目次

  1. 最近、髪の毛が細い気がする
  2. 髪の毛が細いってどういう状態?
  3. 髪の毛が細い原因を知ろう!
  4. 髪の毛が細い人の対策はこちら!
  5. 髪の毛が細い原因を知り、薄毛予防をしましょう!
前に比べて髪の毛が細くなった気が…
前に比べて髪の毛が細くなった気が…

こんな噂を聞いたことはありませんか?

「髪の毛が細い人はハゲやすい…」

確かに髪の毛が細いと、どうしても薄毛に見えやすいことはあります。

けど、生まれつき髪の毛が細いことは、抜け毛やハゲと別の話。

それよりも「以前に比べて、髪の毛が細くなった人」は注意です!

なぜなら、髪の毛が細いのは、AGA(男性型脱毛症)の始まりかもしれないからです。

そこで今回は、髪の毛が細い原因から対策までを徹底解説!

まずは、「髪の毛が細い」とは、どういう状態かを見ていきましょう。

直径が0.06mm以下は細い髪の毛!
直径が0.06mm以下は細い髪の毛!

髪の毛が細いとは、どういう状態を言うのでしょうか?

実は髪の毛が細い基準ってあるんですよ。

細い髪の毛とは髪の毛の直径(毛径)が0.06mm未満のこと。

髪の毛の太さには、上の図にある、メデュラという鉛筆の芯のような組織や、その周りのコルテックスが関わっています。

そして、柔らかく細い髪の毛はコルテックスの密度が低く、キューティクルも薄い特徴があり、外からの刺激で傷みやすいので注意が必要です!

では、どうして髪の毛が細くなるのか? その原因を見ていきましょう。

どうして髪の毛が細くなるの?
どうして髪の毛が細くなるの?

それでは「髪の毛が細い原因」を見ていきます。抜け毛や薄毛予防のためにも、しっかり理解しましょう。

◎髪が細い原因は以下の3つ

  • (1)ヘアサイクルの乱れ
  • (2)頭皮の血行不良
  • (3)髪の毛の栄養不足

まずは「ヘアサイクルの乱れ」から見ていきましょう。

(1)ヘアサイクルの乱れ

ヘアサイクルは、髪の毛が成長して抜けていく周期。髪の毛は常に成長して古くなると抜け、また新しい髪の毛が生えます。

まずは「ヘアサイクルの乱れ」から説明します。

ヘアサイクルは"髪の毛の一生"です。

髪の毛は一定の期間で成長しては抜ける、というサイクルを繰り返しています。

◎具体的なサイクルは以下の通り

  • 成長期:髪の毛が伸び続ける期間
  • 退行期:髪の毛の成長が弱まる期間
  • 休止期:毛が抜け落ち、次に生える毛を待つ期間

「ヘアサイクルの乱れとは、この中の「成長期の期間が短くなる」こと。

そして、ヘアサイクルが乱れることで、髪の毛がしっかりと成長できず、細い弱々しい髪の毛になり、抜け毛になってしまいます。

では、なぜヘアサイクルは乱れてしまうのでしょうか?

ヘアサイクルの乱れは「男性ホルモンの影響」

ヘアサイクルが乱れる原因「男性ホルモン」
ヘアサイクルが乱れる原因「男性ホルモン」

ヘアサイクルの乱れには、男性ホルモンが大きく関わっています。

上の図をご覧ください。

まず、何らかの原因で、男性ホルモンであるテストステロンが、毛根部分にある5αリダクターゼⅡと結びつきます。

すると、テストステロンが、よりホルモン作用の強いDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。

これが男性ホルモン受容体と結びつくことで、TGF-βという脱毛因子が生まれます。

このTGF-βが成長期の期間を短くし、髪の毛の成長を抑制するのです。

その結果、髪の毛はしっかりと成長せず、細い髪の毛になってしまうんですね。

少し難しい文章が続いてしまったので、表にして整理しましょう。

  • (1)男性ホルモン(テストステロン)が5αリダクターゼⅡと結びつく
  • (2)それによってDHTが生成され、男性ホルモン受容体と結びつく
  • (3)TGF-βが生まれ、成長期が短くなる(ヘアサイクルが乱れる)
  • (4)髪の毛の成長が抑制され、成長しきる前に抜け落ちる

(2)頭皮の血行不良

ストレスによる頭皮の血行不良が…
ストレスによる頭皮の血行不良が…

2つ目の原因は「頭皮の血行不良」

頭皮は、血液を通して栄養素を得ています。

しかし、血行不良により、頭皮に栄養が行き渡らなくなると、髪の毛は十分に成長することなく細いまま抜けやすくなってしまうのです。

ちなみに、血行不良を招く原因として以下の3点が挙げられます。

  • ストレス
  • 運動不足
  • 喫煙・過度なアルコールの摂取

それぞれについて、簡単に解説しますね。

■ストレス

ストレスが溜まると、交感神経が優位になります。

交感神経は血管を収縮させる働きがあるので、血行不良を招いてしまうのです。

■運動不足

人は運動をすることで、全身の血液を循環させています。

つまり、運動不足が続いてしまうと、血液の循環が滞り、血行不良を招いてしまうことがあるのです。

■喫煙・過度なアルコールの摂取

喫煙は血管を収縮させてしまい、血行不良を招きます。

また、過度なアルコール摂取も血管を収縮させてしまい、血行不良を招いてしまうんですよ。

(3)髪の毛の栄養不足

3つ目の原因は「髪の毛の栄養不足」

髪の毛に必要とされる栄養素が不足していると、髪の毛がしっかりと成長せず、細い毛になってしまうことがあります。

主な栄養素としては、次の3つが挙げられます。

  • タンパク質
  • ビタミン
  • 亜鉛

それぞれについて簡単に見ていきましょう。

■タンパク質

髪の毛はケラチンと呼ばれるタンパク質で構成されています。

ですから、髪の元となるタンパク質は、髪の成長には必要不可欠なのです。

■ビタミン

ビタミンもまた、髪の成長には大切な栄養素です。

ビタミンにも多くの種類があるので、それぞれの役割について見てみてくださいね。

  • ビタミンA
    抗酸化作用があり、皮膚(頭皮)を丈夫にしてくれます
  • ビタミンB群
    たんぱく質をアミノ酸に分解してくれます(注1)
  • ビタミンE
    血行を促進し、頭皮環境を整えてくれます

