもそも頭の形に合っていないかつら・ウィッグを着けていると、不自然な見た目になってしまいますからね。

そこで今回は、それぞれの頭の形別に似合うかつらをご紹介。あなたの適切なかつら・ウィッグ選びをサポートしていきます!

かつらの髪型を選ぶには、まず頭の形の種類を知ることが重要です。

それぞれの頭の形に応じて、選ぶべきかつら・ウィッグの特徴も変わってきますからね。

以下、大きくわけて5つの頭の形をまずしっかりと頭に入れましょう。

  • たまご型:横幅と縦幅が2:3のだ円形
  • 丸型:横と縦の幅がほとんど同じ
  • 面長型:ほほに丸みが少なく、縦に長い
  • 三角型:ハチ(注1)が張っていて、アゴはシャープ
  • ベース型:エラが広がって横幅が広い

たまご型はとっても万能で、行ってしまえばどんなかつら・ウィッグでもある程度似合う頭の形。

そのため今回は、たまご型以外の、丸型〜ベース型の4つの頭の形にフォーカスをして、それぞれに似合うかつら・ウィッグの特徴を紹介していきますね!


注1:頭頂部と側頭部の間の出っ張っている部分

丸型の方は

  • 横と縦の幅がほとんど同じ
  • 頬とアゴが丸みを帯びている

という見た目をしています。

日本人のほとんどがこの丸型といわれており、全体的に丸みを帯びているため、優しい印象を与えるのが特徴。

そんな丸型にはどんな髪型が似合うのか、実際の髪型の画像でイメージしていきましょう。

丸型に似合うかつらの髪型(男性)

丸型に似合うかつらの髪型(女性)

丸型はどんなかつら・ウィッグを選ぶべき?

以上の画像からも一目瞭然だと思いますが、頭の形が丸型の方は...

  • ①トップにボリュームがある
  • ②サイドはボリュームが抑えられている

という特徴をもったかつらを選ぶべきでしょう。

丸型は縦と横の幅が同じため、理想の髪型になるためには、縦の幅にボリュームをもたせることがポイントなのですよ。

面長型の特徴は大きく分けて...

  • 頭の縦幅が長い
  • ほほに丸みがない

の2つ。

額を丸出しにしたり、サイドがピタッとボリュームダウンしている髪型のかつらだと、縦長が強調されてしまうのでNG。

面長型には面長型なりの似合う髪型がありますので、確認してみましょう。

面長型に似合うかつらの髪型(男性)

面長型に似合うかつらの髪型(女性)

面長型はどんなかつら・ウィッグを選ぶべき?

以上を踏まえて、面長型の方に似合うかつらのポイントは...

  • ①サイドにボリュームがある
  • ②トップのボリュームが抑えられている

顔全体のバランスを美しくするために足りないのは横幅ですので、このようにサイドのボリュームがあるかつらを正しく選ぶことが重要です。

また、

  • ③前髪がある

というのも、面長の人のかつら選びで大事なポイント。

前髪を作ることによっておでこの縦長ラインが分断され、頭の長さが緩和され、自然な良い形に見えますよ。

三角型の特徴は...

  • アゴがとがり気味
  • ハチが張っている

といったもの。キツく見られがちな頭の形ですが、髪型の工夫次第で印象も変わります。

さっそく三角型に似合う髪型はどんなものか見ていきましょう。

三角型に似合うかつらの髪型(男性)

三角型に似合うかつらの髪型(女性)

三角型はどんなかつら・ウィッグを選ぶべき?

以上を踏まえて、三角型の方に似合うかつらのポイントは...

  • ①トップに高さをだす
  • ②あごまわりにボリュームをだす

トップが高くないと、三角型の特徴である「ハチ」が目立ってしまいます。

同じくあごのとがりを目立たせないために、あごの周りにボリュームをだします。

最後となるベース型の特徴は...

  • 顔の横幅が広い
  • エラが張っている

「ベース」と名付けられているように、平面的で、顔が大きく見えてしまいがちです。

ですので、エラや顔の大きさを目立たせない髪型にすべきですよね。

ベース型に似合うかつらの髪型(男性)

ベース型に似合うかつらの髪型(女性)

ベース型はどんなかつら・ウィッグを選ぶべき?

