目次

  1. ウーマシャンプーにはリンスは不要?いらない理由ってなに?
  2. そもそもウーマシャンプーってどんなシャンプーなの?
  3. ウーマシャンプーはどんな人にオススメ?
  4. ウーマシャンプーにはリンスが不要?その理由とは
  5. ただし頭皮環境が整うまでには時間がかかる…
  6. ゼロプラスが開発したウーマコンディショナーとは?
  7. 基本的にはシャンプーだけでOK!

髪や頭皮に良いと言われるウーマシャンプー。 でも、ウーマリンスというのは聞いたことがありませんよね。

実はウーマシャンプーはリンスがいらないという珍しいシャンプーなんです。 リンス不要とは言っても、何となく不安… そう思う人もいるかもしれませんね。

なので今回は、ウーマシャンプーはどうしてリンスがいらないのか、その理由に迫っていきます!

どうしてリンス不要なの?
どうしてリンス不要なの?

ウーマシャンプーにリンスがいらない理由に迫ります!

ここを見ている人の中には、ウーマシャンプーという名前を初めて聞いたという人もいるかもしれませんね。

まずはリンス不要のウーマシャンプーとは一体どんなシャンプーなのか。 どういうところが髪や頭皮に良いのかをご説明していきます!

ウーマシャンプーの特徴とは?

ウーマシャンプーはリンス不要という以外にもポイントがたくさんあります。 中でも最大の特徴は、アミノ酸系の洗浄成分を配合していること。 アミノ酸系の成分は頭皮や髪と似ているので、悪い刺激を与えず優しく洗い上げることができるんですよ。

さらに25種類もの植物由来のエキスや馬油を配合するなど、天然成分にこだわっているところが嬉しいウーマシャンプー。 髪や頭皮にこだわる多くの人に愛用されているシャンプーなんです。

ウーマシャンプーにはどんな効果があるの?

ウーマシャンプーの効果は、ただ優しく洗い上げるというだけではありません。

頭皮環境リプレイス理論という独自の考え方に基づいて、遺伝や男性ホルモン、生活習慣などの薄毛の要素となる原因を緩和するための成分配合にこだわっているんです。

つまり、薄毛や頭皮環境の悪化に悩んでいる人は頭皮環境を健やかに保つ効果が期待できるというわけなんですね。

ウーマシャンプーの効果って?

ウーマシャンプーの効果って?

薄毛対策や頭皮環境の改善が期待できます!

ウーマシャンプーの特徴を知ると、どんな人でも安心して使えそうだと思いませんか? しかもリンスがいらないなら面倒な手順がひとつ減りますよね。

この項目では特にウーマシャンプーをオススメしたい人の特徴についてご説明しますね。 ここで当てはまったらす試してみてはいかがですか?

肌が弱い人でも使用できる植物由来のアミノ酸系シャンプー

ウーマシャンプーをオススメしたい人の特徴としてひとつめに挙げたいのが、肌が弱い人

肌が弱い人の中には、シャンプーやリンス選びに苦労しているという人もいるのではないでしょうか。 でも一般的なシャンプーの洗浄成分は化学合成されたものが多いので、なかなか刺激から逃れられません。

ウーマシャンプーなら植物由来のアミノ酸系成分なので、肌の弱い人でも使って頂けます。 しかもリンス不要となれば、肌への心配も1つ減ると思いませんか?

フケや痒みなどの頭皮トラブルが気になる人

肌が弱いというわけではなくても、フケやかゆみなどの頭皮トラブルがあってシャンプー選びが難しい… そんな人にもウーマシャンプーはオススメできます。

髪の毛にハリやコシがなく抜け毛が気になる人

特に頭皮トラブルはないけれど、最近髪の毛にハリやコシがなくて… ウーマシャンプーがそんな人にも効果があったらいいと思いませんか?

実は、あるんです。 ウーマシャンプーには、年齢による頭皮の衰えに働きかける成分であるアミノ酸BCAAを配合。 さらに髪にハリやコシを与えてくれる、加水分解ケラチンという成分も配合しているんですね。

ウーマシャンプーはどんな髪の悩みにも応えてくれます

ウーマシャンプーはどんな髪の悩みにも応えてくれます

リンスがいらないという以外にも色々な効果が期待できるんですね。

ウーマシャンプーの色々な効果がわかりましたが、気になることが1つ。

どうしてウーマシャンプーにはリンスがいらないのでしょうか? もしかして単にリンスを作るのが面倒だから不要っていうことにしているの…?

