目次

  1. 若ハゲ治療方法!
  2. 若ハゲってどんな症状?
  3. 若ハゲにはこんな原因があります。
  4. 若ハゲになりやすいのはこんな人!
  5. 若ハゲの対策・治療方法7選!
  6. 若ハゲの治療方法については動画でもっと多くの知識を
  7. もし、育毛剤の検討をされているなら。
  8. 若ハゲの治療法は自分に適したものを選びましょう!

ハゲは治らないと思い込んでいませんか?

遺伝だから、とか。体質だから、とか。

確かに遺伝や体質がの要因で若ハゲになることが多くあります。

しかし、逆に考えればそれらの要因を解決、もしくは無効化すれば若ハゲは解消されるんです。

実は、そのための方法はたくさんあるんです。

この記事で一緒に若ハゲの治療法を探っていきましょう!

若ハゲに負けていられません。
若ハゲに負けていられません。

若ハゲにはたくさんの対処法があるんです。

そもそも若ハゲとはなんでしょう?

通常ひとつの毛穴からは2~5本髪の毛が生えているんです。

そして、時間が経つと古くなった髪の毛は抜け、また新しい髪が生えてくるという発毛サイクルがあるんです。

しかしハゲの場合、そのサイクルが停止し、脱毛したまま生えてこないという状態になるんですね。

普通は加齢により発毛サイクルが停止するんですが、中には10代~20代といった若年期の内に発毛サイクルが停止してしまう人がいるんです。

それが若年性脱毛症、通称若ハゲと呼ばれるものなんですね。

若ハゲのひとはたくさいんいます。
若ハゲのひとはたくさいんいます。

悩みすぎないでくださいね。

若ハゲにはどのような原因があって、なってしまうんでしょう?

ここでは主な原因を3つに分けて説明します。

(1)男性ホルモン (2)遺伝 (3)ストレス

どれか思い当たるものがありますか?

⑴男性ホルモン

若ハゲに限らず、ハゲの原因に男性ホルモンの過剰分泌があるんです。

DHT(ジヒドロテストステロン)とい薄毛の根本の原因である悪玉男性ホルモンが過剰に分泌されることで、頭皮の毛根をふさぎ、発毛サイクルを邪魔するんですね。

正確には男性ホルモンそのものが発毛サイクルを阻害するのではないんですが、その毛穴をふさぐ物質を生み出しているのが、過剰分泌された男性ホルモンなんです。

10代~の若い思春期などからは男性ホルモンが多く分泌されるようになりますよね。

それが多すぎる場合、若ハゲの原因になると考えられているんです。

⑵遺伝

これもよくいわれる、若ハゲの原因のひとつなんです。

実際血縁関係にハゲがいる場合、若ハゲになる可能性が高いと考えられているんです。

特に重要なのが母方の家系の頭皮状況。

もし薄毛の方が多いようでしたら、遺伝による若ハゲの恐れがあると仮定し、早めのヘアケアで薄毛対策を行うべきですよ。

ただし、血縁関係にハゲが多いから、ハゲの因子を持っているとは限りませんのでご注意を。

その薄毛...
その薄毛...

もしかしたら、遺伝が原因かもしれません。

⑶ストレス

ストレスで毛が抜けるとはよく聞く話ですよね。

実は、ストレスそのものが若ハゲの原因ではないんです。

ストレスが引き起こした身体の不調から体力が低下し、頭皮の毛穴の力も弱まり、発毛サイクルが止まってしまうことがあるというのが本当の原因なんですね。

実際、若ハゲの方の中には不規則な生活や乱れた食生活などで体力を低下させている方が多くいるんです。

若ハゲになりやすい傾向にあるのはどんな人なんでしょうか?

若ハゲの原因はひとつだけではありません。

さまざまな要因が重なって若ハゲとなってしまうことが多いんです。

その中でも大きい要因と挙げられるのは、男性ホルモンが過剰分泌されている人なんです。

脱毛成分となる物質の元とされていますから主犯である可能性は大きいんですね。

_ 男性ホルモンが過剰分泌の方。

_ 遺伝子にハゲる因子を持っている方。

_ 規則正しい生活を送っていない方。

若ハゲの主犯が男性ホルモンだとしたら、乱れた生活は従犯といえるんです。

発毛するにもそのための基礎体力が必要なんですね。

夜更かししてませんか?
夜更かししてませんか?

