目次

  1. 日焼け止めで髪への“紫外線ダメージ”をカバーしたい!
  2. 紫外線で髪が傷むとどうなるの?
  3. <日焼け止め>で髪から紫外線のダメージを防ぐ
  4. 髪を守るためにおすすめの日焼け止め【5選】
  5. ※注意※日焼け止めの汚れ残りはトラブルの元
  6. 髪へのダメージを日焼け止めで徹底カバー!正しくケアして美髪を保とう
日差しの強い夏は髪も頭皮も日焼け止め必須!
日差しの強い夏は髪も頭皮も日焼け止め必須!

夏はもう間近。
そろそろ、紫外線が気になる時期になってきましたね。

「そろそろケアしないとヤバイかも」と感じて髪の毛の日焼け止めを探しているけど、なかなか良いアイテムに出会えない…。

そんな方のために、髪用の日焼け止めおすすめ<5選>をご紹介していきます!

髪の毛に日焼け止めを使用する際の注意点なども、一緒にお伝えしていきますので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

パッサパサのゴワゴワなんて、耐えられない…
パッサパサのゴワゴワなんて、耐えられない…

紫外線を浴びると肌が日に焼けるように、髪の毛も影響を受けます。

髪の毛は、紫外線ダメージによって毛髪を保護しているキューティクルを破損させ、髪の内部にあった水分や栄養を失わせて、髪の毛を傷ませるのです。

すると、髪の毛にはさまざまなトラブルが起きてしまいます。

  • 乾燥してパサパサとした手触りになる
  • 傷みでゴワゴワとして見た目になる
  • 髪色が抜けて明るくなる
  • 枝毛・切れ毛になる

自分の髪の毛がこのような状態になってしまう前に、紫外線をカットしてダメージを前もって防ぎたいですよね。

具体的に“どのような対策”を行っていくべきなのでしょうか?

髪の毛を紫外線ダメージから守りたいのであれば、“髪用の日焼け止め”でUVダメージをカットしましょう!

日焼け止め効果が期待できるUVケア用品は、2種類。

  • スプレー

  • 洗い流さないトリートメント

この2種類の中でも、特におすすめの<厳選アイテム>をご紹介します!

髪用の日焼け止めスプレー<3選>

髪用の日焼け止めトリートメント<2選>

おすすめのUVケア用品はいかがでしたか?

どれも紫外線ダメージから髪の毛や頭皮を守るために、試行錯誤されたおすすめの商品です。

しっかりと紫外線対策をしたいなら、ここまでに紹介した商品のように「SPF(注1)、PA(注2)」の表記がある日焼け止めスプレーやトリートメントを選ぶことが大切ですよ。

UVケア用品選びに悩んでいた方は、ぜひお買い物の参考にしてみてください。

注1:サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略。主にUV-B(紫外線B波)の防止効果を表す目安の数値。個人差があるが、日に当たりだしてから焼けるまでの時間はおおよそ15分~20分と言われている。それを、「SPF50」なら「50倍遅らせる」ことができる。 注2:PAは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略。主にUV-A(紫外線A波)の防止効果を表す目安の数値。「+」の多さがUV-Aに対する効果の高さを示している。

紫外線予防のために髪の毛に日焼け止めを使用するのは良いことですが、アフターケアには気をつけなければなりません。

頭皮は、顔や体の皮膚ほど気にしていない方が多いのですが、実はとても繊細で敏感な部分です。

日焼け止めを落としきれないまま長時間頭皮に放置してしまうと、細菌が繁殖してかゆみや炎症を引き起こす、もしくは抜け毛の原因にもなりかねません…。

日焼け止めを髪の毛や頭皮に使用した日は頭皮に汚れが残らないよう意識して、シャンプーしてあげるといいですよ!


ただし、頭皮は洗いすぎるもNGです。

頭皮には汚れや余計な油だけでなく、さまざまな外的要因で起きるダメージを予防してれる、皮脂や常在菌がいます。

洗浄力の強いシャンプーを使ったり、強く擦ったりして頭皮を必要以上に洗うと、その大切な皮脂や常在菌まで洗い流すことになるので、頭皮はダメージを防げず弱りやすくなってしまうのです。


毎日のシャンプーで頭皮を傷めてしまうことがないように、頭皮を優しく労りながら、余計な汚れをしっかり洗浄してくれるシャンプーを選んで頭皮と髪の毛をケアしましょう。

頭皮にやさしいシャンプーについて詳しく説明している記事がございますので、ぜひチェックしてみてください。

きちんと紫外線対策をして、日差しに負けない美髪を保とう。
きちんと紫外線対策をして、日差しに負けない美髪を保とう。

ここまで、おすすめのUVケア用品と使用する際の注意点についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

皮膚などと違い、髪の毛はダメージを受けて傷んでしまうと二度と元の状態には戻りません

だからこそ、受けるダメージを極力カットできるように対策しておく必要があるのです。

日焼け止めで髪をしっかりと守りつつ、トリートメントなどの<ケア方法>も併せて取り入れてみると、もっと健やかな髪の毛をキープできるはずですよ。

傷んでしまった髪の毛のケア方法について解説している記事も一緒にチェックしてみてください!

UVケア用品で十分な紫外線対策をして、美しい髪を保ちましょう