目次

  1. 自毛植毛後に髪が抜けるのはなぜ?
  2. そもそも自毛植毛とは?
  3. 自毛植毛ってどのくらいもつの?
  4. 自毛植毛後に髪が抜けるのはショックロスが原因?!
  5. ショックロスを防ぐ方法は?
  6. 抜けた後に毛がはえてこなかったら…
  7. 自毛植毛で抜ける毛は、新しい毛髪を生やすための下準備

自毛植毛をしたのに、植毛後に髪の毛が抜けてしまったら、不安になりますよね! それはもっともなことだと思いますよ。

でも、正しい知識や専門家の助けがあれば、心配ありません。 自毛植毛は、薄毛を解決する最高の対策と言えるからです!

なぜ自毛植毛が最高の対策と言えるのか、その理由を詳しくご紹介していきます。

自毛植毛後に髪の毛が抜けるのはイヤ!
自毛植毛後に髪の毛が抜けるのはイヤ!

せっかく自毛植毛に期待を持って行ったのに 施術後に髪の毛が抜けたら恐くなりますよね。

自毛植毛とは、列記とした麻酔の伴う外科手術のことです。 髪の毛の生えていない頭皮に、健康な髪を移植する手術の名称です。

健康な髪の毛を頭皮と一緒に採取し、髪の毛をはやしたい頭皮に移植します。 移植する毛髪は、生命力の強い後頭部や、頭の両脇から採取して使用することが一般的です。

自毛植毛と人工毛植毛の違い

植毛方法には、大きく分けて二つの種類があります。 自毛植毛人工毛植毛です。

その違いは、自分の毛髪を使うか、 それとも人工の合成繊維を使うかの違いです。

それぞれの植毛方法には、メリットとデメリットがあります。 自毛植毛には、とりわけメリットが多いのです。

自毛植毛はメリットが多い?

自毛植毛は薄毛解消に対して、唯一の答えと言われるほど多くのメリットがあります。 以下が自毛植毛のメリットです。

  • AGA(男性型脱毛症)の影響を受けにくい
  • 成功すれば、髪の毛が生え続ける
  • 皮膚科学会にて正式に承認されている医療処置
メリットの多い自毛植毛

メリットの多い自毛植毛

安心して取り組むことができる植毛です!

半永久的というのが答えです。 ただし、植毛後にしばらくして抜け落ちることがあります。

しかし、心配はありません。 先ほどご紹介しましたように、自毛植毛は自分の毛髪を使用します。

私たちの髪の毛のサイクルには、抜け落ちる時期があります。 この時期を休止期と言います。

自毛植毛をした毛髪が抜け落ちても心配がいらないのは、休止期に入っているに過ぎないからです。

休止期(およそ3ヶ月)を過ぎて、再び成長期を迎えれば、自毛植毛した箇所からも再び髪の毛が生えてくるのです。

自毛植毛で植えた髪は数カ月後に抜ける!?

確かに、自毛植毛を終えた後に、 施術をした箇所の毛髪は数カ月すると髪の毛が抜けると言われています。

その理由の1つは、毛髪サイクルが変わるからだそうです。 自毛植毛を行うために、頭皮から引き離した髪の毛には、血流がいき渡らなくなります。 そのために、毛髪サイクルが休止期に入るのです。

そして休止期に入った毛髪は成長がストップし、数カ月すると抜け落ちてしまうことがあります。 ただ、しばらくすれば成長期が始まるので、自毛植毛をした箇所から髪の毛が生え始めてくるのです。

ヘアサイクルとは

髪の毛には、寿命があります。 その寿命を大きく3つのサイクルに分けることができます。

  • ①成長期  髪の毛は成長し、伸び続ける期間です。  期間は2年~6年です。

  • ②退行期  髪の毛の成長が遅くなる時期です。  期間は2週間です。

  • ③休止期  細胞分裂が終わり、髪の毛の成長がストップする時期です。  この時期に髪の毛が抜け落ちます。  下に新しい髪の毛が生えてくる時期でもあります。  期間は3~4カ月です。

一度抜けたあと、生え揃った髪はどれくらいもつ?

