目次

  1. 薄毛は自力で改善できる可能性があります!
  2. 自力で薄毛を改善する方法とは
  3. 本格的に薄毛を改善するには育毛剤・発毛剤を
  4. 薄毛を改善するために、生活のなかで簡単にできることも
  5. 【重要】自力で治らない脱毛症もあります
  6. 育毛剤・発毛剤でしっかり薄毛を改善しよう
薄毛は自力で改善できるの?
薄毛は自力で改善できるの?

クリニックに行くのは不安…

「薄毛を改善したいけれど、病院やクリニックへ行くのには抵抗が…」
「自力で薄毛を改善することはできないのかな」

病院やクリニックで薄毛を改善するにはお金も時間もかかりそうですよね。
また、お医者さんとはいえ、薄毛を他人に知られるのは恥ずかしいという方もいるでしょう。

そこで今回は、自力で薄毛を改善する方法をお伝えします。

目的にあわせて、それぞれの改善策をご紹介していますので、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね!

自力で薄毛を改善する方法には、以下の2種類あります。

  • 育毛剤や発毛剤を用いた本格的な改善方法
  • 生活のなかで簡単にできる改善方法

「薄毛の進行を食い止めたい」「毛を増やしたい」という方には、育毛剤発毛剤がおすすめ。

「まだそこまで薄くはないけれど、これから薄毛になるのを予防したい」という方には、生活のなかで簡単にできる改善方法をご紹介します。


それでは、最初に育毛剤・発毛剤の説明から始めます。

育毛剤と発毛剤
育毛剤と発毛剤

それぞれの違いを見ていきましょう

本格的に自力で薄毛を改善するには、育毛剤や発毛剤を用いることをおすすめします。

似たような名前ですが、育毛剤発毛剤全く別のもの
大きな違いをまとめると、以下のようになります。

育毛剤の特徴>

  • 効果:育毛・発毛促進・脱毛予防など
  • 体への影響:緩和
  • おすすめの人:今ある毛を丈夫に育てたい人

発毛剤の特徴>

  • 効果:発毛
  • 体への影響:副作用の可能性がある
  • おすすめの人:毛を生やしたい人/使用上の注意をしっかり守れる人

このように、かなり異なっていますので、さまざまな点を考慮して「どちらが自分に合うのか?」を選択しましょう。

もっと詳しく知りたい方のために、これから育毛剤・発毛剤の詳細を解説していきます。

医薬部外品の育毛剤

今ある髪の毛をしっかり育てたい方、脱毛・抜け毛を改善したい方におすすめなのが、育毛剤

医薬部外品」として効果が認められています。
その効果とは、育毛、発毛促進、脱毛・抜け毛の予防、フケ・かゆみの抑制など。

具体的に言うと、今ある髪の毛を丈夫に育てる・抜け毛の量を減らす・頭皮環境を改善するなどが期待できますよ。

また、人体への作用が強くないことも医薬部外品である特徴です。


「ではどんな育毛剤がいいの?」という方にはチャップアップをおすすめします。

毎日数万人が訪れるヘアラボで、一番人気の育毛剤です。

ちなみに、女性用育毛剤でおすすめなのは、「ベルタ育毛剤」。

有効成分天然由来成分がしっかりと配合。パッケージのデザインは透き通ったデザインでとてもおしゃれ。
女性がいつまでも綺麗な髪を保てるように、さまざまなこだわりのある育毛剤です。

より本格的な発毛剤

使用上の注意を守りながら新しい髪の毛を生やしたい方には発毛剤がおすすめ。

発毛剤は、発毛効果があると認められた「医薬品」です。

大きく外服薬(塗るタイプ)と内服薬(錠剤タイプ)に分類することが可能。

さまざまな種類がありますが、今回はオンラインストアなど個人で購入できる外用薬を紹介します。

もちろん、発毛剤には副作用が報告されているので、利用する上では使用方法をしっかりと守りましょう。


女性は、安全性が保証されていないため、男性用の発毛剤を使ってはいけません。
必ず女性専用の発毛剤を選びましょう。

「まだそこまで薄毛が進行しているわけではないけれど、将来のために今から薄毛予防をしたい」

そんな方には、普段の生活のなかで可能な薄毛予防をご紹介します。

育毛剤や発毛剤で本格的な対策をする方も、ぜひ参考にしてくださいね。
さっそく、具体的にどんなことをすればいいのかを見ていきましょう。

1)食生活を見直そう

いますぐ薄毛改善のためにできること
いますぐ薄毛改善のためにできること

髪に優しい生活を送りましょう

薄毛を改善するために、まずは食生活を見直しましょう。

髪の毛に充分な栄養が送られるように、栄養バランスのとれた食事を摂ることが大切。

栄養不足になるような過度なダイエットをしたり、ジャンクフードやコンビニ弁当などを頻繁に食べるのは控えましょう。

ちなみに、髪の成長には「たんぱく質」「ビタミンB群/A/C/E」「亜鉛」が大きく関わっていると言われています。
これらの栄養素が含まれている食物を意識的に摂るようにすると"より"いいでしょう。

