目次

  1. やばい!もしかして・・・10代で若はげ!?
  2. 10代でも起こってしまう若ハゲっていったい何?
  3. 10代の若ハゲはどうして起きてしまうのか
  4. こんな10代の人は若ハゲの危険あり
  5. 10代で若ハゲになってしまったら、これで対策しよう!
  6. ハゲラボおすすめの対策方法はこれ!
  7. 若ハゲに関するさらに詳しい情報はこの動画でチェック!
  8. 10代の若ハゲでも、決して焦ることはありません。
  9. 若ハゲでお悩みの方におすすめの関連記事

「あれ?なんか薄くなった?」とか「髪、やばいんじゃない?」と友達に言われた経験はありませんか?

また、自分で感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

10代の若はげってよくなるの?遺伝じゃないの?など疑問があることでしょう。 いったい何が原因でどんな対策があるのか、実際に改善した方はどのくらい効果があったのか参考にしてみてください。

はげてきたのかな・・・
はげてきたのかな・・・

生え際が後退してきた気がする。薄くなってきた気がすると感じている方。 若はげの原因と対策にはどんなものがあるでしょうか。

まず若ハゲとは、髪が太くなる前の短くて弱いときに成長が止まり、そういう状態の毛が増えてしまい、頭髪の密度が減少し薄毛を感じるようになります。

そして、通常では毛穴から2~5本生えている毛が1本しか生えない状態をいい、一般的にAGA(男性型脱毛症)と呼ばれています。

この症状が10代から出て進行していくと、若年性脱毛症(若ハゲ)と呼ばれています。

ハゲてきた?!
ハゲてきた?!

髪の毛が細くなった気がする、薄くなった気がするって、若はげの始まりなのか。

若ハゲとはいったい何なのかを簡単に説明しましたが、では、10代から始まってしまう若ハゲの原因とは何でしょうか? これから、その原因となるものを説明していきたいと思いますので、しっかり把握していきましょう。

⑴男性ホルモンの影響

10代の若ハゲは、男性ホルモンの一種のテストステロンの分泌量の増加が原因の一つに挙げられます。 10代、20代はホルモンの分泌が盛んな時期で、テストステロンの分泌量も急激に増えるようです。

このホルモンは、「胸毛や髭を濃くする」「髪の毛を薄くする」といった作用がありますが、直接的に脱毛を促進させるものではなく、間接的に若ハゲに関係しています。

しかし、男性ホルモンの分泌量や体質など個人差があるので、男性ホルモンが多いからといって若ハゲになるわけではありません。

⑵生活習慣

次に10代の若ハゲの原因としてあるのが不規則な生活習慣です。

しっかり眠れていますか?バランスよく食事をしていますか?

睡眠不足や偏食ははげにつながる可能性が高くなります。

肉の摂取が多いと頭皮の毛穴に老廃物がたまりやすくなり、野菜不足は必要なビタミンが不足し抜け毛につながります。

また、睡眠不足は日中受けたダメージを回復することができず、発毛不良の状態からはげにつながる可能性があります。

こんな食事していませんか?
こんな食事していませんか?

脂肪の摂取量が多かったり、野菜が不足していませんか? 自分の為に少し考えて食べたいですね。

⑶ストレス

10代の若ハゲはストレスが原因とは聞いたことがあるのではないでしょうか?

ストレスは交感神経を刺激します。

この交感神経が活発になると、血管の収縮をさせてしまいます。

すると、頭皮まで血行不良になってしまい、髪へ栄養を運べなくなり、薄毛へつながっていきます。

ここまで、若はげがどうして起きてしまうのかを見てきましたが、いかがでしたか? では、どのような事をしていると若はげの危険があるのでしょうか。

⑴<血縁に薄毛が多い>

父方、母方の家系に薄毛が多いと自分も薄毛(はげ)になるとは、よく耳にすると思いますが、やはり、血縁に薄毛が多いとその確率は高くなります。

しかし、遺伝だからどうしようもないと諦めないでくださいね。

はげの危険があるということを早く自覚することで、早く対策を打つことができます。 早めの対策が若はげの予防にもなります。

⑵<生活リズムが乱れている人>

夜遅くまでテレビを見たり、ゲームをしたり、携帯電話をいじったりしていませんか?

