目次

  1. 髪を増やしたい?減らしたい?
  2. 髪の毛を増やすサプリメントは存在しない?!
  3. 育毛サプリと発毛内服薬、違いについて知っていますか?
  4. 発毛内服薬は髪の毛を増やせても、副作用が起こることも?
  5. 直接髪の毛は増やせませんが…育毛サプリは、育毛・発毛の強力なサポーター!
  6. ただし、こんな育毛サプリには要注意!
  7. しっかり知識をつけて、健やかな頭皮環境を手に入れましょう!

サプリメントって何でしょうか? 髪の毛に限らずダイエット、ピント合わせ、ボケ防止など種類も豊富ですが サプリメントとは「足りない部分を補う食品」なんです。

たんぱく質できている髪の毛は食生活に影響されます。 頭皮が髪の毛を増やす為の土台を準備し 育毛ケアやAGA治療をより生かすのがサプリメントなのです。

髪の毛で体調が解る?
髪の毛で体調が解る?

ダイエットや乱れた食生活で 髪の毛はバサバサになります。 病気になる前に一休み、一休み。

しつこく書きますが、薬機法上は存在しません。 しかし、髪の毛を増やすと実感されている栄養素はあります。 ただ人によって、体調によって、食生活によって 体が欲する栄養素が違うのです。

髪の毛を増やすと言われているのが たんぱく質ビタミン各種亜鉛、など。 ノコギリヤシのサプリメントも有名ですよね。 これらサプリメントが効果があるかどうかは、 性別によっても差があります。 衝動買いは禁物ですよ。 詳しく見ていきましょう。

育毛サプリは、食品、もしくは医薬部外品に分類されます。 発毛内服薬は、医師の処方が必要な医薬品です。 当然、医薬品の方が髪の毛を生やす効果は期待できます。

しかし、内服薬には“使用がむずかしい点”もあります。

「発毛内服薬の方が発毛効果が期待できるのに、 サプリの方がいいってどういうこと?」と思うでしょう。 その疑問について、詳しく見ていきます。

まずは、育毛サプリ

薬局やコンビニで手軽に買えるサプリから 通販限定の高品質サプリまで幅が広いのが育毛サプリです。

「最近、なんとなく」「分け目が気になる」という人など、 ちょっと試してみようかな?という感覚の方は、育毛サプリのほうがおススメできると思います。

処方箋がいる医薬品は、髪の毛を生やす効果が期待出来るものなので、 そもそも、今ある髪の毛を育てるという役割の育毛サプリとは目的が異なるのです。 さらに、髪の毛に対して効果が強いということは、 その分副作用というリスクも拭いきれません

体質によっては、自分に合わない成分が入っているサプリもありますが足りない栄養を補うものとして使う分には、リスクが大きすぎるということはそれほどないと言えるかもしれません。

内服薬はすごい

AGA(男性型脱毛症)が深刻な人は発毛内服薬がオススメです。 医師の診察と処方箋はいりますが、その分発毛効果が期待できます。

ただし、先ほども申し上げた通り、 髪の毛を生やす効果が期待できる分、注意点もあります。

内服薬は副作用の可能性もゼロではありませんので、 狭心症、高血圧、低血圧、持病のある人には負担が大きい と言われています。 内服薬お求めになりたい場合は、お近くの皮膚科もしくはAGA治療を行っているクリニックでご相談の上、お求めください。 ※ハゲラボのポリシーにより個人輸入は推奨いたしません。

医薬品だからこそ
医薬品だからこそ

髪の毛が生える、増やすと 表記できる医薬品ですが 誰でも使用はできません。

発毛内服薬でほとんどと言っていいほど処方されるのが ミノキシジルフィナステリドです。 これら2つの発毛効果はよく知られていますよね。 しかし、効果が高い分制約もあり 未成年、女性、持病などで服用出来ない場合があります。 医師の診察と処方は、患者の安全の為。 必ず医師の診察を受けてから処方してもらいましょう!

