目次

  1. リンスインシャンプーってどれがおすすめなの?
  2. リンスインシャンプーはどう選ぶ?【選び方】
  3. 【ランキング】おすすめのリンスインシャンプーTOP5
  4. 【まとめ】リンスインシャンプーのランキングをおさらい
  5. リンスインシャンプーはどれも同じじゃない!自分に合ったシャンプーを
リンスインシャンプー使ってみたいけれど…
リンスインシャンプー使ってみたいけれど…

どれがおすすめなのかわからない!

シャンプー、リンス、トリートメント…など、手間のかかるお風呂でのヘアケア。

疲れてるときや忙しいときなど、時間をかけられないこともありますよね。

そんなときにおすすめなのが、リンスインシャンプー
時短になり、お湯を使う量も少なくて済むしと、根強い人気を保っています。

今回は、そんなリンスインシャンプーの選び方と、おすすめ5製品をランキング形式でご紹介。

リンスインシャンプーを使ってみたい方、使っているけどほかの製品も気になるという方は、ぜひチェックしてくださいね!

まずは、リンスインシャンプーを選ぶポイントについて説明していきましょう。

購入する際に気をつけたいポイントは、以下の2つです。

  • 自分の好みや悩みに合う特徴があること
  • 買い続けられる値段であること

この2つのポイントについて、どういうことなのか具体的に見ていきましょう。

自分の悩みや好みに合う特徴がある

自分の悩みや好みに合わせて選ぼう!
自分の悩みや好みに合わせて選ぼう!

リンスインシャンプーを選ぶときのポイント1つ目は、自分の悩みや好みに合った特徴のある製品を選ぶこと。

髪の毛や頭皮の悩みは、人それぞれ違います。

敏感肌や乾燥など、悩みによって適した成分も異なるので、まずはその点に注目すると良いでしょう。

敏感肌なら、肌への刺激が少ないものがおすすめ。
アミノ酸系の洗浄成分を使ったもの、弱酸性のものなどを選ぶと良いですよ。

また、髪の毛にまとまりがほしい人、しっとりした手触りにしたい人なら、保湿成分が多く含まれたものがおすすめです。

ほかに、香りや泡立ちなどの好みに合わせてこだわってみるのもポイント。

このように、まずはご自身の悩みや好みに合った製品を探してみてくださいね。

買い続けられる値段

ヘアケア製品は、毎日使うもの。

どんなに良いものでも、高くて買い続けられないなら意味がありません。

継続して購入できる値段かどうかも、リンスインシャンプーを選ぶときには気をつけてほしいポイントです。

成分や好みはもちろん、値段も含めて検討するのがおすすめです。

ここからは、おすすめのリンスインシャンプー5つを、ランキング形式でご紹介していきます!

ランクインしているのは、人気の製品ばかり。
上記の選ぶポイントも踏まえて、ご自身に合っているかどうかチェックしてみてくださいね。

1位:クラシエ 海のうるおい藻

おすすめのリンスインシャンプー1位は、「クラシエ 海のうるおい藻」です。

  • 成分
    ・高級アルコール系洗浄成分
    ・11種類の海藻成分・海洋深層水(保湿成分)
    ・ディープマリン美容エッセンス(美容成分)
  • 金額(注1)
    ・ジャンボ(520ml):554円
  • 特徴
    ・アクアマリンフローラルの香り

「クラシエ 海のうるおい藻」は、コンブやワカメ、ヒジキなどといった海藻が持っている豊かな栄養成分と、マリンコラーゲン、マリンスクワラン、オレンジラフィーオイルなどの保湿効果の高い美容成分がたっぷり含まれています。

高級アルコール系の洗浄成分で、洗浄力が強めですが美容成分や保湿成分で、頭皮・髪の潤いを保ってくれます。

髪の毛の乾燥やダメージが気になる方に、特におすすめのリンスインシャンプーです。

注1:税込表示となります。
楽天市場参考(2017年8月時点)

2位:ライオン ソフトインワン

おすすめのリンスインシャンプー2位は、「ライオン ソフトインワン」です。

  • 成分
    ・高級アルコール系洗浄成分
    ・サラサラパウダー、シルクエッセンス(サラサラ成分)
  • 金額(注2)
    ・ポンプ(530ml):492円
    ・レギュラー(200ml):345円
    ・トラベル(60ml):332円

  • 特徴
    ・まとまり成分を含んだクリーミィな泡
    ・シトラスフルーティの香り
    ・早く乾く
    ・まとめやすくスタイリングしやすい

長年人気のあるリンスインシャンプー、「ライオン ソフトインワン」。

サラサラで指通りの良い髪の毛に仕上がります。旅行用のトラベルタイプも含め、本体の大きさが3種類あることも便利に使えるポイントですね。

泡立ちの良さが好みの方、サラサラでスタイリングしやすい髪の毛にしたい方に、特におすすめです。

今回ご紹介したサラサラタイプのほか、はちみつを配合した「しっとり」タイプと、フケやかゆみを防ぐ「スッキリデオドラント」タイプもあります。

仕上がりや目的でタイプを選んでみてくださいね。

注2:税込表示となります。
Amazon参考(2017年8月現在)

