目次

  1. 寝癖がハゲの指標になる!?
  2. 寝癖とハゲの関係とは
  3. 寝起きの薄毛チェック! 〜ハゲの初期症状を見逃すな〜
  4. すぐにできる!ハゲ・薄毛の対策方法
  5. ハゲる前に対策をはじめよう!

寝癖がハゲの指標になるという噂をご存知でしょうか?

朝起きた状態の髪を直す前にチェックをすると良いのだとか。

その朝の日課を続けるだけで、将来のハゲ対策に役立つかもしれません。

そこで今回は、寝癖とハゲの関係寝起きに見るべきチェックのポイントをご紹介します。

寝癖は、ハゲの指標になることがあります。

これは寝癖と髪質・髪質とハゲ、それぞれが密接に関係しているため。

寝癖は、髪質と下記のような関係があります。

  • 髪の硬さ
  • 髪の太さ
  • 髪のハリやコシ

細い、柔らかい、ハリやコシのない髪には、寝癖がつきにくいとされています。

また、もともと髪の毛が太くハリやコシがあった髪の毛が、細くなりハリやコシがなくなっている場合、髪の毛に十分な栄養が行き届かなくなっていることが考えられます。

栄養が行き届いていない状態は、薄毛やハゲにつながることが。

つまり、これまで寝癖がつきやすかった髪に、寝癖が見られなくなった場合、ハゲやすい状態になっている可能性があるのです。

今回は寝癖以外にも、寝起きにできる具体的な薄毛チェックの3ポイントをご紹介します。

2つ以上当てはまる方はハゲの初期症状かもしれません。

①枕に付いた抜け毛

まずは、寝ている間に抜けた量を確認してみましょう。

このときに注意したいのが、枕に付いた髪の毛が今までと比べて増えているかという点。

見てわかるほど増えている場合は、ハゲが始まっている可能性があります。

さらに、抜けている毛の質にも気をつけてみてください。

細くてハリコシがなかったり、細くて短いものばかりだとしたら、ハゲが始まっているなど、何かしらの異常があると考えられます。

②寝癖

2つ目のチェックポイントは寝癖があるかどうか

先ほどもお伝えしたように、以前ひどかった寝癖がつかなくなっている場合は要注意です。

また、寝起きの乱れた髪の間から、地肌が透けて見えている場合も、髪の毛が薄くなり始めている可能性があると言えるでしょう。

寝癖を直してしまう前に、確認してみてくださいね。

③頭皮状態

寝起きにチェックしたい最後のポイントは、頭皮の状態

乾燥してる、脂っぽく感じるといった場合は、何かしらの原因で頭皮環境が悪化していると考えられます。

また、前日の夜にしっかり洗髪をしたにも関わらず、朝にはすでにフケがある、といった場合も注意が必要。

頭皮環境の悪化を知らせるサインかもしれません。

頭皮環境の悪化は、ひどくなるとハゲに繋がりますし、健康な髪が育ちにくくなってしまうのです。

もし、上記のチェックで当てはまるものがあった場合は、早めのハゲ対策がおすすめです。

こちらでは、上記のような状態がみられる方におすすめの対策を4つ、ご紹介しますね。

  • (1)シャンプーの種類や方法を見直す
  • (2)生活習慣の改善
  • (3)スタイリング剤や薬剤の使用に注意する
  • (4)育毛剤で頭皮環境を整える

(1)シャンプーの種類や方法を見直す

まずご紹介するのは、費用もあまりかからず簡単にできるシャンプー種類や方法の見直しです。

シャンプーは、自分の頭皮タイプに合うシャンプーを使用するように心がけましょう。

選び方の1つの目安として、常にベタつきが気になる脂性肌洗い上がりの乾きが気になる乾燥肌か、自分の肌のタイプを見極めて選んでみてください。

■肌のタイプ別シャンプーの選び方

  • 脂性肌の方…「高級アルコール系シャンプー」と呼ばれる洗浄力の高いもの
  • 乾燥肌の方…「アミノ酸系シャンプー」と呼ばれる洗浄力が比較的優しいもの

さらに、頭皮に刺激が少ない方法で洗髪することも大切です。

■ヘアラボがおすすめしているシャンプーの手順

  • 髪をお湯のみで洗い流し、髪の毛に付着した汚れを落とす
  • シャンプーを手で泡だててから髪や頭皮につける
  • 指の腹を使い、優しく頭皮を洗う
  • すすぎ残しのないようしっかりと洗い流す

特に、爪をたてて地肌を洗っている人や、力を入れ過ぎている人は、頭皮を気づつけてしまっている可能性があるので注意が必要です。

指の腹を使い、マッサージするように優しく洗髪しましょう。

また、すすぎ残しは頭皮環境の悪化につながるので、しっかり洗い流すのもポイントです。

(2)生活習慣の改善

生活習慣の改善もハゲの対策につながります。

改善すべきポイントはこちら。

  • 過度なストレス
  • 食生活の乱れ
  • 不規則な睡眠

過度なストレスは頭皮の血行不良に繋がり、頭皮環境の悪化を招いたり、髪の成長に必要な栄養が届きにくい環境をつくってしまいます。

適度に運動をしたり趣味の時間をつくるなど、ストレスを発散させることを心がけてみましょう。

また、髪の毛の成長には十分な栄養が必要不可欠です。

特に、タンパク質やビタミン、ミネラルなどは髪を作るために必要な栄養なので、積極的に取り入れるようにしてくださいね。

さらに、睡眠時間の乱れや睡眠不足は、自律神経の乱れにつながり血行不良を引き起こしてしまいます。

ハゲ対策のためには、できるかぎり規則正しい生活をおくるように心がけましょう。

(3)スタイリング剤や薬剤の使用に注意する

また、ワックスなどのスタイリング剤を日常的に使用している人は、注意が必要です。

ワックスなどのスタイリング剤を頭皮につけ続けてしまうと、毛穴詰まりやフケの原因になりハゲにつながる可能性が。

スタイリング剤は、頭皮につかないように注意して使うのがおすすめです。

もし、頭皮についてしまった場合は、シャンプーをよく泡だてて洗うなど、頭皮に付着したままにならないようにしましょう。

(4)育毛剤で頭皮環境を整える

より本格的にハゲ対策をしたい方には、育毛剤の使用もおすすめです。

育毛剤とは今ある毛を健康に育て、抜け毛・薄毛を予防するもの。
価格は1ヶ月ほどの要領で数千円から1万円と開きがあります。

中でも、ヘアラボで人気の育毛剤はチャップアップ。

返金保証がついているので、初めて育毛剤を使用する方にも人気です。

寝癖の状態はハゲの1つの指標になります。

いつもの寝癖だからと、ただ直してしまうだけでなく、髪の毛の状態を教えてくれるパートナーとして注目していきたいですね。

また、ハゲが始まっているかもという方には、早いハゲ対策がおすすめです。

今回ご紹介したハゲ対策を参考にしながら、健康な髪の毛を育てていきましょう。