■亜鉛

亜鉛は、アミノ酸をケラチンに合成するのに不可欠な栄養素です。(注2)

また、体内では生成できない栄養素なので、食べ物から摂取する必要があるんですよ。


注1・2:摂取したたんぱく質は、アミノ酸に分解されます。その後、アミノ酸が再合成されることによってケラチンになります

ここまでで、髪の毛が細くなってしまう原因について説明してきました。

では、以上の原因を踏まえて、細い髪の毛に気づいたらどのような対策を取ればよいのでしょうか。

ここからは「髪が細い人の対策方法」を見ていきましょう。

先ほどの原因を踏まえての対策は以下の3つ。

  • (1)AGA治療薬の服用
  • (2)生活習慣の見直し
  • (3)髪の毛に必要な栄養素を摂取

順番に説明していきますね。

(1)AGA治療薬の服用

内服薬はクリニックで処方してもらいましょう
内服薬はクリニックで処方してもらいましょう

まずは、ヘアサイクルの乱れを改善する方法から。

ヘアサイクルの乱れを改善する方法は、AGA治療薬を服用することです。

日本でAGA治療の内服薬として認可されているのは、「プロペシア」「ザガーロ」の2つです。

「プロペシア」はフィナステリド、「ザガーロ」はデュタステリドという主成分より形成されています。

これらの成分は、ヘアサイクルの乱れの原因となる「5αリダクターゼ」の作用を抑える効果があると認められています。

フィナステリドは2010年に、日本皮膚科学会のAGAの診療ガイドラインにおいて「強く推奨する」と、最高ランクのA評価を受けました(注1)。

ザガーロは2015年に厚生労働省から認可を受けた新薬です。

ただし、どちらの治療薬も医師による処方が必要な医薬品であるため、次のような副作用を伴う恐れがあります。

  • 胃部不快感
  • 性欲減退
  • 勃起不全など

副作用が見られましたら、服用を中止し、クリニックの医師に相談することをおすすめします。

※ヘアラボでは医師を介さない内服薬の個人輸入は、推奨しておりません。 必ずAGA治療を行うクリニックなどで受診をしましょう。 また、プロペシアとザガーロは成人男性専用薬剤で女性や未成年者の服用は認められていません。


注1:日本皮膚科学会「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)P.8参照

(2)生活習慣の見直し

良質な睡眠は大切なストレスケア
良質な睡眠は大切なストレスケア

2つ目は、頭皮の血行不良の改善について。

頭皮の血行不良の改善には以下の3点を心がけることが大切です。

  • ストレス発散
  • こまめな運動
  • 喫煙・アルコール習慣の見直し

それぞれについて説明しますね。

■ストレス発散

ストレスによる血行不良を避けるために、ストレスの発散方法を見つけてみてはどうでしょうか。

定期的にランニングで汗を流すのもいいですし、たまには遠くへ出かけてみるのもいいかもしれませんね。

あなただけのストレス発散方法を探してみてください。

■こまめな運動

仕事帰りは一駅歩く、エレベーターではなく階段を意識して使うなど、些細なことから始めてみてはいかがでしょうか。

小さな積み重ねが、血行不良の改善につながっていくんですよ。

■喫煙・アルコール習慣の見直し

ただでさえ喫煙は体に害があります。

髪に危機感を覚えたなら、悪しき習慣を思い切って断つ勇気も大切ですよ。

また、アルコールを過度に飲まないように注意しましょう。

お酒の席では必ず2杯まで、といった様に、事前に飲む杯数を決めておく癖をつけることをおすすめします。

(3)髪の毛に必要な栄養素を摂取

3つ目は髪の毛の栄養不足を解消するために、髪の成長をサポートする食事を心がけましょう。

ここでは先ほど紹介したタンパク質、ビタミン、亜鉛を含む代表的な食べ物を紹介します。

毎日の食事の参考にしてみてくださいね。

◎含硫アミノ酸を含むタンパク質(ケラチンの主成分)

  • 魚(アジ、サバ、イワシ、サンマや白身魚)
  • 鳥のささみ
  • ヒレ肉
  • チーズ
  • 豆腐
  • 納豆

◎ビタミンB群(タンパク質をアミノ酸に分解する)

  • 牛乳
  • マグロ
  • レバー
  • パセリ
  • バナナ

◎亜鉛(アミノ酸をケラチンに合成する)

  • 牡蠣
  • 牛もも肉
  • 豚レバー

今回は髪が細い原因とその対策方法について解説いたしました!

細い髪の毛に気づいたら、早めの対策を心がけてくださいね。

最後に、本記事の重要ポイントをまとめておさらいしましょう。

◎髪が細くなる原因

  • (1)ヘアサイクルの乱れ
  • (2)頭皮の血行不良
  • (3)髪の毛の栄養不足

◎対策方法

  • (1)AGA治療薬の服用
  • (2)生活習慣の見直し
  • (3)髪の毛に必要な栄養素を摂取

本記事がみなさまのお役に立てたら幸いです。