目次

  1. 薄毛の予防を行いたい・・・!
  2. 薄毛予防の前に、まずは簡単に原因を把握しましょう!
  3. 今回紹介する薄毛の予防方法はこの7つ!
  4. <本格的に薄毛予防をしたい方>
  5. <日常生活でできる薄毛予防をしたい方>
  6. 【まとめ】今回ご紹介した薄毛予防法7選

薄毛になってしまうと本当に辛い。

  • 女友達や彼女からの目
  • 家族からの目
  • 会社の人からの目..

他人からどう見られているか、いつも思い悩んでしまいます。

今は大丈夫なあなたも、何の対策もしなければ、薄毛が進行していってしまうかもしれません。

薄毛にならないための予防法があるのであれば、ぜひ学びたいものですよね。

そこで今回ハゲラボ編集部が、7つの薄毛の予防方法をご紹介。価値ある情報をお届けしますので、ぜひ最後までご覧くださいね!

薄毛の予防法を紹介する前に、まずは薄毛になる主な原因を理解しておきましょう。

以下、多くの方が薄毛になる主な原因です。

  • AGA(男性型脱毛症)
  • FAGA(女性男性型脱毛症)
  • 生活習慣の乱れ

AGA(男性型脱毛症)

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれ、その名の通り男性によく見られる脱毛症です。

おでこの生え際と頭頂部から薄毛が進行していくことが特徴。

男性ホルモンがDHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変異してしまい、髪の毛の成長サイクルを乱すことで薄毛が進行していきます。

FAGA(女性男性型脱毛症)

一方、女性はFAGA(女性男性型脱毛症)という脱毛症によって薄毛が進行していくことが多いです。

別名「びまん性脱毛症」とも呼ばれ、頭皮全体へ薄毛がびまんしていく(=広がっていく)ことが特徴。

原因は様々で、ホルモンバランスが崩れることや、ストレス、過度なダイエットなどで引き起こされます。

生活習慣の乱れ

男女ともに関係あるのが、生活習慣の乱れです。

偏った食事、不規則な睡眠、ストレスを溜め込んでしまう生活など、日頃ついやってしまいがちな悪習慣が薄毛の原因になってしまうことがあります。

主な原因は上記の3つがあげられますが、どの原因に対しても以下の7つの予防方法がおすすめです。

本格的な予防から今すぐ日常生活でできる予防までご紹介していきますので、興味のある部分からチェックしてみましょう。

まずは、本格に予防を行いたい方へ。

基本的に薄毛は進行していくもので自然に治っていくことはあまりありません

早めに予防対策していくことをおすすめします。

①育毛対策

本格的に薄毛予防をしたい方へおすすめしたいのが、育毛対策です。

育毛対策は、今ある髪の毛を育てて髪が抜けていくことを予防する対策で、育毛剤を使用することが多いです。

育毛剤は、医薬部外品として国から育毛効果を認められており、薄毛に悩める方から早めに予防したい方まで多くの方に愛用されている商品。

通販で気軽に購入できたり、品質にこだわって無添加・無香料の成分を使っていたりする点も人気を集めています。

ハゲラボおすすめの育毛剤は「チャップアップ」

ただ、いざ育毛剤を購入しようと思っても数が多すぎてどれにすれば良いのか迷ってしまいますよね。

そんな方には、ハゲラボで一番人気チャップアップがおすすめ。

  • ハゲラボで一番人気の育毛剤
  • 3つの育毛有効成分
  • 無添加・無香料
  • 「永久」全額返金保証
  • 1本 7,400円(税込)

厳選された3つの育毛有効成分が配合されていて、今ある髪を育てる育毛効果を期待できます。

また、効果だけでなく品質にもこだわっていて無添加・無香料の成分を活用し、モンドセレクションで金賞を受賞しています。

他の育毛剤ではあまり見られない、「永久」全額返金保証からも品質への自信が伺えますね。

興味のある方は、公式サイトをチェックしてみましょう。


女性に人気の商品はこちら

一方女性の方にお勧めしたいのは、こちらのベルタ育毛剤

3つの有効成分による育毛効果がある人気の商品なのですよね。

おしゃれな容器で女性にとってぴったり。気になる方は、ぜひ一度チェックしてみてください!

