目次

  1. 髪の毛の毛先が細い人は薄毛に要注意...?
  2. そもそも髪の毛の毛先が細くなる原因とは?
  3. なぜ髪の毛の毛先が細いと薄毛に繋がると言われているの?
  4. こんな人は特に要注意!
  5. 毛先が細い人向け!薄毛予防方法!
  6. 髪の毛の毛先が細いと感じたら早めに対策を!

今、近くに抜け毛は落ちていませんか? あったという人は毛先に注目してみてください。

もし抜け毛の毛先が細いという人は要注意。 そのまま放っておくと薄毛になってしまう可能性があるんです。

どうしてそんなことになってしまうの? 将来の薄毛を防ぐことはできないの?

心配ありません。 解決策をひとつずつご説明していきますので、よく読んで今日から対策を始めていきましょう!

ちょっと抜け毛に注目
ちょっと抜け毛に注目

抜け毛の毛先が細い人は薄毛に注意です!

髪の毛の毛先が細い状態になってしまった原因は一体何なのでしょうか。 考えられる理由は大まかに3つ。

ひとつずつご紹介していきますので自分に当てはまるものがないかどうかを考えながら読んでみてください!

①髪の毛の栄養不足

毛先が細い状態になってしまう理由のひとつめは髪の毛の栄養不足

体の栄養は命に関わる部分に優先して配分されていきます。 その中で髪の毛の優先順位は一番下。 ですから体全体の栄養が不足してしまった場合、髪の毛まで栄養が来てくれないことになってしまうんですね。

髪の毛は体の健康のバロメータでもあるということ。 毛先の細い抜け毛を見つけたら生活をちょっと振り返ってみましょう。

②皮脂により毛穴が詰まってしまっている

毛穴が詰まってしまうことも髪の毛に異常が出る原因になります。

毛穴が詰まると健康な髪の毛をつくる働きが弱くなってしまいますので、健康な髪の毛になってくれません。 毛先が細い髪の毛は、私たちに異常を知らせてくれているんですよ。

普段から皮脂が多い人は普段の生活やシャンプーのしかたを見直すなど、ちょっと気をつけるといいかもしれませんね。

③髪の傷みが原因になっていることも…

実は髪の毛全体が傷んでいる場合も似たような状態になることがあります。

髪が傷んで枝毛になると枝分かれした部分から割けてしまうことがありますよね。 それで毛先が細くなってしまうというわけ。

いずれにしてもそのまま放置してしまうとどんどん髪の毛が弱くなったり傷みが進んでしまうことがあるので、早めの対処が鍵になります。

髪が傷んでしまっている場合も注意
髪が傷んでしまっている場合も注意

枝毛が割けることによって毛先が細い状態になっていることも考えられます。

髪の毛の毛先が細くなる理由についてご紹介してきました。

でも、毛先が細いだけであとは普通の太さになっているなら別に問題ないのでは? そう思う人もいますよね。

実はその考えはちょっと甘いんですよ。 詳しく見ていきましょう。

⑴髪の毛が十分に育たないまま抜けてしまっている可能性がある

髪の毛は大体2~4年くらいで生え変わると言われています。 ということは、今日抜けた毛が2年以上前のものならそれは自然に抜けた髪の毛ということになりますよね。

普通髪の毛は1ヶ月に1㎝くらい伸びると言われています。 つまり2年経つと24㎝。

あなたの今日の抜け毛が24㎝以上で毛先が細いならそれは生え変わりによるもの。 でも、もし10㎝に満たないのに毛先が細い場合は… 髪が十分に育つ前に抜けてしまっているということですよね。

この場合、健康な髪の毛を作る機能が正常に働いていないということになります。 つまりこれから薄毛になってしまう可能性が高いということなんですよ。

⑵髪の傷みも放置は危険!