2)良質な睡眠をとろう

良質な睡眠をとることも、薄毛の改善につながります。

睡眠中には成長ホルモンが分泌されて、髪の毛の新陳代謝は進みます。
睡眠不足だと、髪の毛がしっかりと成長しなくなることに。

目安として、6時間以上は眠りましょう。

また、成長ホルモンは眠りについてから最初の3時間のうちに多く分泌されるといわれています。

ここで深い睡眠がとれるように心がけましょう。

深い睡眠をとるには、入浴・食事・喫煙・飲酒などは寝る2~3時間前までに済ませておくといいそうですよ。

3) ストレスを解消しよう

ストレスは、直接的に薄毛の原因になるわけではありませんが、長い目でみれば髪の毛にとって良い影響はもたらしません。

ストレスは自律神経を乱し、その結果、血行不良を生じさせるのです。

血行が悪くなると、髪の毛に充分な栄養が送られなくなり、薄毛につながることも。

ストレスは溜めこまないようにして、適度に発散しましょうね。

4) シャンプーは頭皮にあったものを選ぼう

いますぐ薄毛改善のためにできること
いますぐ薄毛改善のためにできること

髪に優しい生活を送りましょう

薄毛を改善するために、シャンプーは、頭皮の状態にあったものを選びましょう。

普段から頭皮がベタつきがちの方は、洗浄力の強いシャンプーで、しっかりと皮脂を落としてくださいね。
頭皮に皮脂が多く残っていると、頭皮が炎症を起こして薄毛の原因となってしまいかねません。

また、頭皮の乾燥しがちな方には、保湿力の高いシャンプーをおすすめ。
乾燥した頭皮に洗浄力の強いシャンプーを使うと、頭皮は不足した皮脂を補うために、皮脂を過剰に分泌してしまうからです。


シャンプーには多くの種類がありますが、なかでも「スカルプD」は、頭皮の状態にあわせてシャンプーを選べるのでおすすめですよ。

下のリンクから、ぜひ公式サイトをご覧になってください。

▼スカルプDについて、さらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてくださいね。

5) 適度な運動をしよう

適度な運動をすることも、薄毛の改善には効果的。

とくに、有酸素運動血行促進効果があるので、続けると髪の毛に充分な栄養が送られるようになりますよ。

おすすめの有酸素運動は、ショギングやウォーキング水泳サイクリングヨガなどなど。

ぜひ、無理のない範囲で生活に取り入れてみてくださいね。

6) 頭皮マッサージで血行を促進しよう

"薄毛予防のための血行促進"という観点では頭皮マッサージもおすすめ。

1回5分程度を目安に、継続して毎日行うことで、持続的な効果が期待できますよ。

シャンプー後、寝る前など時間を取って頭の血行を促進させましょう。


▼頭皮マッサージについて、より詳しいやり方や効果について知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください

7) タバコやアルコールは控えよう

いますぐ薄毛改善のためにできること
いますぐ薄毛改善のためにできること

髪に優しい生活を送りましょう

タバコやアルコールも、薄毛の原因に数えられます。

まずはタバコと薄毛について。

タバコを吸うと…

  • 毛細血管が収縮する
  • ビタミンC(髪の成長に大事な栄養)が多く消費される

このように髪の毛の成長を妨げる要因が発生してしまいます。


一方で、アルコールの過剰摂取も、薄毛を招くことに。

多量のアルコールを分解するために、肝臓は多くのアミノ酸を消費します。   このアミノ酸とは、髪を構成するタンパク質の生成に大きな関わりをもつ栄養素。 つまり、アミノ酸が足りなくなると髪の毛の形成が阻害されてしまうのです。

以上を持って、タバコ・アルコール摂取を控えることを推奨します。

薄毛の改善のためには禁煙・喫煙をするのが一番ですが、難しいという方は、タバコやアルコールの量を減らしてみることから始めましょう。

<振り返り>薄毛を予防するために!頭皮・髪に優しい生活

薄毛を改善するために、生活のなかでできることをご紹介しました。

まとめて振り返っておきましょう。

  • 食生活の見直し
  • 良質な睡眠をとる
  • ストレスを解消する
  • 頭皮の状態にあったシャンプーを選ぶ
  • 適度な運動をする
  • 頭皮マッサージで血行を促進する
  • タバコ・アルコールは控える

どれも、「今すぐ薄毛が改善する」というものではありませんが、日頃から頭皮や髪に優しい生活を心がけておくことで、薄毛になりにくくなりますよ。

自力では改善するのが難しい場合も
自力では改善するのが難しい場合も

不安ならクリニックに行きましょう

ここまでご紹介してきた改善方法は、一般的な薄毛、いわゆるAGA(男性型脱毛症)FAGA(女性男性型脱毛症)に対しての解説でした。

これらの脱毛症は育毛剤・発毛剤の使用などで自力で改善できる可能性があるもの。

ただ、薄毛の原因となる脱毛症には、特殊なものもあります。

自分の薄毛が以下の疑いがある場合は、自己判断せずにまず病院・クリニックを尋ねてください。

  • 円形脱毛症…突発的に髪の一部分が脱毛。十円ハゲと呼ばれることも

  • 牽引性脱毛症…きつく縛る髪型クシの梳かしすぎによる抜け毛

  • 粃糠性脱毛症…多量のフケが毛穴を塞ぐことによる脱毛

  • 脂漏性脱毛症…皮脂の過剰分泌が毛穴が塞ぐことによる脱毛


まずはお近くの皮膚科で診断してもらいましょう。 改善が難しいほど症状が深刻な場合、大学病院などで診てもらうことになる可能性もあります。

自力で薄毛を改善する方法として、育毛剤で今ある髪の毛をしっかり育てて現状維持をするやり方と、発毛剤で新たな髪の毛を生やすやり方とをお伝えしました。

そこまで大きく薄毛の進行していない方は、普段の生活のなかでできることをして、薄毛予防に努めましょう。

改善方法を試してみても変化の見られない方は、一般的な薄毛ではない可能性もあるので、不安を感じた場合には自力にこだわらず、すぐにクリニックを受診してみてくださいね。

▼関連記事