目次

  1. 楽しみが多い夏、しかし抜け毛の心配も...
  2. 夏は抜け毛が増える…?
  3. 夏の抜け毛の原因は?
  4. こんな人は夏の抜け毛に要注意!
  5. 夏の抜け毛の対策方法まとめ
  6. 夏の抜け毛の原因を知り、適切な対策を

楽しい夏の季節、海ではしゃいだり、花火を見て楽しんだり、ワクワクすることがたくさんありますね! ただ、夏は髪の毛にとって抜け毛のリスクが高まるとても危険な季節。夏になったら抜け毛が増えたな〜なんて経験、皆さんありますよね? なぜ、夏になると抜け毛は増えるのでしょうか? そして、夏の抜け毛の対策法は...?

夏場は30℃を超す暑い日が続きますが、暑くなると人間の皮膚はどうしても乾燥しやすくなります。 乾燥を防ぐために分泌されるのが皮脂ですが、この皮脂の量が多すぎると、毛穴のつまりやかゆみの原因となり、抜け毛が増えてしまう可能性が高まります。

また、夏場はなんといっても直射日光を浴びやすく、紫外線を受ける量も増えます。 紫外線は髪の毛にダメージを与えるだけでなく、頭皮の乾燥の原因にもなってしまいます。 紫外線は最悪の場合毛母細胞にもダメージを与え、その働きを低下させ、抜け毛・薄毛が増える可能性があります。

とにかく、夏は抜け毛リスクがいっぱいな季節ですね。

夏の抜け毛
夏の抜け毛

まったく薄毛の症状がない方でも、夏場の抜け毛は増える傾向があります。

紫外線

夏場の強い紫外線は、直接髪の毛を傷める原因になるだけでなく、頭皮に様々なダメージを与えます。頭皮にダメージを受けると、頭皮全体の血液の流れが悪くなってしまい、頭皮へ十分な栄養分が届かなくなるので、抜け毛につながると考えられています。

海水浴やプール

海水浴やプールにも抜け毛が増える原因があります。その原因は塩素です。塩素は髪の水分や皮脂を奪って乾燥した状態にしてしまいます。また、髪のキューティクルやメラニン色素を壊してしまう可能性もあると言われています。

海水浴とプール
海水浴とプール

開放感がいっぱいになり、普段の嫌なことをすべて忘れて遊ぶことができ、ストレス解消にもなる場所ですが、リスクもあるんですよ。

大量の汗

汗をかいて、そのままにしてしまうと頭皮が蒸れてしまいます。そうなると皮脂の分泌量が増えてしまったり、細菌が発生してしまい頭皮の状態を悪くしてしまいますし、汗に埃や皮脂がくっついてしまって毛穴を塞ぐなどの原因になってしまうこともあるそうです。

熱帯夜による睡眠不足

夏場になると暑すぎて寝れない経験はありませんか...?寝不足が続くと抜け毛の本数が増えてしまうと言われています。 睡眠には身体が休息・修復・成長していくのですが、頭皮や髪の毛もそれと同様なことが言えます。 つまり、頭皮や髪の毛もしっかりと休ませてあげないと、髪の毛が回復しないまま細くなってしまい、育って成長していくことができないため抜け毛となってしまう可能性があります。

睡眠は大事
睡眠は大事

身体全体を休めるためには必要不可欠なのです。しっかりと睡眠をとり、髪が抜けにくくしていきましょう。

冷房

夏には冷房は欠かせませんが、最近では長時間のクーラーの冷房がかかった部屋に長時間いることが多いです。それによって肌が乾燥してしまい、頭皮も乾燥肌になりやすくなってしまいます。乾燥肌になると、皮膚の分泌も少なくなり、頭皮がカサカサになってしまうのです。皮脂の過剰分泌もダメですが、少なすぎるのも役目を果たすことができなくなってしまいます。

汗かき

そもそも汗は身体の体温調節をするためにかくのです。これは、身体を正常に機能させる温度にしようとしてくれるからなのです。 夏場に汗をかくと、あせもが出来てかゆくなることがあります。あせもは、汗は出てくる場所がないと皮膚の中に溜まってしまい炎症が起きた状態です。 これが頭皮で起こってしまうと、抜け毛の原因となることがあります。