3位:プリグリオ オレンジシャンプー

おすすめのリンスインシャンプー3位は、「プリグリオ オレンジシャンプー」です。

  • 成分
    ・アミノ酸系洗浄成分
    ・ハーブコンプレックス(アンチエイジング成分)
  • 金額(注3)
    ・250ml:2,160円
  • 特徴
    ・オレンジの精油を配合
    ・低刺激性
    ・豊かな泡立ち

敏感肌用のトリートメント入りアロマシャンプーをコンセプトに開発された、「プリグリオ オレンジシャンプー」。

その名の通り、アロマでリラックスしながらも、ダメージケアをしてしっとりした髪の毛に仕上がるリンスインシャンプーになっています。

敏感肌で悩んでいる方、ダメージケアをしたい方、香りにこだわりたい方に、特におすすめです。

注3:税込表示となります。
メーカー希望小売価格(2017年8月現在)

4位:シーブリーズ リンスインシャンプー

おすすめのリンスインシャンプー4位は、「シーブリーズ リンスインシャンプー」です。

  • 成分
    ・高級アルコール系洗浄成分
    ・補修アミノ酸(保護成分)
    ・クリスタアミノパウダー(サラサラ成分)
  • 金額(注4)
    ・ジャンボサイズ(600ml):918円
  • 特徴
    ・アクアティックシトラスの香り

スッキリとした爽快な洗い上がりが人気の、「シーブリーズ リンスインシャンプー」。

汗や汚れでべたつく頭皮をスッキリ洗い上げサラサラな指通りの髪の毛にしてくれます。

仕上がりがさらっとするのが好みな方、スッキリとした洗い上がりを求めている方におすすめのリンスインシャンプーです。

注4:税込表示となります。
資生堂オンラインショップ参考(2017年8月現在)

5位:花王 メリット リンスのいらないシャンプー[医薬部外品]

おすすめのリンスインシャンプー5位は、「花王 メリット リンスのいらないシャンプー」です。

  • 成分
    ・高級アルコール系洗浄成分
    ・弱酸性
    ・ユーカリエキス・カモミラエキス・フルーツ酸(保湿成分)
    ・植物由来リコリスC(地肌を整える成分)
  • 金額
    ・ポンプ(480ml):645円
    ・レギュラー(200ml):371円
    ・ミニ(80ml):200円
  • 特徴
    ・医薬部外品
    ・ナチュラルフローラルのやさしい香り

こちらも、長年にわたって人気のあるリンスインシャンプー、花王のメリット リンスのいらないシャンプー。

ニオイの元となる汚れをしっかりと分解して落とし、サラサラで臭わない髪の毛に仕上げます。

弱酸性で髪の毛にやさしく、うるおい成分も配合。
植物由来のリコリスCという成分が、地肌の生まれ変わりも整えてくれます。

髪の毛のニオイが気になる人、さらっとした仕上がりが好みの人、頭皮のケアもしたいという人にオススメです。

注5:税込表示となります。
Amazon参考(2017年8月現在)

最後に、ここまで紹介してきた、5つのおすすめリンスインシャンプーの特徴と価格をまとめておきましょう。

成分 金額
クラシエ
海のうるおい藻
・高級アルコール系洗浄成分
・11種類の海藻成分(保湿成分)
・海洋深層水(保湿成分)
・ディープマリン美容エッセンス(美容成分)
520ml
554円
ライオン
ソフトインワン
・高級アルコール系洗浄成分
・サラサラパウダー
・シルクエッセンス(サラサラ成分)
530ml
492円
200ml
345円
60ml
332円
プリグリオ
オレンジシャンプー
・アミノ酸系洗浄成分
・ハーブコンプレックス
(アンチエイジング成分)
250ml
2,160円
シーブリーズ
リンスインシャンプー
・高級アルコール系洗浄成分
・補修アミノ酸(保護成分)
・クリスタアミノパウダー
(サラサラ成分)
600ml
918円
花王
メリット
リンスのいらないシャンプー
・高級アルコール系洗浄成分
・弱酸性
・ユーカリエキス・カモミラエキス・フルーツ酸(保湿成分)
・植物由来リコリスC
(地肌を整える成分)
480ml
645円
200ml
371円
80ml
200円

選ぶ際には、それぞれの特徴や値段などを比べてみてくださいね。

価格はすべて税込・2017年8月時点のものになります。

リンスインシャンプーなんてどれも同じなのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、それぞれの製品で成分や洗い上がり、値段などが異なります。

今回ご紹介したおすすめ製品の情報も参考にしながら、ぜひご自身にあったリンスインシャンプーを選んでみてくださいね!