目次

  1. ワックスを使うと髪の毛にフケが…
  2. フケの原因がワックスって本当?
  3. ワックスをつけないと髪型が決まらない!どうすればいい?
  4. フケの原因はワックスじゃない?正しいシャンプー法を心がけよう!
ワックスを変えた途端にフケが…
ワックスを変えた途端にフケが…

ワックスを使うと髪の毛にフケが…

そんな悩みを抱えている方、いらっしゃるのではないでしょうか。

もしかして頭皮にトラブル?なんだか不安になってしまいますよね。

この記事では、ワックスとフケの関係や、フケの対策についてお伝えしてきます。

フケでお悩みの方も、こちらでご紹介する対策でぜひ健康な頭皮への一歩を踏み出してください!

フケの原因は意外なところにも
フケの原因は意外なところにも

「ワックスがフケの原因」というのは本当なのでしょうか?

結論を話すと、フケの原因がワックスの場合もあります。

一方で別の原因でフケが出ているケースもあるので注意が必要です。

ワックスをつけていることによって考えられるフケの原因は、ずばり以下の2点。

  • ①ワックスが頭皮に付着している
  • ②シャンプーで洗浄しすぎている

それぞれについて、順に解説していきますね。

①ワックスが頭皮に付着している

ワックスを付けた日に、シャンプーをせずそのまま寝てしまうことはありませんか?

もしくは、セットする際に頭皮にまでワックスをつけてしまってはいませんか?

ワックスが頭皮に付着したまま放っておくと、ワックスの油分が頭皮の毛穴詰まりを起こしてしまう可能性があります。

その結果、頭皮の環境が悪化し、フケが発生することも…。

またフケだけでなく、頭皮に炎症が起きている場合は、脂漏性皮膚炎の可能性もあります。

万が一フケとともに炎症が見られた際は、自己診断せずに皮膚科を受診するようにしてください。

②シャンプーで洗浄しすぎている

実は、シャンプーのしすぎがフケの原因となっている場合もあるんですよ。

頭皮には、皮脂と呼ばれる脂(あぶら)が分泌されています。

この皮脂には、本来乾燥を防いだりほこりや花粉といった外敵から頭皮を守る役割があります。

この脂は、読んで字のごとく『あぶら』ですので、1日の終わりにしっかりと洗い流してあげなければいけません。

しかし、何度もシャンプーをしてしまうと、頭皮にとって必要な皮脂まで洗浄されてしまい、乾燥やフケ・かゆみに繋がることも…。

シャンプーのしすぎが頭皮環境の悪化に…と聞くと意外に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ワックスを落とすために何度もシャンプーしてしまう人が陥りがちな点ですので、注意が必要です。

ワックスなしでのスタイリングは大変…
ワックスなしでのスタイリングは大変…

ワックスの使用や洗いすぎがフケの原因に…と聞くと、ワックスの使用をためらってしまう方もいるでしょう。

しかし、多くの方は外出時にワックスで髪を整えたいですよね。

以下の2つのポイントを守れば、ワックスで髪型をバッチリ決めても問題ありません!

  • ①ワックスは髪の毛につける
  • ②正しいシャンプー方法を実践する

上から順に見ていきましょう。

①ワックスは髪の毛につける

フケで悩まされている方は、ワックスを髪の根元からたっぷりと付けてしまっていませんか?

そのワックス、もしかしたら頭皮に付着してしまってるかもしれませんよ。

ワックスは本来、頭皮ではなく髪の毛、どちらかと言えば毛先側に付けるものです。 頭皮や根本部分に付けるものではありません。

さらに、ボリュームを出したい場合、頭皮や根本に付けてしまうと逆効果。

根本から毛先までたくさんの量を付けてしまうと、ワックス自体の重みで髪が寝てしまうからです。

ですので、フケ対策・スタイリングの両方の観点からも、付ける場所や付ける量を注意するようにしましょう

②正しいシャンプー方法を実践する

正しい方法でシャンプーを行うことも大切です。

まず大前提として、シャンプーは1日1回としてください。

なぜなら、前述の通り、シャンプーで洗浄しすぎると頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまい、フケやかゆみに繋がってしまう可能性があるからです。

その上で、シャンプーをする際には、以下の方法を取り入れてみてください。

■1.お湯で予洗いをする

実は、シャンプー前にしっかり予洗いをすることで、髪の毛についた多くの汚れを落とすことができるんですよ。

また、指の腹をたてて、優しくもみ込むようにマッサージを行うのもポイント。

マッサージを行うことで、頭皮の毛穴が開き、詰まった汚れを洗い流す準備ができます。

■2.シャンプーは手で泡立ててから付ける

シャンプーを液体のまま頭皮につけて泡立てると、シャンプーの液が頭皮の毛穴に詰まってしまい、洗い流しきれないことがあります。

ですので、シャンプーをする際は、手でしっかり泡立ててから行うようにしましょう。

■3.指の腹でマッサージするように洗う

指の腹を使って、地肌をマッサージするように洗浄しましょう。

優しく揉み込むことで、頭皮の毛穴に泡が入り込み、余分な皮脂を毛穴から押し出してくれますよ。

■4.よくそそぐ

すすぎ残しがあると、シャンプーの糟(カス)が毛穴に詰まってしまい、かゆみや雑菌の繁殖のもとになってしまいます。

ですので、しっかりと時間をかけて、シャンプーを洗い流すことを意識してください。

■5.乾かす

タオルドライである程度の水分を拭き取ってから、ドライヤーで乾かしましょう。

あまり熱を与えると傷んでしまうので、ドライヤーは頭から20cm程度離して行うことを意識してください。

また、髪の毛だけでなく、頭皮を乾かすことも忘れずに。

頭皮が濡れたままだと、雑菌が繁殖してしまう恐れがあるからです。

写真付きで見たい!という方は、正しいシャンプー方法を写真付きで解説している以下の記事をご覧くださいね。

今回は、フケの原因、ワックスとフケの関係についてお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか。

フケは、ワックスが原因となっていることもあれば、他の原因で発生していることもあります。

何が原因なのか、よく見極めてから対策を取るようにしましょうね。

ただし、フケだけでなく炎症が起きている場合は、頭皮により大きなトラブルが起きている可能性もあります。

そんなときは躊躇(ちゅうちょ)せず、皮膚科を受診してみてくださいね。

正しいワックスの使用法、シャンプーの方法で、清潔な頭皮環境へ近づきましょう!