いえいえ、もちろんそんなことはありませんよ。

ウーマシャンプー自体に保湿性がある

そもそも、シャンプーの後にリンスを使ったほうが良い理由は、シャンプーが髪を傷めるからです。

シャンプーによってキューティクルが開いてしまった場合、そのままにしておくと髪がどんどん弱ってしまいます。 それを保護するのがリンスの効果というわけですね。

でもウーマシャンプーなら馬油などの効果によって保湿性がありますので、リンスがいらないとされているんですよ。

リンスが不要?ウーマシャンプーの販売会社「ゼロプラス」の考えとは?

ちなみにウーマシャンプーの発売元であるゼロプラスは、リンス不要という説についてどう考えているのでしょうか。 そこも知りたいと思いませんか?

ゼロプラスの考え方としても、やっぱりリンスは不要と考えているそうです。 何故かというとウーマシャンプーの保湿効果に自信を持っているから!

ただ、どうしても髪がきしんでしまうという人のためにコンディショナーは販売しているんですよ。

本当に頭皮環境が整えば健康的な髪が生えてくるの?

ウーマシャンプーは頭皮環境リプレイス理論により、頭皮環境を整えてくれるシャンプー。 だけど頭皮環境を整えたからって本当に髪の悩みが解決できるの? そう思う人もいるかもしれませんね。

でも、髪の毛がどこから生えてきているか考えてみてください。 頭皮ですよね。 髪の毛は頭皮の奥にある毛包で作られます。 毛包は毛穴とも呼ばれていますが、外に繋がっているため頭皮環境とは密接に関係しているんですよ。

つまり、頭皮を健康にすることは髪の健康にも繋がると言えるんです。

頭皮の健康が髪の健康にも繋がる

頭皮の健康が髪の健康にも繋がる

頭皮環境を改善すると綺麗な髪が作られていきます。

リンスがいらないウーマシャンプー。 シャンプーするだけで頭皮や髪が健康になるなら今すぐ使いたい!と思う人も多いかもしれませんね。

でも、今日ウーマシャンプーを使ったからと言って明日すぐに頭皮環境が整うというわけにはいきません。 気長にじっくりやっていくことをオススメします。

ウーマシャンプーでの頭皮改善は気長に

ウーマシャンプーでの頭皮改善は気長に

すぐに全部解決できるわけではありません。 じっくりやっていきましょう!

さて、さきほどウーマシャンプーにはコンディショナーがあるというお話を少ししました。 リンスは不要だけどコンディショナーがあるというのはなぜ? それともリンスがいらないというのはウソ?

いいえ、それにはちゃんと理由があるんですよ。 ウーマコンディショナーについてご紹介します!

ウーマコンディショナーの特徴とは

リンス不要のウーマシャンプーですが、コンディショナーを作ったからにはやっぱり他の商品にはない特徴があるはず!

ウーマコンディショナーの大きな特徴は、ノンシリコンで無香料・無鉱物油・着色料無添加という、髪や頭皮に不安のある人にとって非常に嬉しいもの。 ここまで徹底したコンディショナーはなかなかありませんので、待ってました!と思う人もいるのではないでしょうか。

ウーマシャンプーだけの使用ではいけないの?

でも、ウーマシャンプーの売りはリンスがいらないということでしたよね。 どうしてわざわざコンディショナーを作ったのでしょうか。 ウーマシャンプーの使用だけではダメなの?リンス不要説はウソ? そんなふうに思ってしまう人もいるかもしれませんね。

大丈夫、基本的にはウーマシャンプーの使用だけで問題はありません。 それならコンディショナーだって不要なのでは…?

確かに普通はコンディショナーもいらないのですが、髪質によってはごわついてしまったり、髪のきしみがどうしても気になるという人もいます。 そういう人のために開発されたコンディショナーなんですね。

併せて使用することで期待できるメリットとは?

ウーマコンディショナーという商品があると、何となくシャンプーと一緒に使うことでメリットがありそうな気がしませんか?

でも、ウーマコンディショナーには発毛効果などは特にないようです。 あくまでも、髪のごわつきやきしみを抑えてくれるというだけなんです。 ですから、そういう悩みのない人にはコンディショナーもいらないということになりますね。

ただし使ったとしても頭皮の状態が変わる(悪くなる)ことがないので、そこは嬉しいポイントです!

ウーマシャンプーはやっぱりリンス不要

ウーマシャンプーはやっぱりリンス不要

コンディショナーも基本的にはいらないということになります。

ウーマシャンプーにリンスがいらない理由、わかっていただけましたか?

シャンプーだけでも十分OKなウーマシャンプー。 リンス不要ですが、どうしても気になる人はコンディショナーを使えば大丈夫です!

髪や頭皮に良くリンスのいらないウーマシャンプーを使って、頭皮の健康を一度見直してみてはいかがでしょうか。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。