目次

  1. 女性に多い、牽引性脱毛症の原因と対策を検証します!
  2. 牽引性脱毛症とは?
  3. 牽引性脱毛症の原因ってなに?
  4. こんな女性は牽引性脱毛症に注意!
  5. 牽引性脱毛症の対策は、身近なところにあります!
  6. おすすめな牽引性脱毛症の対策って何?
  7. 牽引性脱毛症の動画で原因や対策をもっと深く知る!
  8. 牽引性脱毛症の原因・対策はしっかり押さえて!

牽引性脱毛症は、女性が多く発症すると言われています。 男性も発症する場合がありますが、症例は女性の方が多いです。 その原因は、女性ならではの生活習慣にあります。

女性は男性に比べると、髪型をアレンジする機会が多いですよね。 髪の長い人は、結んだりすることもあるでしょう。

実はここに、牽引性脱毛症の原因が潜んでいるんです。

あなたも牽引性脱毛症になっているかも?
あなたも牽引性脱毛症になっているかも?

ヘアアレンジの機会が多い人は注意?

牽引性脱毛症とは、地肌が引っ張られることが原因で起こる抜け毛です。

牽引性脱毛症は若い人でも起きやすい脱毛症であり、 10代や、20代前半で牽引性脱毛症になる人もいるくらいです。

ひどくなると、部分的にはげてしまったり、極端な場合は全体的に薄毛になる事も!

効果的な対策は何があるのでしょうか? 身近に潜む牽引性脱毛症の原因とともに、探っていきましょう。

なんだか地肌が目立つ?
なんだか地肌が目立つ?

それは牽引性脱毛症のサインかも?

牽引性脱毛症には、いくつか原因があります。

冒頭に述べた同じ髪型を続けることも原因の一つですが、 それ以外にも、牽引性脱毛症を引き起こす可能性があるんです。

牽引性脱毛症は、生活習慣が原因で引き起こされる可能性もあります。   

⑴同じ髪型を続ける

髪を結んでいたり、おでこを出しているときは、 どうしても地肌が引っ張られてしまいます。

この状態が続くと、髪にかかる負担が大きくなってしまい、 地肌が目立つようになります。

ポニーテールやお団子など、髪を強く引っ張る髪型を続けている方は、 牽引性脱毛症になりやすい可能性があります。 髪型以外では、エクステンションも牽引性脱毛症の原因の一つとなります。

有効な対策は、髪を結ぶ時間を短くすること。 少しでも髪にかかる負担を減らすことで、 牽引性脱毛症の発症を防ぐことが期待できます。

⑵血行不良

牽引性脱毛症の原因となるのは、髪型だけではありません。 頭皮の血行不良もまた、牽引性脱毛症を引き起こす可能性があるんです。

血行不良が起きていると、髪に十分な栄養が届きません。 なので、髪の成長が遅れてしまい、地肌が目立ちます。

頭皮の血行を促進する対策をとらなければ、 牽引性脱毛症が進んでしまう可能性があります。

おしゃれもほどほどに。
おしゃれもほどほどに。

やりすぎは、牽引性脱毛症の原因になります。

⑶頭皮に強い刺激を与える

意外と見落としがちな牽引性脱毛症の原因の一つに、 頭皮への強い刺激があります。

たとえば、髪を根元からかきあげたり、 力を入れてブラッシングをしていると、 頭皮に強い刺激が加わってしまいます。

日頃の習慣を見直して頭皮への刺激を少なくすることで対策すると良いでしょう。

原因がはっきりしている牽引性脱毛症は、 若い年代の女性でも発症しやすいのが特徴です。

普段何気なく行っていることが、 牽引性脱毛症を招いているかも…。

あなたはこんなことをしていませんか?

⑴髪型が決まっている人

あなた普段、どんな髪型をしていますか? 地肌が引っ張られる髪型をいつも選んでいませんか?

