目次

  1. 理解してもらえない、おでこの悩み
  2. 広いおでこにお悩みの女性には自毛植毛がおすすめです
  3. 自毛植毛とは
  4. 広いおでこのお悩みポイント
  5. 女性の広いおでこの対処方法は色々ありますが…
  6. 自毛植毛による広いおでこ対策のメリット
  7. ただし、自毛植毛にはこんな注意点も…
  8. 仕上がりに後悔したくないなら、病院選びは慎重に…

おでこが広いって、女性でも理解されにくい悩みですね。 知的に見えようが、美人に見えようが、気にしているのに…。 「女は成人過ぎたら、おでこを出しなさい」って言うスピリチュアルな人々もいるそうです。 ため息でますよね。 前髪で隠していも、油断すると目立つ!それが、おでこ! いったい、どうしたらいいのでしょうか…。

広いおでこって
広いおでこって

生え際が後退している訳でも 頭頂部が薄い訳でもない。 ウイッグもエクステも使いにくい。 でも、気になりますよね。

確かに、広いおでこは髪型でごまかせます。 帽子などをかぶってみるのも効果的かもしれません。 …でも、そうじゃないんですよね。 一時しのぎじゃなくて、広いおでこを根本から解決したい! 髪型も制限されず、自由なオシャレを楽しみたい! そう思ったこと、ありませんか?

そんな人にお勧めするのは自毛植毛。 自毛植毛なら、シャンプーやプールもOK。 植毛後の髪も周りと同じように伸びるので、美容院にも行けるんです。 しかも、定着後は面倒なメンテナンスなどもありません。 いつも通りの生活から、広いおでこだけがなくなるんです!

広いだけが、悩みじゃない

広いだけが、悩みじゃない

ギザギサ生え際も悩みますよね。 ハゲじゃないけど、 みんなに、おでこを見せられない。 自毛植毛なら問題なしです。

自毛植毛は、その名の通り自分の毛髪を、自分の頭皮に移植する施術法。 自分の髪ですから、拒絶反応が起きにくく、安心です。 その最大の特徴が、植毛後の髪も自然に成長するということ。 人工毛のように、周りの髪に合わせてメンテナンスをする必要がありません。 自然と伸び、自然と白髪にもなるんです。 ですので、美容院でカットやカラーをしても問題なし。 ウィッグのように外れる事もないので、旅行だって、マッサージだって、やり放題ですよ。

植毛した髪が伸びる

植毛した髪が伸びる

これが、自毛植毛の最大の魅力です。 髪型にこだわる女性には 魅力的ですよね。

「おでこが広いと何か困るの?」とストレートに言ってくる人もいますよね。 でも、特に見た目にとって、おでこはとっても重要なパーツ。 実は、おでこが広いと困ることってたくさんあるんです。

顔のバランスが悪くなる

小顔であろうと、標準顔であろうと、おでこが広いとバランスが悪く、不自然な印象になってしまいます。* 女優さん達が出産後、一時的に生え際が後退した時にマスコミが色々書くのも、今までと違う印象だからでしょう。

顔が大きく見える

「顔が大きく見える」 悲しいですが、揺るがない現実です。 面積は同じでも、おでこが広いだけで顔全体が大きく見える。 額縁のある絵が、額縁のない絵より、小さく見えるようなものなんですね。

面長に見える

よく言われる、額が大きいと知的に見える理由は面長効果です。 女優さんも役柄によって、髪を上げたりしていますよね。 おでこが広いと、その分顔の「縦のライン」が強調され、面長のように感じるのです。

役柄で髪型を変える

役柄で髪型を変える

女優、俳優さんは、役柄に 合わせて髪型を変えています。 知的なキャラは、おでこ出してます。

ハゲているように見える

女性だけでなく、男性にも辛すぎるのは、ハゲているように見えること。 おでこが広いだけなのに、前髪が後退しているように感じられるのですね。 特に年齢が上がってくると、変に気を遣われるなんてことも…。 ハゲてはいない!と声を大にして言いたくても、そう見えてしまうのです。

老けて見える

老けて見えるのも、広いおでこの特性です。 逆に言えば大人ぼっく見えるとも言えますが、悲しいですね。 20代まではヒジネス的にはいいのですが、30代過ぎると、女性は老けて見えるのは、困りますよね。

見た目年齢は

見た目年齢は

目元よりも最初は髪ですね。 美容院でカットした後に 「若く見えるよ♪」と言われたら おでこ注意予報です。

広いおでこなんて、前髪で隠してしまえばいいのです! ぱっつん前髪、ななめに流す等、アレンジも豊富でオシャレも楽しめますよね。 メイクでも、生え際にファンデを付けるテクもあります。 なんだ!気にすることないじゃない…。

ただ、何も解決していません。おでこは広いままです。 突然の雨やプール、海、お風呂は気が気じゃないですよね。 絶叫マシンなんか別のところに恐怖を感じてしまいます。 そんな制限された生活、楽しめないですよね。 やはり一番は、問題を根本から解決することなんです。 自毛植毛ならば、それができます。 ちょっとのことにコンプレックスや憂鬱を感じることなく、心から楽しめますよ!

