目次

  1. 学生時代の友人と久しぶりに出会って
  2. 20代で起きてしまう若ハゲとは?
  3. 20代の若ハゲはこのようにして起きてしまいます
  4. 20代の若はげになりやすいのはこんな人!
  5. 20代の若はげ対策方法まとめ!
  6. ハゲラボで人気の育毛剤はこちら
  7. 20代の若はげは適切な対策で改善できる可能性はあります!

仕事にも慣れてきて、新人の部類から卒業した今日この頃 ひさしぶりに学生時代の友人と飲み会 友人のスーツ姿が就活の時よりも、慣れた感じになっているなと感じる。

顔も少し疲れているのかな、だけど、笑顔は学生の時と一緒だと思う。 目線を頭に向けると、すこし違和感を感じる。

「あれ、薄くなってる...?」

ふと、自分のことも心配になり、家で鏡で自分の頭を見てみる。

見えないけど自分の頭頂部もやばいんじゃないかな?

こんな時、どきっとしませんか?

 

自分の頭部は大丈夫?
自分の頭部は大丈夫?

ふと、鏡に映る自分の頭部を気になることはありませんか。

髪の寿命はどのぐらいあるかご存知ですか。

ヘアサイクル(髪の寿命)は個人差はありますが2年〜6年位です。

髪はある程度成長すると自然と抜け落ちるというサイクルが誰にもあり、そのサイクルを繰り返して髪のボリュームは保たれています。

しかし、ハゲと呼ばれるものは、その髪の成長サイクルが様々な理由で乱れることで起きることがあります。

髪が成長する前に抜け落ちたり、抜け落ちた後次に生えてくる前に時間がかかることで、髪にボリュームがなくなり若ハゲという印象をもたれることがあります。

気になる薄毛
気になる薄毛

気がついたら薄毛になっていた・・・なんてことも

若ハゲというのは、10代から30代前半に起きてしまう薄毛の兆候のことを指します。

若年性脱毛症ともいわれる若ハゲですが、AGAによる薄毛も含む言葉です。

それでは、AGAとはいったいなんでしょうか?

AGAとは、男性型脱毛症のことで、原因は男性ホルモンの影響や遺伝によるものだと考えられています。

若年性脱毛症の原因はほかにもあるようです。

⑴間違ったヘアケアのせい?

間違ったヘアケアとはいったいなんでしょうか。

シャンプーを一日何回もする人はいませんか? 洗えたか気になるので、一度に2回以上シャンプーをする方はいませんか?

このような行為を繰り返すと脱毛の進行を早めてしまう可能性があります。

長谷川 浩美 事務長
オズクリニック

※シャンプーで皮脂を落とし過ぎる事によって薄毛を促進する事もあります。

気をつけて下さいね。

⑵過度なパーマ カラーの積み重ね?

頻繁にパーマやヘアカラーをするのは、頭皮に負担がかか可能性があります。

洗い流さないと、炎症を起こすこともあるので、数ヶ月に一度にしようと決めておくことが頭皮に優しいと言えます。

⑶生活習慣の乱れ?

生活習慣で一番気にしていただきたいのが、睡眠です。

睡眠は、成長ホルモンの分泌を促します。

睡眠不足になると、交感神経が優位になり血管が委縮がおきます。

血液から栄養を補給して、髪は成長をしますので、血液が不足する=髪の成長を些曲げるおそれがあります。

若はげの可能性がある人は、生活習慣に問題がある人が多いです。 髪は、血液の栄養で成長をしています。

体に良くないよねって思われていることをしているな、と心当たりのある方は、若はげの可能性を高めているかも知れません。

  • バランスの悪い食生活
  • ストレス
  • 喫煙

これらのことは、髪の成長だけではなく、体にも大きな負担となります。 ストレスは社会人にとっては切り離せないもの まずは、喫煙から禁煙にシフトチェンジしてみてはいかがでしょうか。

若ハゲの原因って何?
若ハゲの原因って何?

このタイミングで禁煙してみるのはいかがですか?

**20代で薄毛が進行している人は早く薄毛対策をすることをおすすめします。

具体的にどういうことをすればよいのか紹介していきます。

薄毛に悩んでいる人はぜひチェックしてみてください。

⑴生活習慣を見直そう

不規則な生活は、薄毛が進行しやすい環境と言えます。

若い時は、無謀な食生活や生活リズムが崩れがち 特に見直していただきたいのが「睡眠」 睡眠時間が短い・睡眠時間が不規則は、髪に悪影響をあたえます。

成長ホルモンが分泌されると言われている夜10時から2時にぐっすり寝ることがおすすめです。

仕事で忙しいけれど・・・・・
仕事で忙しいけれど・・・・・

ゆっくり布団で寝たいですよね

⑵食生活を見直そう

食事も、髪には大きな影響を与えることはご存知ですか?

血管が詰まりそうなコレステロールが多そうな食事を、毎日食べていると、血液から栄養を補給している髪に十分な栄養が行き届かなくなることもありそうです。

特におすすめしたいのは、ビタミンCをたっぷりとるメニュー これは、血液の循環を助け、髪の成長にも優しいメニューになります。

ビタミンCは、レモンというイメージが強いですが、ピーマン、ブロッコリーなどにも含まれています。

意識的に食べたいですよね。

長谷川 浩美 事務長
オズクリニック

ビタミンCは水溶性の為ビタミンC摂取をするときはビタミンEも必要になります。

 メタボな食生活って?
メタボな食生活って?

食べる前にちょっと確認。 それって髪にやさしい?

3.育毛剤で積極的に

生活習慣を見直して、睡眠や食生活を見直してすぐに変わることは期待できません。

もちろん、睡眠や食生活は、髪だけではなく体の調子を整えるためにはたいせつなことです。

より積極的に育毛効果を期待したい方には、育毛剤の使用も選択肢の一つと言えるのではないでしょうか。

4.病院で診てもらう

病院で診てもらうのも発毛や育毛をしたい人にとって効果が期待できる方法です。 自分の抱えている髪の悩みを医師と相談しながら対策を練ることが出来るのも利点です。

ハゲラボではチャップアップという育毛剤が人気です。

気になる方は一度チェックしてみてくださいね。

若ハゲは、周りから指摘されて気が付くことがあったり、傷つくことが多くあると思います。

一度気がついたら、なかなか頭から離れることがなく、積極的に人付き合いをするのもしんどくなるかもしれません。

ピンチはチャンスで、睡眠や食生活を見直すキッカケになります。 そうすることにより、若々しい体つくりをすることができます。

そして、育毛剤が皆さんの悩みに応えてくれます。 充実した生活が送れるように、これからもハゲラボが応援しています。