目次

  1. はげの最終形態、U字はげ?!
  2. U字はげっていったいなに?
  3. U字はげになってしまう原因はこちら!
  4. U字はげに注意すべきなのはこんな人
  5. U字はげはどうやって対策すればいい?
  6. U字はげへの対策を探している方へ
  7. U字はげに関する動画でもっと多くの知識を
  8. U字はげの原因と対策をしっかりと把握しましょう

他のどの種類の薄毛にも劣らず、強力なU字はげ。 その怖さは止まるところを知りません。

U字はげとわかった時にはもう手遅れということも十分に考えられてしまうのです!

「じゃあ、もうU字はげになってしまったら、あとは指を加えて薄毛の進行を眺めているだけなの?!」

という声も聞こえてきそうですが、そんなことはありません!

U字はげとわかった時点で即、治療や対策に取り組めば進行を防げる可能性もあります!

あなたの頭も・・・
あなたの頭も・・・

もしかしたらU字はげになる恐れも?

では、U字はげについてどんなものか簡単に説明していきます。

U字はげとは他のM字はげやO字はげにと比べて、深刻度が高いと言われています。 生え際から徐々に後退してくのが特徴で、頭頂部に向かってまっすぐ禿げてくその形からA字はげとも言われています。

初期段階では気づきにくいので、対策を怠りやすく 気づいた時にはかなり進行していたということにもなりやすいと言われています。

ちょっと前までは平気だったのに。
ちょっと前までは平気だったのに。

気づいたら見た目が手遅れだったというパターンが多いです。

U字はげについてどのようなものかは確認できましたか?

ではなぜU字はげになってしまうのでしょうか? 実はU字はげになる原因は、他のはげになる原因とほぼ同じだと言われています。

その原因は大きく3つに分けることが出来ます。

⑴AGA(男性型脱毛症)

U字はげもAGA(男性型脱毛症)が原因とされています。

AGAとは発毛サイクルが狂い、通常に比べて休止期が長くなるのが特徴です。

これには男性ホルモンが大きく関わっており テストステロンという男性ホルモンの一種が、Ⅱ型5αリダクターゼの働きにより、DHT(ジヒドテストステロン)に変換されることで薄毛の原因ともなっていきます。

前頭部はDHTの影響を特に受けやすいとも言われており、 U字はげのみならず、M字はげの原因にもなってしまいます。

⑵生活習慣の乱れ

薄毛の原因は生活習慣の乱れが大きく関わってきます。 喫煙・ストレス・睡眠不足 これらは特にホルモンバランスを崩し、薄毛に導いてしまいます。

生活習慣の乱れはそのまま頭皮環境の乱れに繋がると言っても過言ではありません。

また、どんなに育毛対策をしていても 生活習慣が乱れているとその効果はなかなか発揮しにくいでしょう。

良質な睡眠を!
良質な睡眠を!

1日の3分の1は快適な環境で睡眠時間を取っていきたいですね。

⑶食生活の乱れ

現代では、意外と気づかないうちに髪に良くない食生活をしているということが多くあります。

特に脂質を多く摂ってしまう傾向にありますが、ここが気をつけてもらいたいポイントです。 脂質の過剰摂取は5αリダクターゼの生成につながってしまうということで薄毛の原因になってしまうこともあります。

U字はげになる原因はおわかりいただけたでしょうか。 自分はU字はげに気をつけるべきかどうかも気になりますよね。

ここではどのような人がU字はげに注意すべきかをまとめていきたいと思います。

⑴O字はげの人

O字はげとはいわゆるつむじはげですが、頭頂部が薄い人は要注意です。

実は*U字はげと併発する可能性が高く、薄毛になるいきおいも通常より早いと言われています。

もし今あなたがつむじや頭頂部が気になっているというのであれば 気づかないうちに、実はU字はげも進行しているかもしれません。

前と後ろで同時に薄毛が進行していくのは辛いですよね…。 併発しないうちに早めの対処をおすすめします!

⑵M字はげの人

U字はげと同じく、額から薄毛が進行していくM字はげ。 実はM字はげを放置すると、それがU字はげに進化してしまうと言われています。

若い方はM字はげで悩んでいる人が多いそうです。 まだ若いからと言って育毛対策を怠りそのまま過ごしていると、どんどんU字はげになるので注意が必要です。

M字はげは危険?
M字はげは危険?

正しい対策をしていけば、進行は止められるかもしれません!

⑶おでこが広い人

生まれつきおでこが広いと自他共に認める人も要注意! U字はげの額から進行していきますので、 もともとおでこが広い人は、薄毛の進行具合に気づきにくいのです。

つむじ部分が薄いなと気づいた頃には もう前頭部から薄毛の範囲がかなり広がっていってしまったということもありがちです。

次は、お待ちかねU字はげの対策方法について見ていきたいと思います。

冒頭で、U字はげの原因はAGAであることをお話ししました。 なので、U字はげに関してはAGA対策行っていけば問題ありません。

治療方法をご存知の方もそうでない方も、一度こちらで把握しておきましょう。

自毛植毛

次にU字はげの治療に有効なのが自毛植毛です。 具体的に言いますと、自毛植毛は自身の後頭部の毛髪を前頭部の薄毛が進行している部分に移植していくという方法になります。

U字はげは、他にM字はげやO字はげと併発している恐れもあるため、 必然的に植毛本数は多くなっていきます。

しかし、植毛は自身の後頭部の髪を使うということで 本数が限られるのです。

なので、U字はげがあまり進行していない初期のうちに行うことをおすすめします。

U字はげが他のはげ型と併発してしまっている場合、治療もかなり本格的に行っていかなければ、改善は難しいでしょう。

ですが、上記に挙げた利用方法ですとクリニックに行かなくてはならなかったり、費用がかさんでしまったりで、なかなか気軽に行えないのが現実です。 植毛は数百万単位でかかりますし、忙しい人にとってはかなり大変な行程になると思います。

そこで、おすすめしたい薄毛対策が、気軽に使える育毛剤です!

チャップアップは、植毛やAGAの薬に比べてはるかに費用も安いですし 育毛有効成分も配合されている、頼もしい頭皮ケアアイテムなのです。

※ただし、自毛植毛が「確実にハゲを改善できる」医療行為なのに対し、育毛剤でのケアは「頭皮環境を整え、今ある髪の毛を育てる」対策です。 リスクや費用が削減される代わりに、医療行為ほどの確実性はありませんので、その点を加味したうえで治療を行ってください。

U字はげのみならず、他のAGA治療にも用いられる自毛植毛の動画をご用意しました。 植毛ということで頭皮に直接アプローチをしていくため効果は期待できます。

切らない植毛がAGA(男性型脱毛症)を治す!?新しい薄毛治療

少し痛々しいのですが、どんなものか見たい人は是非どうぞ!

U字はげだからと言って、何も怖がることはありません。 他の 薄毛対策と同じように行っていけば、仮にU字はげでなくても他の薄毛にアプローチできているので損はありません!

まずは出来るところから、気楽な気持ちでU字はげ対策を始めてみませんか?