おでこをデザインできる

おでこをデザインできる

ただ、一直線に生えるだけじゃ ウイッグみたいでつまらない。 自毛植毛ならば、なりたい 生え際が創れます。

では、どうして自毛植毛がいいのでしょうか。 自毛植毛のメリットを見ていきましょう。

効果が望める

ヘアエステも、育毛剤も、頭皮を健康にし、髪を育てます。 ただ、絶対に効果があるのか?と言われると、高確率ではあるげど、絶対とは言い切れない面もあります。 しかし、自毛植毛は自毛植毛専門の医師が行う医療行為。 その定着率も人工毛植毛よりも高く、効果が期待できるのです。

拒絶反応がない

人工毛植毛は、体質によっては合わない事もあります。 人毛のウイッグも、やはり土台部分で合わないことがあるようです。 しかし、自毛植毛は自分の元気な毛根を植毛するので、拒絶反応はほとんどありません。 肌の弱くて、化学系が苦手な女性には、特にオススメです。

メンテナンスの必要がない

自毛植毛と、その他の方法との決定的な違いはメンテナンスがいらないこと。 増毛でもウイッグでも、買ったら終わりには絶対ならないんです。 人工毛は伸びませんが自毛は伸びます。 ウィッグも常に装着し続けているわけにもいかず、定期的にメンテナンスが必要なんです。 しかし、自毛植毛は植毛後の髪も周りと同じように成長するので、メンテナンスは必要ありません。。 美容院に行って、お好みの髪型にするだけです。

ピンポイントで増やせる

ピンポイントで増やせる

自毛植毛の大きな魅力です。 ここだけ生えて欲しい! 自然に生えて欲しい! 自毛植毛なら大丈夫ですよ。

自毛植毛は、広いおでこで悩む女性には確実な方法ですが、デメリットは当然あります。 どんな点に注意する必要があるのでしょうか? チェックしていきましょう。

傷跡が残る可能性がある

傷跡が残るというと、女性には衝撃的でよね。 かなり広範囲の植毛、メスを使う方法だと、傷跡の可能性はゼロではありません。 ただ、メスを使わない植毛方法ならば、傷跡は残りにくいですよ。 どんな施術でも、経験値が高いほど名医なので、自主植毛の治療が長く、患者数が多いクリニックならば、どちらの方法でも、傷跡は残りにくいでしょう。

顔の周辺が腫れる可能性がある

自主植毛をすると、絶対に顔が腫れるという事ではありません。 医療行為を行うのですから、体調、術後に無理をすると腫れる可能性もありますという事です。 でも、仮に腫れたとしても一過性ですので、心配はいりません。 親知らずを抜く時のように、施術前夜は、よく眠る。 施術後は、無理をしないで、早く休む。 これで、リスクは激減しますよ。

医者にも老舗はあります

医者にも老舗はあります

開院したばかりのクリニックが 悪いという訳ではありません。 ただ、長く診療しているのは 安心の目安ですからね。

時間がかかる

自主植毛には、植毛の範囲によって変わりますが3~7時間かかります。 主な自毛植毛の流れは、ドナーの採取→ドナーの株分け→移植。 扱うものは髪なのですから、とても細かい作業であることは想像できますよね。 さらに、ドナーを一株ごとに採取する場合は、より時間がかかります。 また、一回に移植できる数も限りがありますので注意が必要ですよ。

30代に患者が多い

30代に患者が多い

高額な自毛植毛ですが 意外な事に、30代に人気です。 若いから深刻かもしれません。

時間もお金もかかってしまう自毛植毛。 「失敗した」「イメージと違う」なんて、絶対にあってはならないですよね。 そうならないためにも、クリニックは慎重に選ぶ必要があります。 何となく近くにあったから…なんて決め方はせず、しっかり選ぶことが重要ですよ!

おすすめできる自毛植毛クリニックの特徴

やはり、1番は患者数でしょう。2番は歴史ですね。 患者が少なければ、腕も観察眼も落ちていきます。 逆に患者が多ければ、多いほど腕も上がり、患者の悩み、要望に合わせた植毛をしてくれるでしょう。 女性にとって、髪はただ生えているだけの存在ではありません。 「髪は女の命」という言葉もあるくらい、重要なものなのです。 そんな悩める女性を救うには、多くの患者を相手にしてきたクリニックが一番。 自分に合った施術方法を提案してくれるはずですよ!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。