夜中の2時過ぎに就寝して、朝ぼーっとしたまま学校や仕事へ。

なんて生活をしていれば、体にも髪にもいいことではないですよね。

髪の成長に睡眠も関係しています。

特に22時から2時は体を回復させるゴールデンタイムと呼ばれ、この時間に睡眠している事が大事です。

http://hagelabo.jp/admin/articles/2419/edit/yofukashi
http://hagelabo.jp/admin/articles/2419/edit/yofukashi

夜遅くまでPCやスマホを使用して睡眠不足が続いていると、髪にも影響が出てきます。

⑶<食生活が乱れている人>

10代、20代のうちは外食や食事をコンビニで済ませたり、ジャンクフードと呼ばれるものを食べる機会が多いのではないでしょうか。

これらは塩分や脂分が多く使われていて、塩分の取りすぎは血流が悪くなり、脂分は皮脂の分泌が増加して頭皮の毛根を詰まらせます。

気軽に食べれていいかもしれませんが、髪のためにもいい食事をしたいですね。

10代でも若はげの危険がある行為を見てきましたが、生活リズムの乱れや食生活の乱れなど心当たりはあったでしょうか。 ここからは若はげになってしまったら、どのように対策があるのかを挙げていきますね。

⑴生活習慣を見直す

まずは食生活ですが、偏食をせず、髪や頭皮にいい成分を摂取するように心がけます。

例えば、亜鉛(牡蠣、肉類、魚介類)、ビタミンB群(野菜、肉類、魚介類、海藻類、貝類、豆類、乳製品)です。

次に十分な睡眠です。 22時から2時は髪の再生が活発な時間なので、この時間には眠っていることが大切です。 睡眠時間と質のいい睡眠を心掛けたいですね。

最後にストレス発散です。 ストレスは交感神経を刺激して血管を収縮させてしまいます。

すると血液の流れが悪くなり栄養が毛根に届けられなくなりますので、はげにつながります。 ストレスを適度に発散させることも大切ですね。

生活習慣を見直しませんか?
生活習慣を見直しませんか?

バランスのいい食事、適度な運動、十分な睡眠。できそうなところからでも始めることが大切です。

⑵頭髪環境を整える

髪を洗うときにシャンプーを使いますよね。

シャンプーは頭皮の汚れや皮脂を落とすために使いますが、市販のものの中には頭皮にあまりよくない成分が含まれている場合もあります。

薄毛の状態の頭皮には刺激が強すぎるので、頭皮の脂を適度に落とすようなシャンプー(育毛シャンプー)を選ぶことも大切です。

⑶育毛剤を使用する

若はげの対策に育毛剤はおすすめです。

育毛剤には男性ホルモンを抑制するタイプ、頭皮の血行を促進するタイプ、頭皮や毛根の栄養を促進するタイプ、皮脂を抑制するタイプといろいろなタイプがあります。

自分のはげのタイプに合ったものをしっかり使うことが大切です。

対策方法を挙げてきましたが、中でもおすすめしたいのが、育毛剤の使用です。

髪には毛周期というものがあり、育毛剤を使用したら、すぐに髪が生えるわけではありませんが、まずは育毛剤を使用して、育毛や発毛促進を図りましょう。 医薬部外品の育毛剤には育毛、発毛促進、抜け毛予防の効果があります。

育毛剤の効果を実感するには根気が必要ですから、半年間は使用して様子を見たいところです。

10代の若ハゲにも作用する、ハゲラボでもおすすめの商品が下記のチャップアップです。 比較的安価で、使いやすく、プライバシー梱包で育毛剤を購入した事がばれにくいのでおすすめです。

これまで若はげの原因と対策についてまとめてきましたが、若はげ(若年性脱毛症)についてもっと知りたいという方もいらっしゃるでしょう。

次の画像は若年性脱毛症について説明されていますよ。

若年性脱毛症とは?

若年性脱毛症について詳しく説明されている動画になっています。

育毛剤で若はげが改善

ある育毛剤を使用した方の若はげ改善の3か月の記録です。 個人差はありますが、しっかり改善されていますよ。

若はげについてまとめてみましたが、いかがでしたか? はげは遺伝だから仕方がないと思っていた方、対策をしっかりすることで改善する可能性はあります。 諦める前に試してみましょう。