生活習慣はとても大切になるんですね。

若ハゲになりやすいタイプの方のために、対策・治療法を10個紹介していきますね。

大きく分けると、

男性ホルモンを抑制する

頭皮の栄養を補給する

頭皮の細胞の修復をする

の3つになります。

それではひとつずつ見ていきましょうね。

(1)植毛治療

その名の通り、頭皮に直接髪の毛を植える治療法なんです。

自分の髪の毛を使用し、ハゲた部分に植毛する自毛植毛と、人工的に作られた人工植毛の2種類があるんです。

人工植毛の場合、元々自分のものでないため1年程度で抜け落ちてしまうことがあり、何回も植毛を繰り返さなければならいんです。

しかも感染症炎症などを引き起こす可能性もあるんですね。

自毛植毛の場合、元が自分の毛ですから、いったん植えれば定着し、抜けてもちゃんと再生すると言われています。

しかし、費用は高額で、植毛する分の自分の髪の毛が減ってしまうので植える量に制限ができてしまうんですね。

植毛治療

非常に高額な費用がかかりますが、直に植える分、確実性が高いともいえます。

(2)毛髪蘇生士の指導

毛髪蘇生士とは日本毛髪協会が認定した発毛のための専門家なんです。

主に東洋医学を基本として、気功やマッサージ、指圧、食事療法などを駆使し、人間の持つ自然治癒力による発毛の手助けをしてくれるんですよ。

基本的に自然治癒による治療なので副作用の心配はありませんね。

しかし、この方法では、ある程度進行したハゲの治療をするのは難しそうですね。

回復させるべき毛根などがすでに死滅している可能性があるからなんです。

初期のハゲならば良い治療方法だと言えますね。

(3)LED治療法

LED療法とは、発光ダイオードの発する光を利用した治療法のことなんです。

発光ダイオードの発する赤外線が人体に作用し、免疫力や自然治癒力を高める効果があるとされることから、ハゲの治療にも応用されたものなんです。

眼科では治癒力を高めるために赤外線が使用されていました。

しかし、LED療法がハゲに作用するメカニズムは、実はいまだに解明されていないんです。

LED療法
LED療法

LEDの発する赤外線をハゲの部分に照射します。

(4)HURG(ハーグ)治療法

HURG治療法とは、身体を作る基礎になる幹細胞に着目した治療法なんです。

ハゲでいる状態とは頭皮の髪を生やすための細胞が活動を停止しているということなんですね。

HURG治療法は、そこに直接HURGカクテルという薬液を注射するんです。

それによって頭皮の幹細胞が活発化し、発毛サイクルを復活させると言われているものです。

ただし、骨折した人に湿布を施すような対処療法的ですので、あまりお勧めしません。

(5)レーザー治療

レーザー治療は、患部に直接レーザー光線を当て、その場所の血行を良くする治療法なんです。

若ハゲの原因には、頭皮の血行が悪くなり、毛髪に充分な栄養素が行き届かないというものがあるんです。

その悪くなった血行をレーザーを当てることで促進し、頭皮の活動を活発にし、発毛サイクルを再開するという目的の治療法です。

レーザー治療
レーザー治療

頭部にレーザーを当て、血行を促進します。

(6)クリニックや皮膚科にいく

皮膚科やクリニックでお医者酸に診てもらうというのも一つの対策法ですね。

あなたのはげの状態や体質などに合わせた処方をおこなってくれるので安心ですね。

クリニックでは初回の無料診断を行っているところも多いですよ。

皮膚科やクリニックもありですね。
皮膚科やクリニックもありですね。

専門医にしっかりと自分の状態を話してみて下さいね。

(7)育毛剤を使う

若ハゲ対策で人気な方法ですね。

医薬部外品の育毛剤ですが、成分や値段を見て自分に適した育毛剤が何か考えましょう。

育毛剤は他の対策・治療法より価格も抑えられており、若くてあまりお金がないという方でも手軽に使用することができますね。

育毛剤は最も普及している治療法ですね。
育毛剤は最も普及している治療法ですね。

お風呂あがりが良いですよ。

若ハゲって本当に治るの?と懐疑的な方のために、実際に若ハゲの治療に成功したとある台湾人女性の話を紹介しますね。

興味があればご覧くださいね。

若ハゲでいじめ受けた女子高生 治療で奇跡の完治

台湾人女性が女子高生時代イジメを受け、ストレスから若ハゲになりカツラで学校に通っていたが、ある日とある治療を受け、見事若ハゲから脱却しました。

上のほうで若ハゲ対策として育毛剤をご紹介しましたが、いったいどんな育毛剤を使ったらいいか迷っている人が多いと思います。

ハゲラボでは多くの育毛剤をご紹介しているので、よく吟味して自分に適した育毛剤を選んでくださいね。

今回はおすすめの育毛剤として、ハゲラボで人気のチャップアップをご紹介します。 センブリエキス、グリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHCといった育毛、脱毛予防、発毛促進効果のある有効成分が配合されています。 比較的値段は安価で、全額保証制度や充実したカスタマーサポートがあるので、試しに育毛剤を使いたいという人におすすめです。

若ハゲは人によって様々な原因が隠されています。

そのため、自分のはげに対する理解をしっかりと深め対処していきましょう。

下のハゲラボの若ハゲ特集を参考にしてみてくださいね。

<< 若ハゲ特集を見る >>

クリニックでの最新の薄毛治療ならこんな記事も参考にしてみてください。 薄毛治療の最新はコレ!最先端技術でハゲ治療をしよう


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。