ミノキシジルの副作用

リアップにも配合されているミノキシジルの発毛効果には定評がありますが、 かゆみ、湿疹、めまい、血圧低下などの副作用も報告されています。 これらの症状は、元々ミノキシジルが血管を広げて血圧を下げる 高血圧症の飲み薬だった事によるものなのです。 降圧剤を飲んでいる人、高血圧、低血圧の人は ミノキシジルの使用は控えたほうがいいでしょう。 診察を受けてからの服用で副作用のリスクは減ります。

※発毛剤の副作用に関しては諸説あり、ハゲラボでは「具体的な症状に関する保証はできないが、副作用が起こりうる可能性は十分にある」というスタンスを取っています。利用の判断を行う場合は、まず専門のお医者様に相談しましょう。

副作用があると言われてきた「ミノキシジル」ですが、 現在は落ち着いてきました。 それは、使えない人への告知を徹底したからです。 特に、発毛内服薬は医師が診察いるので、さらにリスクは下がります。 診察なしの個人輸入は副作用のリスクがあるので要注意です。 ヘビースモーカー、深酒の人も医師に相談してください。

発毛内服薬は必要か?
発毛内服薬は必要か?

診察、処方は面倒ですが、 病歴、体調はともかく本当にAGAなのかは医師の診断が信頼できます。

フィナステリドの副作用

商品名プロペシアとして 世界60カ国で販売されているAGA治療薬ですが、 元は前立腺の治療薬でした。 髪の毛を増やすのではなく、 毛根の成長を妨げる男性ホルモンを抑えることで髪の毛の寿命を延ばし、 抜け毛を減らしていく発毛内服薬です。

性欲減退などの副作用もあると言われていますので、 必ず医師の診断を受けましょう。

※発毛剤の副作用に関しては諸説あり、ハゲラボでは「具体的な症状に関する保証はできないが、副作用が起こりうる可能性は十分にある」というスタンスを取っています。利用の判断を行う場合は、まず専門のお医者様に相談しましょう。

肝臓が弱い、という人はプロペシアは向いていません。 肝臓は代謝と分解をしてますので薬すべてが、大きな負担なのです。

少なからず副作用が発生する場合がありますので、 医師の診察を推奨いたします。

プロペシア

AGA治療薬として有名です。 処方に医師の診察が必須です。

育毛サプリには、髪の毛を増やすという直接的な効果はありませんが、 育毛サプリは髪の毛を増やす頭皮環境を整える役目という事には向いています。 高校野球のマネージャーのようなものですね。 実際に活躍するのは選手ですが、 マネージャー無くして存分なプレイはできません。

頭皮や髪の毛が痩せこけていれば、 育毛効果のある医薬品でさえも十分にその力を発揮できない事があります。

育毛サプリは健康な頭皮にしてくれる縁の下の力持ちなのです。

体に優しい育毛サプリ
体に優しい育毛サプリ

育毛サプリで頭皮環境をととのえましょう!

サプリメントはあまり副作用がないと思われがちですが、もちろん注意が必要な部分もあります。

どんなものでもまがい物は存在します。 特に、育毛サプリは要注意です。 どんなものが怪しいのでしょうか?

過大な育毛効果をアピールする

「絶対生えます」「誰でも生えます」 「すぐに生えます」は少し疑ってみたほうがいいでしょう。 むしろ、健康被害があるかもしれません。 髪の毛を増やす医薬品でもないのに、バンバン表記するのは、薬事法違反です。 そんな育毛サプリに髪の毛を増やす力があるかどうか怪しいところですよね。 過大に広告して、売れたら消える悪質業者も中にはいます。 過大な広告には注意してください。

他製品より異常に安い

育毛サプリとはいえ、高品質であろうとすれば 原材料に相応の対価が必要になります。 特に天然成分は高くはなっても、安くなることはないでしょう。 そういう成分を何十種類も配合していて、なおかつ安い育毛サプリがあるなら 少し疑ってみたほうがいいでしょう。 中には表記された成分が入っていない、限りなく少量という場合もあるそうですよ。

口コミの評価が悪い

発毛内服薬は医師による診察、処方箋があって購入できるので 使用者の口コミがあまりありませんが、 育毛サプリはネットなどですぐにたくさんの口コミを見つけることができます。 購入者限定の口コミを活用しない手はありませんよね。 数ある育毛サプリの中から低評価の育毛サプリを選ぶことはありません。 口コミを育毛サプリを選ぶ基準にしてくださいね。

すぐには効果は出ません
すぐには効果は出ません

発毛内服薬でも効果があらわれるまで数ヶ月要することも、、、

髪の毛を増やす発毛内服薬 髪の毛を増やす頭皮を作る育毛サプリは 脱毛症の種類、軽度が重度化で使い分けると負担も少なく育毛に励めます。

ただ、育毛サプリの中には、「絶対生えます」などと謳った 薬事法違反サプリがありますので、ご注意を。 頭皮と懐が寂しくなるだけですよ。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。