②バランスの良い食事

バランスの良い食事で
バランスの良い食事で

薄毛予防や髪の発達を促しましょう。

まず日常生活の中で意識していただきたいことは、バランスの良い食生活

髪の毛はケラチンというタンパク質で構成されているのですが、タンパク質はもちろん、ビタミンミネラルなど複数の栄養が必要です。

以下の食材を参考に、日頃の献立を意識してみてはいかがでしょうか?

  • タンパク質
     →肉、魚、卵、枝豆、チーズ、納豆
  • ビタミン類
     →ビタミンB6:にんにく、まぐろ
     →ビタミンC:アセロラ、柑橘類
     →ビタミンA:うなぎ、鶏レバー
     →ビタミンE:筋子、ピーナッツ
  • ミネラル類
     →亜鉛:生ガキ、鶏レバー
     →鉄分:豚レバー、アサリ
     →マンガン:生姜、しそ

③十分な睡眠をとる

薄毛予防には、十分な睡眠も大事。

睡眠中に分泌される成長ホルモンが、髪の毛の成長や修復に関わっています。

ゴールデンタイムは、午後10時から午前2時の間と言われています。

なるべく夜ふかしはぜず、午後10時には眠るように心がけましょう。

④自分にあったシャンプーを使う

薄毛を予防したい場合はシャンプー選びも重要。

頭皮へのダメージが気になる方は、アミノ酸系洗浄成分×弱酸性×ノンシリコンのシャンプーがおすすめ。

洗浄力の優しいアミノ酸系の洗浄成分を使っており、皮脂を取りすぎることなく洗うことができます。

アミノ酸系シャンプーは人間の体と同じ弱酸性なので頭皮にも優しいです。

また、シリコンシャンプーは頭皮をコーティングするため、育毛剤の浸透を妨げる恐れがあるため、育毛剤を使っている人にはノンシリコンをおすすめします。

ハゲラボとしては、アミノ酸系洗浄成分×弱酸性×ノンシリコンのチャップアップシャンプーがおすすめ。

さらに`オーガニック成分を使っていて、品質にもこだわっています。


女性に人気の商品はこちら

ちなみに女性の方におすすめなのはこちらのマイナチュレシャンプー。

有名雑誌やテレビなどで取り上げられる人気の商品ですので、気になる方は一度公式サイトを覗いてくださいね!

⑤ストレスを解消する

ストレスを過度に溜め込んでしまうと、血行を悪くすると言われています。

ただ、仕事が忙しかったり、人間関係が複雑だったりと、現代社会ではどうしてもストレスを感じがち。

そんな時は、趣味に没頭したり、音楽を聞いてたりと自分に合うストレス解消方法を見つけてみましょう。

⑥適度な運動

積極的に運動をすることで、全身の血行を良くすることを期待できます。

また、スポーツなどで汗を流すとストレス解消にもなりますので、おすすめです。

あまり運動が得意でない人は、まずは簡単なジョギングやウォーキングから初めて見るのもいいかもしれません。

⑦タバコ・酒を控える

タバコに含まれるニコチンを摂取すると、髪を作るのに必要なビタミンが消費されてしまいます。

また、お酒の含まれるアルコールを分解するためにアミノ酸が消費されてしまいます。

タバコを吸っている人は出来れば禁煙外来などへ通って禁煙し、よくお酒を飲む人は厚生労働省の「健康日本21」が掲げる以下を1日の目安にほどほどに飲むようにしましょう。

  • 清酒:180ml(1合)
  • ビール:500ml(中瓶)
  • ワイン:120ml(1杯)
  • 焼酎:180ml(1合)
  • ウイスキー:60ml(ダブル)

いかがでしたでしょうか?

ここまで、7つの薄毛予防法を「本格的な薄毛予防」「日常生活でできる薄毛予防」にわけてご紹介してきました。

振り返りのために以下にまとめておきますので、自分に合うものを実践していきましょう。

ハゲラボおすすめの育毛剤「チャップアップ」

  • ハゲラボで一番人気の育毛剤
  • 3つの育毛有効成分
  • 無添加・無香料
  • 「永久」全額返金保証
  • 1本 7,400円(税込)

ハゲラボおすすめのシャンプー「チャップアップシャンプー」

  • アミノ酸系の洗浄成分
  • 弱酸性
  • ノンシリコン
  • オーガニック成分