長時間同じ髪型をしている、毎日同じ髪型を選んでいる女性は気を付けて! それは牽引性脱毛症を招く、原因の一つです。

大人はもちろん、子供であっても髪型には注意が必要です。 若くして牽引性脱毛症を発症する人も、多くいるのです。

面倒だから、楽だから。 そんな理由で髪型を固定していると、 知らないうちに牽引性脱毛症になってしまう可能性があります。

⑵エクステンションを付けている人

髪のおしゃれとして注目されている、エクステンション。 これが原因で牽引性脱毛症になった女性もいます。

エクステンションは地毛に編み込んだり、 接着剤で地毛につける必要があるため、 どうしても髪が引っ張られてしまいます。

かつらやつけ毛と違って長時間つけているので、 地肌への負担も大きくなってしまう可能性があるんです。

普段の習慣が、牽引性脱毛症を招く?
普段の習慣が、牽引性脱毛症を招く?

髪型も、原因の一つです。

⑶生活習慣が乱れている人

牽引性脱毛症の原因の一つに、頭皮の血行不良があります。 血行不良は、生活習慣の乱れによって発生します。

喫煙や飲酒、睡眠不足など。 日頃の生活習慣が体にストレスを与え、血行不良を招く原因を作っています。

血行不良が続くと髪の成長も止まってしまうので、 牽引性脱毛症が起きやすくなる可能性があります。

牽引性脱毛症対策で大切なのは、髪と関連する習慣を見直すことです。 髪型はもちろん、普段の生活習慣を改めることも大事なんです。

どんなことが牽引性脱毛症に影響を与えているのか。 それを探りながら、対策を考えていきましょう。

⑴髪をほどく時間を作る

同じ髪型を長時間続けることは、牽引性脱毛症の原因の一つになる可能性があります。 予防や改善のためには、髪のほどいて負担を減らすことが大切です。

髪をしばる時間があっても構いませんが、 必要な時間が終わったら、ほどくようにしてください。 一日中縛りっぱなしということが無いように、気を付けてください。

休日やお風呂上り、就寝時など、 髪をほどいてもいい時間を見つけておくことが大切です。

髪をほどいた後は、ブラッシングをして髪の流れを整えてください。 ほどいたままにしておくと、髪に癖がついてしまいます。 癖がついた髪はなかなか戻りません。

髪の負担を取り除くことが大切!
髪の負担を取り除くことが大切!

牽引性脱毛症対策は、まず髪型の見直しを!

⑵丁寧にブラッシングを行う

あなたは普段、髪を引っ張るように力を込めてブラッシングをしていませんか?

途中で絡まったときに、髪を引っ張ってしまう。 そんな方は要注意です。

ブラッシングを行う時は、髪の根元ではなく途中から、 力を入れずにゆっくりと動かしてください。

正しくブラッシングができれば血行促進にもつながり、 牽引性脱毛症の予防対策にもなります。

毎日のことだからこそ、ブラッシングは丁寧に行ってください。

⑶女性用の育毛剤を使用する

女性用の育毛剤を使うことで、滞っていた髪の成長を促進させられます。 血行促進効果が期待できる育毛剤なら、牽引性脱毛症対策にも期待できます。

自分にあった育毛剤を見つけて、対策してみるのもいいかもしれませんね。

牽引性脱毛症対策として育毛剤を使うこともおすすめです。

生活習慣を見直し、髪への負担をなくすことが大切。 その上で、育毛剤により自身の毛髪を育てることで薄毛対策ができますよ。

なお、育毛剤を選ぶときは、 女性の薄毛に対応したものを選びましょう。

牽引性脱毛症になってしまう女性には、共通点があります。 それは、普段の髪型です。 長い髪をまとめていることが多い人は、特に注意が必要です。

髪型以外にも、牽引性脱毛症を引き起こす原因は存在します。 有効な対策も合わせて、知っておきましょう!

牽引性脱毛症は、女性に多い!

牽引性脱毛症の原因は、髪型にあります。

女性の誰もが発症する可能性のある、牽引性脱毛症。 原因と対策をしっかりと押さえておけば、予防できるかも知れません。

何が原因で牽引性脱毛症や女性のハゲが起きるのか、 対策として何をすればいいのかを、しっかり押さえておきましょう!