枝毛によって毛先が細い状態になってしまっている場合も、放っておくと薄毛になってしまう可能性があります。

枝毛をはじめ髪の毛が傷んだ状態というのは、髪の毛のキューティクルが剥がれてしまった状態。 キューティクルがなくなってしまうと、ダメージが髪の内部にまで浸透します。 そして髪を伝って、穴まで傷ついてしまうことがあるんですよ。

ですから髪が傷んでいるだけ…と思って放置することは厳禁。 しっかりケアすることが大事なんですね。

あなたの抜け毛は大丈夫?
あなたの抜け毛は大丈夫?

抜け毛は色々なことを教えてくれるんですよ。

では、抜け毛の毛先が細い状態の人で、特に気を付けるべき人はどういうタイプなのでしょうか。

これから薄毛になってしまう可能性が高い状態をご紹介しますので、もし当てはまっている人がいたら今すぐ対処を!

①毛先の細い抜け毛を発見した男性

男性は基本的に髪の毛が短い人が多いですよね。 抜け毛の長さも大体10㎝以下という人が多いと思います。

にもかかわらず毛先が細い抜け毛を発見してしまったら要注意。 髪の毛をつくる機能が弱くなってしまっている可能性が高いです。

そのまま放置してしまうと数年後には…という可能性がありますので、ぜひすぐに対策を立てましょう。

②パーマやヘアカラーを頻繁にする人

パーマやヘアカラーを頻繁にするという人も要注意です。

毛先が弱っているということは、髪と一緒に頭皮も弱っている状態。 そんな時にパーマやヘアカラーで薬剤を頭皮につけてしまうと、髪の毛をつくる働きがもっと弱くなってしまう可能性があります。

毛先が細く髪が弱っている人はしばらくパーマなどは控えて、正常の頭皮と髪の毛を取り戻すようにして下さい。

髪が傷んでいるならパーマなどは控えて
髪が傷んでいるならパーマなどは控えて

まずは健康な髪の毛と頭皮を取り戻しましょう

では、毛先の細い抜け毛を発見してしまったら、どうやって薄毛を予防していけば良いのでしょうか。 考えられる対策をご紹介していきますね。

すぐに始めれば健康な髪の毛を取り戻すことが期待できますよ!

①生活習慣を見直す

健康な髪の毛を取り戻すために一番有効なのは生活習慣を見直すことです。

髪の毛のあらゆる不調は体の不調と繋がっています。 つまりバランスの取れた食生活をし、タバコやお酒は控える。 そして良質な睡眠を十分に取ることで体を元気にしていけば、頭皮にも栄養が行きわたり、健康な髪の毛が作られますし、ダメージを受けづらい丈夫な髪の毛が育っていきます。

この機会にぜひ、毎日の生活を見直してみてください!

②シャンプーなどのヘアケア剤を刺激の少ないものにする

普段意識している人は少ないかもしれませんが、実は市販のシャンプーやその他のヘアケア剤には刺激の強すぎるものが多く存在します。 そのため、使うたびに頭皮に不要な刺激を与えてしまっているというケースも少なくありません。

毛先が細い抜け毛が増えてしまっている状態は、頭皮に異常が出ている状態。 そのまま刺激の強いヘアケア剤を使い続けてしまうと頭皮がもっと傷む原因にもなってしまいます。

ぜひ、オーガニックなどの刺激の少ないものに変えるなどして、頭皮と髪の毛を守ってあげて下さい。

シャンプーを変えてみることも薄毛予防の第一歩
シャンプーを変えてみることも薄毛予防の第一歩

オーガニックなど刺激の少ないものに変えてみてください

毛先の細い抜け毛が多い人は薄毛になりやすいという噂は、どうやら本当のようでしたね。 でも、気付いたらきちんと対策をすれば薄毛は未然に防ぐことが期待できるんですよ。

髪の毛の不調は体の不調のバロメータでもあります。 髪だけでなく体全体も労わって、ぜひ健康な髪と頭皮を手に入れましょう!