夏の暑さの影響で食生活が変わった

髪の必要な栄養素は、食事から取り入れられています。偏った食生活をしていると、髪の毛に重要な栄養が不足しがちになってしまいます。 夏の暑さの影響で夏バテになっていませんか? 夏バテで食欲がなくなり、冷たいものや、軽く食べられる料理だけしか食べないなど、偏った食生活をしてしまうと、栄養不足になり、髪の毛の成長に必要な栄養分が摂取できなくなってしまいます。

イベントの多い夏。無理なダイエット・運動を始めた。

食事制限によるダイエットは、気付かないうちに体や髪に必要な栄養まで制限していることがあります。体が痩せるだけでなく、髪の毛も痩せてしまってはいけません。 また、急に運動を始めた場合は、筋肉疲労回復のために多くの栄養が必要になり、髪や肌よりも優先的に栄養が使われてしまうため、運動を習慣にするのであれば今まで以上にしっかりと栄養を取ることが大切です。

栄養不足
栄養不足

髪の大切な栄養素をしっかりと摂り、抜けにくい髪を育てましょう。

ストレスを感じている方

夏は熱帯夜で睡眠不足になったり、夏のイベントで忙しかったりと、実はストレスを感じやすい季節。 ストレスは血管を収縮させ、頭皮に十分な栄養を運ぶことができなくなってしまいます。 長期的なストレスを感じている方は、リラックスを心がけ、頭皮の血行促進をさせる必要があります。

紫外線カット

紫外線が頭皮に与えているダメージは大きいです。血行不良や日焼け、頭皮の老化など様々な影響があります。外出時には直接紫外線を浴びないように帽子や日傘で予防したり、UVカットヘアスプレーをするのがおススメです。活性酸素を減らす食事をするのもとても大切です。ビタミンやポリフェノールが活性酸素を減らすのに効果的な食べ物だからです。

しっかりとUV対策
しっかりとUV対策

紫外線は頭皮にもよくありません。 外出の際はしっかりと対策しましょう。

育毛剤を使用する

育毛剤を使用して抜け毛の対策する人も増えているんですよ。

育毛剤は、自身の今ある毛髪を育てることによって薄毛対策をしてくれるアイテムです。

最近は、持ち歩いても恥ずかしくないデザインの育毛剤も多く、女性用の育毛剤もしっかりしているんです。

海やプールの対策

まずは紫外線対策として顔や身体に日焼け止めを塗る方は多いと思いますが、これと同じように髪や頭皮にも紫外線をカットしてくれる日焼け止めがあるのです。必ず使う前にはパッチテストなどをして、自分の頭皮に合うかどうかの確認が必要になります。

次に、海やプールから上がって休む時に塩素などを水でこまめに髪の毛を洗い流してください。そうすることで髪や頭皮についた塩素を落とすことが出来てダメージを減らしていけます。

そして、水で綺麗に洗い流し、髪の毛が乾いた後に麦わら帽子などをかぶって休憩が必要になります。濡れたままの状態でかぶってしまうと、雑菌などが繁殖しやすくなってしまいますのでご注意を。 海やプールから家に帰った時には、塩素にさらされていた髪の毛のことを考えて、刺激の少ないアミノ酸シャンプーがおススメです。

頭皮の温度を下げない

暑い夏を乗り切るためにクーラーの冷房を長時間付け、涼しい部屋で快適に過ごす方が多いです。 しかし、そうすることによって、頭皮の温度は身体の体温と違い下がっていることに気が付きにくいです。そのためいつの間にか乾燥頭皮になってしまったり、頭皮が血行不良をひきおこしてしまいます。

湿度を下げすぎないように気をつけ、血行を良くしていくことが大切なケア方法です。 湿度は60~65%に保ち、直接冷房を頭に当てないようにして頭皮を守りましょう。 そして、冷房の寒さで血行不良になってしまうのを防ぐために頭皮のマッサージをこまめに行ってください。

しっかりとした睡眠を

暑くて汗をかいてしまているだけでも身体は体力を奪われていきますし、疲れ・ストレスが蓄積されていきます。 それを回復させるのがしっかり寝て体を休めることです。熱帯夜などで寝苦しい時は冷房をタイマーにしてしっかりと睡眠時間を確保してください。 まず身体の疲れを回復させた後に、髪の毛・頭皮への栄養が運ばれます。

クーラーの冷房
クーラーの冷房

冷房で頭皮が乾燥するので、予防をしっかりとしていきましょう。

夏は抜け毛になる原因がたくさんあります。頭皮ケアをしっかり行うことで抜け毛になる悩みは減らすことができます! できる対策をしっかりして、楽しい夏を過ごしましょう!