ベース型に似合うかつらを選ぶためには

  • ①トップに高さがある
  • ②輪郭(エラ)を隠せる

ものを探すべきでしょう。

角ばった顔の形をかつらでうまく調整し、理想の髪型を目指しましょう。

注意点として、前髪が直線だとまさに「ベース」そのものになってしまうので、前髪は斜めに分けましょうね。

自分の頭の形に合いそうな、かつらの髪型がわかりましたか?

こうして理想の髪型が理解できれば、あとは「購入する」というアクションに進むかと思います。

ただ、かつらといっても種類が豊富で、髪型だけでは決して購入するものを決断できませんよね。

そこで、これからかつらを購入する上での髪型以外の重要ポイントをご紹介していきます。

自分に合ったかつらの種類を選ぶ

まず、かつらには「全頭かつら」と「部分かつら」の2種類があります。

  • 全頭かつら:頭全体を覆うかつら
  • 部分かつら:気になる一部分だけを覆うかつら

そして、それぞれのかつらを、「オーダーメイド」か「セミオーダー」で選べます。

  • オーダーメイド:自分だけのオリジナル
  • セミオーダー:すでに形が決まっている

オーダーメイドはオリジナルの特注品になるので、やはり値段が高め。頭の型取りなど1から作成するので、完成まで約1ヶ月以上は要することが多いそうです。

その代わり、髪型・髪色・ベースの生地など、すべて希望に沿ったかつらに仕上げてもらえるのが魅力的なポイント。

一方のセミオーダーは、購入ごすぐに受け取ることが可能。すでに完成しているかつらから選び、その後、着ける方に合わせたカットやカラーの調整が施されます。

自分にとってはどちらがベストか、まずしっかりと考えてくださいね。


※ちなみに...

「かつらとウィッグは何が違うの?」と疑問になられている方もいるかと思います。

実は2つの間に違いは全くありません。

もともとは、薄毛隠し用=かつら、おしゃれ・衣装用=ウィッグと用途によって名称が分かれていました。

しかし、現在ではそのような呼び分けはされておらず、薄毛隠し用でもウィッグという名前で販売されているのですよ。

自分好みの装着ができるかつらを選ぶ

実はかつらやウィッグは、商品によって、その装着方法が異なるもの。

薄毛の度合いや、自身の好みによって、適切なものを選択する必要があります。

ここでは簡単に、その種類だけご紹介します。

  • 両面テープタイプ
  • ストッパータイプ
  • 接着剤タイプ
  • 編み込みタイプ

それぞれのメリットデメリットがありますので、詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧くださいね。

メンテナンスについて確認する

かつらは一度買って終わりではなく、長持ちさせるために、適切な頻度でメンテナンスすることが重要。

かつらの種類や質などによって違いますが、寿命は約2〜4年

毎日使っていくうちに、脱毛、色落ち、絡まりといった劣化が起きるようです。

決して安いものではないぶん、できるだけ長持ちさせて使いたいですよね。

そのためにも、メンテナンスがしっかりとできるかつらを選ぶべきです。

購入前に「メンテナンスはどれくらいの頻度で必要ですか?」「どのようなメンテナンスが必要ですか?」といった質問をスタッフの方にぶつけて、納得した商品選びを行いましょう。

ちなみに、具体的なメンテナンスの方法は、こちらの記事で詳しく説明していますので、ほんの1分だけでも構いませんので、必ずチェックしておいてくださいね。

購入前に着け心地を確認する

かつらを実際に使うということは、そのかつらがもはやあなたの体の一部となるということです。

そんなかつらの着け心地が悪いとなると、毎日辛い思いで過ごすことになってしまいます。

多くのかつら専門店はかつらの試着が可能ですので、購入前には必ずいくつかのかつらを試着してみて、自分にあったものを見つけるようにしましょう。

今回の記事では、それぞれの頭の形に合ったかつらの髪型をご紹介しました。

自分の頭の形がどんなもので、それに対してどんなかつら・ウィッグを選べば理想の髪型に近くのか、購入前にしっかりと検討されてくださいね。

購入したその日から体の一部になるかつら。みなさんが納得した商品選びを行えることを願っております。