半永久的とお考えください。 なぜなら、自毛植毛後の髪の毛は一般的な毛髪サイクルに従って、成長しやがて抜け落ち、 さらに新しい髪の毛が生えてくるということを繰り返すからです。

ただし、無理に引っ張ったり、シャンプーを雑にしてしまうなどの、基本的な髪の毛への扱い方が悪ければ、 自毛植毛をした箇所の髪の毛が成長してくれないこともあるでしょう。 普段の最低限のケア続けていく必要があります。

ずっと生え続ける

ずっと生え続ける

自毛植毛後に、 ずっと髪の毛が生え続ける! 本当に嬉しいですね♪

自毛植毛をした後に、ショックロスが原因で、 植毛ヶ所の髪の毛が一時的に抜けることがあるます。

しかし、短期的な症状で、 抜け落ちた箇所からも髪の毛が再び生えて来るといわれています。

また抜け落ちる箇所も、 自毛植毛をした箇所と、麻酔を施した箇所になります。

ショックロスとは

ショックロスとは、自毛植毛を施した箇所の髪の毛が、一時的抜け落ちる症状のことを言います。

植毛前から生えていた、植毛箇所付近の髪の毛が抜けてしまうのです。 化学的に、その原因については正確なことは分かっていないようです。

しかし。原因ではないかと考えられていることはいくつかあります。

  • ①施術で使用した麻酔の影響
  • ②移植部分の炎症
  • ③毛髪サイクルの乱れ

こんな場合は要注意!

ショックロスは、男性よりも女性に起きやすいと言われています。

また、毛根が弱っている場合には、自毛植毛をしても抜け落ちてしまい、再び生えてこないこともあるようです。

AGAになっている方や、後頭部の毛髪が薄くなっている女性の方は要注意と言えるかもしれません。

ショックロスが起きやすい条件

ショックロスが起きやすい条件

事前に特定の条件をご自身が満たしていれば、 ショックロスについて想定しておくことが できるでしょう。

ショックロスは未然に防ぎたいですよね。 ここに自分でできる方法についてご紹介しますね。

  • 腕の良い一流のクリニックの医師を選ぶ  植え付け箇所の穴あけ作業や移植株を小さなものにするなどの  高い技術が求められるため。

  • 手術後から、医師の提案を活用する  毛髪の成長を促すために、できることは積極的に続けていく必要があります。  医師とのコミュニケーションを図り、正しい方法で行うのが良さそうです。

ショックロスを防ぐのは難しい…

ショックロスの科学的な原因が解明されていませんので、 ショックロスを未然に防ぐことは難しいのが現状です。

自毛植毛をした箇所の毛髪が、何らかの影響を受けることで抜け落ちてしまいますが、 比較的に太くてしっかりとした毛髪は残る傾向が多いようです。

また、一度に広い範囲を自毛植毛をされた方は、 それだけ頭皮へのストレスが増えますので、 ショックロスで抜ける毛髪も多くなるようです。

ですから、自毛植毛をする際には、 施術する頻度本数などを前もって考えておくと良いのです。

自毛植毛を行う前にはカウンセリングを

自毛植毛は列記とした外科手術です。 問診票を用いて、正確に頭皮の状態や健康状態も調べることが大切です。

今の頭皮の状態を調べたり、専門医師によって診察を行ったうえで手術方針が決定されていきます。

傷跡が頭皮に残ってしまったり、不自然に仕上がってしまったり、 または抜け落ちてしまったりなどの定着率の悪さが出ないためにも、 事前に良い医師を選び、カウンセリングをしてもらうことが大切と言えます。

自毛植毛は、術後のケアも大切と言われています。

術後のシャンプーの仕方や日常生活の送り方などが原因となり、 自毛植毛の後に抜けた髪が生えてこなければ、 担当した医師に相談することをお勧めします。

そして、術後のケアについて提案を受けた点を 真摯に取り組んでいくことが大切です。

良い自毛植毛は、良いカウンセリングから

良い自毛植毛は、良いカウンセリングから

カウンセリングをすれば 不安疑問を解消することができるでしょう!

自毛植毛は副作用も少なく、 長い目で見れば確実に髪の毛が増えていく施術と言えるでしょう。

術後にはショックロスなどによって、 自毛植毛箇所やその付近の髪の毛がはげてしまうことがあります。

しかし、それはあくまでも、これから新しい髪の毛が生えてくる準備段階と言えます。

自毛植毛によって、自分本来の髪の毛が得られるというのは本当に嬉しいことですよね!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。